ラウンダーとはどんな仕事なの?仕事内容や魅力について解説

時間のない人でも働けるラウンダーという仕事が注目を集めています。時間の融通が効きやすいので、プライベートの時間を充実させたい人に最適です。ラウンダーとは具体的にどのような仕事で、どのような魅力があるのでしょうか。この記事では、ラウンダーの仕事内容と営業との違い、ラウンダーに必要なスキルや魅力について解説していきます。

1.ラウンダーとは?

 ラウンダーは自社商品の売上向上のため、営業担当者の代わりとなって店舗巡回をする仕事です。店舗に行って商品説明と補充、陳列方法の提案などを行うのが主な仕事内容となります。スーパーやドラッグストア、百貨店などが巡回先となり、現状を把握した上でより効果的な陳列方法について店の担当者に助言をします。新商品が出ると、販売するための戦略を提案できることもあります。

ラウンダーと営業は、どちらも売上向上を目指すという部分で共通点がありますが、仕事内容が異なります。ラウンダーは営業のように商談をすることはありません。販売方法や陳列方法などを中心に仕事を行い、売上向上を目指していくことになります。営業も取引先を巡回することはありますが、陳列方法の提案まで手を回すことはなかなかできません。営業がカバーしきれない部分をラウンダーが補い、ラウンダーと営業が協力しながら商品の売り上げ向上に努めていくことになります。 

2.ラウンダーの魅力とは?

ラウンダーの仕事にはどのような魅力があるのでしょうか。ここからは、ラウンダーの仕事をするメリットや魅力について解説していきます。

ライフスタイルに合わせた働き方ができる

 ラウンダーの仕事は自分で働く時間を決められるようになっているので、家庭が忙しい人でも仕事をしやすいメリットがあります。子供が小さいうちは、急に風邪などの体調不良を起こすことがありますが、働き方の自由度が高いラウンダーなら柔軟に対応することができます。ラウンダーは自己責任で働く時間を調節できるため、「職場に迷惑がかかったらどうしよう」などと心配する必要はありません。ライフスタイルに合わせた働き方ができるので、「プライベートを充実させたい」という人も安心して働くことができます。

直行直帰ができるのも、ラウンダーの仕事をする大きな魅力だといえるでしょう。車で巡回する場合は、一人で過ごす時間も持つことができます。原則一人で働く仕事なので、職場の人間関係に悩むことはありません。営業職のように厳しいノルマが決められていることも少ないため、精神的にも楽です。営業の激しいノルマが苦手な人も、ラウンダーなら仕事にやりがいを感じながら働くことができるでしょう。 

成果がすぐに分かる

仕事の成果がすぐに分かるのも、ラウンダーの魅力の一つです。店舗の担当者と話をする機会が多いので、新しい発見が多くあり、自分の成長がその場ですぐに分かります。自分が提案した方法が成功すると売上に表れ、成功したのかどうかすぐに分かるため、モチベーションも上がりやすいといえます。仕事に慣れてくると、自分なりのアイディアも浮かぶようになり、売上アップにつなげることができます。商品や店の売上に直接貢献できるので、ラウンダーの仕事を楽しみながら働くことができるでしょう。

未経験でもできる

ラウンダーの求人は未経験者可のものが多いため、スキルのない主婦でも応募することは可能です。商品知識も仕事を覚える過程で身につけることになるので、応募時点ではスキルや経験は必要ありません。仕事で成績を残せば、正社員の道を目指せる仕事でもあります。

3.ラウンダーの難しいところとは?

ラウンダーは魅力が多い仕事ですが、一方でいくつか大変なところもあります。ここでは、ラウンダーの仕事の難しいところについて解説していきます。

初めての人とコミュニケーションを取ることが多い

ラウンダーは初めての人とコミュニケーションを取ることが多い仕事なので、人と話すことが苦手な人にしてみれば、苦労することも少なくありません。店舗巡回をするときは、面識のない担当者と話すことが多くなり、その都度「初めまして」の挨拶をすることになります。場合によっては、従業員やお店で買い物をする人とも会話する機会があるため、臨機応変に対応しなければなりません。会う人がすべて自分と相性がいい人とは限らないので、自分と合わない人がいるとコミュニケーションに苦労することもあるでしょう。人と接することが好きな人には魅力的な仕事ですが、そうでない人は難しい仕事だといえます。

すべて自分で判断しなくてはならない

ラウンダーは店舗の巡回を1人で行い、陳列も自分で行うことになるので、ときには孤独を感じることもあります。作業もすべて1人で行うことも少なくないため、自己判断力が必要です。すべて自分で判断しなくてはならず、自分の判断で売上が変わってくるので、責任も重大です。人によっては仕事のプレッシャーに耐えきれずに、ストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。チームワークが好き、誰かに相談しながら仕事を進めていきたい、という人にはラウンダーの仕事は難しいと感じるかもしれません。

商品を売るためのセンスがないと難しい

店舗に売られているものは、インターネットで購入できるものがほとんどです。便利な通販サイトを利用するのではなく、店舗で買ってもらえるようにするには、商品を目立たせることができるデザインセンスが必要になります。デザインセンスがないからといってラウンダーの仕事に応募できないわけではありませんが、売上を減らさないようにするには、デザインスキルを磨かないと難しいといえるでしょう。デザインセンスを勉強するのが好きな人なら、仕事をしながらやりがいを感じることができますが、そうでない人は「辛い」と感じてしまうかもしれません。

4.ラウンダーに必要なスキルとは?

ラウンダーは未経験でも応募可能な仕事ですが、仕事をそつなくこなしていくには、いくつかスキルが必要です。ここでは、ラウンダーに必要なスキルについて解説していきます。

コミュニケーション能力

ラウンダーは人と関わる仕事なので、コミュニケーション能力は必須です。店舗担当者とコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていくことができれば、仕事もスムーズにこなせるようになります。ただし、こちらの意見を一方的に話すだけでは、相手から信頼を得ることはできません。自分のアイディアを担当者に提案するときは、「どうすれば相手が理解してくれるか」ということを考えながら伝える必要があります。相性の悪い担当者に当たってしまっても、円滑なコミュニケーションをとれる能力があれば、コンスタントに実績を上げていくことができるでしょう。

信用力

「この人に任せておけば売上は上がるだろう」という取引先からの信用力は、ラウンダーを続けていくうえで欠かせないスキルだといえるでしょう。「売上が落ちた」「アドバイスがわかりにくい」ということが続くと、信用力がどんどん落ちていってしまいます。取引先から信用してもらうには、日々の努力が必要不可欠になります。商品について十分な知識があり、なおかつ商品の魅力をわかりやすく伝えることができれば、取引先に興味を持ってもらうことができます。担当者の意見もきちんとくみ取りながら、それぞれの要望に適したデザインを提案することができれば、次第に信用力も上がっていくでしょう。

人と関わることが好きならラウンダーはおすすめ!

コミュニケーション能力が問われるラウンダーの仕事は、人と関わることが好きな人に向いています。厳しいノルマもなく、ライフスタイルに合わせた働き方もできるので、仕事と育児を両立したいと考えている女性にも最適です。新しい業界で自分の力を試してみたいという人は、ラウンダーの仕事を始めてみてはいかがでしょうか。 

派遣サーチおすすめの派遣会社

派遣会社に登録するなら、求人数が多くサポートも充実している大手がおすすめ!この3つを登録しておけば間違いないです。

  • スタッフサービス

    株式会社スタッフサービス

    派遣会社「スタッフサービス」の特徴や評判を独自に分析!経験を活かせるお仕事がきっと見つかる「スタッフサービス」。スピード感を重視したいならぜひ登録したい派遣会社です。翌月スタートのお仕事でも、たくさんの中から選べる求人件数の多さも大きな魅力。

  • テンプスタッフ

    パーソルテンプスタッフ株式会社

    派遣会社「テンプスタッフ」の特徴や評判を独自に分析!創業者が女性の派遣会社「テンプスタッフ」。女性に人気の求人を多く取り揃え、働く女性のためのサポート体制が充実しています。派遣スタッフからの評価も高く、「また働きたい」という声が多い派遣会社です。

  • リクルートスタッフィング

    株式会社リクルートスタッフィング

    派遣会社「リクルートスタッフィング」(通称「リクスタ」)の特徴や評判を独自に分析!派遣社員が選ぶ満足度調査では、14部門でNO.1を獲得している「リクルートスタッフィング」。安心して働ける優良企業の求人も多く、多くの派遣社員が選んでいるとおり、とにかく働きやすい派遣会社です。

関連記事

このカテゴリの記事は現在準備中です

もっとみる

ページ上部に戻る