※本ページはプロモーションが含まれています。

SVとはどんな仕事?業務内容や求められる人材・SVへのなり方を紹介

SVとはどんな仕事?業務内容や求められる人材・SVへのなり方を紹介

仕事を探しているとよく見かける「SV」という言葉。各業界にある役職ですが、業務の具体的な内容を知らない人も多いでしょう。せっかく同じ時間を仕事に費やすのであれば、仕事の内容、収入ともに満足したいですよね。SVになることで、理想を実現できるかもしれません。本記事では、SVにおける業務内容や求められる人材、実際にSVになる方法について紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

SVはスーパーバイザーという意味ですよね。スペシャリスト的な響きがありますが、どんな仕事なのですか?
SVは本部と店舗の橋渡し、またはコールセンターのリーダーを務める仕事です。派遣での募集も多いですよ。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

SVの派遣を探すならばスタッフサービスがおすすめ「スタッフサービス」


SVとは?

SVとは、英語で表記すると「SuperVisor(スーパーバイザー)」です。
SVはその略で、各業界において「監修」「管理」「指導」などを行う役職を指します。
チェーン飲食店を例に取ると、各店舗を巡回して、問題なく運営されているかをチェックしたり、改善案を提案したりするのがSVの役目です。
一般的には、スタッフや店舗を指導する「上級職」に該当します。
もっとも業種にもよりますが、一般職に比べて給与は高く、やりがいのある仕事といえるでしょう。
SVの仕事はなんかカッコいいイメージですね。
売上を左右するとても重要な仕事ですよ。 ちなみに、車のSUV(Sports Utility Vehicle)とは関係がありません。

SVの業務内容

SVの業務内容は業種によって、詳細が異なります。
簡単にまとめると、主な業務内容は、店舗や人の管理、監修を行うことです。
業種ごとの詳細については、飲食業や小売業の場合とコールセンターの場合とで分けて説明していきます。

飲食業や小売業の場合

飲食業や小売業におけるSVは、店長の上に位置する役職です。
複数の店舗と連携を取り合って、業績アップを目指すのが重要な責務となります。
飲食業や小売業、アパレルのSVは、エリアマネージャーを意味することも多く、広範囲の管理を任せられるので、非常に責任のある立場の役職です。
各店舗やスタッフの業務が正しく行われているか、管理したり、監修したりします。
具体的な業務内容は、スタッフの教育方法や取扱商品の選択から陳列にいたるまで、店舗への的確な指示やアドバイスを行うことです。
 
そのほかにも、本社の経営方針や理念、ブランドイメージを管理店舗へ伝える役割を担うこともあります。
飲食業や小売業のSVは、店員の仕事や店長の仕事も深く理解した上で戦略を立てていくことになるでしょう。


コールセンターの場合

一方、コールセンターのSVは、飲食業のように各店を巡回することは少なく、営業所でオペレーターの管理や統率を行うのが主な役目です。
営業所に数人ほど駐在しており、オペレーターの疑問や不安を解決する立場にあります。
コールセンターのオペレーターにとって、SVとは夜道を照らす街灯のような存在です。
優秀な信頼すべきSVがいてこそ、オペレーターも安心して業務に専念することができます。
 
コールセンターのSVは、業務知識はもちろん、スタッフの育成や勤怠管理などを行うための、いわばマネジメント能力も必要になります。
職場によっては、新人研修のトレーナーを兼任することもあるでしょう。
通常は、コールセンターを統括するセンター長と、オペレーターの間に入って、現場の調整役を担うことが多いです。
また、コールセンターで扱っている業務によって、必要となる知識の量も異なります。
経験者として採用された場合であっても、一から仕事を覚えることもあるでしょう。
ただし、現場での対応力はすぐに身に付くものでもないので、どの業種で得たものであっても、顧客対応での経験は大いに役立ちます。
 
コールセンターのSVの業務は、第一線での顧客対応だけにとどまらないので、OAスキルやビジネススキルなど、より高度なものが要求されることもあるでしょう。
よって、いろいろな経験を積むことができ、やりがいのある仕事といえます。
また、SVとしてのキャリアを積むことにより、SVを管理する側の役職への昇格の道が開けることもあるでしょう。



同じSVでも飲食店や小売店とコールセンターでは随分内容が違いますね。
そうですね。求人を探すときには業務内容をよくチェックしましょうね。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

SVの派遣を探すならばスタッフサービスがおすすめ「スタッフサービス」


SVに求められる人材とは

SVに求められる人材について説明します。

豊富な現場経験がある

SVに求められる人材の要素の一つとして、豊富な現場経験が挙げられます。
未経験からいきなりSVの仕事を任されることは、ほぼないといってよいでしょう。
現場経験を積んだうえでSVに登用されるか、同じ業界での現場経験が豊富にある中途採用や派遣社員の採用が多いです。
特にオープンしたての事業所などでは、人材不足の可能性もあります。
現場経験がある場合は、積極的にアピールしましょう。

マネジメント能力がある

どの業界でもSVには、現場のマネジメント能力が求められます。
店舗や人の管理、指導をするスキルが必要で、飲食業や小売業では、店長経験者であることを条件にしているところも多いでしょう。
スタッフの育成はもちろんのこと、勤怠管理や成果の達成も含めた業務全般を通しての管理能力が問われます。
与えられた仕事だけをこなすのではなく、目標に対して自ら課題を設定したり、必要な仕事を創造したりする力が必要となるでしょう。
その分、達成感があり、仕事の成果が報酬に反映されやすいといえます。
業種は異なっても、店長もしくは現場の管理職、マネージャーとしての経験が、SVになるための大きな武器になるでしょう。

コミュニケーションスキルがある

ほかに、SVとして求められる人材に必要な能力は、コミュニケーションスキルです。
SVは、現場の責任者やスタッフと直接やり取りをして指導する立場にあります。
積極的に業務改善の提案や、指導を行うので、店長やスタッフと連携をとれるかどうかがカギです。
コールセンターなどでは特に、一般のオペレーターでは手に負えない案件の対応なども任せられるため、スタッフの模範となるような、より高いコミュニケーションスキルを求められます。
現場での指示が滞ってしまうと、仕事の成否をも左右しかねません。
責任ある立場のSVにとって、コミュニケーションスキルは必須の能力です。
SVは現場を知っているからこそできる仕事なのですね。
いままでの経験を活かしたいという人に向いていますよ。

SVになるには

SVになるにはどうしたらよいのかについて、具体的に説明します。

働きながら目指す

SVになるためには、働きながら目指すという道があります。
未経験からの求人はほとんどないと考えてよいので、ある程度の経験を積む必要があるからです。
飲食業や小売業であれば、店長を超えたスキルが求められます。
コールセンターであれば、一般のスタッフ以上のスキルが求められるでしょう。
現場での仕事ぶりを認められてこそのSVへの昇進です。
働きながらSVを目指す場合、チェーンの小売店や飲食店であれば、店舗数が多い企業を選ぶのがよいです。
コールセンターであれば、オペレーターの数が多いセンターを選ぶのがよいでしょう。
規模に見合った数の管理者がそろっておらず、SVへの昇進が早く叶うケースもあります。

経験者として応募する

SVになるためには、経験者として応募するという道もあります。
SVの求人は中途採用や派遣などにも多くあり、そのほとんどが経験者を募集しています。
「店長経験」「長年の勤務経験」「別業種ではあるがマネジメントスキルに自信あり」など経験者であることをウリとして応募するのもよい方法です。
たとえ業種は違っても、管理者としての経験や高いマネジメント能力が買われれば、SVとして採用されることもあります。
飲食店のホールマネージャーから、コールセンターのSVへ転職といった例です。
 
また、専門性のある仕事についた経験や知識が、有利になることもあります。
場合によっては、現場のSVより商品知識について詳しいこともあるはずです。
飲食業や小売業であれば、飲料や食品、雑貨などの専門知識、コールセンターであれば、パソコン、通信、保険、旅行業など業務内容と同じ知識にたけていれば、SVになるためにかなり有利に働くこともあるでしょう。

派遣サーチでSVの仕事を探す
求人件数は多いですが、さすがに「未経験者歓迎」の表示はほぼありませんね。
現場を知らないと務まらない仕事ですからね。また、ローソンなどではSVではなく、「キャリア採用」という枠で求人を出しています。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

SVの派遣を探すならばスタッフサービスがおすすめ「スタッフサービス」


派遣社員のSVの働き方は?

派遣のSV求人状況や待遇などについて紹介します。

SVは時給がいい

SVは派遣求人の中では時給がいい部類です。
時給1500円以下の求人はあまり見当たりません。
専門的な知識が必要なコールセンターならば、時給3,000円以上という場合もあります。
高い時給は派遣としてSVで働く最大のメリットと言っていいでしょう。
高時給の求人を探している人におすすめの業種です。

残業は多め

SVはやることが多いです。
通常の業務時間内は担当している人や店舗に指示を出し、定時後は報告書を作成したり翌日以降の準備をしたりしなければなりません。
SVの残業時間は月に10~30時間、職場によってはもっと多い場合もあります。
時給の高さと相まって月の手取りが25万円以上も可能です。
しかし、一方でプライベートも充実させたいというは気を付けましょう。

30代以降の紹介予定派遣の求人が豊富

SVはある程度経験がないと務まらない仕事です。
そのため、30代、40代あるいはそれ以降の世代の求人が多くあります。
年齢関係なく経験が生かせる仕事の1つです。
紹介予定派遣の求人も少なくありません。



稼ぎたい人には向いているけれど、ライフワークバランスを重視する人は残業時間
についてよくチェックしてから応募する必要がありますね。

派遣として飲食店や小売店を何年もやっていてもキャリアにならないと思っている人も少なくありませんが、SVを検討してみてはいかがでしょうか?

SVの魅力

SVの仕事のメリットや魅力について紹介します。

給料がいい・将来性がある

SVは先に述べた通り、給料がいい仕事となっています。
また、SVは店舗の売り上げを左右する重要な役職です。
会社の経営や売り上げに大きな影響を与える仕事なので、実績を出せば評価されやすい仕事でもあります。
昇進や昇給、担当が増えるなどのチャンスもあるでしょう。
賃金の良さや将来性を重視する人におすすめです。

店舗の売り上げに貢献できる

小売店のSVは頻繁に店舗に顔を出すので従業員や客などの生の声や顔に接する機会が多いです。
もっと売り上げを増やしたい、お店を盛り立てたいと考え、地道な努力を積み重ねます。
店長や従業員など、多くの人を巻き込み、目標を達成したり、売り上げを増やしたりできたとき、大きなやりがいを感じられるでしょう。

オペレーターの成長を実感

コールセンターのSVはオペレーターの指導が重要な業務です。
自分が担当したオペレーターが成長したり結果を出したりしたとき、やりがいや達成感を感じます。
オペレーターから頼りにされたり慕われたりしたときにも喜びを感じるでしょう。
SVは実力が評価に直結するやりがいのある仕事なのですね。
向上心のある人、目に見える成果を実感したい人におすすめの仕事ですよ。

SVの大変なところ

SVは賃金もやりがいも大きい仕事ではありますが、そのぶん大変さや責任もあります。

勤務時間が不規則

担当する仕事にもよりますが、小売店向けのSVは店長のいる時間に店舗を訪問する必要があります。
24時間営業のコンビニや飲食店で、店長が深夜にシフトに入ったり時間が空いたりしている場合、SVもそれに合わせなければなりません。
そうでなくても365日営業している店舗ならば当然週末や祝日が出勤日の場合もあります。
週末や深夜も営業しているコールセンターも同様です。
勤務時間外であっても大きなトラブルや不測の事態があった場合は呼び出されることもあります。

上と下との板挟み

SVは本部の意向を店長や従業員に伝える橋渡し役……と言えば聞こえはいいですが、実際は板挟みになってしまいがちです。
「本部から〇〇するように指示が出ています」と店長に伝えても「うちの現場では無理、現実的ではない」と言われてしまう場合もあります。
実際の現場を知っていたり、店長と懇意にしていたりするからこそ、キツめの売り上げ目標を伝えるのが心苦しいというSVも多いです。
しかし、本部の意向は絶対です。
両者の間をうまく取り持つのに苦労しているSVは少なくありません。

大きなプレッシャーと責任

現状を分析し、入念に計画を立て、誠実に心を込めて仕事に当たったとしても、思うような結果を出せない場合もあります。
目標を達成できなくても、努力が数字に比例しなくても、決してSVだけのせいではありませんが、責任を感じてしまったり、落ち込んでしまったりする人もいます。
プレッシャーや責任が重い役職です。

クレーム対応

コールセンターの場合、オペレーターが対処できなかったクレームをSVが代わりに対応する場合が多いです。
その場合、通常のクレーム対応よりも大変になってしまいます。
感情的になっているお客さんや複雑な問題に率先して対応しなければなりません。
現場を知っているからこそ、上の意向を伝えるのが大変な時もあるのですね。
規模の小さい小売店などの場合、SV自らが商品を並べて売り場を作ることもあるので体力も必要です。

SVについて知ってキャリア形成を目指そう!

SVは飲食業や小売業、コールセンターで、店舗やスタッフを統括する重要な役職です。
経験者を募集する求人が多く、高給でやりがいのある仕事でもあります。
未経験の人は、SVをよく理解して、キャリア形成から目指すのがよいでしょう。
派遣では即戦力として経験豊富な人材の募集もあり、高年齢でも採用されています。
また、SVに興味があっても、直接雇用や長期的な雇用が不安な人は、派遣求人への応募から始めるのがよいでしょう。
SVはやりがいがある仕事なのが分かりました。給与が高いのも魅力的ですね。
求人を探すときにはコールセンターか飲食業や小売業かをよくチェックしてくださいね。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

SVの派遣を探すならばスタッフサービスがおすすめ「スタッフサービス」

Scroll Top ページ上部に戻る