※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣先へ初出勤!緊張の初日をうまく乗り切るために知っておきたいこと

派遣先へ初出勤!緊張の初日をうまく乗り切るために知っておきたいこと

新しい職場で過ごす初日は、誰でも緊張するものでしょう。派遣社員は派遣先からの直接雇用ではない分、就業前にいろいろなことが気になってしまうという人も多いのではないでしょうか。ここでは、派遣社員の就業初日の流れや好感度を高めるためのポイントを解説し、派遣先で困ったときの対処法までまとめて紹介していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

サチコさん、明日派遣の初日なんです。何があるのかわからないし、怖いなぁ。
初日は特に不安ですよね。でもちゃんと準備すれば大丈夫。派遣初日の心得を紹介しますね!

派遣初日の持ち物と服装を紹介

まず、仕事で使う持ち物をしっかりと準備しておきましょう。
派遣会社の担当者から指示を受ける場合もありますが、もし何も言われなければ、仕事で使用する一般的な持ち物を用意しておきます。

最低限の持ち物

・ペンとノート
・小さなメモ帳
・クリアファイル
・(名刺入れ)


少なくともペンやノートといった筆記用具は必要ですし、メモを取りやすいように小さな手帳も携帯しておくと便利です。
また、いろいろと資料を受け取る可能性もあるので、それらを収納できるファイルも持っていきましょう。
会うのは初対面の人ばかりであり、あいさつの際に名刺を渡されることもあるので、名刺入れも持参するのが望ましいです。

筆記用具に関しては、従業員に支給される制度になっている会社も見受けられます。
しかし、それを当てにして用意せずに行くと、支給されない場合に困りますし、最低限の準備もしていないということで労働意欲や常識の欠如を疑われかねません。
したがって、派遣先がどこでも、自分で一通りそろえておくことが基本となります。
渡される物が多いかもしれないので、それらを持ち帰れるように、カバンは大きめのサイズのものを選ぶのが望ましいです。

また、服装の準備も重要ですが、指定がないと迷ってしまうことがよくあります。
スーツが定番とはいえ、他の従業員がオフィスカジュアルならそれに合わせたほうが無難な場合もあるでしょう。
2日目以降の服装は職場の様子を考慮して調整できますが、初日はそういうわけにはいきません。

判断が難しいなら、担当者に連絡をして職場の様子を教えてもらうのが得策です。
また、すでに勤務している派遣社員がいるなら、その人がどのような服装で働いているのかも聞いておくと参考になります。

またよくある疑問として「菓子折りや手土産は必要か?」というものがありますが、初日にお菓子などを持参していく必要はありません。

準備するものが色々ありますね。服装がちょっと不安だなぁ。
身だしなみについては、またあとで詳しく解説します!

▼おすすめ派遣会社

サービス名

求人数が多く派遣初心者におすすめ「スタッフサービス」


派遣先で過ごす初日の流れ

派遣先がどこであれ、初日の流れは大抵の場合共通している点が多いです。
まずは、1日の過ごし方についてイメージできるように、どのようなことが起こるのかを順を追って説明していきます。
派遣先によって詳細が違ったり順番が入れ替わったりすることもありますが、派遣初日の基本的な流れとして以下を押さえておくとスムーズに対応しやすくなります。

営業担当者と合流する

派遣社員として初出勤した日には、派遣会社の営業担当者が同行するのが一般的です。
そのため、まったくひとりで派遣先に行くわけではなく、そこに不安を感じる必要はありません。
通常派遣会社の社員とは、始業時間の30分前を目安に派遣先近くに集合して待ち合わせ、簡単な打ちあわせを行いながら一緒に出勤します。
仕事内容などでよくわからないことがあれば、この段階でいろいろと聞いておくことで、後で役立つ可能性があります。

派遣先へあいさつをする

最初のステップは、これから仲間となる人たちへのご挨拶です。
派遣先へ出社したら、まずは営業担当者と共に、派遣先の上司へあいさつをします。
朝礼などで自己紹介を求められることが多いので、どのような話をするのか考えて心の準備をしておきましょう。

単なる紹介に留めず、人間性や意気込みが伝わるような一言も添えたほうが親近感を持ってもらいやすいです。
通常は、派遣会社の営業担当者が先にあいさつや簡単なやり取りを行うので、後に続く形で丁寧にあいさつをすれば問題ありません。

職場によっては、メールやテキストでの挨拶が求められるかもしれません。
その場合、以下のように書くと無難です。

お世話になります。本日から、○○部署に派遣社員として参りました、●●と申します。前職では、~~の業務をしておりましたので、△△のスキルを活かせればと思います。至らぬ点もあるかと思いますが、精一杯頑張りますので、何卒、よろしくお願いいたします。


自己紹介が終わったら、次は自分が会社内の施設の案内や紹介を受けることになります。
勤務中はデスクのあるオフィスだけでなく、会議室や休憩スペースも利用しますし、大きな会社なら食堂や医務室などを使う機会もあるでしょう。
そのような設備を案内してもらい、同時に利用方法も説明してもらうのが一般的です。
また、従業員の紹介もしてもらえますが、職場全員ではなく関連性が強い人だけのケースなどもあります。
その流れで、勤務するうえで知っておいたほうが良い事業内容や主力の商品、サービスといった会社の情報も教えてもらえることが多いです。

その後は営業担当者が帰るので、ここから1人になります。
派遣元の営業担当者ではわからないような詳細な仕事内容などについて聞きたい場合は、この段階でしっかりと質問しておくと良いでしょう。
また、困ったときは誰に相談すべきか、教育係がいるのかなども、あわせて聞いておくと役立ちます。

配属先で業務を行う

次はいよいよ業務開始に必要な準備に移ります。

たいていの会社では業務の内容や手順に関する説明を行いますが、しっかりとした研修を用意しているところも珍しくありません。
いずれの場合も、ただ聞くだけでなくメモをきちんと取っておきましょう。

初日のうちに準備が整ったら、さっそく業務を命じられることもありますが、難しい内容をいきなり任される可能性は高くありません。
多くの場合は、業務に慣れることを目的として簡単な手伝いや事務作業などからスタートします。
いきなり業務につくわけではなく、メンバーの紹介や社内施設の利用方法、業務内容などについて説明があることが一般的です。
初日に任される仕事は比較的簡単なものが多い傾向にありますが、慣れている仕事でも各会社でやり方が違うことがあり、覚えることがたくさんあるでしょう。
タイミングを見計らってメモを取ることで、何度も同じ質問をしないで済みます。

また、同じ部署で働く人たちの名前を把握しておくと、わからないことがあったときやサポートが必要なときに、スムーズに声をかけやすくなります。
仕事内容によっては積極的に周りに話しかける必要はありませんが、あいさつなどの最低限のコミュニケーションはとっておくと、後に仕事がしやすくなるでしょう。
教育係などがいる場合は、仕事をする上で不明な点があれば、その都度積極的に聞くことが大切です。

勤怠管理をして退社する

派遣社員は、派遣先が指定する方法で勤務時間の管理・報告を行います。
一般的には、タイムカードを使っているところが多いです。
注意しておきたいのは、派遣社員と派遣先企業の正社員とは、別のシステムを利用して入力するケースもある点です。
派遣社員の勤怠管理については、事前に派遣会社や派遣先から説明があるのが一般的なので、指示に従って自分自身で管理し、退社するようにしましょう。
翌日以降の出社に関しても不明な点があれば、こちらも初日に聞いておくことが重要です。

勤務終了後、場合によっては営業担当がその日の感想を電話やメールなどで聞いてくることがあるかもしれません。
ここでは、正直な感想を話して問題ありません。
派遣先に直接言いにくいことなどがあれば、営業担当を通して伝えてもらいましょう。

派遣初日の流れがイメージ出来て、少し緊張がほぐれてきました!
それでは、次は初日で重要なポイント、服装について確認していきましょう。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

求人数が多く派遣初心者におすすめ「スタッフサービス」


派遣初日の身だしなみをチェック!

「身だしなみ」は、派遣社員に限らず、誰に対しても好感度をもたらす重要な要素です。
初日はとくにマイナスな印象を与えないよう、服装には特に気を遣いましょう。

清潔感のあるシンプルな服装を心掛ける

人に好印象を与える身だしなみで重要なのは、「清潔感」です。
メイクをがっちりしたり、高い服を着たりすることではありません。
女性の場合、メイクや髪型、アクセサリーなどは派手なものを避けて、悪目立ちしないようにすることが大切です。
男性の場合は、スーツやジャケットの下のインナーにも気を配りましょう。
たとえ、「服装自由」「私服OK」の会社であっても、第一印象で失敗しないよう、初日では特に気を付けましょう。

迷ったらオフィスカジュアル

派遣先にもよるものの、初日の服装は大抵スーツやオフィスカジュアルが主流です。
冬の寒い時期でしたら、カーディガンであれば持って行っても良いでしょう。
また、夏場もクーラーがどのくらい効いているかが分からないので、上着を持参するのが無難です。
ただし、工場派遣では私服でも問題ない場合もあります。
服装のラインについては派遣先次第なので、服装選びに迷った場合は、事前に派遣会社へ相談するのがポイントです。

シワやネイルなど細かいところにも気を遣おう

清潔感を出すためには、服装にはシワがないようにすることも大切です。
姿勢が悪いと椅子に座ったときなどにシワができることがあるので、姿勢を正すことも清潔感の演出につながります。
さらに、ネイルも清潔感に関わるので注意が必要です。
仕事によっては、爪を短く整える必要があるものと、ネイルをしても構わないものとがあります。
どちらが適切か、事前に派遣会社に問いあわせてみましょう。
ネイルをしても問題ない職場であったとしても、華美なものは避けたほうが無難です。

これで服装についてはバッチリですね!
第一印象を良くするポイントは、服装だけではありませんよ。

初日に好感度をアップさせるポイント

派遣先で仕事を円滑的に進めていくのに、自分の好感度を気にする人も多いのではないでしょうか。
相手に与える第一印象が良ければ、その後は仕事がしやすくなるかもしれません。
ここでは、好感度を上げるために最低限押さえておきたい3つのポイントについて説明していきます。

自信を持ってハキハキ話す

一般的に派遣初日は会社側がいろいろとリードしてくれますが、その流れに淡々と身をゆだねるだけではいけません。
第一印象を良くすることが大切なので、どのように思われるのかイメージしながら振る舞う必要があります。
慣れないことばかりで気おくれしやすいですが、ずっと下を向いていたり声が小さかったりすると、接しにくい人物だと判断されるので注意しましょう。
実際には緊張しているだけでも、自信がなさそうに見えると、頼りないという第一印象を植え付けてしまいかねません。
そのような事態を避けたいなら、相手の目をしっかり見ながら、自信を持ってハキハキと話すことが重要です。

緊張すると声が出にくくなるため、いつもより大きめのボリュームで発声するように心がけましょう。
また、早口になりがちなので、話すスピードを意図的にセーブすることもポイントになります。
落ち着いた雰囲気を漂わせながら、聞き取りやすい滑舌で話していると、それだけで有能そうな人物に見えやすいです。
そうして一緒に働きたいという思いを持ってもらえると、今後話しかけてもらえるようになり、業務で協力しやすくなるというメリットがあります。

笑顔で話す

「笑顔」もまた、誰に対しても好感度を上げるものです。
笑顔で話す人や相手の話にしっかり相づちを打つ人は、基本的に「話しやすい人」という印象を持たれやすいです。
派遣社員だけではなく、派遣先の従業員もまた、新しいメンバーに対しては緊張して気を使っていることでしょう。
表情も第一印象に関わるので、緊張で顔がこわばらないように気を付けなければなりません。
お互いにコミュニケーションが取りやすいよう、初日は誰に対しても笑顔を心がけるのがポイントです。

しかし、緊張しているとなかなか笑顔になれないのも事実です。
その場合は、微笑み程度の小さな笑顔でもかまわないので、口角が下がらないように意識して、笑顔をキープするようにしましょう。

コミュニケーションのきっかけを作る

さらに、話しかけられるのを待っているだけでは親睦は深まりにくいので、自分からコミュニケーションのきっかけを作ることもポイントです。
ただし、派遣初日から話しかけすぎると不真面目な印象を与えかねません。
そのため、タイミングや場の空気を読むことも大事ですが、難しければ積極的にあいさつをするだけでも後々の会話につながることがあります。

疑問や困ったことはすぐに確認する!

説明を受けている間もこちらから確認するスタンスを持っておくことも大切です。
業務内容などについて理解できない点があれば、先延ばしをせずにその場で尋ねましょう。
翌日からスムーズに仕事を始めやすくなるのはもちろんですし、コミュニケーションの時間が増えるとともに、積極性をアピールすることにもなります。
さらに、複数の従業員に教えてもらっているなら、誰がどの分野に詳しいのか把握するヒントにもなるでしょう。
このように、分からない点を確認することには多くのメリットがあるのです。

それに対して、翌日になって尋ねると、派遣初日は説明をいい加減に聞いていたと勘違いされてしまう恐れがあります。
相手にとっては二度手間ですし、場合によってはスケジュールに狂いが生じるかもしれません。
せっかく第一印象が良くても台無しになってしまうので注意が必要です。
したがって、派遣初日の段階で今後のことも視野に入れておくことが欠かせません。
疑問をすべて解消したうえで、最後には翌日のスケジュールも確認しておくのが望ましいです。

とはいえ、実際には面と向かって質問しにくいと感じることもあるでしょう。
たとえば、派遣初日から待遇に関する話に時間を割いてしまうと、業務に対する真剣さが足りないようにみなされるかもしれません。
また、そのようなデリケートな話は、そもそも誰に聞くのが適切か分からない場合もあります。
聞きづらいと感じるなら無理をする必要はなく、派遣会社の担当者に尋ねてみるのが賢い選択です。
困ったときにフォローしてもらえるという派遣社員のメリットを生かしましょう。

派遣の初日のふるまい方が理解できました。でも思わぬトラブルなどがないかまだ心配です。
初日はトラブルも多いので、ここで解消しておきましょう。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

求人数が多く派遣初心者におすすめ「スタッフサービス」


派遣初日トラブルシューティング

派遣初日に起こりがちなトラブルについて、回答します。

初日から体調不良

体調不良は誰にでも起こりうることなので、よりによって派遣の初日に体調を崩すということもあるかもしれません。
仕事ができそうにないくらい体調が悪ければ、初日でも休みをもらうしかありません。
一番問題なのは、連絡なしに来ない「ドタキャン」です。
体調不良が発覚したら、できるだけ早めに派遣会社に連絡しましょう。
緊急性が高いので、メールより電話がベターです。
初日から欠勤というのは、印象は良くないかもしれませんが、ドタキャンして行かないよりはマシです。
復帰後の勤務態度で十分挽回できるものなので、過度に落ち込まないように。
復帰後は、派遣先の上長にしっかり謝罪をしましょう。

初日に遅刻してしまった!

初日の遅刻も、体調不良と同様に遅刻すると分かった時点でなるべく早く派遣会社に電話をしましょう。
電車の遅延など、やむ負えない事情がある場合は、それも共有しておくと、印象ダウンをなるべく防ぐことができます。
また、早めに連絡がもらえれば、派遣先もそれに合わせてスケジュールを調整することができます。
派遣先についたら、派遣会社の人と派遣先の人にしっかりと謝罪することが必要です。
数分の遅刻でも、遅刻は遅刻なので、甘く見ずにまずは連絡をすることを大切にしてください。

初日からやることがなく、放置されてしまった

派遣先の中には、従業員が忙しかったり、派遣社員を受け入れるのが初めてで、仕事の教え方に慣れていないケースもあります。
その場合、やるべき仕事がなくて「放置された」と感じることもあると思います。
手が空いて暇になってしまったら、ぼーっとせずに「何かお手伝いすることはありますか?」と積極的に聞いてみましょう。
仕事がなくても仕事をする意欲があることをアピールするのが大切です。

派遣初日から「辞めたい」

派遣の初日を終えて疲れてしまい、初日から「辞めたい」「この会社合わない」と感じてしまうこともあるでしょう。
あるいは、取り返しのつかないような失敗をしてしまい、「もう行きたくない」となることもあるかもしれません。

派遣は、基本的には契約期間の途中で辞めることはできないことになっています。
ここで辞めてしまえば、派遣会社に対しても「この人は長続きしない人だ」と思われて、今後の仕事紹介もあまりしてもらえなくなるというリスクがあります。
初日であれば、そこで辞めるよりも、まず派遣会社に正直な心境を話して、解決策を一緒に考えてもらうのが得策です。
契約期間が、1ヶ月など短い場合はその1ヶ月はなんとか我慢して、更新時に断るのが一番角が立たず、スムーズです。
もし、半年や1年など長い期間での契約でしたら、様子をみつつ、どうしても合わない場合、退職や転職を検討してもいいと思います。

契約途中で辞める際の注意点については、別の記事で詳しく紹介しています。


▼おすすめ派遣会社

サービス名

求人数が多く派遣初心者におすすめ「スタッフサービス」


派遣の初日で困ったときに使える一言集

各々の職場には日常業務に対してそれぞれ独特の習慣が存在することが多いですが、働きはじめはなかなかその習慣を把握するのは難しいものです。
そこで最後に、派遣によくある困った状況で使える一言の例文を紹介していきます。

「今、質問しても大丈夫ですか?」

仕事に不慣れなうちは、派遣先の仕事でわからないことも多いでしょうが、誰かが助けてくれるのを待つのではなく、なるべく自分から質問して解決することが大切です。
もし質問したい相手が忙しそうな場合は、いきなり聞きたいことを切り出すのではなく、「今、質問しても大丈夫ですか?」の一言を入れましょう。
このフレーズを入れるだけで、スムーズにコミュニケーションが取りやすくなります。

「みなさん、普段お昼はどうされていますか?」

派遣先でのランチの過ごし方に、不安を感じる人もいるのではないでしょうか。
初日のランチは事前に用意せず、職場の人と一緒に過ごしたほうが、早く仕事仲間と馴染むことができます。
ただし、職場によっては個々人が一人でバラバラに昼食を取るケースもあれば、みんなで一緒にお弁当を食べるケースもあるでしょう。
お昼をどうしようか困ったときは、「みなさん、普段お昼はどうされていますか?」といった聞き方をすると、一緒にランチへ行きやすくなります。
ランチタイムはリラックスした雰囲気のなかで仕事仲間と会話ができるので、打ち解ける意味でも、これから仕事を円滑に進めていく意味でも、重要な時間といえます。
上手に利用して、早く職場に慣れるきっかけを作っていきましょう。

「何かお手伝いできることはありますか?」

派遣先から退社するタイミングに迷った場合も、一言つけ加えるだけでスムーズにことが運ぶケースがあります。
初日は特に、定時になっても退社して良いのかどうか、迷うことがあるでしょう。
「何かお手伝いできることはありますか?」の一言があると、退社のタイミングをつかみやすくなります。
また、初日の退社時はその日のお礼とともに「明日もよろしくお願いします」と添えると、さらに好印象を与えるので覚えておくと便利です。

まだちょっと緊張していますが、派遣の初日、なんとか乗り越えられそうです!
緊張するのは当然です。あまり気負わず、初日から寝坊や体調不良とならないように前日はしっかり寝ましょうね。

しっかり準備を整えて派遣初日を迎えよう!

多くの人と初めて顔を合わせる派遣初日は、多かれ少なかれ誰でも緊張してしまうものです。
そのため、緊張することを前提として、しっかりと準備を整えておかなければなりません。
ただ、はじめてのことは緊張して当たり前なので、過度に心配する必要はないでしょう。

準備が万全だと感じられると自然と言動に自信が備わりやすくなります。
意識したいポイントを踏まえたうえで、流れに沿ってシミュレーションしておき、明るい気持ちで派遣初日を迎えられるようにしましょう。

派遣社員の場合、初日は営業担当者も同行することが多いため、不安があれば相談できるメリットがあります。
派遣で働くことに興味がある人は、どのような派遣会社があるのかを見てみてはいかがでしょうか?

おすすめの派遣会社

派遣サーチでは求人数の多い派遣会社を中心におすすめしています。

派遣会社比較表



スタッフサービスは、求人数が業界ナンバーワン。どの職種についても網羅的に求人を用意しているので、派遣が初めての人にはおすすめの派遣会社です。
テンプスタッフは、事務職の求人が多いので、事務職志望の人は登録しておくと良いでしょう。
リクルートスタッフィングは、口コミの評判がよく、手厚いサポートを受けたい人におすすめの派遣会社です。

Scroll Top ページ上部に戻る