派遣社員のランチ事情!一人で過ごすのはあり?

派遣社員のランチ事情!一人で過ごすのはあり?

派遣社員は、ランチタイムはどう過ごしているのでしょうか?職場の人とランチに行く?それとも一人で?派遣サーチでは、派遣経験者約500名にアンケートを取り、その実態を調査しました。派遣社員が職場の人と一緒にランチに行くメリットや一人でお昼休みを過ごすメリット、お昼の誘いの断り方などを紹介します。

明日は、初めての職場で派遣!でも、不安なことがひとつあるんです。
あら、なんでしょう?
お昼休みの過ごし方です…。
では、今日は派遣社員のお昼休みの過ごし方について紹介していきましょう!

ランチは、派遣先の人と食べる派?一人派?

派遣サーチでは、523人の派遣経験者の方に、派遣先の同僚とランチに行くかどうかついてのアンケートを行いました。

.派遣先でのランチに関するアンケート調査結果

調査概要

■調査日:2019年12月17日~12月19日
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:523名
■調査対象:派遣経験者

結果、半数以上の人が「行かない」と回答しました。
「よくある」がたったの10%なので、約9割の人は、一人でランチを食べることが頻繁にあるようです。
男女別でみてみると、男性の方がランチに行かない傾向にあります。

.

一人でランチを食べる人もけっこう多いのですね。なんか安心しました。
私は、一人で食べるという選択も全然ありだと思いますよ。では、次にそれぞれのメリットを見ていきましょう。

ランチを派遣先の人と食べるメリット

派遣先の人とランチに行くことで、得られるかもしれないメリットについてご紹介します。

人脈づくりができる

派遣先で積極的にランチに行くことで、普段の生活ではできないような人脈づくりが出来ます。気の合う人がいれば、友達としてプライベートで遊びに行くこともできるでしょう。派遣の仕事は契約期間が終わればそれまでですが、そこでできた人間関係は一生ものになるかもしれません。

職場の情報が手に入る

派遣先の人と雑談をすることで、その職場の社風や暗黙ルールなど、色々な情報を手に入れることができます。たとえば、「派遣社員も利用できる無料のコーヒーが実はある」など、有力な情報を手に入れることができるかもしれません。特に、派遣初日や序盤のほうでは積極的に参加すると職場の雰囲気をつかむことができるのでおすすめです。

仕事が円滑に進む

職場の人と顔見知りになることで、仕事が進めやすくなるケースがあります。ちょっとした頼み事で声をかけやすくなったり、「この仕事ならあの人が得意なのでは」といった想定が立てやすくなるなど、実業務に活かせるようなメリットがあります。

一人でランチを食べるメリット

派遣先で一人でランチを食べるとどんなメリットが得られるのか、紹介します。

リフレッシュする時間がとれる

派遣先でのランチタイムは、唯一の自由時間です。この時間に好きなことをすることで、リフレッシュすることができ、午後の仕事も頑張れるでしょう。

職場近くのお店開拓ができる

一人で近所の色々なお店を開拓することもできます。派遣の特徴である、色々な職場を転々とできるということを生かして、様々な地域のランチを開拓していく楽しみを見つけてみてもいいと思います。

気を遣う必要がない

慣れない人とランチに一緒に行くと、気を遣うことになり、せっかくの休憩時間が気疲れする苦痛な時間になってしまうかもしれません。ランチタイムに一人になることで、気を遣うことなくしっかり休むことができます。

一人のランチタイムもいいかもしれないと思えてきました。でも、一人で食べたいときに誘われたらどう断ったらいいでしょうか?
角が立たない断り文句をいくつか紹介しておきましょう。

ランチに誘われたけど行きたくないときの断り方

派遣先の人とのランチを断りたいというときにどういう言い方をしたらいいでしょうか。ここでは、おすすめの断り文句を紹介します。

「お金がない」

もっともシンプルで楽に使いやすいのが「お金がない」という断り文句。お弁当を作るひとは、お弁当をもってきて「節約のためにお弁当を持ってきてるんです」と言うと、説得力が増すでしょう。ただし、一人で外食をしたい人は、外食先で同僚に見つかると気まずくなると思うのでこの断り文句はやめておきましょう。

「用事がある」

頻繁には使いづらいですが、たまに使えます。たとえば「お昼休みに郵便局に行かなきゃ」「今日銀行でお金をおろさないといけなくて」という風に使います。たまに誘われて気分が乗らなかった場合はこうした断り方もありです。

「ダイエット中なんです」

ダイエットをしているから外食を控えているという断り文句。何年もずっと使うことはできませんが、派遣の一般的な契約期間である3か月くらいはもつでしょう。ただし、外食をしているのがみつかったり、間食を食べているところを見られたりしないように注意する必要があります。

どの断り文句も万能ではないので使い分けが必要そうですね。
一番楽なのは、「一人で食べるキャラ」を浸透させてしまうことです。そうなれば、誘われることも少なくなります。
なるほど。ちょっと勇気が必要そうですが、それもありかもしれないです。一人ランチキャラを作るにはどうしたらいいでしょうか?
ランチタイムに自分の時間を過ごすことがポイントです。

ランチ以外にも色々な過ごし方がある

ランチタイムの1時間は、お昼ご飯を食べる以外の過ごし方もあります。
たとえば、お昼ご飯は前半の30分で軽く済ませて、残りの30分で読書をしたり、資格の勉強をしたり、散歩をしたり、といったように使えます。
派遣において市場価値を高めるには、分かりやすいスキルを付けていくことも重要なので、派遣のお昼休みに資格の勉強をすることで、より充実した派遣ライフを過ごすことが出来ると思います。


また、散歩をすると脳のリフレッシュをすることができるので、とくにデスクワークの派遣の人にはおすすめです。
昼休みに、本を読んでいたり勉強している姿を同僚にみせておくと、自然と「あの人は一人で過ごしたい人なんだな」ということが周囲に認識されていくはずです。

お昼休みに勉強か。「意識高い系」とか思われたりしないですかね?
やみちゃん。周りの目は気にしなくていいんですよ。

必要以上に周りの目を気にしないこと

初めての派遣先で、「お昼休みに一人ぼっちにならないか不安」「初対面でランチに行って気まずい空気になったらどうしよう」と不安になることはあると思います。派遣という独特な立場だからこその悩みもあるでしょう。しかし、そうした悩みは周りの目を気にしすぎるところから来ていると考えられます。
派遣の場合、あくまでも業務のために行っているので、正社員のように職場での仕事以外でのコミュニケーションを強制されることはありません。
ランチタイムの過ごし方を考える前に、まず自分がどうしたいかを考えてみましょう。あなた自身が、派遣先に何を求めるかが大切です。派遣で仕事をしながら派遣先の人と仲良くなりたいのか、あるいは派遣では仕事一点に集中したいのか、それによって基本スタンスを決めていくのが良いでしょう。派遣先の人と仲良くなりたいという人は、積極的にランチに誘ったりランチ会に参加したらいいですし、そういったものを求めない人は、一人でランチを食べるというのもありだと思います。

自分が派遣に何を求めているのか、今一度胸に手を当てて考えたいと思います!
自分らしいランチタイムの過ごし方を見つけてくださいね!

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

自分に合った派遣会社に出会うには?

サチコさん、派遣会社が多すぎてどれを選んだらいいか分かりません! 派遣会社を選ぶときの一番重視すべきポイントは、なんだと思いますか? う~ん。やっぱりサービス内容が充実しているかどうかですかねぇ。 サービス内容も重要ですが、一番大事なのは、求人数です!派遣の場合、実際に働くのは派遣会社ではなく、派遣会社が紹介する会社なので、求人数が多いほど、理想の仕事にたどり着きやすいのです! 求人数の多い派遣会社に登録することで選択肢が広がるんですね! その通り!派遣サーチがおすすめする求人数が多い派遣会社は、 スタッフサービス です。
スタッフサービス

スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。
Scroll Top ページ上部に戻る