印象アップできる派遣の面接の服装は?登録会でも顔合わせでも迷わない!

印象アップできる派遣の面接の服装は?登録会でも顔合わせでも迷わない!

派遣の面接を受けるにあたり、ふさわしい服装や身だしなみが気になっている人もいるでしょう。ここでは派遣会社の登録会や顔合わせに行く際に知っておくべき身だしなみのポイントについて紹介します。派遣の面接に自信を持って臨むためにも、この記事を読んで服装のルールやマナーについて理解し、不安や疑問を解消しましょう。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

2022年7月 | 派遣会社 厳選3社

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

スタッフサービス

求人数17,000件の派遣会社!

PASONA(パソナ)

全国各地の求人が充実!

来週派遣の登録会に参加するのですが、どんな服装で行けば良いのか迷っています…。
好印象を与えられる服装のポイントをお教えします!登録会に万全の体制で臨みましょう!

▼おすすめ派遣会社

テンプスタッフ

パーソルテンプスタッフ株式会社

登録会の丁寧な対応に定評あり!「テンプスタッフ」


派遣の登録会や顔合わせについて整理しよう

派遣の面接でイメージされるのは、派遣会社の登録会と、派遣先との顔合わせのふたつです。
ただし、シーンによってふさわしい服装が異なります。
まずはそれぞれの違いについて整理しましょう。

派遣会社の登録会・面談は、仕事探しに必要な情報を登録するところ

.
そもそも、派遣の登録会とはどのようなものなのでしょうか。
簡単にいうと、派遣会社に登録するために行われる「説明会」のようなもので、派遣社員として働くにあたり、派遣会社へ登録するために行われる集まりのことです。
派遣会社から派遣の仕事を紹介してもらうには、初めに登録をする必要があるのです。
派遣の登録会は各企業で実施されており、なかには土日や夜間などに行われているものもあります。

登録会では、派遣で仕事をする仕組みについて説明を受けたり、職歴などのプロフィールを登録したりします。
登録会の内容は派遣会社により異なりますが、必要な情報を登録するだけではなく、スキルチェックというその人の能力を確認するためのテストを行ったり、コーディネーターと面談したりすることも多いです。

面談やスキルチェックというと、なかには不安になったり身構えてしまったりする人もいるでしょう。
しかし、これらは合否を決めるものではないため、心配いりません。
あくまでも、その人の過去の経験やスキルを把握する目的で行われるものなので、心配する必要はないでしょう。
なお、登録する会社や希望する職種によって、登録会の内容が異なる場合があります。
万が一、自分のスキルに不安がある場合は、派遣会社ごとに研修プログラムなどもあるため、利用するのも一案です。

登録会に参加するには、まず派遣会社のWebサイトや電話から予約をします。
当日は印鑑や身分証明書、預金通帳などを持参する必要があるため、事前に必ず持ち物を確認しておきましょう。ただし、登録会に参加すれば、誰でも派遣社員として働けるとは限りません。スキルやキャリアに合った仕事がなかったり、本人に問題があると判断されたりした場合は、登録を拒否される可能性もあります。確実に登録するためにも、登録会や面談での身だしなみは非常に重要です。

合否を決めるものではないとはいえ、服装はとても重要です!

派遣の登録会に参加するときの服装の基本

派遣会社への登録は、派遣スタッフとして働くための最初のステップです。
そのためには登録会への参加が欠かせません。
登録会は派遣会社の担当者との出会いの場であり、自分の持ち味をアピールできる大事な機会でもあります。
派遣スタッフの仕事を紹介してもらうには、派遣会社が自信を持って送り出せる人材であることが望まれます。
派遣会社の信頼を得るためにも、登録会の服装が重要な役割を持つといえるでしょう。

派遣の登録会は派遣会社の担当者と会うだけなので、普段着でも支障がないとされています。
しかし、あまりにも個性が強すぎる服装はよくありません。
仕事をするのに向いているのはもちろん、まわりの人からひんしゅくを買わない服装選びが大切です。

そのうえで、清潔感があるかどうかも確認しましょう。衣服に汚れがないことはいうまでもありません。
シワなどが付いている場合は、アイロン掛けの必要性がでてきます。
当日になってから慌てないためにも、長く着ていない衣服は早めに確認しておきましょう。

もし、服装選びで迷ったときは、スーツやオフィスカジュアルを選ぶと無難です。
そうすることで、服装で悩まなくても済むでしょう。
スーツ選びに際しては、リクルートスーツを意識する必要はありません。
しかし、ビジネスシーンに向いた色やデザインを選ぶことが大事なポイントになります。
また、スーツを持っていても、自分の体型に合わないものを着ていくとマイナス評価にもつながってしまいます。
日頃からスーツを着る機会が少ない人は、早めの確認が必要です。

元派遣会社営業担当が登録会の服装の大切さについて語ったインタビュー記事です。
担当者は服装の印象までちゃんとメモしてます。


派遣先との顔合わせ・職場見学

.
派遣スタッフの大きな魅力は、自分の生活と両立しながら働きやすいところです。
また、希望する条件に合った企業を探せることが大きな強みといえるでしょう。
そのためには、派遣会社に派遣先企業との間を取り持ってもらう必要があります。
そこで気になるのが、派遣先企業との顔合わせです。
派遣先との顔合わせや職場見学では、派遣社員が勤務を始める前に派遣先である企業に直接赴いて、話し合いの場をもちます。
派遣社員だけではなく、派遣会社の担当者や、派遣先の人事担当、直属の上司になる人と一緒に面談することも多いです。

顔合わせでは、「労働者派遣法」により「事前面接等」は禁止されています。
そのため、派遣先企業は派遣スタッフを特定することができないのです。
ただし「紹介予定派遣」(派遣先企業への雇用を目指す派遣形態)は、その対象から除かれます。

顔合わせは、厳密には面談ではなく、派遣社員が業務内容や派遣先の雰囲気を知るためのものです。
派遣会社から仕事を紹介されたら、すぐに働けるわけではありません。
顔合わせの場で問題があると判断された場合は、仕事そのものをなかったことにされてしまう可能性があります。

なお、派遣先の企業によっては、顔合わせや職場見学がないケースもあります。

登録から職場見学の流れなどについてはこちらの記事で解説しています。


顔合わせでは、派遣先の担当者も参加する点に注意しましょう!

派遣の顔合わせの服装の基本

派遣先企業との顔合わせでは、服装にも注意を払いましょう。
派遣先に好印象を与えるためにも言葉遣いやマナー、身だしなみには十分に気を付けなければいけません。
服装が好ましくないと、自分のイメージダウンにもつながります。

やはり、初対面の人から受ける第一印象は大切です。
服装がよくないと、派遣先企業での受け入れ可否に影響を及ぼすことがでてきます。
顔合わせは面接ではありませんが、面接のときに対応できる服装で行ったほうがよいでしょう。

そういう意味では、スーツがおすすめです。
仕事で着用するのと同じく、無難なデザインや色合いのものを選ぶことが大切です。
スーツのインナーには白のブラウスなどが向いています。
また、ベージュのストッキング、黒のシンプルなパンプスを意識することも大事なポイントです。

アパレル業界のようにファッションセンスが問われる業界も存在します。
そのため、服装選びに迷うことも少なくありません。
もし、自分で決めかねるときは派遣会社の担当者にアドバイスを仰ぐことが大切です。
むしろ、ミスマッチを防ぐためにも担当者と積極的に相談しましょう。

私が行くのは、登録会のほうですね。
はい。この先は、派遣のお仕事のスタートである登録会の服装をメインに解説しますね!

▼おすすめ派遣会社

テンプスタッフ

パーソルテンプスタッフ株式会社

登録会の丁寧な対応に定評あり!「テンプスタッフ」


登録会はスーツかオフィスカジュアルで行くのが無難

いざ派遣の登録会に行こうとしたときに、悩む人も多いのが「服装」です。
大手の派遣会社では、登録会の服装に決まりや制限はなく、普段着で行けるところが多いです。

しかし、派遣会社に良い印象をもってもらうためにも、奇抜だったりだらしなかったりする服装は避けるべきでしょう。
指定がなければスーツで行っても問題はありませんが、より無難なのはオフィスカジュアルです。
社内で仕事をするために適した服装であり、来客を迎えても失礼にあたらないような服装です。
派遣の登録会にはどのような服装で臨めばいいのか、オフィスカジュアルとスーツのポイントを見ていきましょう。

.

オフィスカジュアル

派遣の登録会で、一般的に着用することが多いとされているのが「オフィスカジュアル」です。
オフィスカジュアルとは、オフィスに勤務している人が着用しているような、「スーツ以外の私服」を指します。
仕事場で着ていても違和感がなく、なおかつ堅くなりすぎない、きちんとした服装のことです。

一般的には、派遣の登録会ではスーツよりもオフィスカジュアルのほうが、多く着用されているといわれています。
なぜなら、オフィスカジュアルは垢抜けていて、明るい印象を与えやすいためです。
そのため、面談の際に良い印象を与えられるのであれば、オフィスカジュアルを着用するのも良いでしょう。

ただし、オフィスカジュアルには厳密な定義がないとされています。
そのため、オフィスカジュアルを選ぶのはスーツよりも難易度が高いといわれているため、注意が必要です。

スーツ

オフィスカジュアルがよくわからない、何を着て登録会に行けばいいのか迷ってしまうという場合は、「スーツ」を選ぶのが無難です。
登録会は面接ではないものの、派遣会社の担当者は、しっかりと品定めを行っています。
派遣先企業に紹介しても問題がない人物なのか、また問題を起こさないような人柄なのか、言動や服装をチェックしているのです。
このようなときに、清潔感のある好感度の高いスーツを着用して登録会に臨めば、真面目な姿勢がしっかりと伝わります。
ビジネスマナーを意識したスーツを着用することで、「派遣先へ安心して紹介できる人物」と判断されやすくなるのです。

それに、派遣会社によっては登録会に参加した際に、証明写真の撮影を行う場合もあります。
写真に残る可能性もあるため、きちんとした服装で臨むと安心です。
ただ、スーツといっても、新卒の就職活動のときに着るような、リクルートスーツは避けたほうが良いでしょう。
リクルートスーツだと、場合によっては堅すぎる印象を与えてしまうおそれがあります。
ネイビーやグレーなどのシンプルなデザインのスーツなら、かしこまりすぎず、マナーをわきまえた装いになるためおすすめです。

また、登録会によっては、スーツを着ている人が少ないケースもみられます。
周りにスーツの人がいないと不安になりがちですが、間違いではないため、気にする必要はありません。

もっとも大切なのは、清潔感

派遣の登録会で大切なのは、何といっても「清潔感のある身だしなみ」です。
普段は着用する機会の少ないオフィスカジュアルの服やスーツの場合、ずっとしまわれていたせいで、シワがついている可能性があります。
登録会の前にシワの状態を確認し、必要に応じてアイロンをかけるようにしましょう。

また、シミなどのチェックも、登録会の間際になって慌てないように、早めにしておくと安心です。
早めにチェックしておけば、時間に余裕を持ってクリーニングに出すことができます。

さらに、洋服は「サイズ感」にも配慮するのが大切です。
サイズの合った服装はきちんとして見えて、第一印象が良くなることが期待できます。

また、足元は意外に他人の目が集中しやすい場所です。万が一、靴が汚れていると、だらしのない印象を与えてしまう原因につながります。
登録会に参加する前に靴が汚れていないかチェックし、きれいな状態にしておくのが大切です。

清潔感を基本に、オフィスカジュアルで行くのが良さそうですね。
はい!男女別でも服の選び方を解説していきます。

▼おすすめ派遣会社

テンプスタッフ

パーソルテンプスタッフ株式会社

登録会の丁寧な対応に定評あり!「テンプスタッフ」


男女別おすすめの服装

女性と男性とでは、服装選びの際のポイントが異なります。
登録会に着ていくおすすめの服装を紹介します。

女性におすすめの服装

・トップス:シャツか襟付きブラウス、きれいめのカットソー
・アウター:カーディガン、ジャケット
・ボトムス:すっきりシルエットのパンツ、ひざ丈のスカート
・靴:ベージュや白、黒、紺などのパンプス(ストッキングを忘れずに!)

まず、女性の場合は、スーツ以外であれば「襟付きブラウス」もしくは「シャツ」を選ぶのが基本です。
色は白や淡いカラーを選ぶと良いでしょう。なお、派手なリボンやフリルなどがついたデザインは、避けるのが無難です。
シンプルな無地などを選びましょう。
ブラウスやシャツの上には、ジャットを羽織ります。
かっちりとしたデザインのジャットを羽織ると、フォーマル感が出るためおすすめです。
ボトムスは、ひざ丈のスカートもしくは細身のパンツを選びます。
スカートとパンツのどちらでも、ストッキングを着用するようにしましょう。

男性におすすめの服装

・トップス:襟付きのシャツ(ネクタイは締めなくてもOK)
・アウター:ジャケット
・ボトムス:スラックスorチノパン
・靴:革靴

男性の場合は、スーツがあれば着用するのが無難です。
もしも、スーツが手元にない場合は、オフィスカジュアルを基本として「襟付きのシャツ」を着用すると良いでしょう。
シャツの上には落ち着いた色合いの「ジャケット」を羽織り、ボトムスにはアイロンがしっかりとかかった「スラックス」などを合わせます。
また、ボトムスは必ずベルトをするようにしましょう。
ベルトは派手なデザインを避けて、黒もしくは茶色のシンプルなものを選ぶのが一般的だといわれています。
ネクタイは派手な色やデザインを避けるのが大切です。
青色の無地のネクタイであれば、どのようなスーツにも合いやすく、ビジネスシーンでも浮かないためおすすめです。

男女ともに、登録会に参加するときの服装は「仕事にふさわしいか」、また「好感が持てるかどうか」を基準に選ぶのがポイントです。
なお、服装だけではなく、「靴」にまできちんと気を配る必要があります。
女性の場合は、適度なヒールのある黒色のパンプス、男性の場合は黒色もしくは落ち着いた茶色の革靴を選ぶと良いでしょう。

服装だけでなく、カバンなどの小物についても気になってきました…!
カバンも派手すぎはNGです!

派遣の登録会の服装に合わせる持ち物は?

派遣の登録会では、持ち物にまで気を配る必要があります。
印鑑や運転免許証、さらに通帳や職務経歴書など、派遣会社から準備するようにいわれたものを、忘れずに持参しましょう。
また、指定される持ち物は、派遣会社ごとに異なります。
持参するものを間違えないように、よく確認するのが重要です。

持ち物を入れるバッグは、仕事をするのにふさわしいものを選ぶ必要があります。
デザイン性の高いものは避け、ビジネス用のバッグや、落ち着いたカラーを選ぶのがポイントです。
ハイブランドであることが分かるようなロゴ入りのバッグは、悪目立ちするおそれがあるため、避けるのが大切です。

メイクや髪型はどうすればいいでしょう?
聞かれると思ってました!いくら服装が良くてもメイクや髪型で失敗したくないですよね。

髪型やメイクなどの注意点

面接では服装以外にも、いくつか注意するべき点があります。
登録会に参加する際は、清潔感のある装いを心がけるのが肝心です。
髪形やメイクを含め、全身の身だしなみを整えたうえで、自信を持って面接に臨みましょう。

髪型・髪色は清潔感重視

派遣の登録会に参加するときは服装だけではなく、「髪型」についても意識する必要があります。
服装と同様、髪形にも清潔感は欠かせません。
髪が長い人は、頻繁にいじると清潔感がない印象を与えてしまうので、できるだけ頭や髪に触れないようにしましょう。

ある程度の長さがある髪はそのまま下ろさず、ボサボサに見えないように結んだほうが無難です。
前髮など、まとめるのが難しい長さの髪は、ピンでとめるなどの工夫をします。

派遣会社によっては、仕事をするのにふさわしくないという理由で、「茶髪や金髪は禁止」というルールを設けているケースもみられます。
茶髪や金髪であり、登録ができるのかどうか不安な場合は、あらかじめ派遣会社に確認すると安心でしょう。
なかには、派遣会社から「髪型や髪色を変えられるか」と問われることもあります。
派遣先での就業時に「必要であれば染める」などの説明をしておけば問題ないケースもあるため、相談してみると良いでしょう。

また、髪が黒やダークブラウンなどの落ち着いた色であっても、寝癖などがついて乱れている場合は、清潔感のない印象を与えてしまう場合があります。
奇抜な髪形や髪色は避け、寝ぐせもしっかりと直しましょう。
爽やかで良い印象を与えるためにも、髪をまとめたり、きちんと整えたりするのが大切です。

ナチュラルメイクが基本

女性の場合、派遣の登録会では「メイク」にも気を付ける必要があります。
面接でのメイクは、ナチュラルメイクが基本です。

基本的には派手なカラーは避けて、落ち着いた色味の「仕事にふさわしいシンプルなメイク」を心がけましょう。
また、一般的な身だしなみとして、「ノーメイク」は避けて、きちんとメイクをするのが無難です。
派手なメイクはもちろん、地味すぎて素顔に見えるようなメイクも、印象が良くありません。

健康的で明るい印象を与えるようなメイクを心がけましょう。
肌荒れやくすみ、くまはコンシーラーを使ってしっかりと隠します。
顔色を明るくしようと、白すぎるファンデーションを使ってしまうと、顔と首の色の違いが目立って不自然な印象になってしまうため注意が必要です。
パウダーファンデーションを使えばきちんとメイクをした印象に、リキッドファンデーションだと肌のつやが強調されて健康的な印象に仕上がります。

チークは肌なじみの良いオレンジ系やピンク系が無難です。
なるべく薄づきを意識して、ファンデーションの上から軽く乗せると、程よい血色感が生まれます。

香水やネイルは控えめに

忘れずに気を付けたいのが香水やネイルです。
香水や派手なアクセサリーなどは、極力つけないほうが良いでしょう。

香水の匂いは、つけすぎると人によっては不快に思われる可能性があります。
普段から香水をつける習慣がある人も、面接の際はつけないほうが無難です。

また、ネイルについては寛容な職場が増えつつあります。
しかし、ネイルを許可している職場であっても、派手な色や長すぎる爪は避けるべきです。
ネイルをするのであれば、清潔感のあるデザインを心がけましょう。
落ち着いたピンク系やベージュ系の単色であれば、ほとんどの職場では問題ありません。
デザインを施したいのであれば、フレンチスタイルが適しています。
スーツやオフィスカジュアルとの相性も良いです。
トップコートなど、透明なマニキュアで爪につやを出すだけでも、手元が綺麗に見えます。
見た目からマナーのある大人であるという印象を持たれるよう意識しながら、身だしなみを整えましょう。

髪型・メイク・香水などは全体的に控えめのほうが無難なんですね!
あくまで仕事のための登録会なので、ビジネスマナーを守りましょう。次に、夏や冬の服装のポイントを教えます。

▼おすすめ派遣会社

テンプスタッフ

パーソルテンプスタッフ株式会社

登録会の丁寧な対応に定評あり!「テンプスタッフ」


夏や冬の服装は?

季節ごとの服装のポイントを解説します。
服装は「季節」を意識して選ぶのも重要です。
季節に合った服装を心がけることで、職場においても「適切な対応を行える能力が備わっている」と判断されやすくなります。

季節ごと女性のおすすめの服装は、以下の通りです。

夏のポイント

まず、夏の登録会に参加する場合は、「ジャケットを脱ぐ」ことを想定して服装選びをするのが重要です。

クールビズの普及などもあるため、暑い場合はスーツやジャケットを着なくても大丈夫です。
会場の冷房があまりきいていない場合、暑さからジャケットを脱ぐこともありますが、半袖のブラウスやシャツだけになることもあるため、注意が必要です。

露出度の高い服などは避けて、ジャケットを脱いでも下着が透けない、きちんとした印象のトップスを着用しましょう。

冬のポイント

冬の登録会では、「カジュアルなスーツ」を選ぶのがおすすめです。
きちんとした格好を意識することで、好印象を与えやすくなります。

また、寒い場合は薄手のタイツを履くという手もあります。
ただし、場合によってはタイツを履くとややカジュアルな印象を与えるケースもあるため、注意が必要です。
心配な場合は、ストッキングを着用すると良いでしょう。
服の色は黒色やグレー、ストッキングは肌色を選ぶのが無難です。

冬は、コートやマフラーなどの防寒具を身に着けても問題ありませんが、到着したら玄関前で脱いでから訪問するようにしましょう。

短期や単発アルバイトの登録は私服でOKなことも

バイトの場合も、基本はオフィスカジュアルが安心です。
ただ、希望する仕事によっても異なります。
コールセンターのようなオフィスワークを希望するようであれば、スーツやオフィスカジュアルのほうがよいでしょう。
一方で、軽作業やイベントスタッフなど、体を動かす仕事であれば、私服で問題ないでしょう。

「私服でいいですよ」と言われると、一番困るんですよね~。
「私服でいい」は真に受けず、やはりオフィスカジュアルをおすすめします!

私服でもよいと言われた場合の登録会の服装は?

派遣会社によっては、登録会に参加する際に「私服でも良い」といわれるケースもあります。
私服でも良いといわれた場合はどのようなものを選ぶべきなのか、ポイントをチェックしていきましょう。

着用すべき服装

登録会参加時に「私服でも良い」といわれた際に、注意したいのが「ラフな服装は避ける」ということです。
私服でも良いといわれると、「普段着で参加しよう」と考える人もいるかもしれません。
しかし、私服でも良いというのは、決して「普段着で構わない」という意味ではありません。
あくまでも「スーツではなくても良い」という意味であるため、注意が必要です。

派遣会社は応募者の服装をしっかりとチェックしているため、私服で良いといわれた場合は、「オフィスカジュアル」にするのが無難でしょう。
白色・ベージュ・黒色などをベースに、派手ではないカラーで、なおかつカジュアルになりすぎない服装を選ぶのが基本です。
なお、アパレルなどの服装のセンスが問われる職種を希望している場合は、カジュアルな服装でも問題ない場合があります。
どのような服を選ぶべきか悩んだ場合は、派遣会社にあらかじめ問い合わせをして確認すると安心です。

NGの服装

私服でも良いといわれた場合、つい自分の好きなコーディネートをしてしまいがちです。
なかには、避けたほうが良い服装もあるため、気を付ける必要があります。

まず、避けたほうが良いものには「カジュアルすぎる服装」が挙げられます。
カジュアルすぎる服装は、ビジネスシーンにそぐわない印象を与えてしまうため、避けたほうが無難です。
仕事をするにあたりふさわしい服装であるかどうかを考えるのが大切です。
ジーンズ・フリース・パーカーなどの普段着は、悪い印象を与えてしまうおそれがあるため、着用しないようにしましょう。

さらに、仕事をするうえでふさわしくない、「露出度の高い服装」や「派手なデザイン」も避けるのが肝心です。
オフィスカジュアルを意識した服装であっても、派手なデザインのものはビジネスシーンにそぐわないため、選ばないようにしましょう。

登録会には、オフィスカジュアルで行くのが無難なんですね!ジャケットをクリーニングに出さなくちゃ。服装に関する不安が解消されました!
登録会の服装はばっちりですね。ところで、登録する派遣会社は今回登録会に行く1社だけですか?
はい。1社だけです。
派遣会社は複数登録したほうがいいですよ!その方が幅広く仕事を紹介してもらえるので、チャンスが広がります!

派遣会社は複数登録がおすすめ!おすすめの派遣会社

派遣会社に複数登録すると、さまざまな仕事を紹介してもらえる可能性が高まり、仕事の選択肢が増えるといったメリットがあるため、1社目の登録会と同時並行で最低でも2~3社ほど登録しておきましょう。
様々な派遣会社の登録会に行くことで、実際のスタッフの対応や仕事紹介の質を見極めて、自分に合った派遣会社に出会える確率が高まります。
おすすめの派遣会社は、 テンプスタッフです。
テンプスタッフは、口コミで「登録会時の対応が良い」というコメントが多く、担当者の対応の丁寧さに定評があります。
登録会に不安を感じている人は、まずはテンプスタッフの登録会に行ってみるといいでしょう。
私も、登録しに行きましたが、時間をかけて丁寧に対応してくださり、好印象でした!
また、テンプスタッフは、創業者が女性ということもあり、女性に人気の求人や女性へのサポート体制が厚い会社です。
求人数もスタッフサービスに次いで多く、老舗の安心感があります。


派遣サーチおすすめの派遣会社一覧

派遣会社名 求人数 事務の求人数 工場の求人数 ITの求人数 営業の求人数 介護の求人数 保育の求人数 看護の求人数 紹介予定


これで、登録会に向けた準備はバッチリです!
登録会の前に服装以外にもチェックしておきたいことを記事でまとめたので紹介しますね。

派遣会社の登録の前に併せて読んでおきたい記事

最後に、派遣登録前に読んでおきたい記事をご紹介します。


派遣会社に登録する際には「スキルチェック」が行われることが一般的です。
スキルを確認するための簡単なテストのようなものですが、実際にどのようなことをするのかはよくわからないという人も多いでしょう。
ぜひ、登録会前に確認しておきましょう!

派遣会社に登録してからの流れも今のうちに知っておくと安心。
余裕があったら読んでおきましょう。

自分に合った派遣会社に出会うには?

サチコさん、派遣会社が多すぎてどれを選んだらいいか分かりません! 派遣会社を選ぶときの一番重視すべきポイントは、なんだと思いますか? う~ん。やっぱりサービス内容が充実しているかどうかですかねぇ。 サービス内容も重要ですが、一番大事なのは、求人数です!派遣の場合、実際に働くのは派遣会社ではなく、派遣会社が紹介する会社なので、求人数が多いほど、理想の仕事にたどり着きやすいのです! 求人数の多い派遣会社に登録することで選択肢が広がるんですね! その通り!派遣サーチがおすすめする求人数が多い派遣会社は、 スタッフサービス です。
こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る