※本ページはプロモーションが含まれています。

Googleの年収はどのくらい?平均年収と転職成功の方法を紹介

Googleの年収はどのくらい?平均年収と転職成功の方法を紹介

Googleの平均年収について調べてみました。転職活動をしている人ならGoogleへの転職は一度は考えたことがあるのではないでしょうか?ただ、そこで気になるのが平均年収ですよね?職種ごとの調査や競合との比較などもしていますので、是非ご覧ください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

Googleの年収はどのくらい?平均年収と転職成功の方法を紹介
こんにちは、この記事ではGoogleの年収について詳しく解説していきます。Googleは世界的なIT企業であり、多くの人が憧れる企業の一つです。しかし、Googleに転職するにはどのような条件が必要なのでしょうか?また、Googleの平均年収は他のIT企業と比べてどのくらいなのでしょうか?この記事では、Googleの年収に関する情報を日本とアメリカの両方から紹介し、Googleに転職するためのコツやおすすめの転職エージェントもご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

Google 平均年収

Google 年収 日本

Googleの日本法人であるGoogle合同会社の平均年収は、約 1,545万円 とされています1。このデータは、現職もしくは退職済の社員51人からのクチコミの平均値です1。ちなみに年収のレンジは800万〜6,000万円だということです1。
Googleの年収は職種や役職によっても大きく異なります。一般的には、エンジニアやマーケティングなどの専門職の方が高い年収を得られる傾向にあります。また、管理職やリーダーなどの責任のあるポジションに就くと、さらに年収が上がります。
Googleの職種別・役職別の平均年収を以下に示します1。
職種 平均年収 エンジニア 1,500万円〜3,000万円 マーケティング 1,200万円〜2,000万円 営業 1,000万円〜1,800万円 カスタマーサポート 800万円〜1,200万円 役職 平均年収 新卒 800万円〜1,000万円 一般社員 1,000万円〜1,500万円 リーダー 1,500万円〜2,000万円 マネージャー 2,000万円〜3,000万円 ディレクター 3,000万円〜4,000万円
Googleの年収は、基本給の他にボーナスやストックオプションなどのインセンティブが含まれています。ボーナスは年2回支給され、業績や個人の評価に応じて変動します。ストックオプションは、Googleの親会社であるアルファベットの株式を一定期間後に割安で購入できる権利です。Googleの株価は右肩上がりで伸びているので、ストックオプションは非常に魅力的な制度です。

Google 年収 アメリカ

Googleの本社であるアメリカの平均年収は、約 2,850万円 と予想されます1。このデータは、アメリカの転職情報サイトであるGlassdoorに登録された社員の給与情報の平均値です。ちなみに年収のレンジは1,000万円〜5,000万円だということです。
Googleの年収は日本と同様に、職種や役職によっても大きく異なります。アメリカでは、エンジニアやプロダクトマネージャーなどの技術職の方が高い年収を得られる傾向にあります。また、シニアやディレクターなどの上級職に就くと、さらに年収が上がります。
Googleの職種別・役職別の平均年収を以下に示します2。
職種 平均年収 エンジニア 2,000万円〜4,000万円 プロダクトマネージャー 2,500万円〜4,500万円 マーケティング 1,500万円〜2,500万円 営業 1,200万円〜2,000万円 カスタマーサポート 800万円〜1,500万円 役職 平均年収 新卒 1,000万円〜1,500万円 一般社員 1,500万円〜2,500万円 シニア 2,500万円〜4,000万円 マネージャー 3,000万円〜5,000万円 ディレクター 4,000万円〜6,000万円
Googleの年収は、基本給の他にボーナスやストックオプションなどのインセンティブが含まれています。ボーナスは年2回支給され、業績や個人の評価に応じて変動します。ストックオプションは、アルファベットの株式を一定期間後に割安で購入できる権利です。Googleの株価は右肩上がりで伸びているので、ストックオプションは非常に魅力的な制度です。

Googleの評価制度

Googleの評価制度は、年に1回実施されるパフォーマンス評価と、随時行われるフィードバックの2つに分かれています。
パフォーマンス評価は、自己評価、同僚評価、上司評価を行い、その結果に基づいて報酬や昇進の決定が行われます。パフォーマンス評価では、以下の4つの観点から評価されます3。

  • ロールに関するスキルや知識
  • チームや組織に対する貢献度
  • イノベーションやリーダーシップなどのGoogleらしさ
  • 目標達成度や成果物の質

フィードバックは、同僚や上司からのコメントや評価を随時受け取ることができる制度です。フィードバックは、パフォーマンス評価の前に行われることもありますが、それ以外のタイミングでも自由に行うことができます。フィードバックは、自分の強みや改善点を知ることができるだけでなく、他の人のフィードバックを見ることで、自分の目標やスキルを見直すことができます。
Googleの評価制度は、公正で透明なものであると言われています。しかし、評価基準が厳しいことや、評価者の主観性や偏見による影響を受けやすいことも指摘されています。

Googleに転職したい

Googleに転職したいと思っている方は多いと思いますが、Googleに転職するにはどのようなステップが必要なのでしょうか?Googleに転職するためには、以下の3つのステップを踏む必要があります。

  • レジュメの提出
  • 電話面接
  • オンサイト面接

レジュメの提出は、Googleのキャリアサイトから行うことができます。レジュメは、自分の経歴やスキル、実績などを分かりやすくまとめたものです。レジュメは、Googleの採用担当者に自分をアピールするための重要なツールなので、しっかりと作成しましょう。
電話面接は、レジュメの提出後に行われることが多いです。電話面接では、自己紹介や志望動機、職務経歴などの基本的な質問に加えて、専門知識やロジカルシンキングなどの能力を測る質問もされます。電話面接は、約30分〜1時間程度で行われます。
オンサイト面接は、電話面接に合格した後に行われる最終面接です。オンサイト面接では、Googleのオフィスに訪問して、複数の面接官と面接を行います。オンサイト面接では、電話面接よりもさらに深く専門知識やロジカルシンキングなどの能力を測る質問がされます。オンサイト面接は、約4時間〜5時間程度で行われます。
Googleに転職するためには、これらのステップをすべてクリアする必要があります。Googleの面接は非常に難易度が高いと言われているので、事前に準備をしておくことが大切です。Googleの面接に関する詳しい情報や対策方法は、以下のサイトを参考にしてください。

Google競合他社の年収は?

Googleに転職する前に、Googleの競合他社の年収も比較してみましょう。Googleの競合他社としては、以下のような企業が挙げられます。

  • マイクロソフト
  • アマゾン
  • アップル

これらの企業の平均年収を以下に示します。
企業 平均年収 マイクロソフト 1262万円 アマゾン 726万円 アップル 650万円
これらのデータは、ライトハウスに登録された社員の給与情報の平均値4です。これらの企業の年収も、職種や役職によって大きく異なることに注意しましょう。また、年収だけでなく、福利厚生やワークライフバランスなども転職の判断基準として考慮する必要があります。

おすすめ転職エージェント

Googleに転職するには、自分で応募するだけでなく、転職エージェントを利用することもおすすめです。転職エージェントは、自分に合った求人を紹介してくれたり、面接の対策や交渉をサポートしてくれたりするサービスです。転職エージェントを利用することで、Googleに転職する確率や条件を高めることができます。
Googleに転職するためにおすすめの転職エージェントは、以下のようなものがあります。

  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト

参照元

1.https://axxis.co.jp/magazine/54702
2.https://money.smt.docomo.ne.jp/column-detail/121745.html
3.https://shukatsu-mirai.com/archives/71786
4.https://en-hyouban.com/

Scroll Top ページ上部に戻る