派遣から正社員になるには?派遣と正社員のメリットデメリットを比較

派遣から正社員になるには?派遣と正社員のメリットデメリットを比較

派遣に興味があるけど、正社員と何が違うんだろう?派遣でキャリアを始めると不利になるの?「派遣で働いたら、もう正社員には戻れない」というのは本当?派遣という働き方を選ぶうえで比較対象となるのが「正社員」。派遣期間があると、今後の転職にマイナスになるのかどうかを調べてみました。派遣と正社員の働き方の比較、メリットデメリットをおさえて、自分に合った働き方をみつけましょう。正社員に繋がりやすい「派遣」の働き方も、お伝えします。

目次

サチコさん、僕、将来的には正社員になりたいのですが、まずは派遣として働くのと最初から正社員を目指すのはどっちがいいんですかねぇ?
どちらもメリット・デメリットがあります!まずは、派遣と正社員の違いから説明していきますね。

新しい仕事を探したいけど、派遣ってどうだろう?
派遣でのお仕事を迷っている方の中には、「いったん派遣で働くつもりだけど、ゆくゆくは正社員になりたい」「派遣社員から正社員を目指したい」と考えている人も多いでしょう。
働き方を選ぶには、まずは「違い」や「メリットデメリット」をおさえることが大切です。

▼おすすめ派遣会社

アデコ人材派遣
アデコ人材派遣

アデコ株式会社

派遣から正社員目指すなら。キャリアアップサポート充実の「アデコ」


派遣と正社員の違いは雇用形態

派遣社員と正社員の大きな違いは、「雇用形態」です。
にいと君、あなたはA社で正社員として働いているとしましょう。問題です。にいと君はどこから雇用されていますか?
A社!
正解です。当たり前ですよね。では、派遣社員としてA社で働いているとすると、にいと君はどこから雇用されているでしょうか?
この流れは、働いている会社…ではない⁈
そうなんです。派遣社員は、実際に働いている会社ではなく、「派遣会社」から雇用されています。
.派遣雇用の仕組み

派遣社員の特徴は雇用主が派遣会社

派遣とは、主に派遣会社から企業に派遣される社員のことをいいます。
派遣から正社員を目指したいなら、まず派遣の仕組みや特徴についてしっかりと理解しておきたいところです。

正社員とは異なる派遣社員の特徴は、まず雇用契約を結んでいる会社にあります。
正社員は、実際に自分が働く会社と直接雇用契約を結びます。
これに対して、派遣社員が結ぶ雇用契約の対象は、実際に働く職場の会社ではありません。

派遣社員は、まずあなたに仕事を紹介してくれる人材派遣会社と雇用契約を締結します。
そのうえで、所属している人材派遣会社から、自分に合った派遣先の企業を紹介してもらうというシステムになっています。

こうした特徴があるため、派遣社員が受け取る給与も正社員とは性質が違います。
派遣社員は派遣先の企業に労働を提供しますが、その対価として支払われる給与は、派遣先企業からではなく所属の人材派遣会社から受け取ることになります。
派遣先の企業から人材派遣会社を通して給与が支払われるため、その分の中間マージンによって、一般的に派遣社員の給与は正社員より少なくなるとされています。

また、派遣社員が結ぶ雇用契約には、正社員とは違って一定の期間で区切られている点も大きな特徴です。
派遣では、基本的には「雇用期間」があらかじめ決まっており、雇用期間を過ぎたら、また別の仕事を探す必要があります。
派遣社員の雇用期間は、だいたい3カ月程度の周期で更新することが多いです。
もちろん、問題がなければ契約期間は更新されますが、万が一勤務態度などに不備があれば、契約を更新してもらえないといったこともあります。

正社員の特徴は直接雇用

正社員は派遣社員と違って、実際に働いている会社に直接雇用されています。
雇用形態も無期雇用であり、契約期間に期限や決まりというものはありません。

契約の更新という概念もなく、基本的には定年まで働くことができる点に特徴があります。
派遣社員の場合、週4日勤務など、働き方にもある程度の柔軟性がありますが、正社員はフルタイムで働くのが基本です。

人事異動や転勤がある点も正社員の特徴で、会社側には人事権があるため、もし辞令が出されれば基本的には従わなければなりません。
また、正社員には手当やボーナスなど、基本給以外の給与が充実している点も特徴です。
福利厚生も整っているため、常に安心して働ける環境が整備されているといえます。

給与の決め方や人事異動についても、あなたが働いている企業に決定権があります。

派遣は期間限定なんですか。それはちょっと不安だな。
そこはひとつ、派遣のデメリットですよね。でもそれを解消する働き方もあるので、あとで解説します!次は、派遣と正社員のメリットデメリットを見ていきましょう!

派遣のメリット

派遣社員には、正社員とは違った特徴やメリットがたくさんあります。

自由に仕事が選べる

派遣の最大のメリットは、自由に仕事が選べることです。
正社員採用では、やりたいことやスキルのマッチングを軸に仕事を選ぶことが多いと思いますが、派遣では「時給」「勤務地」「勤務時間」などの条件ベースでお仕事を選ぶことが多いです。
働くうえで重視したい条件を派遣会社に伝えれば、担当者が派遣先の企業と交渉してくれます。
そのため、時給や待遇など、派遣先企業に不満があっても安心です。

自分に合った仕事が見つかりやすい

次に、自分に合った仕事を見つけやすいという点です。
派遣では、契約している人材派遣会社が職場を紹介してくれます。
その際は、自分のやりたい仕事や、能力・経験などに応じた派遣先を紹介してくれるので、自分で探すよりも早く、しかも手軽に最適な仕事を見つけることもできます。
もちろん、派遣社員には契約期間があるので、ひとつの職場に長く勤めるということは基本的にありません。
ただ、契約が終了すれば、また新しい派遣先を紹介してくれます。
いろいろな職場で働けば、多種多様な経験を積むことができるので、将来のスキルアップにつなげられるというメリットもあります。

派遣会社が間に入って交渉や相談をしてくれる

派遣社員にとって派遣会社はいわば仲介役のような存在だといえます。
休みを取りたいときや派遣先を変えたいなど、直接はいいにくいことでも派遣会社が代わりに伝えてくれます。
このように、ストレスなく働けるという点も派遣の大きなメリットのひとつです。
派遣会社は仕事で困っていることなど、いろいろな相談事にも乗ってくれるので、初めて派遣として働く人でも安心して仕事に従事できるでしょう。

残業や煩わしい人間関係が発生しにくい

基本的に「時給による雇用契約」なので、残業が発生しにくく、残業代もキッチリ支払われます。
派遣という立場(外の人)という点で、煩わしい人間関係も起きにくいのもメリットです。

正社員へのステップになる

また、派遣では正社員では採用ハードルが高い企業の求人があるケースがあり、まずは派遣として実際の働きぶりをアピールすることで、正社員につながるということもあります。

「派遣の方が大手企業に入りやすい」というメリットを生かして、あえて派遣を選択して大手企業で働いている方もいます。


派遣から正社員を目指したいのであれば、キャリアアップサポートが充実しているアデコがおすすめです。

派遣のデメリット

雇用が不安定

一方で派遣のデメリットは、雇用期間の定めがあることです。
多くの場合、契約は3か月ごとに更新で、同じ職場で連続して勤務できるのは、最長3年間と決まっており、3年がたったら転職するか雇用形態を変える(正社員や契約社員になるなど)必要があります。
直接雇用ではない派遣社員は、人員整理の対象にもなりやすく、雇用が安定しにくいというデメリットがあります。
ひとつの派遣先で働く期間は必ずしも決まっているわけではないため、派遣先企業が短期間でいくつも変わってしまうこともあります。
腰を据えて働きたいという場合、派遣という働き方はデメリットが大きいかもしれません。

やりがいのある仕事に就きにくい

任せられる仕事の領域も、正社員に比べて派遣社員は狭い傾向にあります。
担当できる仕事の範囲があらかじめ決められており、それ以外の業務を任せてもらえないことも少なくありません。
一定の作業を淡々と続けるという場合が多く、責任ある重要な仕事にもなかなか従事できないため、将来に役立つ経験を培いにくいというデメリットがあります。

待遇が良くないことがある

待遇面でも、正社員に比べると劣る点が多いです。
所属先が派遣先企業ではなく、人材派遣会社である派遣社員は、直接雇用の正社員に比べて待遇が保証されているわけではありません。
交通費の支給やボーナスも多くの場合ないので、給与面の不安定さもあります。
時給で見れば高収入でも、そのなかには交通費も含まれていると解釈されます。
年収ベースで見た場合、正社員と大きな差ができてしまうことがあるのです。

派遣のメリットとデメリットについては、こちらの記事で詳しく解説しています。



一般的にはイメージの良い正社員にも、メリットだけでなくデメリットもあります。派遣社員と比較して、どのような特徴やメリット・デメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

正社員のメリット

雇用が安定している

派遣と比較したとき、正社員のメリットとなるのは、雇用が安定していることです。
雇用期間が限定でない点は、大きなメリットです。
正社員として雇用されれば、懲戒解雇に該当する行為をして解雇宣告されない限り「ある日突然仕事がなくなる」ということは、起こらないでしょう。
自分から退職したりしなければ、正社員は定年を迎えるまで同じ会社で働き続けることができます。
しかも、定年後にも再雇用制度を利用できるなど、老後まで見据えた働き方を模索できるのは正社員のメリットです。

責任のある仕事ができる

任せられる仕事も派遣社員に比べて広いです。
正社員には裁量が認められており、責任のある仕事に就くこともできます。
出世や栄転の可能性も広がり、仕事をするうえでやりがいを感じられる機会も多いです。
正社員として幅広い仕事の経験を積めば、自身のスキルアップやキャリアアップにつなげることもできます。

給料や福利厚生が充実

給与面でも正社員はメリットが大きいです。
ボーナスや交通費、家賃手当など、給与以外の手当などが充実しているため、ほかの雇用形態と比べて収入面で大きく優遇されています。
毎月一定の給与が手に入るという収入の安定性も見逃せないメリットです。
正社員として会社に所属していれば、会社側が研修や勉強会などの育成プログラムを実施してくれます。
積極的に参加して、仕事でも成果をあげられれば、自分自身の成長や出世にも良い影響を与えてくれるでしょう。
会社によっては、ボーナスや福利厚生も充実しているので、より働きやすい環境を手に入れやすいことはメリットです。

正社員のデメリット

仕事の責任が重い

仕事の責任が重い点は、正社員のやりがいや充実感につながる一方、責任感や強いプレッシャーと常に向き合わなければいけないのは正社員のデメリットだといえます。
ひとつの会社で長く働くのが基本であるため、部下や後輩の面倒を見る機会も必然的に増えます。
ただ、責任の重い仕事に就いていれば、上司や先輩として部下のミスをカバーしなければいけないことも少なくありません。
長く同じ職場に勤めていれば、その職場固有の人間関係が形成されます。
部下や後輩だけでなく、同僚や上司ともうまくやっていく必要があり、人間関係を良好に保ち続ける努力も必要です。

望まない人事異動や転勤があることも

また、雇用環境自体は安定しているものの、正社員として会社に属している以上は、会社側の人事権には従わなければなりません。
望まない人事異動転勤などがあっても、特段の事情がない限りはいわれたとおりにすることが正社員の職務です。
異動や転勤先でも従来通り仕事ができるとは限らず、単身赴任になったり、転勤先の職場環境になじめなかったりすることもあるため、正社員にとっては異動や転勤が大きなデメリットになることもあります。

自由時間が確保しにくい

福利厚生など、待遇自体は充実している一方、正社員の働き方は派遣社員に比べて過酷な場合もあります。
労働時間が長くなったり、場合によっては正当な残業代が支払われないはサービス残業を強いられることもあり、やりたくない仕事をしなければならないなどのリスクがあります。
また通常の残業や休日出勤も派遣社員などに比べて多いため、自分の自由な時間を確保しにくいといった点も正社員のデメリットです。

派遣と比較すると、自由度が低い働き方と言えますね。

派遣から正社員を目指したいのであれば、キャリアアップサポートが充実しているアデコがおすすめです。

派遣と正社員の違いをもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事をどうぞ。



派遣と正社員の違いは分かりましたか?早くに雇用の安定を目指したいなら正社員がおすすめですが、まだスキル不足だったり、まずは色んな会社を見てみたいということなら、派遣として始めるのがおすすめですね。
わかりました!経歴がない僕は、派遣からキャリアをスタートさせたいっすね!でも、派遣として働くことで経歴にキズが付かないか不安なんですが。
ここからは、派遣として働くと不利になるのか?を解説しますね!

派遣の職務経歴は不利にはならない!

「派遣としての職務経歴があると、正社員志望の転職に不利になるかもしれない…」 そんな不安を感じる人もいるかもしれません。

「一度でも派遣で働くと、正社員への転職は難しくなる」
「派遣で働いたら、もう正社員には戻れない」
「派遣の職歴は、不利になるので書かない方がいい」
「書類選考が通りにくくなり、正社員志望での転職ができなくなる」

勝手な噂や世間の間違ったイメージなどから、このような不安を感じる方も多いようです。
しかし、派遣で働くことが、あなたのキャリアで不利になることはありません
しっかりと契約期間を満了した派遣のお仕事の職歴は、あなたがしっかりした人だと印象付けることが出来ますし、実践的な経験があると伝えることが出来ます。
雇用が多様化している現代では、派遣社員としてキャリアを積んでいる人も多く、派遣から正社員雇用されることも少なくありません。

派遣も一つの経験です。派遣期間があるからマイナスになる、ということはないんですよ。
それを聞いて安心しました!

雇用形態よりも「離職期間」に気を付けるべし

「一度派遣で働いてしまったら、悪い印象を持たれるかも…」と、心配するよりも気をつけたいことがあります。
それは、「離職期間」です。
何もしていない期間や日雇いのバイトで食いつないでいたような期間など、いわゆる「ブランク」があると、悪印象を与えてしまいます
「とりあえず貯金で何とかしよう」 「とりあえずバイトでもしよう」という風に、だらだら過ごすうちに、離職期間が長くなってしまう人は少なくありません。
しかし、離職期間が長引くと、仕事の勘やスキルはどんどん鈍くなっていきます。
「私が働きたい職種は、勘やスキルが必要な仕事じゃないし、大丈夫」
そう思う方も多いかもしれませんが、そうは言っても、継続的にお仕事をしてきた人と久しぶりに働く人は、周りから見るとはっきりと違いがわかるものです。
「仕事が決まれば、ちゃんとできる」と思っていても、実際はそんなに甘くありません。
離職期間をむやみに長引かせないことが、大切だと言えます。
離職期間が長くなればなるほど、仕事を見つけるのがどんどん難しくなってしまいます。

なんてこった…。僕、もう2年もニート生活してるから、それってヤバイってことですよね(汗
そうですね!派遣か正社員かの心配をする前に、一刻も早く派遣で仕事を探しましょう!

派遣のお仕事を途中で辞めないことが大事

「派遣はいつでも辞められる」「派遣は辞めやすい」「自分のタイミングで辞めることができる」というのは、半分間違い。
正確には契約期間が短いので、続けられない(辞めたい)と思ったら、更新しなければいい!自分で選択できる!ということです。
理由もなく、突然辞めるのはご法度です。
途中で辞めてしまうと、それこそ経歴にキズがつきます。

派遣の求人は、3か月・6か月などと期間が決まっており、契約期間が満了する前に継続するか・契約を終了して他の職場を探すかを選ぶことが出来ます。
円満に辞められるタイミングが定期的にやってくるので、トラブルになることなくスムーズに退職できると言えるでしょう。



にいと君はまずは派遣社員になってその後に正社員を目指したいんですね。
はい!その作戦で行こうと思います。
派遣から正社員になるときのメリットと注意点を説明しておきますね。

派遣から正社員になるメリット

派遣社員から正社員になることができれば、給与面や待遇面では大きな利点を得ることができるでしょう。
たとえば、仕事の安定性です。雇用期間のある派遣社員に対して、正社員は無期雇用が基本です。
契約期間に制限なく働けるため、将来にわたって長く安定的に仕事を続けることができます。
給与面ではボーナスや特別手当、退職金などを受け取れる可能性が生まれるので、派遣社員より十分な収入の確保もしやすいです。

正社員には昇給や出世のチャンスも用意されています。
仕事で成果をあげることができれば、給与アップを勝ち取ることができたり、重要なポストに就くことができたりすることもあります。
こうしたスキルアップのチャンスは派遣社員にはなかった点のひとつです。
正社員になれば、責任ある仕事も任せられるようになります。やりがいを感じながら働けるようになれば、仕事で大変なことがあっても乗り越えることができるでしょう。

正社員の充実した福利厚生は、活用次第ではライフスタイルを充実させることもできます。
住宅手当をはじめとしたさまざまな手当や、子育て支援といったサポート体制があることで、仕事だけでなくプライベートの質も向上させられるでしょう。

派遣から正社員を目指したいのであれば、キャリアアップサポートが充実しているアデコがおすすめです。

派遣から正社員になるときの注意点

派遣社員から正社員になる場合、注意しなければいけない点もいくつかあります。
たとえば、正社員には人事異動や転勤があるかもしれないという点です。
もし、自分自身が人事異動や転勤を命じられれば、正社員はそれに従わなければなりません。
転勤の辞令を受けた結果、遠い勤務地に引っ越さなければならないこともあり、家族と離れ離れに暮らすという選択を迫られてしまうこともあります。

また、派遣社員は任された仕事をするのが基本であり、仕事内容も明確に決められている場合が多いですが、正社員は幅広い仕事を自分の裁量でこなしていかなければなりません。
やりたかった仕事を必ずしも任せてもらえるわけではなく、当初の想定とは違う仕事をしなければいけないこともあります。
一方で、任された仕事に対する期待値も高く、責任も増えることになるので、プレッシャーやストレスとも付き合っていくことになるでしょう。

基本的にフルタイムで働く正社員は、自分の時間を持つことも少なくなりがちです。
仕事が終わらないときや繁忙期などは、残業が必要になることも多く、休暇が取りにくくなるといった側面もあります。

派遣社員から正社員を目指す際は、こうした注意点にもしっかり注目しておくことが大切です。
分かりました!僕みたいな経験のない若者が正社員を目指すにはどうしたらいいですか?

派遣から正社員になる方法

ここでは、派遣から正社員になるために有利になる情報を紹介します。

紹介予定派遣を使う

派遣から正社員になるおすすめの方法として「紹介予定派遣」の活用があります。
紹介予定派遣とは、派遣先企業で正社員になることを前提に、一定期間派遣として働くという制度です。
派遣期間は、最長6か月とされており、会社の判断で6か月よりも短い期間で正社員になれることもあります。
近いうちに正社員を目指したい人は、紹介予定派遣を使うと、正社員になれる可能性が高まります。

紹介予定派遣の求人が充実している派遣会社は、アデコです。

紹介予定派遣について詳しく知りたい人は「紹介予定派遣特集」をご覧ください。



紹介予定派遣で正社員になると仕事の内容は派遣と同じですか?
基本的には同じ仕事です。ですが、派遣先側の事情により、まれに変更になる可能性もあります。その際は、契約を更新する前に確認が入ります。

派遣先で評価されるように努力する

自分が正社員として働きたい会社が、紹介予定派遣を募集していない場合は、普通に派遣として入って、働きぶりをアピールしましょう。
派遣として雇用した社員でも、仕事が評価されると「正社員にならないか?」と声をかけられることも、よくあります。
企業としては、すでに社員の働きぶりを見ているのでミスマッチが少なく、あなたとしてもその企業で働きたいと思えば、そのまま正社員になることも可能です。
派遣先から直接雇用の声がかかっても、勝手に進めずに、まずは派遣会社に相談してください。
派遣で評価されるにはどうしたらいいのでしょうか?
「派遣社員は、安定的に勤務することが評価ポイントです。」と、以前人事の方が言っていました。


特別目立つ必要はないので、与えられた業務を確実にこなすことが派遣として評価されるための近道です。逆にこうするとクビになるという事例は、こちらの記事で紹介しています。

ここに書いてあることをやらなければいいってことっすね!頑張ります!

派遣先から直接雇用の話が来た時に参考にしたい記事です。

無期雇用派遣で派遣として正社員的な働き方をする

派遣先で正社員になる方法以外に、「無期雇用派遣」という選択肢があります。
これは、派遣のデメリットである「雇用期間の定めがある」を解消した働き方です。
無期雇用派遣は、派遣先企業ではなく、派遣会社と無期限の雇用契約を結び、派遣として働くという制度です。
働き方としては派遣ですが、無期雇用派遣として採用されると、派遣会社から毎月給料が振り込まれ、福利厚生やボーナスなどを受け取ることができます。
「仕事が自由に選べる」「残業が少ない」などの派遣のメリットを維持しつつ、雇用の安定を手に入れたいという方にもってこいの働き方です。

無期雇用派遣についても、特集記事で詳しく解説しています。


派遣から正社員を目指したいのであれば、キャリアアップサポートが充実しているアデコがおすすめです。

正社員に繋がりやすい派遣会社の選び方

ゆくゆく正社員になりたいと考えているなら、派遣会社選びも重要です。
なぜなら、派遣で働くお仕事もあなたの今後のキャリアに少なからず影響を及ぼすから。
「とりあえず、仕事が決まるまでの繋ぎだから…」という気持ちで求人サイトを眺めていても、理想の派遣求人には出会えません。
あなたがこれから働く派遣のキャリアを、価値のあるものにできるかどうかは、派遣先でどんなお仕事をするかにかかっています。

キャリアプランを相談できる派遣会社を選ぶ

派遣会社の担当者は、派遣先や求人を見極めるプロです。
ネットや求人情報誌の求人情報だけではわからない、業務の詳細や得られるスキルを熟知しています。
しかし、いくら「派遣の求人」には詳しくても「正社員への転職」や「あなたのキャリアプラン」について力になってくれるとは限りません。

正社員を目指せる派遣会社選びのコツ

正社員を目指す派遣会社選びのコツは、3つあります。

  • キャリアコンサルタントの資格を持っているアドバイザーがいる派遣会社を選ぶ
  • 長期的なキャリアの相談にのってくれる体制がある派遣会社を選ぶ
  • 紹介予定派遣の求人数が多い派遣会社を選ぶ

サポート体制は、派遣会社によって特徴があります。
例えば「エンジニアの求人に強い派遣会社」「就業中の相談窓口が充実している派遣会社」など、それぞれの強みがありますが正社員になることを本気で目指すためには、「長期的なキャリアプランを考えてくれる派遣会社」を選ばなければなりません。


正社員を目指すのにおすすめの派遣会社

アデコ人材派遣
アデコ人材派遣

アデコ株式会社

先ほど紹介した条件「キャリアサポートの充実」と「紹介予定派遣求人の数」、両面でおすすめできるのが、アデコです。アデコの最大の特養は、「トータル・ライフ・サポート・プログラム(TLSP)」という独自の従業員支援プログラムを展開している点です。派遣会社の多くは、派遣先企業の担当者=派遣社員の担当者となっていますが、アデコの場合、企業側の営業担当以外に「キャリアコーチ」がついて、あなたの長期的なキャリアをサポートしてくれます。また、アデコは正社員雇用の「Spring」という転職サービスも提供しており、派遣から正社員まで、幅広くお仕事を紹介してもらえます。無期雇用派遣においても「アデコ2.5」という独自の取り組みをしており、正社員雇用や無期雇用派遣に強い会社といえます。求人数も、業界トップクラスで、紹介予定派遣の求人もたくさん揃っているので、たくさんの選択肢からあなたに合った求人が選べます。


正社員を目指すには「派遣期間」を不利にしない努力を!

派遣社員と正社員は、待遇や働き方が大きく異なります。派遣社員から正社員になれば、さまざまな側面で大きな変化があります。
それだけに、派遣から正社員を目指すなら、どのような変化があるのかしっかり確認しておきましょう。
実際に派遣社員から正社員になる方法はさまざまです。
派遣からでも正社員が目指せると聞いて、安心しました!
派遣の経歴が不利になることはありませんが、契約期間を満了せずに派遣先を辞めてしまったり、今後のキャリアプランに繋がらないような、適当なお仕事に就いてコロコロと業種を変えていたり、「長続きしない人だ」という印象を持たれたりしてしまっては、損をしてしまいます。
派遣で働く期間の価値を意味あるものにするために、しっかりといい派遣会社を選び、キャリアアップに仕事を見つけましょうね!
はい!頑張ります!
まずは、派遣会社に登録するのです!

正社員雇用に強いアデコに登録する

こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。 派遣サーチでは毎月、派遣会社の求人数を調べています。派遣会社を選ぶ時は、職種別求人数も参考にしてみてください!
派遣会社名 求人数 事務の求人数 工場の求人数 ITの求人数 営業の求人数 介護の求人数 保育の求人数 看護の求人数 紹介予定
スタッフサービス 113,816 9,410 5,528 18,182 1,714 47,794 - 16,233 6,136
テンプスタッフ 18,087 8,133 1,985 3,972 2,691 33 70 - 2,028
リクルートスタッフィング 3,452 1,770 - 1,465 505 - - - 505
パソナの人材派遣 5,967 2,413 141 940 454 1,033 143 209 801
アデコ人材派遣 4,451 2,132 262 1,088 664 17 - 5 948
ランスタッド 2,797 - - - - - - - -

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る