看護助手とは?働く2つの魅力と注意点!看護助手になる方法も徹底解説

看護助手に興味を持っている場合、具体的な仕事内容や特徴を知りたいと思っている人はたくさんいるでしょう。看護助手は、看護師のサポートや患者の介助などが主な仕事で、看護助手は食事の介助や排せつ介助などの患者のケアも行うため、これらの業務を通して日々患者とかかわっていくなかで、患者や家族から頼りにされる存在になれるなどやりがいが感じられる職業です。この記事では、看護助手の仕事内容や特徴を紹介するとともに、看護助手として働くうえでのメリットやデメリットについても解説していきます。

サチコさん、看護助手という仕事が看護の資格がなくても始められると聞いたのですが、本当ですか?
本当です!今回は、看護助手というお仕事について見てみましょうか。

看護助手とは

看護助手は、「看護補助者」「ナースエイド」と呼ばれることもあります。
看護助手の仕事は、看護師からの指示を受けて看護師のサポートや患者の世話などを行うことが主です。
一般的に、看護助手の働き先は医療機関が多い傾向にあります。具体的には、一般病棟や手術室、外来、訪問看護ステーション、クリニックなどが挙げられます。
看護師と看護助手は何が違うのですか?
1つ目の違いは、未経験でもできるという点です。
また、看護助手として働くために、国家資格や民間資格などを取得する必要はありません。そのため、主婦や看護学生など、幅広い年代の人たちが活躍しているのが実情です。
2つ目の違いは、看護助手は医療行為は一切できないということです。
医療行為とは、具体的には、採血や点滴、注射などです。看護助手は、あくまで看護師のサポートとして、看護師が行う医療行為がスムーズに行えるよう手助けをする役割です。

看護助手の仕事内容とは

看護助手の仕事内容は、看護師のサポートが多い傾向にあります。看護助手として、医療現場に携わることは可能です。医療行為をすることはありませんが、看護助手の業務は多岐にわたります。

看護助手の仕事内容(一例)
  • 病院内の備品や器具の確認
  • 伝票やカルテなどの運搬
  • 事務の補助業務
  • ナースセンターの整理整頓
  • 患者の食事や入浴介助、排せつや歯磨きの補助
  • ベッドシーツの交換や環境整備
  • 患者の介助

また、看護助手は患者と接する機会や時間もたくさんあるという特徴が見られます。そのため、患者から不安の相談をされることもしばしばあります。
これらの理由から、看護助手は単なる看護師のアシスタントではなく、患者やその家族からも頼りにされる存在といえるでしょう。

看護助手といっても、できることはたくさんあるんですね!けっこう大変そうですが、どのくらい給料がもらえるかが気になります。
そうですね!それでは次に看護助手の給料について調べてみましょう。

看護助手の給料の相場は?

「求人ボックス給料ナビ」の調査によると、看護助手の給料の相場は、正社員の場合平均年収が278万円となっています。アルバイト・パートでは平均時給が約1018円、派遣社員になると平均時給は約1303円です。
看護助手の平均年収の最高額は約646万円で、派遣社員の平均時給の最高額は約1539円という結果となっています。

看護助手の場合、正社員のなかでは平均年収約242~292万円のあたりのボリュームが最も多くなっています。正社員の平均年収を全体的に見ていくと、242~646万円と幅が広くなっていることから、それぞれのスキルや勤務地などによって給料の差が大きくなるといえるでしょう。
また、看護助手の平均年収を都道府県別にみてみると、関東が292万円、その中でも東京が319万円で最も多いことが分かります。対して、九州・沖縄は最も少なく、平均年収は215万円という結果となりました。
派遣だと時給が高いんですね。
派遣は、派遣会社が間にいるという特別な雇用形態と時給の中に交通費などが含まれているケースが多く、時給が高くなっているんです。

派遣の時給が高い理由については、この記事でも触れています。
派遣の時給は高い?職種ごとの相場や時給アップの方法を紹介!

次は、看護助手として働くメリットとデメリットを紹介します!

看護助手として働くメリット・魅力

看護助手として働くことの魅力として、大きく2つの事柄が挙げられます。ここでは、看護助手として働く2つの魅力について、具体的に見ていきましょう。

未経験・無資格でも始められる

看護助手として働く1つ目の魅力として、「未経験・無資格でも始められる」という点が挙げられます。看護助手の仕事においては、特別な知識や技術、資格を持っていない人でも医療現場で働くメンバーとして医療に携わることができます。看護助手として働きながら、医療・介護知識を身に付けることができるという点も、看護助手の魅力といえるでしょう。

介護や薬の知識が身に付く

また、医療現場では、看護師は医療が中心、看護助手は患者のケアが中心という傾向が見られます。そのため、看護師よりも、看護助手のほうが患者をケアする力がより身に付くということも期待できます。
加えて、看護助手として働いているうちに、薬剤の知識も少しずつ増やしていける可能性があるでしょう。たとえば、「この症状に対しては、この薬が効果的」や「この薬にはどのような作用があるのか」など、医療現場を経験していくなかで薬剤にまつわる知識もどんどん増えていきます。看護助手の仕事を続けていくと、医療や介護などの幅広い知識が蓄えられます。

仕事の幅が広がる

看護助手として仕事をする2つ目の魅力は、「仕事の幅が広がること」です。看護助手の仕事のなかには、ベッドシーツの交換や患者の着替え、食事の介助、おむつ交換など、患者の介助業務がたくさんあります。そのため、日々これらの業務を経験していくと、自然と介護に関する知識も増えていきます。
将来的には、看護師や介護士への道も目指せるため、結果的に仕事の幅が広がることが期待できるでしょう。実際に、看護助手として医療現場で働いた経験を持つ人のなかには、「看護助手として働いているうちに、看護師に憧れるようになった」という人も少なくありません。看護師を目指すための最初のステップとして、まずは看護助手として働いてみるという選択肢もあるのです。
看護助手として働くことで、看護師への転職が優位になるのは大きなメリットと言えます。

看護助手として働くデメリット・注意点

看護助手として働くのであれば、2つの注意点を押さえておく必要があります。ここでは、この2つの注意点について具体的に見ていきましょう。

イメージとは異なった業務も任せられる

「看護助手」という言葉からは、「医療関係の仕事をする」というイメージを持つ人が多く見られます。しかし、実際のところは、患者の排せつ介助やおむつ交換などの介助業務が多い傾向にあります。ほかにも、医療現場で使った器具の清掃や備品の管理、事務作業なども、看護助手の業務として行う可能性もあるのです。そのため、求人情報にしっかりと目を通さずに働いてしまうと、「イメージと違った」という事態につながる恐れもあります。求人に応募する前には、看護助手という名前だけで業務をイメージするのではなく、求人情報を細部まで確認し、具体的にどのような仕事をするのかを把握しておくことが大切です。

考え方の違いによって悩むこともある

看護助手として働いていくうちに、介護と医療の考え方の違いで悩むケースが見られます。看護助手として働いている人の多くが、看護助手の仕事をしながら介護の勉強もしています。しかし、病院は患者の病気を治すことを最優先にしている場所です。そのため、介護の考え方と医療の考え方に違いが生じてしまい、それが原因で悩みを抱える可能性も少なくありません。

たとえば、身体拘束です。介護上では例外はあるものの、身体拘束は基本的に禁止されています。しかしながら、医療の場においては、身体拘束は毎日のように行われています。このような現場を目の当たりにしてしまうと、「介護士としては身体拘束はしてはいけない。でも、医療現場では方針として身体拘束をしなければならないから、それに従わなければいけない」という状況に直面してしまい、ジレンマに陥る人が多く見られるのが実情といえるでしょう。

生活リズムが乱れる

看護助手の仕事は、日勤と夜勤があり、夜勤のお仕事が入ると生活リズムが乱れやすくなります。
求人を選ぶ段階で、夜の出勤を避けることも可能ですが、とくに未経験の場合は夜勤も入れるという条件にしたほうが採用はされやすいです。

メリットとデメリットが理解できました。看護助手になるにはどうしたらいいのでしょうか?
看護助手は、資格不要なのですぐに求人に申し込むことができます!

看護助手になる方法

看護助手になるためには、求人の応募条件を満たしていれば誰でもなれる可能性はあります。
未経験から始めるのであれば、まずは派遣で求人を探してみるのがおすすめです。
派遣の場合、正社員よりも応募ハードルが低く、最初に契約期間も決められているので、まずは看護助手がどんな仕事なのか体験してみたいという人にピッタリです。
看護助手の求人を探すにはどの派遣会社がおすすめですか?
看護系の求人が多い「スタッフサービス」がおすすめです!
公式ページで確認する詳細を見る
また、派遣サーチでは複数の派遣会社の求人を横断的に検索することができるので、まずは求人を見たいならこちらからどうぞ。
「看護助手」の求人を見てみる
サチコさん、今から派遣で看護助手の求人を応募しようと思うのですが、志望動機はどうしたらいいでしょう?!
未経験だと志望動機が作りづらいですよね。今から例を挙げてみますね。

看護助手の志望動機

看護助手の志望動機としてよくある例をご紹介します。

「人の役に立つ仕事がしたい」

看護助手は、患者の手助けをすることが主な仕事ですので、「人の役に立ちたい」という気持ちは重要になります。そのように感じるようになったエピソードなども踏まえて志望動機を書いてみましょう。

「接客業での経験を活かしたい」

看護助手は、コミュニケーションスキルが重視される職種なので、接客業での経験を活かすことができます。接客経験がある人は、ぜひその点をアピールしましょう。

「将来的に、看護師・介護士を目指したい」

看護助手のメリットで挙げたように、看護助手は、看護師や介護士を目指すためのファーストステップとなります。将来的な目標なども話してみると、志望動機になるでしょう。

「看護経験を活かして看護師に復帰したい」

育児や介護などで一度現場を離れてしまった元看護士が、ブランクを埋めるために看護助手として復帰するケースもあります。その際には、看護経験についてしっかりアピールしてみましょう。

看護助手の資格

基本的には資格を持っていなくても求人に応募することは可能ですが、看護助手にまつわる資格を取得しておくと、選考が有利に進む可能性はあるため、余裕があるなら資格取得を目指すと良いでしょう。看護助手に関する資格としては、「看護助手実務能力試験」「メディカルケアワーカー検定試験」などが挙げられます。
看護助手を3年間経験すれば、「介護福祉士」という国家資格の受験資格を得ることも可能です。介護福祉士は「ケアワーカー」とも呼ばれており、介護福祉系の資格のなかでは唯一の国家資格です。ゆえに、介護福祉士の資格を取得していると、介護現場のリーダー的存在として介護者を支えることができるようになります。

看護助手の資格についてはこちらの記事でも紹介しています。
看護助手として働くなら資格は不要って本当?働くメリットと注意点も解説

まずは、看護助手の仕事に応募して、働きながら資格取得も目指してみようかなと思います!
いいですね!応援しています!
看護の求人が多いスタッフサービスに登録する

派遣サーチおすすめの派遣会社

派遣会社の選び方とおすすめランキング【2019年11月更新】

この記事では、派遣会社の選び方と派遣サーチでおすすめしている派遣会社のランキングをご紹介します。この記事を読めば、どの派遣会社を選べばいいか、一目瞭然です!派遣で働きたいと考えている人はぜひご一読ください。

関連記事

このカテゴリの記事は現在準備中です

もっとみる

ページ上部に戻る