※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣登録の際の「スキルチェック」とは?内容や対策について解説!

派遣登録の際の「スキルチェック」とは?内容や対策について解説!

派遣会社に登録する際には「スキルチェック」が行われることが一般的です。これはスキルを確認するための簡単なテストのようなものですが、名前を聞いたことがあっても実際にどのようなことをするのかはよくわからないという人も多いでしょう。そこで、今回は、派遣会社に登録する際に行われるスキルチェックについて、内容や対策を紹介していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. スキルチェックとは?

派遣会社の登録時に行われるスキルチェックとは、基礎的な能力をチェックするための簡単なテストのようなものと考えればいいでしょう。テストのようなものといっても、合格や不合格があるわけではありません。あくまで、派遣社員にどの程度のスキルがあるかを確認するために行われます。これは、派遣社員の具体的なスキルレベルを正確に把握しないまま派遣先会社に派遣してしまうと、求める能力と実際のスキルとにミスマッチが起こる可能性があるためです。ミスマッチを防ぐために、スキルチェックの結果を客観的な判断材料として用います。

また、専門性の高いスキルを持っている人であれば、希望職種によっては即戦力になれることをアピールできたり、マッチする求人の幅を広げたりするのにも役立ちます。

2. スキルチェックの内容

スキルチェックは、登録する派遣会社や希望する職種、保有している資格などによって内容が異なることがあります。しかし、一般的なスキルチェックの内容を知っておくと参考になるでしょう。そこで、この段落では、一般的なスキルチェックの具体的な内容について紹介していきます。

PCスキル

派遣会社で行われるスキルチェックのなかでもスタンダードなのが、PCスキルです。なかでも、WordやExcelに関するスキルと、タイピングの速さや正確性について確認されることが多いでしょう。WordやExcelは、事務職を筆頭にさまざまなPCを使う仕事で必要なことが多く、基本的な操作ができるかどうかについてチェックされます。基本操作とは、Wordであれば文章を入力する、太字や斜字にするなど文字装飾をする、印刷設定をするなどといった項目が挙げられるでしょう。Excelでは、セルに数字を入力する、関数を使う、グラフを作成するなどが挙げられます。ただし、派遣会社によって確認される内容は異なります。

タイピングでは、文字入力のスピードだけではなく、正確に入力できているかどうかも重要なチェックポイントです。打つのが速くてもミスばかりするようであれば評価はされないでしょう。速さだけでなく、正確に打つことにも気を配ることが大切です。

一般常識

スキルチェックの項目のひとつに、一般常識があります。これは、特に社会人として知っておくべき基礎学力を確かめることが多いです。たとえば、一般的な漢字の読み書きや計算問題などが出題されます。ほかにも、認識や思考力をチェックする問題や、時事問題、教養問題などが出題されることもあります。

コミュニケーションスキル

ビジネスをスムーズに進めるためには、円滑にコミュニケーションできるスキルが必要です。そのため、コミュニケーションスキルのチェックもよく行われています。とはいえ、それほど難しい内容ではなく、電話応対の仕方やメールの返信といった基本的なビジネスマナーをおさえているかどうかを確認されることが多いです。自信がない人は、事前にビジネスマナーの本などを読んでおくといいでしょう。

適性検査

適性検査は、スキルを確認するというよりどういう人間かを表現するためのテストで、キャラクターテストとも呼ばれています。適性検査によって、たとえば、責任感があるか、柔軟な思考ができるか、協調性はあるかなどいくつもの項目からどのような性格をしているかが導きだされるのです。派遣会社では、適性検査の結果をもとに、どのような仕事に適性があるのか、性格にどのような傾向があるかなどを判断します。検査結果から適職を探ることもあり、案件紹介の際の客観的な材料として用いられます。

3. スキルチェックの対策

スキルチェックはテストではありませんので、うまく答えられなかったとしても登録を解除されてしまうということはありません。しかし、チェックの結果によって紹介される案件が変わる可能性はあります。そこで、スキルチェック当日に向けて対策しておくと安心でしょう。ここでは、どのような対策をするべきかを紹介していきます。

保有資格は重点的に復習をする

登録フォームに入力する際には、保有資格を申告しているでしょう。この資格については、特に重点的におさらいをしておくことが望ましいです。なぜなら、保有資格として入力したにもかかわらず、実際のチェックで何もできないなどということになっては、信頼を落とすことにつながりかねないからです。

専門的なスキルを必要としている仕事を希望している場合には、業種や職種に合わせた専門的なテストが行われることもあります。たとえば、経理事務を希望している場合は簿記のチェックが行われることがありますし、英語力を活かす仕事を希望している場合は英語のタイピングテストや英語による面談を行っているところも少なくありません。油断せず、復習しておきたいところです。

ドリルや問題集で練習する

あまり気負って勉強する必要はありませんが、スキルチェックが不安という場合は、ドリルや問題集などを活用して基礎学力をある程度高めておくと安心できます。インターネット上にもスキルチェックに向けての勉強ができる無料サイトがありますので、活用するのもいいでしょう。ただし、登録する派遣会社によってスキルチェックの項目は異なります。公式サイトなどで事前に調べておき、該当する項目を学習しましょう。

緊張せずに自然体で臨む

繰り返しになりますが、スキルチェックは選考のためのテストではありません。適切な派遣先を提案するための判断材料のひとつとなるものです。そのため、うまく答えられないかもしれないと過度に心配する必要はありません。ただし、今後のキャリアアップのためにも、自分の現在の実力やスキルのレベルを正確に知っておくことは大切です。希望する職種に対してどのスキルが十分でないのかがわかれば、適切な対策がとれます。そこで、スキルチェックを受けるときは、現在のありのままの力を出すことが大切です。あまり気負わず、緊張せず、自然体で臨みましょう。

4. スキルチェックに失敗したらどうなる?

スキルチェックを受けるときに緊張してしまい、いつもはできることがスムーズにできないケースはしばしばあります。また、自分ではできると思っていたことが、スキルチェックを受けてみたら思うほどできていなかったというケースもあるでしょう。しかし、スキルチェックが想定どおりにうまくできなかったとしても、落ち込んだり心配したりする必要はありません。なぜなら、上でも述べましたが、スキルチェックは選考のための材料ではなく、適切な案件を提案するための判断材料のひとつに過ぎないからです。

結果が良いに越したことはありませんが、内容が悪かったからといって、それを理由に仕事を紹介してもらえないということはありません。仕事をするうえでは、スキルだけではなくこれまでの職歴や人柄なども同じくらい重要視されます。スキルチェックに失敗したらどうしようと考えず、自信を持って臨むことが大切です。

スキルチェックの対策をして当日に臨もう!

ほとんどの派遣会社では、登録するときにスキルチェックを行います。これは、派遣社員に合った派遣先を見つけるための判断材料のひとつとなるものです。基礎学力やPCスキル、コミュニケーションスキルなど一通りのスキルの確認が行われますが、決してそれだけで判断されることはありません。過度に不安になる必要はありませんが、自信を持ってスキルチェックに臨むためには、事前に対策をしておくといいでしょう。

Scroll Top ページ上部に戻る