※本ページはプロモーションが含まれています。

フリーターから就職して正社員になる!その方法と必要な準備やコツについて

フリーターから就職して正社員になる!その方法と必要な準備やコツについて

フリーターから正社員になりたいと思っている方は必見!この記事では、フリーターから正社員になるための方法、準備とアピールポイント、コツやおすすめの職種などについて詳しく解説します。フリーターから正社員を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

フリーターから就職への道のり:可能性と実現方法

フリーターから就職して正社員になる道のりを考えてみましょう。フリーターから正社員になることは、決して簡単なことではありません。しかし、きちんと対策を行い、正当な方法をとれば、不可能なことではないのです。くわしく見ていきましょう。

フリーターから正社員への転職は、多くの人にとって重要なステップです。正社員になるための主な方法は以下の通りです。

1.スキルや資格の取得

  •   - 専門的なスキルや資格を身につけることで、希望する業界や職種での就職機会が広がります。
  •   - 無料または低コストで提供されているオンラインコースや、夜間及び週末の学校でスキルアップを図ることができます。
  •   - 資格取得は特に、技術職、IT、医療、介護などの専門分野で有利に働くことが多いです。

2.インターンシップやアルバイトを通じた経験積み

  •   - 関心のある業界でインターンシップやアルバイトを経験することで、その分野の知識や実務経験を積むことができます。
  •   - 実際の職場での経験は、履歴書や面接時に自己PRの材料としても非常に有効です。

3.転職サイトや人材紹介会社の利用

  •   - 多数の転職サイトや人材紹介会社がフリーターから正社員を目指す人々をサポートしています。
  •   - 専門のコンサルタントが履歴書の添削や面接対策など、転職活動をトータルでサポートしてくれることがあります。

4.ネットワーキングと情報収集

  •   - 業界のイベントやセミナーに参加したり、SNSで業界人と繋がることで、仕事の情報や求人情報を得ることができます。
  •   - 既存のネットワークを活用することも重要です。友人や知人からの情報や紹介が転職のきっかけになることもあります。


これらの方法を組み合わせることで、フリーターから正社員への転職の可能性を高めることができます。目標とする職種や業界に応じて、最適なアプローチを選択しましょう。

フリーターから正社員になるメリットとデメリット

フリーターから正社員になることには、メリットとデメリットがあります。メリットは、雇用が安定し、福利厚生を得られること、社会的信用が高まることなどです。デメリットは、働き方の自由が減少し、責任が増加することなどです。フリーターから正社員になることを考える際には、自分の価値観やライフスタイルに合った働き方を選ぶことが大切です。

フリーターから正社員への転職におけるメリット

フリーターから正社員への転職におけるメリットは、以下のようなものがあります。
雇用が安定する
正社員は、無期限の雇用契約を結ぶため、雇用が安定します。フリーターは、アルバイトや派遣などの有期雇用契約を結ぶため、雇用が不安定です。正社員になると、解雇されるリスクが低くなり、将来の計画が立てやすくなります。また、フリーターは、社会保障制度の対象とならないか、条件が厳しい場合がありますが、正社員は失業保険や雇用保険などの対象となります。
福利厚生を得られる
正社員は、健康保険や厚生年金などの社会保険の対象となります。病気や怪我をした場合に医療費の一部を補助してもらったり、老後の年金を受け取ったりすることができます。また、ボーナスや昇給などの賞与制度の対象となります。一方でフリーターは、社会保険の対象とならないか、自己負担が高い場合がありますし、医療費の補助の対象とならないか、金額が少ない場合があります。
社会的信用が高まる
正社員は、社会的に一定の地位や信用を得ることができます。すると結婚や住宅ローンなどの人生の節目において、有利になることがあります。一方で、フリーターは、これらの節目において、不利になることがあります。つまり正社員になると、人生の選択肢が広がる可能性があります。

デメリット:働き方の自由が減少し、責任が増加

フリーターから正社員になることには、メリットだけでなく、デメリットもあります。デメリットは、以下のようなものがあります。
働き方の自由が減少する
正社員は、企業の規則や方針に従って働く必要があります。フリーターは、自分の好きな時間や場所で働くことができます。正社員になると、勤務時間や休日、転勤などに制限がかかります。しかし、正社員は、残業や休日出勤などの長時間労働を強いられることがあります。さらに働き方の自由が減少し、プライベートな時間や趣味などの生活の質が低下する可能性があります。
責任が増加する
正社員は、企業の業績や成果に責任を持つ必要があり、目標や期限、評価などにプレッシャーを感じることがあります。また、正社員は、上司や同僚、部下などとの人間関係に悩むことがあります。フリーターは、これらの人間関係にはあまり関わらないことができます。

正社員への転職を成功に導くための準備

フリーターから正社員への転職を成功させるためには、事前の準備が欠かせません。準備としては、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策、自己分析と企業研究などがあります。これらの準備をしっかりと行うことで、自分の魅力や適性をアピールし、企業側の信頼を得ることができます。

フリーターから正社員への転職成功のための事前準備

フリーターから正社員への転職成功のための事前準備は、以下のようなものがあります。
履歴書・職務経歴書の作成
履歴書・職務経歴書は、自分の経歴やスキルを企業に伝える重要な書類です。フリーターから正社員への転職では、特に注意が必要です。履歴書・職務経歴書の作成においては、以下の点に気をつけましょう。

  • 履歴書は、基本的な個人情報や学歴、資格などを記入します。写真は、清潔感のある服装と髪型で、笑顔で撮影しましょう。志望動機は、正社員になりたい理由や目標、自分の強みや適性を具体的に書きましょう。
  • 職務経歴書は、これまでの職歴や業務内容、成果などを記入します。フリーターの場合、アルバイトや派遣などの非正規雇用の経験も積極的に書きましょう。その際、仕事の内容や期間だけでなく、どのようなスキルや知識を身につけたか、どのような課題や問題を解決したか、どのような貢献や評価を得たかなどを具体的に書きましょう。また、応募先の企業や職種に関連する経験やスキルを強調するとよいです。

面接対策
面接は、自分の人柄やモチベーションを企業に伝える重要な機会です。フリーターから正社員への転職では、特に注意が必要です。面接対策においては、以下の点に気をつけましょう。

  • 面接では、礼儀正しく、明るく、積極的に話しましょう。服装は、清潔感のあるスーツやワイシャツなどのビジネスカジュアルで、髪型やメイクも控えめにしましょう。持ち物は、履歴書・職務経歴書や筆記用具などの必要最低限のものにしましょう。
  • 面接では、自己紹介や志望動機、自分の強みや弱み、今までの経験やスキル、応募先の企業や職種に対する知識や関心などについて質問されることがあります。事前に答えを用意し、練習しましょう。その際、具体的な事例や数字を用いて、自分のアピールポイントを分かりやすく伝えましょう。また、フリーターから正社員になりたい理由や目標、正社員としての意識や姿勢などを明確に伝えましょう。

自己分析と企業研究
自己分析と企業研究は、自分の適性や希望を明確にし、応募先の企業や職種に対する理解を深めるために必要なことです。フリーターから正社員への転職では、特に注意が必要です。自己分析と企業研究においては、以下の点に気をつけましょう。

  • 自己分析では、自分の性格や価値観、興味や関心、能力やスキル、強みや弱みなどを客観的に分析しましょう。その際、自分がどのような働き方や職種に向いているか、どのような働き方や職種に興味があるか、どのような働き方や職種にチャレンジしたいかなどを考えましょう。また、自分が正社員になりたい理由や目標、正社員としての意識や姿勢などを明確にしましょう。
  • 企業研究では、応募先の企業の業界や業種、事業内容やビジョン、経営状況や将来性、社風や福利厚生などを調べましょう。その際、自分が応募先の企業に興味を持った理由や魅力、応募先の企業に貢献できる点や期待、応募先の企業に対する質問や提案などを考えましょう。

企業側の懸念を理解し、払拭する方法

フリーターから正社員への転職では、企業側の懸念を理解し、払拭することが重要です。企業側の懸念としては、早期退職の不安やビジネススキルの不足などがあります。これらの懸念を解消するためには、自分のアピールポイントを効果的に伝えることが必要です。

フリーターから正社員への転職における企業側の懸念点

フリーターから正社員への転職における企業側の懸念点は、以下のようなものがあります。
早期退職の不安
企業側は、フリーターから正社員になった人が、正社員としての働き方に馴染めず、早期に退職することを懸念しています。正社員になると、勤務時間や休日、転勤などに制限がかかり、働き方の自由が減少します。また、目標や期限、評価などにプレッシャーを感じ、責任が増加します。これらの変化に対応できない人は、正社員としての働き方にストレスや不満を感じ、やがて退職する可能性があります。
ビジネススキルの不足
企業側は、フリーターから正社員になった人が、ビジネススキルが不足していることを懸念しています。ビジネススキルとは、コミュニケーションやネゴシエーション、プレゼンテーション、マネジメントなどの仕事に必要なスキルのことです。フリーターは、正社員と比べて、これらのスキルを身につける機会が少ない場合があります。正社員になると、これらのスキルが求められる場面が多くなります。これらのスキルが不足している人は、仕事の効率や品質が低下し、周囲との協調性や信頼性が損なわれる可能性があります。

懸念を解消するためのアピールポイント

企業側の懸念を解消するためには、自分のアピールポイントを効果的に伝えることが必要です。アピールポイントとしては、以下のようなものがあります。
正社員としての意欲やモチベーション
企業側は、フリーターから正社員になりたい人が、正社員としての意欲やモチベーションを持っているかどうかを重視しています。正社員としての意欲やモチベーションを持っている人は、正社員としての働き方に適応し、早期退職しない可能性が高いです。正社員としての意欲やモチベーションをアピールするには、以下のようなことを伝えましょう。

  • 正社員になりたい理由や目標を具体的に述べましょう。例えば、自分のスキルやキャリアを向上させたいという理由や、応募先の企業のビジョンや事業に共感して貢献したいという目標などです。
  • 正社員としての意識や姿勢を具体的に述べましょう。例えば、正社員としての責任やプレッシャーに対して、前向きに挑戦し、成長したいという意識や、正社員としての勤務時間や休日、転勤などに対して、柔軟に対応し、協力したいという姿勢などです。

フリーターとしての経験やスキル
企業側は、フリーターから正社員になりたい人が、フリーターとしての経験やスキルを活かせるかどうかを重視しています。フリーターとしての経験やスキルを活かせる人は、ビジネススキルの不足を補うことができ、仕事の効率や品質を向上させる可能性が高いです。フリーターとしての経験やスキルをアピールするには、以下のようなことを伝えましょう。

  • フリーターとしての経験やスキルを具体的に述べましょう。例えば、アルバイトや派遣などの非正規雇用で、どのような仕事をしたか、どのようなスキルや知識を身につけたか、どのような課題や問題を解決したか、どのような貢献や評価を得たかなどです。
  • フリーターとしての経験やスキルが、応募先の企業や職種にどのように関連するか、どのように活かせるかを具体的に述べましょう。例えば、アルバイトや派遣などの非正規雇用で、応募先の企業や職種と同じ業界や業種で働いた経験や、応募先の企業や職種で必要なスキルや知識を習得したことなどです。

選考通過率を高める!フリーターから正社員になるためのコツ

フリーターから正社員になるには、選考通過率を高めるためのコツを知っておくことが大切です。以下に、選考通過率を高めるためのコツを3つご紹介します。

未経験OKの仕事を積極的に探す

フリーターから正社員になるには、未経験OKの仕事を積極的に探すことがおすすめです。未経験OKの仕事は、経験やスキルよりも、やる気や人柄を重視して採用する企業が多いため、フリーターでもチャンスがあります。また、研修や教育制度が充実している場合が多いので、仕事を覚えるのにも不安が少ないでしょう。未経験OKの仕事を探すには、求人サイトや転職サイトで「未経験歓迎」「未経験可」「未経験者OK」などのキーワードで検索すると良いです。

応募先の選考を幅広く受ける

フリーターから正社員になるには、応募先の選考を幅広く受けることがおすすめです。応募先の選考を幅広く受けることで、自分の市場価値や適性を知ることができますし、自己紹介や志望動機などの面接対策を磨くことができます。さらに、自分の希望や条件に合った企業を見つけることができます。応募先の選考を幅広く受けるには、求人サイトや転職サイトで「正社員」「契約社員」「正社員登用あり」などのキーワードで検索すると良いです。

自己分析を徹底し、アピールポイントを明確にする

フリーターから正社員になるには、自己分析を徹底し、アピールポイントを明確にすることがおすすめです。そうすることで、自分の強みや弱み、得意なことや苦手なこと、やりたいことややりたくないことなどを把握することができますし、自分の魅力や価値を伝えることができます。自己分析やアピールポイントを考えるためには、以下のような質問に答えると良いです。

  • フリーターとして働いている間に、どんなスキルや経験を身につけたか?
  • どんな成果や貢献をしたか?
  • どんなことにやりがいや楽しさを感じたか?
  • どんなことに苦労や不満を感じたか?
  • フリーターから正社員になりたい理由は何か?
  • 正社員として働きたい職種や業界は何か?
  • 正社員として働く上で、自分にとって大切なことは何か?

フリーターから正社員を目指す際のおすすめの職種

フリーターから正社員になるには、正社員就職が比較的容易な職種を知っておくことが大切です。以下に、正社員就職が比較的容易な職種を3つご紹介します。

正社員就職が比較的容易な職種

コールセンター

コールセンターは、電話やメールなどで顧客対応を行う仕事です。コールセンターは、未経験OKの求人が多く、研修や教育制度が充実している場合が多いです。また、コミュニケーション能力や問題解決能力などのスキルを身につけることができます。

事務職

事務職は、書類作成やデータ入力などの事務作業を行う仕事です。未経験OKの求人が多く、PCスキルやビジネスマナーなどの基本的なスキルがあれば応募できる場合が多いです。オフィスワークの流れやルールを学ぶことができるのに加え、事務職は、正社員登用制度がある場合が多いです。
販売職
販売職は、商品やサービスをお客様に提供する仕事です。接客や販売のノウハウを学ぶことができたり、お客様のニーズやトレンドを把握することができます。販売職もまた、正社員登用制度があることが多いでしょう。

労働環境が悪い企業への就職を避ける方法

フリーターから正社員になるには、労働環境が悪い企業への就職を避ける方法を知っておくことが大切です。労働環境が悪い企業とは、いわゆる「ブラック企業」と呼ばれる企業のことで、過重労働やパワハラなどの問題が多い企業のことです。ブラック企業に就職すると、精神的や身体的なダメージを受けるだけでなく、キャリアやスキルの向上にも支障が出る可能性があります。以下に、ブラック企業の見分け方をご紹介します。

ブラック企業の見分け方

募集期間が長い
ブラック企業の見分け方の一つは、募集期間が長いことです。募集期間が長いということは、応募者が少ないか、採用した人がすぐに辞めてしまうかのどちらかで、どちらも企業の魅力が低いことを示しています。また、募集期間が長いということは、人手不足や離職率が高いことを示しており、過重労働や低賃金などの原因になっている可能性があります。募集期間が長い企業に応募する前には、求人情報や口コミサイトなどで、企業の評判や実態を調べることがおすすめです。
口コミサイトの評価が低い
ブラック企業の見分け方のもう一つは、口コミサイトの評価が低いことです。口コミサイトとは、現在や過去にその企業で働いているか、働いていた人が、企業の評価や感想を投稿するサイトのことです。口コミサイトでは、企業の雰囲気や待遇、労働条件などの情報を得ることができるので、ここでの評価が低いということは、企業の労働環境が悪いことを示しています。こうした企業に応募する前には、口コミの内容や信憑性を確認してみたほうがよいでしょう。

正社員だけが道じゃない:派遣社員としての働き方も検討

フリーターから正社員になるには、派遣社員としての働き方も検討することができます。派遣社員とは、派遣会社と契約し、派遣先の企業で一定期間働く人のことです。派遣社員として働くメリットとデメリットを以下にご紹介します。

派遣社員として働くメリットとデメリット

メリット
派遣社員として働くメリットは、以下のようなものがあります。

  • 希望や条件に合った仕事を選べる
  • 様々な企業や職種の経験ができる
  • スキルや資格の習得や更新のサポートが受けられる
  • 正社員登用のチャンスがある

デメリット
派遣社員として働くデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 雇用の安定性や保障が低い
  • 給与や福利厚生が正社員より劣る場合がある
  • 派遣先の企業との関係性が希薄になる場合がある

フリーターから正社員への転職:まとめとアドバイス

フリーターから正社員への道のりは容易ではないが、準備と努力で実現可能

フリーターから正社員になるには、正社員と同等以上の能力や経験を求められます。しかし、フリーターは、正社員に比べて、学歴や資格、実績などのアピールポイントが少ない場合が多いです。そのため、正社員と競争するのは、不利な状況になります。
しかし、準備と努力で正社員になることは可能です。試験や検定を積極的に取得してスキルを向上させたり、インターンシップやボランティアに参加して実務的な経験を積むのもいいでしょう。こうしたことは履歴書や面接でもアピールすることができます。

自分に合った職種選びと企業研究が成功のカギ

フリーターから正社員への転職を成功させるためには、自分に合った職種選びと企業研究がカギです。自分の希望や条件に合った職種を探すことで、自分の能力や適性を発揮できる仕事を見つけることができます。求人サイトや転職支援サービスなどを利用して探してみましょう。また、企業の公式サイトやSNSを見ることでも、自分に合っているかをある程度知ることができます。

この記事では、フリーターから正社員になるためのコツとおすすめの職種、そしてまとめとアドバイスをご紹介しました。フリーターから正社員になるためには、選考通過率を高めるためのコツや、正社員就職が比較的容易な職種を知り、正社員になるメリットやデメリットもわかった上で、派遣社員としての働き方も検討するとよいでしょう。

Scroll Top ページ上部に戻る