パートにおける悩みを解決!人間関係や業務内容で悩むなら派遣がおすすめ

パートにおける悩みを解決!人間関係や業務内容で悩むなら派遣がおすすめ

パートは、30代・40代の既婚女性を中心に人気のある働き方ですが、人間関係や業務内容で悩んでいる方も多いようです。この記事では、パートのお仕事の悩みを取り上げ、対策や解決策を紹介します。また、パート以外の働き方として派遣がおすすめな理由も解説します。

サチコさん、出産で退職した友人が最近パートを始めたんです
そうですか。育児もちょっと落ち着いてきたんですかね
はい。外に働きに出たら気分転換にもなるし、いいって言ってます。ただパート先も色々あるみたいで…
色々とは?
お局様みたいな人がいてコワイとか…
どんな働き方や職場でも、まったく問題がない方が珍しいかもしれません。とはいえ、パートという働き方ならではの悩みも確かにありますよね

サクッと読める!ポイントまとめ

◆家庭との両立にメリットのある、パート労働。ただし人間関係など悩みも色々
◆パートの悩みあるある「人間関係のトラブル」「時給に不満」など
◆パートの待遇改善につながる?!「パートタイム・有期雇用労働法」
◆パートの悩みを解決するには「考え方を変える」か「職場を変える」が有効
◆「相談できる相手がいる」という大きなメリットがあるのは派遣社員

パートの悩みは尽きない?!

30代・40代の既婚女性を中心に、パートは人気のある働き方です。
正社員などのフルタイムと比べ短時間のお仕事になるので、家庭との両立もしやすく、扶養範囲内で働きたいという希望も叶いやすくなりますよね。
ただ、実際にパートで働いている人の中には人間関係や業務内容で悩みを抱いている人も少なくありません。
より良い仕事に出会い、理想の働き方を叶えるために、パートで働いた場合に起こりうる悩みと解決法について考えてみましょう。

私の友人みたいな、パートでの悩みってあるあるなんですか?
あるある、と言えるかもしれませんね。本当はない方が良いのですが。パートのお悩みで特に多いのはやはり人間関係ですが、その他にも色々なケースを耳にします

ありがちなパートの悩み<職場内のトラブル編>

ここからは、パートに関して実際に多くの人が悩んでいる例を見ていきましょう。
まずは起こりがちなトラブルについて解説します。

人間関係に疲れる

職場では複数の人が集まる以上、大なり小なり人間関係の悩みは生じやすいものです。
特にパートという働き方は、年齢も立場もさまざまな女性たちが集まります。
女性が多くいる職場では、うわさ話やが絶えなかったり派閥のようなグループができたり…といったことを、経験したことのある人も多いでしょう。
「あの人と気が合わない」「人の悪口ばかり言う人がいて気が重い」など、人間関係に問題がある職場に出かけるのは憂鬱ですよね。

また、人間関係の対象はパート同士ばかりではありません。
社員や経営者といった相手との関係に悩む人もいます。
社員の中には、パートを下に見ていたり、パワハラ気味なタイプの人も残念ながら存在します。
こういう時、パートという立場上ガマンするしかないというのは辛いことですよね。

事前に聞いていた条件と違う

就業の契約をする時には、労働条件について雇用主と合意しているはず。
しかし、いざ働き始めてみると聞いていなかった業務をさせられたり、ないという話だった残業があったり…ということもあるようです。
改善してもらうよう訴えることができればいいのですが、雇用主にどう思われるかを気にしてしまって言えないという人も少なくありません。

退職時のいざこざと、退職後の手続き

パート先を退職しようと思ったとき、円満に話が進めばいいいのですが、予想外に引き止められたり、そもそも職場内のトラブルが原因で辞めたいなど、すんなり運ばないことが悩みのタネとなってしまうケースもあります。
辞めた後もパート先の人とどこかで会ってしまう可能性もありますし、もめ事になって給与が支払われないなどということになっては大変なので、なるべく波風を立てずに去りたいものですよね。
また、退職した後でも、制服を返したり税金関係の書類をもらう必要があったり、職場との関係はすぐには切れません。
「辞める時にいざこざがあったために、その後連絡を取らなくてはいけないことでさらに気が重い」という悩みも聞かれます。

ありがちなパートの悩み<もっと能力を活かしたい編>

一方で、特にトラブルというわけではなくても、自分の能力が活かせていない・評価されないといったモヤモヤやジレンマを感じる人もいます。
これらは向上心を持っているからこその悩みとも言うことができ、一概にネガティブに捉える必要はないかもしれませんが、前向きな気持ちで仕事にあたれないのであれば対策を考えたいところですね。

時給に不満がある

「正直、パートの時給は安い」こう感じている人は少なくありません。
実際のところ、社員などに比べてパートやアルバイトの時給は決して高くはないですよね。
もちろん、社員はその分責任やノルマなどがあり、必ずしも不公平に設定されてはいないはずです。
しかし「同じような業務をしていると思うのにお給料が全然違う」と感じたり「時給アップしてほしいからもっと難しい仕事を任せてほしいのに聞き入れてもらえない」など、評価・待遇について悩んでいる人もいます。

長期的なキャリアにつながらない

一生懸命仕事を覚えて長く勤めても、やはり「パートはパート」と、働く側も雇用する側も感じているのが一般的です。
社員と比べ、限られた時間で仕事をしている以上、どうしても仕事の幅も限られますし、その職場を辞めてしまえばそれまでという面もあるのではないでしょうか。
このことは「今は短時間のパートだけど、子育ての手が離れてきたら本職にしたい」「資格をとってキャリアアップしたい」などと考える人にとって、物足りなく感じてしまうのも無理はありません。

こうやって聞くと、なんだか無法地帯みたいな…
もちろんすべての職場がこうというわけではありませんよ。それに、法といえば、改正された労働法についてもご説明させてください
それ何ですか?
簡単に言うと、労働者の権利を守るために法律もバージョンアップしてきているという話です。この法改正では特に、不利な立場になりやすい非正規雇用の人を救うというところに重点が置かれています

<補足>パートタイム・有期雇用労働法について

ここまで見てきたように、パートの悩みの中には待遇面に関するものも見受けられます。

ただし、働き方改革関連法の成立に関係して2020年4月(中小企業は2021年4月)から「パートタイム・有期雇用労働法」が施行され、

・パートを雇い入れる際には労働条件を文書などで明示すること
・本人が希望すれば、パートから正社員へ転換の機会を設けること
・同一の職場で同一の業務をしているのであれば、雇用形態を理由に待遇に差をつけてはならないこと(同一労働同一賃金)

などが定められています。

就業先の企業がこの法律を守っているという前提に立てば、もしパートであることで社員と待遇面に差があるのなら、そこには合理的な理由があると考えられます。
本質的な問題は雇用主側とパート労働者側の考え方の不一致というところにあるのかもしれません。

一方で、この法律自体が現在は過渡期にあり、実際の浸透度合いは職場によって異なると思われます。
明らかにこの法律に反しているような職場であれば、第三者機関に相談することも検討してみましょう。

参考

パートタイム・有期雇用労働法の概要|厚生労働省



なるほどー。でも、人間関係とかは法律の範疇じゃないですよね
それはそうですね。では主に人間関係という面で、悩みの解決方法について考えてみましょうか

パートの悩みの解決法

主に人間関係に関するパートの悩みは、どのように解決したら良いでしょうか。
ここからは対策について考えていきます。

笑顔を絶やさない

他の人や職場の雰囲気がどうであれ、自分は自分としていつも笑顔で、気持ちを穏やかに保つことを心がけてみましょう。
悩みごとがあるからといって暗い顔をしていても状況は良くなりませんし、暗い顔をしていることでいっそう悪いことを引き寄せるというスパイラルに陥ってしまいがちです。
人間関係に悩みながらカラ元気を振りまく必要もありませんが、意識してにこやかにしていれば不思議と気持ちも前向きになってくるものです。
また、悪口を言ったり八つ当たりをしたりするような人も、笑顔で凛としている人はターゲットにしにくくなりますので、ぜひ試してみてください。

「パートは生活のほんの一部」と割り切って考える

パートの仕事が生活のほとんどの部分を占めていたり、自分の人生のメインとなっている人は恐らくあまりいないでしょう。
多くの人は家庭など、他に本分とするところがあるわけですから、パートで働いている時間はあくまでも自分の生活のごく一部と割り切ってしまうことです。

特に人間関係に関しては、自分に対してきつく当たってくる人や、聞きたくない悪口を言うような人がいても、聞いているふりをしながら適当に受け流してしまいましょう。
「同調しなければ仲間外れにされるのではないか」という心配も否定はできませんが、そもそもパート先には友達を作りにきているわけではないはずです。
職場では自分のやるべきことを淡々とこなし、その分のエネルギーをプライベートなどもっと大切なことに向けてみてはいかがでしょうか。

職場を変える

身も蓋もない方法かもしれませんが、あまりにも”合わない”職場であれば、辞めてしまうのも1つの解決策です。
パートで生じる悩みは、残念ながら自分の努力では解決しにくいことが多いのも事実です。
前述したように、今のパートの仕事が自分にとって最重要というわけでないのなら、悩み続けることに時間を費やすよりも、新たな環境に飛び込んでみてはいかがでしょうか。
とはいえ、どんな職場であっても悩みや問題が起こる可能性はあります。
感情だけで動くのではなく、現在の自分の状況と天秤にかけて、どちらがメリットが大きいかを冷静に判断することは忘れないでください。

問題自体をなくすということは、やっぱり難しいんですね
それができたら世の中もっと平和なんですけどね…。自分の行動によって変えられることにフォーカスする方が賢明ですよ。雇用形態を見直すこともその1つです

可能性を広げる、派遣という働き方

これまで見てきたように、パートの悩みには色々な種類がありますが、共通するのは「相談できる人が見つけづらい」ということです。
職場の中の人には言うに言えない場合が多いでしょうし、職場以外の友人や家族にはなかなか理解してもらえなかったり、ストレスのはけ口にしてしまうようで気が引ける人もいるでしょう。

その意味では、いっそ働き方をパートから派遣社員に転換してみるのも有効な方法と言えそうです。
派遣社員という働き方は、雇用主は派遣会社、就業先は各企業という風に分かれています。
あくまでも所属は派遣会社なので、営業の担当者がつき、仕事探しから就業中のフォローまで伴走してくれます。
就業先で悩みごとが出てきた場合でも派遣会社の担当者が相談に乗ってくれますし、交渉ごとなども直接職場の人に言う必要がありません。
多くの経験とノウハウのある担当者はとても頼りになる存在です。

同時に、派遣社員であれば、パートの魅力である「ワークライフバランスを大切にした働き方」もきちんと叶えることができます。
派遣社員の仕事探しは条件を詳しく選べるため、就業後に「こんなはずじゃなかった」というミスマッチが起こりにくいのも特長です。
家庭や趣味などを優先したい人であれば<残業ナシ><時短勤務><週3~OK>などのワードをチェックしてみると良いでしょう。
もちろん逆に、収入を優先したい人は<残業多め>や<高時給>の案件を探すこともできます。
派遣社員での人材採用は、派遣会社が間に入ることで、企業側からすれば即戦力となる人材を的確に紹介してもらえる仕組みです。
そのため、業務内容的にパートやアルバイトと似通ったものであっても時給が高めとなる傾向があることも大きなメリットなのです。
もしも条件に書かれていないことで気になる点があれば、派遣会社の担当者に相談してみましょう。

あっ!私、自分が派遣で働いているのに盲点でした!確かに、何かあった時にはまず派遣会社に相談できるのでとっても助かってます。人間関係のこともですが、時給アップの交渉とかも…
そこですよ、サビちゃん!メリットばかりでなくデメリットもあるかもしれませんが、そういうことも含め、実際に派遣で働いている人として、ぜひ体験を聞かせてあげてくださいね

自分に合った派遣会社に出会うには?

サチコさん、派遣会社が多すぎてどれを選んだらいいか分かりません! 派遣会社を選ぶときの一番重視すべきポイントは、なんだと思いますか? う~ん。やっぱりサービス内容が充実しているかどうかですかねぇ。 サービス内容も重要ですが、一番大事なのは、求人数です!派遣の場合、実際に働くのは派遣会社ではなく、派遣会社が紹介する会社なので、求人数が多いほど、理想の仕事にたどり着きやすいのです! 求人数の多い派遣会社に登録することで選択肢が広がるんですね! その通り!派遣サーチがおすすめする求人数が多い派遣会社は、 スタッフサービス です。
こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。 派遣サーチでは毎月、派遣会社の求人数を調べています。派遣会社を選ぶ時は、職種別求人数も参考にしてみてください!
派遣会社名 求人数 事務の求人数 工場の求人数 ITの求人数 営業の求人数 介護の求人数 保育の求人数 看護の求人数 紹介予定
スタッフサービス 131,447 13,944 9,083 22,922 2,249 49,181 - 17,592 6,860
テンプスタッフ 24,301 12,608 2,960 4,918 2,648 29 46 - 3,105
PASONA(パソナ) 6,598 2,915 164 835 451 1,161 163 291 881
Adecco(アデコ) 4,905 2,430 361 1,160 693 10 - 10 995
リクルートスタッフィング 3,899 1,971 - 1,650 605 - - - 657
ランスタッド 3,280 2,390 - - - - - - -

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る