派遣会社とは?ハローワークとの違いや良い派遣会社を選ぶポイントを解説!

派遣会社とは?ハローワークとの違いや良い派遣会社を選ぶポイントを解説!

「仕事を探そう」と思い立ったら、派遣会社に登録すれば仕事を紹介してもらえるので、積極的に利用したいものです。しかし、派遣会社を利用したことがない人は、派遣会社についてよくわからないことも多いでしょう。そこで、ここでは派遣会社の仕組みやハローワークとの違い、どのように良い派遣会社を選べばよいかといったポイントについて紹介します。

目次

サチコさん、今さらなのですが…。派遣会社って一体どんな所なんですか⁈ハローワークや転職エージェントとどう違うんでしょう?
よくぞ聞いてくれました!派遣のプロ、派遣サチコにお任せください!

▼おすすめ派遣会社

スタッフサービス
スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

求人数が多い!まずはここから登録「スタッフサービス」


派遣会社とはどんな場所?

派遣会社とは、仕事を求める人を「派遣社員」として、働ける場所「派遣先企業」を紹介する会社のことをいいます。
派遣会社は「人材派遣会社」とも呼ばれていて、簡単に言えば「派遣の求人を紹介する場所」です。
仕事を探している人に対し、希望している勤務地や職種、給与などそれぞれの条件にあった求人を紹介してくれます。
派遣会社に登録すると、派遣スタッフになり、派遣会社と雇用契約を結びます
そのとき、派遣社員が雇用契約を結ぶのは派遣会社ですが、実際の勤務先は派遣先企業になります。
雇用契約を結んだあとに、派遣会社と契約している派遣先の会社で働くといった仕組みです。
つまり、派遣社員として働くときは、雇用契約先と勤務先が異なるのです。
.派遣の仕組み図

さらに、派遣社員に給与の支払いを行うのも派遣会社です。
派遣会社に雇用されているため、給与は派遣会社から振り込まれ、福利厚生なども派遣会社が提供しているサービスが受けられます。

なんらかの事故やトラブルが起きたときは、雇用契約先である派遣会社が対処する必要があります。
もちろん、事故などが発生したとき、派遣先企業に責任がないわけではありません。
「労働者派遣法」では、派遣元(派遣会社)と派遣先(派遣先企業)の責任分担についても定められています。

また、仕事でなにか問題があり相談するときは、派遣先の人ではなく、派遣会社にまず相談しましょう。

派遣社員に興味のある人は、どれくらいの期間働けるのかも気になるでしょう。
こちらについて、「派遣先企業の同一事業所」が派遣社員を受け入れられる期間は、原則3年が限度と決められています。
また、一人の派遣社員が「派遣先企業の同じ部署」で働けるのは、3年が限度となることも知っておきましょう。

派遣の仕組みについては、こちらの記事でも詳しく解説しました。


派遣がはじめての方は、まずは求人数が多い「スタッフサービス」に登録してみましょう。

派遣会社は、仕事の紹介もしてくれて、サポートや給料の支払いもしてくれるんですね!仕事を紹介するという意味では、ハローワークや転職エージェントも同じような役割だと思いますが、違いはなんなんでしょう?
そうですね。ハローワークや転職エージェントと比べてみると、派遣会社とは何かが分かりやすくなると思います!

派遣会社とハローワークとの違い

効率的な仕事探しのためには、いろいろな方法を知ることが大切です。
もっとも身近なのは友人や知人に紹介してもらう方法ですが、折込チラシやタウン誌などを利用する方法があります。
また、ハローワークの存在を身近に感じる人も少なくないでしょう。
ここでは、ハローワークと比較しながら、派遣会社について解説していきます。

違い①ハローワークは、国の組織

ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」で、「職安」とも呼ばれています。
大きな違いとして、派遣会社は民間の組織ですが、ハローワークは国が設置した行政機関であり、こちらで働く正規職員は国家公務員です。
もちろん、非常勤職員も少なくありません。
また、ハローワークは全国47都道府県にあり、足を運びやすいなどの理由から、仕事情報の収集や相談に訪れる人もいるでしょう。
雇用保険に関する手当や助成金の支給などの手続きを行う場所としてもおなじみです。
さらに、公共職業訓練の斡旋などを行っている点にも注目されます。

このように、ハローワークの事業は多岐にわたります。
業務内容も、求人の紹介だけでなく、雇用保険の手続きなど、行政に関わる業務を行っています。
それでも、職業紹介事業の存在が大きいのではないでしょうか。

派遣会社は、ハローワークと同じく職業紹介事業を行うところなので、両者には共通するものがあります。
しかし、派遣会社は国の機関ではなく民間企業であり、そこがハローワークと大きく異なる点です。
派遣会社は民間組織なので、通常の企業と同様に利益追求を目的としています。

違い②ハローワークは、雇用しない

先ほど派遣会社は、求人を紹介したうえで雇用関係を結ぶと説明しましたが、ハローワークと求職者は雇用関係は結びません
ハローワークの紹介で仕事が決まった後、求職者は勤務先と直接雇用を結びます。

ハローワークは、あくまで求人を紹介するのみとなります。
しかし、派遣会社を介して仕事が決まった場合は、派遣会社と雇用契約を結ぶ形になります。

違い③ハローワークの紹介求人は、地域密着が多い

ハローワークと派遣会社、両者が取り扱う求人内容の違いにも注目です。
ハローワークは、国が設置した施設ということもあり、ハローワークの窓口で紹介される仕事は、地域密着型の求人が多い傾向にあります。

一方、派遣会社は、派遣会社と取引のある企業の求人の中から紹介します。
業界や職種の幅も広いため、自分に合った仕事が探しやすくなります。
さらに、派遣会社で紹介を受ける仕事は、時給が高いことが多いといった特徴もみられます。

転職エージェントとの違い

転職エージェントと派遣会社の違いも比較してみましょう。

違い①転職エージェントは、雇用しない

転職エージェントも、ハローワーク同様、求人を紹介する人のことを雇用することはありません。
紹介した求人の勤務先の直接雇用をサポートする役目です。
転職エージェントの場合、紹介するだけでなく、面接対策やキャリアアップのフォローなどを受けることもできます。
民間企業である点は、派遣会社と同じです。

違い②転職エージェントの紹介求人は、正社員が多い

派遣会社が紹介する求人は、基本的に「派遣雇用」ですが、転職エージェントは、正社員になる求人が多い傾向です。

「より安定的な仕事を見つけたい」「絶対に正社員がいい」という人は、最初から転職エージェントに登録するのもありです。
複数の転職エージェントを比較して登録したいなら、「転職ファインダー」がおすすめです。

社員やアルバイトとの違いはどこと雇用関係を結ぶか

企業などで雇われて働く方法として、正社員は代表的存在です。
ほかにも、契約社員やアルバイトがありますが、いずれの場合も、勤務先の企業に直接応募して雇用契約を結ぶところが大きな特徴です。

これは、仕事を知るきっかけが折込チラシでも、友人やハローワークの紹介でも変わりありません。
また、給料の支払いは勤務先から受けるほか、福利厚生を受けるときも勤務先のものが適用されます。

一方、派遣社員として働く場合は、給料の支払いは派遣会社から受けます。
また、福利厚生の適用も同じく派遣会社のものです。先述したように、派遣社員が雇用契約を結ぶのは派遣先企業ではなく派遣会社だからです。
ただし、仕事に関する指示を受けるのは勤務先からです。

ハローワークや転職エージェント、正社員との違いが分かりました!ところで、最近よく「紹介予定」とか「無期雇用」とか聞くのですが、それはなんなんですか?
派遣には、大きく3種類あるのです!

登録型派遣・紹介予定派遣・無期雇用派遣とは

派遣には、登録型派遣、紹介予定派遣、無期雇用派遣の3種類の形態があります。
それぞれ解説していきましょう。
.

登録型派遣とは、働き先が決まったら雇用契約が発生する派遣

登録型派遣は、もっとも一般的に行われている派遣形態で、単に「派遣」または「一般派遣」と呼ぶこともあります。
派遣として働きたい人は、まずは無料で派遣会社に登録し、その後派遣会社が紹介する求人に応募します。
応募後に、実際にその会社で働くことになったら、その時点で派遣会社と雇用契約を結び、勤務期間が終了したら雇用契約はなくなります
気軽に利用できる反面、収入が不安定になるなどのデメリットもあります。


派遣がはじめての方は、まずは求人数が多い「スタッフサービス」に登録してみましょう。

紹介予定派遣とは、直接雇用を前提に契約を結ぶ派遣

正社員を目指したい人におすすめなのが、「紹介予定派遣」です。
紹介予定派遣では、スタートは登録型派遣と一緒ですが、雇用契約を結ぶ際に、直接雇用になることを前提に話を進めます。

必ず直接雇用になるわけではないですが、お互いが同意すれば、その会社の正社員や契約社員になることができます
派遣期間の3~6か月で、派遣先と派遣社員がお互いの相性などをチェックすることができる制度です。

紹介予定派遣の求人数が多い派遣会社は、「スタッフサービス」です。


無期雇用派遣とは、派遣会社と無期限の雇用契約を結ぶ派遣

無期雇用派遣は、「常用型派遣」とも呼ばれていて、派遣社員の雇用安定のために新しくできた制度です。
通常、期間限定の契約を結ぶのが派遣ですが、無期雇用派遣では、派遣会社と無期限に契約を結びます

つまり、給料が月給で入ってくるようになるのです。
派遣として働きながら、正社員のような待遇を受けることができます。


無期雇用派遣で、昇給制度や福利厚生が充実している派遣会社は、「ミラエール」です。

無期雇用派遣おすすめランキングをみる

派遣で仕事を始めるまでの流れ

派遣で働くためには、まず、派遣会社への登録が欠かせません。
ここでは、実際に派遣で仕事を始めたいときの一連の流れをご紹介します。
.

派遣会社に登録(来社予約)する

派遣社員として働くためには、派遣会社への登録から始まります。
登録したい派遣会社に電話またはインターネットで登録予約をしましょう。
登録方法については、派遣会社のオフィスで登録する方法や、インターネットで登録手続きが完了する場合など、派遣会社によってさまざまです。
WEBで登録する場合は、派遣会社のホームページ上で、希望の職種、仕事内容や場所などの具体的な条件を登録します。
まず、これら一連の作業は、就きたい仕事を紹介してもらうための重要なポイントになります。

派遣会社に訪問し登録手続きをする

直接オフィスで登録すると、派遣会社の担当者に直接いろいろ相談したり、質問ができたりするので、派遣が初めてで心配な人は直接オフィスで登録すると安心かもしれません。
面談時にはスキルチェックや面談などもあるため、派遣会社の担当者には仕事探しで重視している点を伝えましょう。
登録時に希望の仕事の紹介がない場合もありますが、いままでの仕事の経験や詳しい希望条件など親身に相談にのってもらえます。

求人を紹介してもらう

どのような登録方法でも、派遣登録したあとは職種や給与などの希望条件などをもとに派遣会社が仕事を探してくれます。
ときには、すこし自分の希望にあわない仕事を紹介されることもあるでしょう。

もし、気がすすまないようであれば断っても大丈夫です。
さらに、自分でも登録した派遣会社のサイトから希望の求人を探すこともできます。

派遣先で面談をし、お仕事スタート

派遣先企業との面談を行い、無事希望にあった仕事が決まったら、派遣会社と雇用契約を結びます。
雇用契約先が派遣先企業でないことは、派遣社員ならではの大きなポイントです。
また、雇用契約にともない、社会保険など一連の手続きも済ませます。

誰でも仕事を始める日は不安になることもあるでしょう。
すこしでも分からないことや、不安なことがあれば、事前に派遣会社の担当者に相談しておくことで安心して派遣先で仕事をスタートできます。
派遣会社から確認事項や服装のアドバイスなどを受けることもできます。
派遣初日は、派遣会社から仕事に関する説明を受けてから、派遣先企業での仕事がスタートします。


実際に、派遣会社に登録できたら何ができるようになるんですか?
登録するだけで、いろんなことができるようになりますよ!

派遣会社に登録メリットはたくさんある

派遣会社の登録は無料ですが、登録するだけで様々なメリットを受けることができます。
いろいろな働き方があるなかで、あえて派遣を選ぶのにはメリットがあるからです。
ここでは、派遣で働くメリットについて解説します。

希望に合う仕事を探しやすい

派遣社員として働くためには、自分が就きたい職種をはじめ、仕事内容や場所などを具体的に登録していきます。
仕事を紹介してもらうときは、登録したデータにもとづいて行われるため、希望に合う仕事を探しやすくなります。
登録内容には勤務期間もあるので、ライフスタイルに合わせた働き方も可能です。
このようなメリットもあり、プライベートと仕事の両立を願う人にとって、派遣社員としての働き方は理想といえるでしょう。

また、基本的には契約外の仕事をすることはありません。
正社員などで働く場合は、そういうわけにはいかないでしょう。
自分がやりたいことに特化して働けるので、その道のスペシャリストになるのも夢ではありません。
派遣社員は派遣先での勤務期間が決まっているため、いずれは契約満了を迎えます。
しかし、契約満了後も自分の条件に合う別の仕事先を紹介してもらうことができます。

非公開求人を紹介してもらえる

派遣会社のホームページを見ると、登録をしなくても求人を検索することはできますが、実は非公開求人というものがあります。
非公開求人は、登録をしないと紹介を受けることができません。
未登録の状態で、いい求人がなくても登録すると、自分に合った求人が見つかるということもあるかもしれません。

派遣会社が求人を隠す理由はこちらの記事に書きました。


無料で研修を受けることができる

派遣会社に登録する大きなメリットとして、研修が受けられるということがあります。
派遣会社が提供する求人は多岐に及び、エクセルやパワーポイント、ビジネスマナーなど基礎的なものから、経理事務や貿易事務など専門職になるための研修まで、さまざまです。

社会保険制度やスキルアップセミナーなど、派遣社員に向けた支援制度も充実しています。
研修は、多くの場合、実際に就業しなくても登録段階で受けることができます。
普通は、お金を払って受けるような研修を無料で受けられるので、これを利用しない手はないです。

派遣会社が派遣先企業に人材を紹介するときは、自信を持って送り出す必要があります。
このような背景があり、派遣会社のサポートが手厚い理由にも納得できるのではないでしょうか。

研修が充実している派遣会社は、「テンプスタッフ」です。

テンプスタッフ
テンプスタッフ

パーソルテンプスタッフ株式会社



スキルアップ研修が充実している派遣会社3選を見る

派遣会社の福利厚生を利用できる

派遣会社は、様々な福利厚生を提供しています。
雇用保険や有給休暇は、実際に就業したときでないと受けられませんが、派遣会社が運営する施設の利用などは、登録段階でも受けられることがあります。

詳しい内容は、登録面談時に聞くか、派遣会社のホームページをチェックしてみてください。
福利厚生が充実している派遣会社は、「パソナ」です。

パソナの人材派遣
パソナの人材派遣

株式会社パソナ



福利厚生が充実している派遣会社3選を見る

派遣会社からのサポートを受けられる

派遣社員として働くメリットとして、派遣会社からの手厚いサポートが受けられる点にも注目されます。
仕事の紹介に際して、履歴書などの応募書類の作成が欠かせません。
派遣会社では、応募書類を書くときのポイントや面接対応など、仕事に就くために必要なサポート体制が充実しています。

派遣先企業で働き始めてからも、派遣会社のサポートが受けられます。
実際、働いてみると、いろいろな問題点がでてくるでしょう。
そのようなとき、派遣社員は派遣会社に相談できることが大きな強みです。
いわば、派遣会社がクッション役になるのです。
企業と直接契約する場合は、そういうわけにはいきません。
たとえ、言いにくいことがあっても、勤務先の上司に直接伝える必要があるからです。

すごい!無料なのに、こんなに色々なことができるんですね!
派遣で働くかどうか迷っているなら、一度登録してしまうのもおすすめです。

おすすめ派遣会社ランキングを見る

サチコさん、派遣会社はどのように選べばいいのですか?
いい質問ですね!ここからは、派遣会社の選び方を紹介していきましょう。

どう選べばいい?良い派遣会社の特徴とは

いざ仕事を探そうと思ったものの、派遣会社はたくさんあるのでどの派遣会社に登録すれば良いのか迷ってしまうこともあります。
どのような派遣会社に登録すればよいか、一般的に良いといわれる派遣会社の特徴について知っておくとよいでしょう。
.

求人数が多い

求人数を多く抱えている派遣会社は、自分の希望している条件の仕事が見つかりやすいため良い派遣会社といえます。

特に求人数が多い派遣会社は、大手です。
そのため、大手の派遣会社に登録してみるのもひとつの方法です。

また、派遣会社によっては得意分野が異なることもあります。
たとえば、語学が得意な人は外資系企業の求人が多いかどうかを確認してみるとよいでしょう。
時短の仕事を探している場合も、同様です。

派遣の求人のなかには「紹介予定派遣」と呼ばれる、派遣から正社員への切り替えを前提とした求人があります。
将来正社員を目指したいといった目標がある人は「紹介予定派遣」の求人が豊富な派遣会社を探してみましょう。

求人の多さだけでなく派遣会社の得意としている分野についてチェックしておくことも大切なポイントといえるでしょう。

求人数が多い派遣会社は、「スタッフサービス」です。

スタッフサービス
スタッフサービス

株式会社スタッフサービス


派遣サーチでは、毎月各派遣会社の求人数を調べてランキングしています。

派遣会社比較表

派遣会社名 求人数 事務の求人数 工場の求人数 ITの求人数 営業の求人数 介護の求人数 保育の求人数 看護の求人数 紹介予定
スタッフサービス 113,816 9,410 5,528 18,182 1,714 47,794 - 16,233 6,136
テンプスタッフ 18,087 8,133 1,985 3,972 2,691 33 70 - 2,028
リクルートスタッフィング 3,452 1,770 - 1,465 505 - - - 505
パソナの人材派遣 5,967 2,413 141 940 454 1,033 143 209 801
アデコ人材派遣 4,451 2,132 262 1,088 664 17 - 5 948
ランスタッド 2,797 - - - - - - - -

これまでの実績がある

良い派遣会社を選ぶためには、まず派遣会社の実績をチェックしましょう。
実績豊富な派遣会社は安心感があるので、良い派遣会社といえるでしょう。
派遣スタッフと派遣先の企業が多ければ多いほど、派遣実績が豊富だということになります。

可能であれば、その派遣会社がどんな企業と取引しているかをチェックしましょう。
なぜなら、これまでに派遣している取引会社が、大手企業や誰もが知っている有名な企業などであれば、信頼されているということになるからです。
大手企業の求人を多くみつけることができる派遣会社は、良い派遣会社の特徴といえるので、インターネットで求人情報を検索して調べてみるとよいでしょう。

また、派遣スタッフからも信頼されているかどうかも重要なポイントです。
たとえば、インターネットで口コミをみて評価をチェックしてみると、その派遣会社の評判がある程度把握できるため参考になるでしょう。

派遣サーチでは、各派遣会社の口コミを集めています。
口コミページも、派遣会社選びの参考にしてください。

派遣会社の口コミを見る

福利厚生やサポート体制がしっかりしている

さらに良い派遣会社は、派遣スタッフが利用できる福利厚生や、キャリアアップに向けたサポートも充実している可能性が高いです。
たとえば、派遣会社によっては、自社でパソコンのスキルアップができる教育システムや資格取得のためのサポートがあったり、キャリアアドバイザーなどから幅広くキャリア支援が受けられたり、といった体制が整っています。

福利厚生が充実している派遣会社3選を見る

担当者の対応が良い

良い派遣会社のそのほかの特徴としては、担当者の対応力があげられます。
派遣登録時に面接やカウンセリングを受けることがありますが、「しっかり話を聞いてもらえた」「話しているうちに仕事に対する意欲がでてきた」など満足度が高い対応をしてくれる担当者であれば、派遣スタッフとして働き始めたときも安心感があるでしょう。

担当者の対応は、派遣スタッフとして働くときに意識しておきたいポイントです。
なぜなら、仕事を開始したあとにさまざまな問題や悩みがでてくることがよくあるからです。
不安な気持ちを前向きにしてくれて、悩みを受け止めてつつ抱えている問題にしっかり対応してくれる担当者であるかどうかで、派遣先での仕事のしやすさが変わってきます。

そのため、担当者の対応はチェックしておきたいポイントなので、登録時の面談やカウンセリング時にどのような対応をしてくれるのかに注目してみましょう。
スタッフの対応については、口コミ評価を参考にしてみてください。

派遣会社の口コミを見る

逆に、良くない派遣会社の特徴も見ていきましょう。

こんな派遣会社は避けよう!見極めるポイントとは

良い派遣会社を探すのも大切ですが、できれば登録は避けたようがよい派遣会社も存在します。
どのように見極めればよいか、ポイントを紹介します。
.

厚生労働省に認可されていない

人材派遣業を営業するためには厚生労働省の認可が必要です。
もし、人材派遣業の認可を得ていない派遣会社であれば違法なので、このような派遣会社に登録するのは避けましょう。

認可を得ているか調べる方法としては、派遣会社のホームページに認可番号が記載されているので、必ず確認することが大切です。
さらに、認可を得ている派遣会社であったとしても、過去に事業停止命令が出された会社もあります。
このような派遣会社も不安が残るので避けたほうがよいでしょう。

派遣サーチがおすすめしている派遣会社は、厚生労働省に認可された大手派遣会社ですので、安心してくださいね。

希望に合う求人を紹介してもらえない

自分の希望に合う仕事が見つからない可能性がある派遣会社も登録を避けたほうがよいでしょう。
たとえば、規模が小さく求人数が限られる、といった場合は希望に合った仕事が見つかりにくい可能性が高いです。

また、それなりに求人数があるのにもかかわらず、対応できる社員数が足りないために全般的に余裕がないようにみえる派遣会社は、運営に必要な人件費が不足している可能性があります。
このような派遣会社も避けたほうがよいでしょう。

一方で、希望に合う仕事がない理由は、単に自分が希望している条件が高すぎるということも考えられます。
そのため、さまざまな求人に応募して反応をみてみるなど、客観的な目線をもつことも大切なポイントです。

紹介された求人の条件と仕事内容が異なる

自分が希望している仕事と理解していたのに、実際に仕事をしてみたら事前に受けた説明と違うと感じることがあります。
希望と異なる仕事を紹介される理由のひとつに、派遣会社が派遣の実績をつくることに力を入れている可能性が考えられます。
このような場合は、自分がどれだけ希望を伝え続けても、状況の改善は難しいでしょう。

もし、何度もこのような経験をした派遣会社であれば注意が必要です。
なにかおかしいと感じたら、インターネットでその派遣会社の口コミをチェックしてみましょう。
仕事内容が違うというようなコメントが多いのであれば、その派遣会社で仕事を探すのではなく、別の派遣会社に登録して仕事を探してもらうとよいでしょう。

派遣会社の口コミを見る

派遣クイズ

派遣の場合、就業して給料が振り込まれるのはどこから?

派遣クイズ

派遣会社の研修は、就業しなくても受けることができる。


さっそく派遣会社に登録してみよう!

良い派遣会社と良くない派遣会社の見極め方が分かりました!
これで、派遣会社選びはバッチリですね!
希望の仕事に就くためには、仕事探しの方法が大きな鍵を握ります。
派遣会社に登録して派遣社員として働くことで、多くの求人のなかから自分の希望に合う仕事を紹介してもらえる、派遣会社の手厚いサポートが受けられるなど、さまざまなメリットがあることがわかりました。
仕事を探している人は、まずは派遣会社に登録してみましょう。
そのなかで良い派遣会社を選ぶことができれば、派遣で仕事を始めたときもなにかと安心です。

派遣会社比較表

派遣会社名 求人数 事務の求人数 工場の求人数 ITの求人数 営業の求人数 介護の求人数 保育の求人数 看護の求人数 紹介予定
スタッフサービス 113,816 9,410 5,528 18,182 1,714 47,794 - 16,233 6,136
テンプスタッフ 18,087 8,133 1,985 3,972 2,691 33 70 - 2,028
リクルートスタッフィング 3,452 1,770 - 1,465 505 - - - 505
パソナの人材派遣 5,967 2,413 141 940 454 1,033 143 209 801
アデコ人材派遣 4,451 2,132 262 1,088 664 17 - 5 948
ランスタッド 2,797 - - - - - - - -


派遣会社ランキングを見る

こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。 派遣サーチでは毎月、派遣会社の求人数を調べています。派遣会社を選ぶ時は、職種別求人数も参考にしてみてください!
派遣会社名 求人数 事務の求人数 工場の求人数 ITの求人数 営業の求人数 介護の求人数 保育の求人数 看護の求人数 紹介予定
スタッフサービス 113,816 9,410 5,528 18,182 1,714 47,794 - 16,233 6,136
テンプスタッフ 18,087 8,133 1,985 3,972 2,691 33 70 - 2,028
リクルートスタッフィング 3,452 1,770 - 1,465 505 - - - 505
パソナの人材派遣 5,967 2,413 141 940 454 1,033 143 209 801
アデコ人材派遣 4,451 2,132 262 1,088 664 17 - 5 948
ランスタッド 2,797 - - - - - - - -

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る