※本ページはプロモーションが含まれています。

50代の平均年収を超えるための転職・副業・投資・起業の方法について

50代の平均年収を超えるための転職・副業・投資・起業の方法について

50代の平均年収は584万円ですが、もっと収入を増やしたいと思う方も多いでしょう。この記事では、50代の平均年収の現状や影響する要因について詳しく解説します。また、50代で年収アップを目指す方法として、転職・副業・投資・起業の4つの方法を紹介します。50代の転職を成功させるポイントや、老後資金を貯める方法もお伝えします。50代の平均年収理解とそれを超えるための戦略を知りたい方は、ぜひご覧ください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

50歳の平均年収総覧

先ず初めに、50歳の平均年収を見ていきましょう。

50歳の平均年収の現状

まず、50歳の平均年収の現状について見ていきましょう。平均年収とは、一年間に受け取る総収入の平均値のことです。中央値とは、データを小さい順に並べたときに、真ん中に位置する値のことです。平均値と中央値は、データの分布によって異なります。平均値は、極端に高い値や低い値の影響を受けやすいですが、中央値は、そうした値の影響を受けにくいです。
全体の平均と中央値
厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2022年における50歳の平均年収は、584万円でした。これは、全年齢層の平均年収である440万円よりも高い値です。しかし、50歳の中央値は、500万円でした。これは、平均値よりも84万円も低い値です。つまり、50歳の年収には、高収入の人と低収入の人の差が大きいことがわかります。
男女別、学歴別、雇用形態別の平均年収
次に、50歳の平均年収を、男女別、学歴別、雇用形態別に見ていきましょう。これらの条件によって、平均年収には大きな違いがあります。
男女別の平均年収
50歳の男性の平均年収は、664万円でした。これは、全年齢層の男性の平均年収である518万円よりも高い値です。一方、50歳の女性の平均年収は、386万円でした。これは、全年齢層の女性の平均年収である343万円よりも高い値ですが、男性の平均年収の約半分に相当します。つまり、50歳の男女の年収には、約2倍の差があります。
学歴別の平均年収
50歳の学歴別の平均年収は、以下のようになっています。

  • 大卒以上:699万円
  • 短大・専門学校卒:548万円
  • 高卒:533万円
  • 中卒以下:473万円

これらの値から、学歴が高いほど、平均年収が高いことがわかります。特に、大卒以上と中卒以下の平均年収には、約226万円の差があります。
雇用形態別の平均年収
50歳の雇用形態別の平均年収は、以下のようになっています。

  • 正社員:614万円
  • 契約社員:403万円
  • パート・アルバイト:211万円
  • 派遣社員:200万円

これらの値から、雇用形態が安定しているほど、平均年収が高いことがわかります。特に、正社員と派遣社員の平均年収には、約414万円の差があります。

条件別で見る50歳の平均年収

次に、50歳の平均年収を、企業規模別、業界別に見ていきましょう。これらの条件によっても、平均年収には大きな違いがあります。
企業規模別の平均年収
50歳の企業規模別の平均年収は、以下のようになっています。

  • 1000人以上:713万円
  • 300人以上1000人未満:629万円
  • 100人以上300人未満:579万円
  • 30人以上100人未満:537万円
  • 30人未満:494万円

これらの値から、企業規模が大きいほど、平均年収が高いことがわかります。特に、1000人以上と30人未満の平均年収には、約219万円の差があります。
業界別の平均年収
50歳の業界別の平均年収は、以下のようになっています。

  • 電気・ガス・熱供給・水道業:1011万円
  • 金融・保険業:874万円
  • 情報通信業:802万円
  • 医療・福祉業:481万円
  • 宿泊・飲食業:374万円
  • 農林水産業:333万円

これらの値から、業界によって、平均年収には大きな違いがあることがわかります。特に、電気・ガス・熱供給・水道業と農林水産業の平均年収には、約678万円の差があります。

50代の年収に影響する要因

50歳の平均年収には、さまざまな条件によって大きな違いがあることがわかりました。では、なぜ、50代の年収には、これほどの差が生まれるのでしょうか。ここでは、年収差が生まれる背景として、性別、学歴、雇用形態、業界、企業規模による違いについて解説します。

年収差が生まれる背景

50代の年収に影響する要因として、以下の5つが挙げられます。

  • 性別
  • 学歴
  • 雇用形態
  • 業界
  • 企業規模

これらの要因は、それぞれ、以下のように年収に影響します。
性別による違い
50代の男女の年収差は、約2倍という大きな差があります。これは、以下の理由によるものです。

  • 男性優位の社会構造:日本の社会は、長年、男性が主に働き、女性が主に家庭を支えるという役割分担が一般的でした。そのため、男性は女性よりも高い地位や役職に就く機会が多く、高い収入を得ることができました。また、女性は、結婚や出産、育児などでキャリアを中断することが多く、その間に男性との年収格差が広がりました。さらに、女性は、男性よりもパートやアルバイトなどの非正規雇用に就く割合が高く、低い収入に甘んじることが多かったです。これらの要因により、男女の年収差は、50代になると顕著になります。
  • 男性の方が長時間労働をする傾向:日本の労働環境は、長時間労働が常態化しています。特に、男性は、女性よりも残業や休日出勤をする割合が高く、その分、収入が増えることがあります。また、男性は、女性よりも転勤や出張をする割合が高く、その分、手当が支給されることがあります。これらの要因により、男性の方が女性よりも多くの収入を得ることができます。

学歴による違い
50代の学歴別の年収差は、約226万円という大きな差があります。これは、以下の理由によるものです。

  • 学歴が高いほど就職先が有利になる傾向:日本の就職市場は、学歴が重視される傾向があります。特に、大卒以上の人は、中卒以下の人よりも、大手企業や公務員などの安定した職に就く機会が多く、高い収入を得ることができます。また、学歴が高い人は、専門的な知識やスキルを身につけることができ、その分、高い評価や報酬を受けることができます。これらの要因により、学歴が高いほど年収が高くなります。
  • 学歴が高いほどキャリアアップの機会が多い傾向:日本の企業は、学歴が高い人を優遇する傾向があります。特に、大卒以上の人は、中卒以下の人よりも、昇格や昇給の機会が多く、高い地位や役職に就くことができます。また、学歴が高い人は、中卒以下の人よりも、転職や起業などのキャリアチェンジの機会が多く、高い収入を得ることができます。これらの要因により、学歴が高いほど年収が高くなります。

雇用形態による違い
50代の雇用形態別の年収差は、約414万円という大きな差があります。これは、以下の理由によるものです。

  • 正社員は非正規社員よりも安定した収入を得ることができる:日本の労働市場は、正社員と非正規社員という二極化が進んでいます。正社員は、非正規社員よりも、安定した雇用関係や福利厚生を享受することができ、高い収入を得ることができます。また、正社員は、非正規社員よりも、昇格や昇給の機会が多く、高い地位や役職に就くことができます。これらの要因により、正社員の方が非正規社員よりも多くの収入を得ることができます。
  • 非正規社員は正社員よりも不安定な収入を得ることが多い:非正規社員は、正社員よりも、不安定な雇用関係や低い福利厚生を受けることが多く、低い収入に甘んじることが多いです。また、非正規社員は、正社員よりも、昇格や昇給の機会が少なく、低い地位や役職に留まることが多いです。さらに、非正規社員は、正社員よりも、転職や起業などのキャリアチェンジの機会が少なく、高い収入を得ることができないことが多いです。これらの要因により、非正規社員の方が正社員よりも少ない収入を得ることが多いです。

業界による違い
50代の業界別の年収差は、約678万円という大きな差があります。これは、以下の理由によるものです。

  • 業界によって需要や競争力が異なる:日本の経済は、グローバル化やデジタル化などの影響を受けて、変化しています。そのため、業界によって、需要や競争力が異なります。特に、電気・ガス・熱供給・水道業などのインフラ関連の業界は、安定した需要があり、高い収入を得ることができます。一方、農林水産業や宿泊・飲食業などの第一次産業やサービス業は、需要が低く、競争が激しく、低い収入になりやすいです。これらの要因により、業界によって年収に大きな差が生まれます。
  • 業界によってスキルや経験が評価される基準が異なる:日本の企業は、業界によって、スキルや経験を評価する基準が異なります。特に、金融・保険業や情報通信業などの専門性の高い業界は、高度なスキルや経験を持つ人を優遇し、高い報酬を支払います。一方、医療・福祉業や農林水産業などの社会的な貢献度の高い業界は、スキルや経験よりも、人間性や使命感を重視し、低い報酬になりやすいです。これらの要因により、業界によって年収に大きな差が生まれます。

企業規模による違い
50代の企業規模別の年収差は、約219万円という大きな差があります。これは、以下の理由によるものです。

  • 企業規模が大きいほど経済的な規模のメリットがある:日本の企業は、企業規模が大きいほど、経済的な規模のメリットがあります。特に、1000人以上の大企業は、30人未満の小企業よりも、市場シェアやブランド力が高く、安定した収益を上げることができます。また、大企業は、小企業よりも、資金力や設備投資が豊富で、イノベーションやグローバル展開を行うことができます。これらの要因により、大企業は、小企業よりも、高い収入を得ることができます。
  • 企業規模が大きいほど人事制度が整備されている:日本の企業は、企業規模が大きいほど、人事制度が整備されています。特に、1000人以上の大企業は、30人未満の小企業よりも、給与や賞与、昇格や昇給、退職金や年金などの人事制度が充実しています。また、大企業は、小企業よりも、教育や研修、福利厚生などの人材育成や支援制度が充実しています。これらの要因により、大企業は、小企業よりも、高い収入を得ることができます。

50代で年収アップを目指す方法

50歳の平均年収には、さまざまな条件によって大きな違いがあることがわかりました。しかし、平均年収に満足せず、もっと収入を増やしたいと思う方もいるでしょう。そこで、この章では、50代で年収アップを目指す方法について紹介します。具体的には、以下の4つの方法を解説します。

  • 転職で年収アップを図る
  • 昇格・昇給で収入を増やす
  • 副業や投資で収入を増やす
  • 起業や独立で収入源を確立する

これらの方法は、それぞれ、以下のように年収アップに効果があります。

転職で年収アップを図る

50代で年収アップを目指す方法の一つとして、転職があります。転職とは、現在の会社を辞めて、別の会社に就職することです。転職によって、以下のように年収アップを図ることができます。

  • より高年収の企業への転職:50代で転職する場合、現在の会社よりも、より高年収の企業を探すことが重要です。特に、業界や企業規模が大きく、需要や競争力が高い企業を狙うと、年収アップの可能性が高まります。また、自分のスキルや経験を生かせる企業を探すと、高い評価や報酬を受けることができます。しかし、高年収の企業は、応募者が多く、採用基準が厳しいことが多いので、注意が必要です。
  • 転職サイト・エージェントの利用:50代で転職する場合、転職サイトやエージェントを利用すると、年収アップに役立ちます。転職サイトとは、インターネット上で、求人情報や転職ノウハウを提供するサイトのことです。エージェントとは、転職希望者と企業をマッチングさせる専門の人材紹介会社のことです。転職サイトやエージェントを利用すると、多くの求人情報にアクセスできたり、専門的なアドバイスやサポートを受けられるというメリットがあります。

転職で年収アップを図るためには、以下のようなポイントに注意する必要があります。

  • 自分のキャリアを見直す:転職する前に、自分のキャリアを見直すことが大切です。自分がこれまでに培ってきたスキルや経験、得意なことや苦手なこと、やりたいことややりたくないことなどを整理しましょう。それによって、自分の強みや弱み、目標や希望を明確にすることができます。また、自分のキャリアを見直すことで、自分に合った企業や職種を探すことができます。
  • 市場価値を高める:転職する前に、市場価値を高めることが大切です。市場価値とは、自分のスキルや経験が、転職市場でどれだけ求められているかを表す指標です。市場価値を高めるためには、スキルや資格を取得したり、実績や成果を具体的にアピールすることが効果的です。

転職で年収アップを図る方法は、50代になっても可能です。しかし、50代で転職する場合、年齢やキャリアのミスマッチなどの課題もあります。そのため、転職を成功させるためには、自分の市場価値を高めることや、転職サイトやエージェントを利用することが重要です。また、転職先の企業や職種についても、自分の希望や適性に合ったものを選ぶことが大切です。

昇格・昇給で収入を増やす

50代になると、昇格や昇給のチャンスが減ると感じる人も多いかもしれません。しかし、現在の企業でのキャリアアップはまだ可能です。そのためには、以下のことを意識してみましょう。
現在の企業でのキャリアアップ

  • 自分の強みや価値を明確にする:自分が何が得意で、どんな成果を出せるかを自己分析しましょう。また、自分の強みや価値を上司や同僚に伝えることも大切です。自分の仕事の貢献度や影響力を示すデータや事例を用意しておきましょう。
  • スキルや知識を更新する:50代になっても、学び続けることが重要です。自分の専門分野だけでなく、他の分野や業界の動向や最新の技術やトレンドにも目を向けましょう。また、資格や認定を取得することも、スキルや知識の証明になります。
  • コミュニケーションやネットワークを強化する:50代になると、自分の立場や役割が変わることもあります。そのときに、コミュニケーションやネットワークが重要になります。自分の意見や提案を効果的に伝えることや、他部署や他社との連携や協力を図ることができるかどうかが、昇格や昇給の判断基準になります。また、自分のキャリアの支援者や後継者を育てることも、自分の価値を高めることにつながります。

副業や投資で収入を増やす

現在の企業でのキャリアアップだけでなく、副業や投資で収入を増やすことも考えられます。副業や投資にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分の目的や状況に合わせて選ぶことが大切です。
副業の始め方、投資での収入アップ戦略

  • 副業の始め方:副業を始める前に、まずは自分の本業の会社の規則や契約を確認しましょう。副業が禁止されている場合や、本業と競合する場合は、副業をすることができません。また、副業をすることで本業のパフォーマンスが低下しないように、時間やエネルギーの管理に気をつけましょう。副業の種類には、自分のスキルや経験を活かしたコンサルティングやライティング、教育や翻訳などのオンラインサービス、自分の趣味や特技を生かしたブログやYouTube、手芸や料理などの販売などがあります。自分に合った副業を見つけるためには、自分の得意分野や興味のある分野を洗い出し、市場の需要や競合の状況を調べることが必要です。また、副業を始めるには、副業を紹介するサイトやアプリ、副業を依頼するクライアントや企業とのマッチングサービス、副業を支援するツールやプラットフォームなどを利用することができます。
  • 投資での収入アップ戦略:投資をすることで、収入以外の資産を増やすことができます。投資には、株式や債券、不動産、仮想通貨など様々な種類があります。投資をする前に、まずは自分の目的や期間、リスク許容度、資金量を明確にしましょう。また、投資に関する知識や情報をしっかりと学び、自分で判断できるようになりましょう。投資を始めるには、証券会社や銀行、オンラインサービスなどを利用することができます。投資には、以下のようなメリットとデメリットがあります。
    • メリット:収入に依存しない資産形成ができる、利益が出た場合は高い収益率が期待できる、税制優遇や補助金などの制度を利用できる、自分の興味や関心のある分野に投資できる
    • デメリット:リスクが高く、損失が出る可能性がある、手数料や税金などのコストがかかる、市場の変動や情報の遅れなどにより予測が難しい、時間や労力がかかる

起業や独立で収入源を確立する

50代の平均年収を超えるための一つの方法として、起業や独立があります。自分のスキルや経験を活かして、自分のビジネスを立ち上げることで、収入や働き方の自由度を高めることができます。また、社会に貢献することで、やりがいや充実感も得られます。
独立・起業に向けた準備と注意点
しかし、起業や独立は決して簡単なことではありません。成功するためには、事前の準備や注意点を押さえておく必要があります。以下に、独立・起業に向けた準備と注意点を挙げます。

  • 市場調査とビジネスプランの作成:自分が提供する商品やサービスには、どのようなニーズや競合があるのか、市場調査を行って把握しておきましょう。また、ビジネスプランを作成して、目標や戦略、費用や収益の見込みなどを明確にしておきましょう。
  • 資金調達とリスク管理:起業や独立には、資金が必要です。自己資金だけでなく、借入や投資などの資金調達の方法を検討しておきましょう。また、リスク管理のために、保険や税金、法律などの知識も必要です。専門家に相談することも検討しましょう。
  • ネットワークの構築と広報活動:起業や独立では、お客様や取引先、協力者などのネットワークが重要です。既存の人脈だけでなく、新たな人脈を構築するために、SNSやブログ、セミナーなどのツールを活用しましょう。また、自分の商品やサービスを知ってもらうために、広報活動も積極的に行いましょう。

50代で老後資金を貯める方法

50代の平均年収を超えるためのもう一つの方法として、老後資金の貯め方があります。50代は、老後に向けての貯蓄を本格的に始める時期です。しかし、平均年収が低いと感じる方や、これまで貯蓄ができなかった方もいるでしょう。そこで、50代で老後資金を貯める方法として、節約と投資、保険商品の活用を紹介します。

節約と投資で貯蓄を増やす

老後資金を貯めるためには、まず収入と支出のバランスを見直すことが大切です。支出を減らすためには、生活水準の見直しを行いましょう。例えば、食費や光熱費、通信費などの固定費を削減したり、不要なサブスクリプションや会員費を解約したりすることで、毎月の支出を抑えることができます。
一方、収入を増やすためには、投資を行うことが有効です。特に、NISAやiDeCoといった税制優遇の制度を利用することで、長期的に資産を増やすことができます。NISAは、非課税で株式や投資信託などを購入できる制度で、年間120万円までの投資が可能です。iDeCoは、個人型確定拠出年金の制度で、毎月の掛金を所得から控除できるほか、運用益も非課税です。ただし、NISAやiDeCoは、解約や引き出しに制限があるので、注意が必要です。
また、株式投資も老後資金の貯め方として有効です。株式投資は、株価の上昇や配当金によって収益を得ることができます。しかし、株式投資にはリスクも伴いますので、自分の目的やリスク許容度に合わせて、適切な銘柄や投資額を選ぶことが大切です。

貯蓄性の高い保険商品の活用

老後資金を貯めるためには、保険商品の活用も有効です。特に、貯蓄性の高い保険商品として、終身保険や定期保険、医療保険などがあります。これらの保険商品は、死亡保障や医療保障のほかに、満期時に解約返戻金や満期金を受け取ることができます。また、保険料の一部が所得控除の対象になる場合もあります。

50代の転職を成功させるポイント

50代の平均年収を超えるためのもう一つの方法として、転職があります。50代は、キャリアの転換期とも言える時期です。自分のスキルや経験を活かして、より高い収入ややりがいのある仕事にチャレンジすることができます。しかし、50代の転職は、若い世代と比べて、難易度が高いとも言われます。そこで、50代の転職を成功させるポイントとして、転職市場での立ち位置の把握とベテラン人材としての強みのアピールを紹介します。

転職市場での立ち位置を把握する

50代の転職を成功させるためには、まず自分が転職市場でどのような立ち位置にいるのかを把握することが大切です。自分のキャリアを生かし、希望条件を明確にすることが必要です。例えば、以下のような点を考えてみましょう。

  • 自分の専門性や経験を評価してくれる業界や職種は何か:50代の方は、長年のキャリアを積んできた方が多いでしょう。その中で、自分の専門性や経験を活かせる業界や職種を探すことが重要です。同じ業界や職種であれば、スムーズに転職できる可能性が高いですが、異業界や異職種に挑戦する場合は、自分のスキルや知識がどのように役立つのかを具体的に説明できるようにしましょう。
  • 自分の希望する年収や勤務条件は何か:50代の方は、家庭や健康などの事情も考慮しながら、自分の希望する年収や勤務条件を設定することが必要です。年収に関しては、現在の年収を維持するか、それ以上を目指すか、それ以下でも良いかなどを考えましょう。勤務条件に関しては、勤務地や勤務時間、休日や残業などの柔軟性や厳しさなどを考えましょう。自分の希望条件と転職市場の実情とのバランスを見極めることが大切です。

ベテラン人材としての強みをアピールする

50代の転職を成功させるためには、自分の強みをアピールすることも重要です。50代の方は、ベテラン人材としての強みを持っているはずです。例えば、以下のような点をアピールすることができます。

  • 豊富な経験と知識:50代の方は、長年の経験と知識を持っていることが強みです。自分がこれまでにどのような仕事をしてきたか、どのような成果や貢献をしたか、どのようなスキルや資格を持っているかなどを具体的に伝えましょう。また、自分が得意とする分野や専門性を明確にしましょう。
  • 高い責任感とリーダーシップ:50代の方は、高い責任感とリーダーシップを持っていることが強みです。自分がこれまでにどのような役割や責任を担ってきたか、どのようにチームや部下をまとめてきたか、どのように問題を解決してきたかなどを具体的に伝えましょう。また、自分が目指すキャリアビジョンや目標を明確にしましょう。
  • 柔軟な姿勢と学習意欲:50代の方は、柔軟な姿勢と学習意欲を持っていることが強みです。自分がこれまでにどのように変化に対応してきたか、どのように新しいことに挑戦してきたか、どのようにスキルアップや知識の更新をしてきたかなどを具体的に伝えましょう。また、自分が今後も学び続けたいことや興味のあることを明確にしましょう。

50代平均年収についてのよくある質問

50代の平均年収についてよくある質問としては、中小企業や上場企業・公務員の平均年収についてのものが挙げられます。
中小企業、上場企業、公務員の50代平均年収
50代の平均年収は、勤める企業の規模や業種、職種によっても大きく異なります。一般的に、中小企業よりも上場企業、上場企業よりも公務員の方が、平均年収が高いと言われています。しかし、これはあくまで平均的な傾向であり、個人の能力や実績によっても変わります。以下に、2023年度の統計データに基づく、中小企業、上場企業、公務員の50代平均年収を示します 。

  • 中小企業:中小企業とは、従業員数が300人以下の企業を指します。中小企業の50代平均年収は、約600万円です。業種別に見ると、建設業や製造業、情報通信業などが高く、約700万円前後です。一方、宿泊業や飲食業、教育業などが低く、約500万円前後です。
  • 上場企業:上場企業とは、株式を証券取引所に上場している企業を指します。上場企業の50代平均年収は、約900万円です。業種別に見ると、金融業や電気・ガス業、医薬品業などが高く、約1,000万円以上です。一方、卸売業や小売業、運輸業などが低く、約800万円前後です。

·        公務員:公務員とは、国や地方自治体などの公共機関に勤める職員として働く職員を指します。公務員の50代平均年収は、約700万円です。職種別に見ると、国家公務員や地方公務員の管理職や専門職などが高く、約800万円前後です。一方、教育職や警察職、消防職などが低く、約600万円前後です。

まとめ:50代の平均年収を超えるための戦略

この記事では、50代の平均年収について、最新の統計データや業種別・職種別の比較をもとに解説しました。また、50代の平均年収を超えるための戦略として、起業や独立、老後資金の貯め方、転職のポイントなどを紹介しました。50代は、人生の中でも重要な時期です。自分の収入や生活に満足しているか、今後の目標や夢は何か、といったことを考える機会にもなります。この記事が、50代の方の収入や生活の改善に役立てば幸いです。

Scroll Top ページ上部に戻る