funtable(ファンタブル)(テンプスタッフ)

funtable(ファンタブル)評判「良い?」「悪い?」口コミ確認!正社員を目指せる派遣求人

「funtable(ファンタブル)は評判が悪いって聞くけど大丈夫?」と利用すべきサービスか気になりますよね。会社選びで失敗しないためにも、派遣登録して仕事や求人を探す前に利用者の口コミを確認し、会社の評判・実態を知っておきたいですよね。この記事では口コミ・評判を基にファンタブルの実態をまとめましたので、ぜひ登録する際の参考にしてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

2022年12月 | 派遣会社 厳選3社

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

派遣サーチがおすすめする

派遣会社ランキングを見る

funtable(ファンタブル)(テンプスタッフ)の口コミ・評判まとめ

総合評価  |  3.6

funtable(ファンタブル)の評判を要約すると…

  • 求人数の充実度
  • 福利厚生

この2点が特に充実しており、更に「就業前フォロー」「求人の質」「就業後フォロー」も平均を上回ります。
詳しくは、ページ中段のfuntable(ファンタブル)の口コミ・評判をご確認ください。

サチコ

こんな人におすすめ!

・無期雇用派遣で働きたい方
・大手や優良企業で働きたい方
・未経験から事務職を目指したい方

目次

funtable(ファンタブル)(テンプスタッフ)の特徴

ファンタブルの概要

ファンタブルは、テンプスタッフが運営する育成型無期雇用派遣サービスです。
派遣先での雇用を目的とする育成型無期雇用派遣サービスとなっていることが特徴です。
つまり、パーソルテンプスタッフのファンタブルを利用すれば、未経験の状態から正社員を目指すことができるということになります。
通常、まったくの未経験から正社員として就職することは簡単ではありません。
しかし、ファンタブルを上手に活用して条件を満たせば、未経験でも正社員として雇用してもらえるのは魅力的といえるでしょう。
「未経験から直接雇用までサポート」と謳っており、選考に通過した人はまず、無期雇用の社員としてテンプスタッフに入社し、その後派遣先の企業での直接雇用を目指すためのサポートが受けられると評判が良いです。
ただ、ファンタブルは他の派遣のようにさまざまな職種の仕事があるわけではなく、基本的には事務などのオフィスワークが多いです。
そのため、ファンタブルは事務未経験の女性の多くに支持されており、事務職未経験で正社員を目指したい人に最適なサービスといえるでしょう。
採用までの具体的な流れとしては、まず、パーソナルテンプスタッフ入社後、自分に合った職場で事務職として経験を積んでいきます。
そして、ある程度キャリアが形成されたら、正社員として雇用されるというものになっています。

ファンタブルと他の雇用形態との違い

ファンタブルの他にも、世の中にはさまざまな雇用形態があります。ここでは、有期雇用派遣と無期雇用派遣、また、正社員との違いをそれぞれ比較しながら紹介します。

有期雇用派遣との違い

有期雇用派遣の基本的な概要とファンタブルとの違いは、下記の通りです。有期雇用派遣はその名の通り、雇用される期間があらかじめ定められている雇用形態です。そのため、ある程度の期間が過ぎると雇い止めに遭う確率が高くなります。長期間安定して働きたい人には向きませんが、その分、自主退職しやすいという特徴もあります。また、5年間有期雇用契約者として働いた場合は、無期雇用契約者への転換を申し出ることも可能です。ファンタブルと有期雇用派遣の大きな違いは、雇用期間に対する扱いの部分です。ファンタブルは無期雇用派遣に該当し、雇用期間の期限は決まっていません。しかし、有期雇用派遣は前述の通り、雇用期間があらかじめ決められているのです。

無期雇用派遣との違い

無期雇用派遣の基本的な概要とファンタブルの違いは、下記の通りです。
無期雇用派遣は労働期間が定められていない派遣の雇用形態です。そのため、有期雇用派遣のように雇い止めを心配する必要はありません。ただ、派遣会社から出向するスタイルなので、正社員のようにボーナスは出ないのが一般的です。また、雇い止めのリスクが少ない分、自主退職のハードルは高くなるでしょう。ファンタブルも無期雇用という意味では同じですが、最終的なゴールは異なります。具体的には、無期雇用派遣はそのまま派遣として働くことが前提になります。それに対して、ファンタブルは最終的に正社員雇用を目指しているので、派遣先での直接雇用をサポートしてもらうことができるのです。

紹介予定派遣との違い

紹介予定派遣の基本的な概要とファンタブルとの違いは、下記の通りです。紹介予定派遣とは、最長6カ月の派遣期間後に直接雇用されることが前提の雇用形態です。派遣期間にボーナスなどはありませんが、最長6カ月の直接雇用後は正社員としての待遇が受けられます。そのため、派遣から正社員にキャリアアップしたい人には最適です。紹介予定派遣とファンタブルは一見よく似ていますが、違いもあります。大きな違いは、ファンタブルは育成型無期限雇用派遣で直接雇用をサポートしますが、正社員雇用を確約するものではないということです。つまり、ファンタブルを利用して正社員を目指すのであれば、自分でもそのための努力は欠かせないということになります。
これら3つの違いを覚えておきましょう。

ファンタブルの募集要項

ここでは、ファンタブルの募集要項について具体的に紹介していきます。

待遇面

ファンタブルの待遇面を中心とした募集要項は、下記の通りです。
勤務先は東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、京都府、兵庫県の優良企業とされています。
また、転居を伴う転勤はなく、勤務時間は完全週休2日制で、基本的に9~17時30分となっています。
実働は7.5時間ほどが平均ですが、これは勤務地や職場によって変わってくるでしょう。
実働7.5時間、東京都勤務の場合の月給は20万円以上とされています。
また、神奈川県や大阪府の場合は、同じ条件で月給19万円以上です。これらは基本給であり、残業をしたときは別途で残業代も支給されます。毎月の給料の他にも、賞与が年2回あります。
また、福利厚生は交通費支給、社会保険完備、定期健康診断など基本的なものはすべてそろっています。
そして、最も特筆すべき点は、就職先が大手の優良企業中心ということです。
そのため、年2回の賞与も付けることができるというわけです。

応募資格

ファンタブルの応募資格はそれほど厳しいものではありません。
具体的には、年齢制限はなく、高校卒業以上の学歴があれば応募できるものとなっています。
ただ、年齢制限がないといっても、応募する人の多くは20代の女性が多いようです。
実際、ファンタブルを通して就業した人は、第二新卒などを含めて20代女性が中心となっています。
そのため、幅広い条件で募集しているものの、パーソナルテンプスタッフのターゲットはこの年代を中心としていると考えることができます。
また、気になる募集職種は事務職全般となり、一般事務から経理までさまざまなオフィスワークが用意されています。
事務・オフィスワークをお探しの方に、育成型無期雇用派遣 funtable(ファンタブル)はおすすめです。

ファンタブルの魅力

ここでは、ファンタブルの魅力について具体的に紹介していきましょう。

直接雇用までサポート

ファンタブルは、企業から直接雇用されたい人へのサービス提供に力を入れています。
つまり、ずっと派遣社員として色々な企業に派遣されるのではなく、特定の企業で正社員を目指したい人におすすめなサービスです。ファンタブルと無期雇用契約をしてから派遣先を選ぶので、理想の会社に出会うまで、安定した給与をもらうことができます。

無期雇用派遣のサービス中で、就業先での社員化までサポートしてもらえるのはfuntable(ファンタブル)だけだと知り、事務未経験だけどいつかは正社員になりたいと思っていた私にぴったりだと感じました。また、就業先の企業が多かったのも決め手の一つでした

参照:ファンタブル公式HP

残業が少なく休日も確保されている

テンプスタッフは、数多くの求人を提供していますが、ファンタブルは、東京・大阪・神奈川・愛知・京都・兵庫の優良企業に紹介を絞っています。そのため、テンプスタッフが厳選した、優良企業のみが派遣社員に紹介される仕組みなので好条件が揃っていると評判が良いです。
その中でも、残業が少ないのは大きな魅力と言えるでしょう。残業が多い会社が悪いというわけではありませんが、残業が少ないため、定時で帰れて自分の時間を確保できるのは嬉しいですよね。
残業の少ない、より良い企業に早く出会いたいという人におすすめです。
たとえば、土日休みの完全週休2日制であるところも多く、余裕を持って働くことができます。
仮に残業が多く休みも少ないような企業で働いていたら、仕事だけで毎日が終わってしまいます。
しかし、ファンタブルを通した企業なら、終業後や休日を自分の時間に充てることができます。
仕事だけではなく、プライベートや自己成長の時間などライフワークバランスがしっかり確保することができると評判の雇用形態となっています。
ライフワークに合わせて働きたい人におすすめです。

前職は不定休でしたが土日休みに変わり、残業も少なくなったので生活にメリハリがつきました。土日休みの友人と会えるようになったのがとてもうれしいです!

参照:ファンタブル公式HP

研修やフォローがしっかりしている

ファンタブルは、就業後のフォローにも力を入れています。
社会人経験が少ないと、派遣先企業で働くことにも不安を覚えるものです。
そのような意味で、ファンタブルの研修やフォローのしっかりとした体制は安心感につながると評判です。
派遣されることではなく、就業先で直接雇用されることがゴールなので、就業先での仕事の様子を伺うために、就業後も半年に1回のペースで面談が用意されています。
万が一、仕事がうまくいかなくて悩んでも、ファンタブルの担当者に相談できるのは安心ですね。
さらにファンタブルは研修も充実していて、具体的には、就業前の研修でビジネスマナーやパソコンの使い方などを教えてくれます。
これらはすべて基本的なことですが、就業に不安のある人からすれば事前に基礎を身に付けられるという点は大きな意味があるでしょう。
また、単に教えてもらうだけではなく、講師にその場で分からないことを質問でき、教えてもらえるのはありがたいと、かなりの評判です。
研修は自分だけではなく、同期の人も一緒に受けます。そのため、自分一人で受けるよりもモチベーションがアップし、疑問点を相談しやすい環境になっています。
これらの研修やフォロー体制は個人に寄り添ったものといっても過言ではないでしょう。

基本的なビジネスマナーからExcelやWordなどのOA研修がしっかりあることに魅力を感じ、ここでなら事務未経験の私もチャレンジできると感じ入社を決めました。また、インターネットで情報収集している際に、funtableの良い評判を多く見かけたことも選んだ理由の一つです。

参照:ファンタブル公式HP

福利厚生もあり給与も安定している

福利厚生や給与の金額など、条件面は多くの人が働くうえで気にすることです。
ファンタブルはこの面でも優れており、魅力があります。
たとえば、語学や資格取得を目指せる制度が用意されていたり、海外旅行やファッションレンタルなどの優待制度があります。
語学や資格取得を目指せる制度は、今後のキャリアアップにつながると評判で、多くの人が利用しています。
また、海外旅行やファッションレンタルなどの制度は有効利用することで、プライベートの面も充実させることができます。
その他、クッキングスクールやメンタルヘルスケアサービスも用意されており、待遇や福利厚生制度の良さに多くの人が満足しています。
気になる給与面も、時給制ではなく月給制なので、時間を気にすることなく安心して働くことができます。
さらに、有給制度や賞与までしっかりと付いています。
残業をしたときは残業代も別途支払われるので、モチベーションを高くして働くことが可能になるでしょう。

月給制なこと、福利厚生が充実しているところに安心感があり、funtableを選びました。コーディネーターの方が付いてくれるので、一人の転職活動時には気が付けなかった自分の良いところを知ることができたと感じています。入社前研修はもちろん、eラーニングを通して効率的に仕事を進めるためのノウハウなども学ぶことができるので、仕事のモチベーションにつながっています。

参照:ファンタブル公式HP

ファンタブルの口コミは?

ファンタブルは2017年に開始した、派遣としてはまだ新しいサービスです。
そのため、インターネット上などに投稿される良い口コミ悪い口コミ等の数は少ないのが現状となっています。
ただ、条件や選考の方法などから推測できることも多数あります。
たとえば、無期雇用派遣の中でも直接雇用をサポートしてくれるという好条件なので、興味を持つ人は多くいるでしょう。
興味を持つ人が多いということは、応募倍率も高いと考えることができます。
したがって、倍率が高い分、選考は厳しいものとなるはずです。
その中からファンタブルとして採用されるためには、事前に面接やSPIの対策を十分にしておく必要があります。生半可な気持ちでは選考に通らない可能性すらあります。
また、仮に採用されたとしても、さまざまな就業先を紹介する派遣という形態のため、すべての人を同じ条件にすることは不可能で、テンプスタッフとして明示されている条件と就業先での条件が異なる可能性は理解しておきましょう。
関連会社・サービス
テンプスタッフ / パーソルテクノロジースタッフ / パーソルマーケティング / Chall-edge(チャレッジ)

funtable(ファンタブル)(テンプスタッフ)の評判・口コミ

投稿された口コミの数8

良い口コミ

悪い口コミ

中立な口コミ

※2022年10月14日更新

Scroll Top ページ上部に戻る