※本ページはプロモーションが含まれています。

志望動機はとても重要!未経験でもしっかりアピールする書き方のコツとは?

志望動機はとても重要!未経験でもしっかりアピールする書き方のコツとは?

就職活動に成功する第一歩として、書類審査に通ることは欠かせない条件です。そのためには、応募書類に記載する内容が大きな鍵を握ります。なかでも、志望動機は必ず書かなければならない項目です。履歴書はもちろんのこと、職務経歴書にも記載したほうがよい場合が少なくありません。この記事では、未経験でも自分をアピールできる志望動機の書き方について、具体的なコツを紹介していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

未経験の志望動機って何を書いたらいいか迷ってしまいます。
未経験だとスキルや実績面でのアピールポイントが少ないですよね。だからこそ、志望動機が大切ですよ。例文を紹介するので参考にしてみてくださいね。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

未経験の仕事を探すのならば求人数が多い「スタッフサービス」


求人における「未経験者」の意味とは?

求人情報を閲覧しているとき「未経験者」に関する表記を見かけることがよくあるでしょう。
ここでは、求人における「未経験者」の意味を紹介します。

一般的な「未経験者」の意味

「未経験者」には、文字通り「まだある物事を体験していない人」などの意味があります。
そのため、求人情報で「未経験歓迎」などの表記を見かけたとき、募集されている仕事が未経験でも応募することができます。
また、それが応募の決め手になる人も少なくないでしょう。
ただし、この意味を額面どおり捉えるのはよくありません。
求人情報で見かける「未経験」ですが、未経験者のみを募集しているわけではないからです。
当然、経験者が応募することもでてきます。
経験を重視して採用する企業なら、経験者は即戦力になれる可能性が大きいため有利になる場合も少なくないでしょう。
 
このような背景もあり、未経験の表記を目にしたときは「未経験でも選考に参加可能」という意味だと捉えましょう。
また、未経験の定義はさまざまですが、多くの場合「募集職種についてのスキルや知識があれば、業界に関する知識や経験が少なくても応募できる」という意味が考えられます。
いずれにしても、希望する仕事に就くには求人への応募を欠かせません。また、経験者がいるなかで採用を勝ち取るためには、自分自身をしっかりアピールする必要があります。

「未経験者」の主な種類

未経験者と一口にいっても、さまざまな種類が存在します。
そこで、「未経験者」の主な種類について、具体例を交えて紹介していきます。
 

完全な未経験者

その業界やその職種に関する知識や経験がない人が該当します。
ただし、社会人経験がない人や正社員経験のない人は対象にならないケースが多いです。
新卒者やフリーターが応募するときは、求人情報に「特筆事項」がないか、しっかり確認しましょう。
 

職種の未経験者

その業界での経験はあるものの、応募職種については未経験な人が対象です。
この場合、業界についての知識があることが強みになります。
アパレル企業が事務職を募集している場合、アパレル業界での経験はあるが、事務が未経験のケースをイメージするとよいでしょう。
 

業界の未経験者

その職種での経験はあるものの、その業界での勤務経験がない人が対象になります。
こちらの場合は、業界の知識を蓄えれば即戦力となる可能性があります。
たとえば、アパレル企業の事務職の求人の場合、事務職の経験はあるが、アパレル業界は初めてのケースをイメージするとわかりやすくなります。
 
もちろん、求人情報だけで判断するのは難しいことが多いでしょう。
そのため、企業によって求めている「未経験者」が異なることを覚えておくと安心です。
ちなみに、「職種」とは事務や営業など、それぞれが行う仕事の分類を意味します。
また、「業界」は「業種」としてもお馴染みです。
アパレル業界や金融業界など、その企業が属する業界の種類が該当すると把握しておきましょう。
 
「未経験者募集」や「未経験者歓迎」の仕事であっても「未経験者だけ」を募集しているわけではないんですね。
そうですね。「未経験者も応募可能」というニュアンスの場合が少なくありません。しかし、チャンスであることには間違いないので、気後れしてチャレンジしないのは損ですよ。
 

▼おすすめ派遣会社

サービス名

未経験の仕事を探すのならば求人数が多い「スタッフサービス」


企業が未経験者を募集する理由とは?

企業が求人を行う理由として、必要な人材を補うという目的がみられます。
特に、中途採用の場合は、即戦力になれる人が理想的でしょう。
そのようななか、あえて未経験者を募集するのには、それ相当の理由が存在するのです。
未経験者が応募して採用を勝ち取るためには、企業の意図をしっかり把握することが大事なポイントになります。
 

未経験であっても、有資格者を採用したい

まず、考えられるのは有資格者を優遇する企業の存在です。
その職種に経験がなくても資格を持っていると、業務に必要な基礎知識が備わっていると考えられるからです。
特に、資格がないと就けない職種の場合、重宝することが多くなります。
ドライバーや経理、医療事務、パソコンや英語を使う業務内容などに多いです。
 

育成前提で未経験者を採用

それとは別に、もともと経験者が少ない職種では、育成を前提として募集する場合もでてきます。
その背景には、応募者が少なくて人材不足の状態にあるといえるでしょう。
介護職やSE、エンジニア、小売店などは育成体制が整っている場合が多いです。
 

未経験者ならではのフレッシュさに期待

また、企業では、新しい視点での発想を求めることも少なくありません。
同じ業界にいると、どうしても考え方が偏りがちです。
しかし、未経験者には仕事に関する先入観やこだわりがありません。
これも未経験者ならではの強みではないでしょうか。
このような理由から、枠にとらわれないで、柔軟な対応ができる人が求められていることも知っておきましょう。
未経験者は新しい環境への適応がしやすいからです。
 

経験よりも人柄重視

それ以前に、企業が求める人材像にマッチする人材に期待が寄せられています。
経験はなかったとしても、その企業に向いている能力やポテンシャル、価値観を持っている人材は貴重です。
そのため、応募に際しては企業のニーズをしっかり把握しておく必要があります。
 
未経験者募集の求人の事情は色々あるのですね。
企業が未経験者に何を求めているのかを見極めるのかが志望動機のポイントになります。
 
 

未経験の職種でも自分をアピールできるもの

未経験の職種に応募して採用を勝ち取るには、企業が未経験者を募集する理由を知ったうえで、自分の持ち味を最大限アピールすることが大切です。
ここでは、具体例を交えながらアピールポイントを紹介します。
 

所有資格のアピール

まずは、所有資格のアピールです。
企業が有資格者を望んでいるため、自分が所有する資格を志望動機に組み入れることで有利になります。
もちろん、応募先での仕事に役立つ資格ばかりではありません。
しかし、パソコンのスキルなら、どのような仕事に就いても重宝されます。
そのため、パソコンが得意な人は積極的にアピールするとよいでしょう。
もちろん、日ごろからパソコンのスキルアップに努めるのはいうまでもありません。
 

意欲や発想力

先述したように、独自の発想力のある人も重宝されます。
常に問題意識を持って行動していると、新たな気づきが出てくることも少なくないでしょう。
また、それが仕事の効率化につながるなど、採用先企業で役立つことが期待されます。
そのうえで、高いチャレンジ精神をアピールすることも大切です。
これまで培ってきた前向きな姿勢が評価されるのは、未経験の仕事でも例外ではないからです。
 
もちろん、まわりの空気を読まないで自分の勢いだけで突き進むのはよくありません。

人柄、実績

採用に際しては、職場内で円満にやっていける人かどうか問われるからです。
自己中心的な人はマイナス評価にもつながります。
どのような職場でも、報連相などコミュニケーション能力の高さが不可欠です。
また、管理職などの経験を持つ人は、優れたマネジメント能力があると採用に有利になることが期待されるでしょう。
 
未経験でもアピールできる材料はいろいろあるんですね。
そうですよ。仕事自体は未経験であっても、それまで培ってきたものや得意分野をしっかりと伝えましょうね。

派遣サーチで未経験者OKの求人を探す

未経験職種で志望動機を書くコツ

応募書類の作成は、就職活動を成功に導く最初のステップです。
ここでは、未経験職種で志望動機を書くためのコツを紹介します。

コツ1:現職や前職での実績を書く

まず考えられるのが現職や前職での実績を書くことです。
未経験の仕事に挑戦する場合でも、なんらかの実績を挙げていれば転職後にも役立ちます。
これまで培った経験は、新しい分野でも活かせることが少なくありません。
すでに実績がある人は、それらをアピールすることにより、今後の活躍も期待されやすくなります。
そのためには、自分の能力をアピールすることも一案ではないでしょうか。
 
実績のアピールに際しては、これまでのキャリアやスキルを洗い出したうえで、数値化して書くと効果的です。
文字で「実績があります」と連呼するだけでは、あまりにも抽象的すぎます。
また、それを目にした人がイメージしにくい場合も少なくないからです。
やはり、数字を使って具体的にまとめることで、自分の実績が伝わりやすくなります。
 
もちろん、社会人としての基礎が求められるのはいうまでもありません。
志望動機を記入するときは、相手と綿密なコミュニケーションを取りながら仕事を進めているなど、社会人の常識に徹していることもアピールする必要があります。
特に、中途採用の場合は社会人経験があるため、その点が採否の判断材料になることを知っておきましょう。

コツ2:適応力や積極性を示す

職場では適応力がある人や積極性のある人が求められます。
採用に有利になるためにも、自分に適応力があることや、積極性があることを忘れずに書きましょう。
応募に際しては、それらが備わっている旨を明記するだけで仕事にも大きく影響してきます。
特に、未経験者の場合、応募先企業の心証をよくすることにもつながるでしょう。
新しい環境への適応力がない人は、職場の人材として育てるのに手間暇がかかります。
また、仕事への積極性が感じられない人は、仕事を人任せにしやすいため、やっかいな存在になるかもしれません。
 
このような理由があり、志望動機を通じて適応力や積極性をアピールすると効果的といえるでしょう。
もちろん「適応力があります」「積極的です」と書くだけでは、アピール材料にはなりません。
「新しい環境にすぐになれることができます」という適応力や、「新しい分野のことを学ぶことが好きです」など、具体的なエピソードを交えてまとめましょう。
その結果、志望動機に説得力が増すため、高評価を得やすいポイントになります。

コツ3:未経験を補う工夫について記載する

応募者が多く、しかも、経験者が含まれている場合、未経験者が応募すると不利になることも少なくありません。
応募先企業での仕事に活かせる実績があれば、それがアピールポイントにできます。
しかし、未経験者の場合は、自分の強みが見つからない人が少なくないからです。
そのため、経験者と同じ土俵に上がった場合、採用までのハードルが高くなりがちです。
応募書類の作成に際しては、未経験を補うための工夫が必要になります。
 
これまでとは異なる仕事に就くときでも、工夫次第では未経験が強みになる場合がでてきます。
たとえば、応募職種に活かせる資格の取得を目指している、その業界や職種に関する知識を集めているといった主旨を書くことで、自分のイメージアップにもつながります。
資格の取得を目指している場合、いつまでの取得を目標にしているのか明記するのも一案です。
 
また、前職や現職で経験したなかで、応募職種に活かせそうなことを探し出したうえで、具体的にアピールする方法もあります。
さらに、入社後の展望についても記載すると、意欲の高さをよりアピールできるでしょう。
転職にかける思いが伝わりやすいメリットもあります。

コツ4:応募理由を明確に記載する

志望動機の内容として「応募理由」を欠かすことができません。
これは、未経験者だけでなく、経験者が応募するときでも同じです。
また、採否への影響が大きいことを知っておきましょう。
やはり、応募理由が明確でなければ採用される可能性が低くなります。
そのためには「業界」「職種」「企業」という3点を踏まえたうえで、わかりやすく伝えることが大切です。
転職活動に踏み切るにはそれ相当の理由があるため、自分の言葉でまとめやすいのではないでしょうか。
 
その一つ、企業へ応募した理由が鍵を握ることが少なくありません。
同業者が多いなかで、あえてその企業を選んだ経緯には、きっかけや理由が存在するからです。
応募動機を書くときは、それらの内容を具体的にまとめましょう。
そのために、企業情報をきちんと確認するのはいうまでもありません。
志望動機には、わざわざ未経験の職種へ応募した理由も書くことが大切です。
採用担当者に伝わる具体的で明確な理由があれば、未経験者の場合も高評価を得やすくなります。
志望動機は「具体的に」が大切なのですね。
未経験だと志望動機がフワフワしたものになりやすいですが、数字や具体例を出すことを意識しましょう。企業研究をしていることのアピールにもなります。
 

説得力のある志望動機を書くためのポイント

企業の採用担当者に真剣な思いを伝えるためには、志望動機をまとめる力が求められます。
ここでは、説得力のある志望動機を書くためのポイントについて紹介します。

ポイント1:自分のアピールポイントを明確にする

説得力のある志望動機を書くためには、あれもこれもと欲張らないことが大切です。
アピールポイントを書きだしたうえで、そのなかから数個に絞るようにしましょう。
アピールポイントを軸にして志望動機に盛り込むことも大事なポイントです。
具体的なアピールポイントとして、資格や能力、経験などがありますが、そのなかから応募企業とマッチしやすいものを探し出す作業も欠かせません。
どのような仕事でも活かせるような汎用性の高いスキルがある場合は、それを書くことで企業からの評価も高くなりやすいでしょう。
 

ポイント2:企業が未経験者を募集する意図を考えてみる

せっかくよい内容にまとめても、企業の求めるものと異なっていると高評価が得られにくくなります。
未経験者を募集する場合でも、企業によって希望する人材が異なります。
応募者とのミスマッチを防ぐためには、企業が求める未経験者の種類を探ってみましょう。
企業が求める人物像がはっきりすれば、説得力のある志望動機が書きやすくなります。
未経験者が応募するときは、企業の意図に合わせて未経験者ならではの魅力を伝えることが大事なポイントです。


志望動機は自分の気持ちだけでなく、企業の意図を考えてみますね。
志望動機は自分のことについてだけ考えてしまいがちですが採用者側の視点も大事にしてくださいね。
 

▼おすすめ派遣会社

サービス名

未経験の仕事を探すのならば求人数が多い「スタッフサービス」


業界・業種別志望動機例文

上記のことを踏まえて、業界・業種別志望動機のポイントや例文を紹介します。
 

一般事務・経理事務

一般事務や経理事務の場合は得意分野をアピールしていきましょう。
Excel、タイピング、書類作成、電話対応、コミュニケーション能力、字の綺麗さ、几帳面な性格、数字に強いなどは大きな強みなります。
資格もあるといいでしょう。
また、「事務職」という業種だけでなく、なぜ、その企業に応募したのかについても明確にすると好感度が上がります。
「私はデータ入力の経験があり、パソコン操作に慣れています。とくにタイピングは速く、そして正確にこなすことができます。貴社の扱っている商品は子どものころから愛用していました。事務職として貴社に貢献したいと思い、応募しました。ホウ・レン・ソウを心がけ、スムーズな業務を支えていきたいです。現在、日商簿記3級のための勉強中です。よろしくお願いいたします。」
 

製造業

製造業は体を使うことが多いので健康で体力のある人を求めています。
スポーツ経験や健康であることなどをアピールポイントとしましょう。
また、製造業は独創的な発想よりは集中してコツコツと作業をこなすことが求められます。
繰り返しの作業が好き、集中力がある、根気があるなどが高ポイントです。
さらに、製造業はグループで作業をする場面が多いので、協調性やコミュニケーション能力も重視されます。
「黙々と作業をするのが好きで、1つの作業を最後までやり遂げたときに達成感を感じます。人の意見をじっくり聞くことを心がけています。また、仕事で分からないことやトラブルがあった時はすぐに報告や相談していきたいです。趣味はランニングで、体力には自信があります。長く働いていきたいと思っているのでよろしくお願いいたします。」

介護職

介護職は製造業同様、体力が求められる仕事なので、体力や健康であることはアピールポイントとなります。
また、未経験者の場合は講習や学校などで習ったスキルよりも人間性が見られる場合が多いです。
相手のことを考えて行動できる、周りの人と協力できるなどは介護職に向いています。
さらに介護職は未経験であったとしても、介護やお年寄りに関わる経験があるのならば、それを生かしたいというのも立派な志望動機です。
そして、最後になぜ数ある介護職の求人の中からその施設を選んだのかも書きましょう。
ホームページやパンフレットなどに介護施設ごとの特色が記されているのでヒントになります。
「私は祖母の介護をする母を見て育ちました。祖母は穏やかな人でしたが、それでも母は大変そうでした。デイサービスは母の負担を大幅に減らし、また祖母もとても楽しみにしていました。私も利用者やその家族の負担を減らし、支えられるような仕事に就きたいと思っています。こちらの施設は作業療法を積極的に取り入れているところに惹かれて志望しました。ただ身の回りの世話をするだけでなく、潤いのある日々を提供する一員になりたいです。風邪は滅多に引かず、体力には自信があります。よろしくお願いします。」


IT業界

IT業界は専門知識や技術が重視され、未経験者にとってはハードルの高い業界だと思われがちですが、そうとも限りません。
教育に力を入れている企業や未経験ならではのフレッシュな視点を期待している求人も多くあります。
また、意外かもしれませんが職人気質が求められる一方で、エンジニアやSEなどは顧客の要望を汲み取るコミュニケーション能力が必要とされる仕事です。
やる気や人柄などもおおいにアピールしていきましょう。
もちろん、これから技術を学んでいく積極性も大切です。
「サービス業で培ってきたお客様の話をじっくり聞くスキルを御社で生かしたいと思います。かねてからPCを使って仕事をしたいと思っており、ITパスポートなどに取り組んできました。入社出来ましたらなお一層スキルアップに務めます。お客様の要望を正確にくみ取り、実現することに貢献していきたいです」

医療事務

医療事務は資格を取得している場合が大半なので、「資格を持っている」だけではアピールが弱いです。
なぜ資格を取得しようとしたのか、どうしてその病院に勤務しようとしたのかを明確にしましょう。
また、医療事務としてどんな風に働きたいのかについても明確にします。
規模の大きな病院の場合は分業化が進んでいるのでお客さんの前に出ない場合もありますが、規模の小さい診療所ではオールマイティーな仕事が求められるので、その点も加味した志望動機を心がけてください。
「私はパソコン作業や書類作成が得意なのでそのスキルを活かして、人と接する医療事務で生かしていきたいと思っております。
迅速に書類作成や案内など行い、患者様の待ち時間や不安を少しでも減らしていきたいです。以前、母が貴院を受診した際、とても細やかに対応してくれたと喜んでいました。私もそんな貴院の一員になりたいと、志望をしました。よろしくお願いいたします。」


仕事によって未経験者に求める人物像は違うのですね。
自分が応募する仕事に適性があること、自分が応募する仕事で必要とされるスキルを身に着けていく意欲があることをアピールしましょう。
 

NGな志望動機

採用担当から好まれない志望動機についても知っておきましょう。
正直さや誠実さは重要ですが、表現の方法を間違えてしまうとネガティブな印象を持たれたり薄っぺらく感じられたりしてしまいます。
 

謙遜は損です

「未経験の分野なので最初はお役に立てないかもしれませんが、精いっぱい頑張ります。」などの志望動機は謙遜とやる気をアピールしたいときに使いがちです。
しかし、「お役に立てないかもしれない」という表現はネガティブな印象を与えてしまいます。
採用者も未経験なのである程度率先力を期待できないのは織り込み済みです。
だからこそ、自分から「役に立てない」などと言わず、「可能な限り早く戦力になれるように励みます。」や「これまでの経験を生かして貢献したいです。」など前向きで期待を抱かせるような志望動機を語りましょう。

やる気だけではダメ

志望動機において、やる気は重要ですが、やる気だけではダメです。
「頑張ります!」だけならば誰でも言えます。
未経験の仕事に就くにあたってどんな準備をしているのか、勉強していること、調べたことなどを盛り込みましょう。
研修がある場合が多いですが、「研修を頑張ります。」ではなく、「研修に向けて〇〇の本を読んで勉強をしています。」などで本気度をアピールしてください。
 

前職の自慢

志望動機は「いままでの経験を活かしたい。」というフレーズが使いやすいですが、「いままでの経験」が自慢話になり過ぎないようにしましょう。
これから始める仕事は未経験分野なので過去の実績をアピールし過ぎると「プライドばかり高くて新しい仕事に柔軟に対応してくれないかも」と思われてしまいやすいです。
「いままで培ってきたことをどうこれからの仕事に生かしていくか」というスタンスを心がけましょう。
 

前職の悪口

未経験の仕事にどうして応募しようとしたのかは問われる場合が多いです。
その際に前職の悪口を言わないようにしましょう。
前職を踏まえたうえでより「自分の活躍できる場所」「より自分の理想とする働き方を目指している」というニュアンスで伝えてください。
 
謙遜、やる気、自慢、悪口……バランスが難しそうです。
ちょっとした言い回しで印象が大きく変わることも多いので気を付けましょうね。
 

未経験ならば派遣がおすすめ

未経験の仕事にチャレンジしたいのならば普通の転職よりも派遣がおすすめです。
派遣は未経験者が採用されやすい環境が整っています。
 

スタッフのフォローが受けられる

派遣会社に登録すれば求職活動は1人だけで行うものではなくなります。
スタッフがあなたの就職を全力でサポートしてくれるでしょう。
あなたにマッチした求人紹介、履歴書作成の相談、職場見学にも同行してくれます。
自分だけで仕事を探しただけでは見落としてしまいがちな相性の良い求人をすすめてくれる場合も多いです。
「未経験者OKってあるけれど、私のキャリアで応募は大丈夫かしら?」という不安にも応えてくれます。
履歴書や志望動機をどう書いたり言ったりしたらいいか迷った時は相談してみましょう。
直接企業には聞きにくいようなこともスタッフ経由で知ることができます。
とても頼りになる存在です。
 

未経験者OKの求人が豊富

派遣では未経験者OKの求人が数多く掲載されていて、そして簡単に検索できます。
働きたい地域、業種、職種、待遇などを絞ればさらにあなたにピッタリの求人と出会いやすくなるでしょう。

派遣サーチで未経験者OKの求人を探す
 

志望動機は正社員ほどには重視されない

派遣社員として契約をする場合、正社員ほどには志望動機を重視されません。
どんな仕事をするのかは既に決定しているので、「どんな風に働きたいか」というのは問われないからです。
しかし、志望動機が全く必要ないという意味ではありません。
やる気や実績、キャリア、応募理由、意気込み、待遇の確認などは聞かれる場合もあるので答えられるようにしておきましょう。
 


紹介予定派遣で正社員の道も

派遣の求人の中には紹介予定派遣も多くあります。
紹介予定派遣で契約する場合、数カ月後に正社員として登用される可能性もあるのです。
一般の獣人の場合、未経験からいきなり正社員はあまりおおくありませんが、紹介予定派遣を利用すれば未経験者でもしばらく派遣社員として経験を積み、正社員になる道もあります。
ただし、紹介予定派遣であっても正社員ではなく契約社員として採用されることもあるので最初に条件を良く確認しましょう。



派遣サーチで未経験者OKの求人を探す
 
未経験で仕事を探す場合は派遣が便利そうですね。
未経験の分野にチャレンジする場合は1人だと大変です。派遣を利用すると心強いですよ。
 

未経験でも自分の魅力をしっかりアピールしよう!

応募者に経験者がいる場合、未経験者が不利になる場合もでてきます。
しかし、未経験だからといって、必ずしも選考から漏れてしまうわけではありません。
自分の魅力をしっかりアピールすることで、採用への道が開ける可能性が出てきます。
ちなみに、未経験でも働きやすいのは「派遣」です。未経験で不安な人は、まず派遣の登録から始めてみてはいかがでしょうか。
 
未経験の仕事は志望動機を具体的に、そして採用者の意図を汲んで書いていくことが大切ですね。
未経験者は経験者に比べると不利になってしまう場合も少なくないので、志望動機に力を入れましょう。派遣を利用するとチャンスを掴みやすいですよ。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

未経験の仕事を探すのならば求人数が多い「スタッフサービス」



派遣サーチで未経験者OKの求人を探す

Scroll Top ページ上部に戻る