※本ページはプロモーションが含まれています。

面接で「尊敬する人」聞かれたらどう答える? 回答方法・NG例を解説

面接で「尊敬する人」聞かれたらどう答える? 回答方法・NG例を解説

面接中に「尊敬する人は?」と聞かれた時の、良い回答例とNG例をご紹介します。家族、芸能人、スポーツ選手などなど、あなたはどんな人を選びますか?

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

面接で「尊敬する人」が聞かれる理由

価値観や人間性の理解

面接で「尊敬する人」を尋ねられる理由の一つは、候補者の価値観や人間性を理解するためです。尊敬する人物を通じて、その人が何を重要視し、どのような価値観を持っているかを見極めることができます。例えば、候補者が尊敬する人として家族を挙げる場合、家庭を大切にする姿勢や、家族から学んだ教訓を重視する姿勢が伺えます。この質問を通じて、企業は候補者が社風や企業理念に適合するかどうかを判断します。

説明能力と論理立てた思考の確認

また、尊敬する人物を挙げ、その理由を説明することで、候補者の説明能力や論理立てた思考を確認することもできます。尊敬する人を選ぶ理由やその人物から学んだことを具体的に述べる過程で、候補者がどれだけ論理的に物事を考え、効果的にコミュニケーションを取れるかを評価します。このような能力は、仕事の場面でのプレゼンテーションや報告においても重要です。

「尊敬する人」を聞くことの意図と背景

企業が求める価値観との適合性

企業は、候補者の価値観が自社の価値観と合致しているかどうかを確認するために、「尊敬する人」を尋ねます。例えば、チームワークを重視する企業であれば、候補者がチームプレイヤーとしての資質を持っているかどうかを見極めたいと考えます。尊敬する人物を通じて、候補者の価値観が企業の求めるものと一致しているかどうかを判断します。

志向性と将来像の把握

さらに、「尊敬する人」を聞くことで、候補者の志向性や将来像を把握することができます。尊敬する人物の特徴や業績に対する候補者の関心は、その人のキャリア志向や将来の目標を反映しています。企業はこの情報をもとに、候補者がどのような方向に成長し、どのような役割を果たすことを期待しているのかを理解します。

「尊敬する人」の効果的な回答方法

好きと尊敬の違いを理解する

まず、「好き」と「尊敬」の違いを理解することが重要です。好きな人物は個人的な好みや親近感に基づくことが多いですが、尊敬する人物はその人の行動や価値観、業績に対する敬意に基づきます。面接で尊敬する人を尋ねられた場合、単なる好きな人物ではなく、その人から学び、影響を受けた点を具体的に述べることが求められます。

回答の流れと構成のポイント

効果的な回答のためには、回答の流れと構成を意識することが大切です。まず、尊敬する人物を明確に述べ、その後にその人物を選んだ理由を具体的に説明します。最後に、その人物から学んだことや自身にどのような影響を与えたかを述べることで、回答に一貫性と説得力を持たせることができます。

説得力を持たせるためのエピソードの選び方

説得力を持たせるためには、具体的なエピソードを選ぶことが重要です。尊敬する人物のどのような行動や業績が特に印象深かったかを具体的に述べることで、回答に具体性とリアリティを持たせることができます。例えば、尊敬する人物が困難な状況でどのように対処したか、その行動から何を学んだかを詳細に説明することで、候補者自身の価値観や行動原則を示すことができます。

回答例として取り上げやすい人物

家族や恩師

家族や恩師は、尊敬する人物としてよく取り上げられる例です。家族や恩師は身近な存在であり、具体的なエピソードを挙げやすいという利点があります。例えば、両親の努力や恩師の指導方法から学んだ教訓を具体的に述べることで、回答に説得力を持たせることができます。

歴史上の偉人や著名人

歴史上の偉人や著名人も尊敬する人物として適しています。彼らの業績や生涯は多くの人々に知られており、その影響力は広範です。例えば、リーダーシップや革新的なアイデアを持つ歴史上の人物を尊敬する理由として挙げ、その影響を自分自身の行動にどのように反映させているかを説明することができます。

スポーツ選手や経営者

スポーツ選手や経営者も尊敬する人物として取り上げやすい例です。彼らの努力や成功は多くの人々にインスピレーションを与えます。例えば、スポーツ選手の練習への取り組み方や、経営者のリーダーシップスタイルから学んだことを具体的に述べることで、自己の価値観や行動を示すことができます。

回答時に避けるべきNG例と注意点

人物紹介だけで終わる回答

回答時に避けるべき例の一つは、単なる人物紹介で終わる回答です。尊敬する人物の名前や業績を挙げるだけではなく、その人物から何を学び、自分自身にどのように影響を与えたかを具体的に述べることが重要です。

エピソードの抽象度が高すぎるもの

また、エピソードの抽象度が高すぎる回答も避けるべきです。具体的なエピソードを述べることで、回答に具体性と説得力を持たせることができます。抽象的な表現や一般論に終始することなく、具体的な出来事や状況を述べるよう心がけましょう。

犯罪歴のある人物や嫌悪感を抱く人物の選択

さらに、犯罪歴のある人物や社会的に嫌悪感を抱かれる人物を選ぶことは避けるべきです。面接官に悪い印象を与える可能性が高いため、慎重に人物を選びましょう。

尊敬する人が見つからない場合の対処法

身近な人物との関わりを振り返る

尊敬する人物が見つからない場合は、身近な人物との関わりを振り返ることが有効です。家族や友人、同僚など、日常生活で関わる人々の中から尊敬できる人物を見つけることができます。

周囲の人の意見を参考にする

また、周囲の人の意見を参考にすることも一つの方法です。自分一人で考えるのではなく、家族や友人に意見を求めることで、新たな視点や気づきを得ることができます。

マナーとエチケットも忘れずに

質問の意図を理解し、敬意を持って回答する

面接で「尊敬する人」を尋ねられた際は、質問の意図を理解し、敬意を持って回答することが大切です。単なる質問として捉えるのではなく、面接官が何を知りたいのかを考え、真摯に答えることが求められます。

選考への影響と面接全体の印象管理

尊敬する人物の質問に対する回答は、選考への影響や面接全体の印象にも関わります。丁寧に準備し、真剣に回答することで、良い印象を与えることができます。

面接で差をつける「尊敬する人」の回答準備

尊敬の理由とその人物から受けた影響

面接で差をつけるためには、尊敬の理由とその人物から受けた影響を具体的に述べることが重要です。尊敬する理由を明確にし、その人物から学んだことや自身の成長にどのように寄与したかを説明します。

具体的な根拠と伝え方の工夫

また、具体的な根拠と伝え方の工夫も大切です。具体的なエピソードや事実を交えて、わかりやすく、かつ説得力のある形で伝えるよう心がけましょう。

まとめ

面接で「尊敬する人」を尋ねられることは、候補者の価値観や人間性を理解し、企業との適合性を確認するための重要な質問です。効果的な回答をするためには、尊敬する理由やその人物から学んだことを具体的に述べることが求められます。また、回答の構成やエピソードの選び方に注意し、具体性と説得力を持たせることが大切です。面接で差をつけるために、しっかりと準備をして臨みましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る