※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣の顔合わせにふさわしい服装や持ち物は?注意点も紹介!

派遣の顔合わせにふさわしい服装や持ち物は?注意点も紹介!

派遣先での仕事を始める前には、企業と顔合わせを行うのが一般的です。顔合わせとは、面接や面談とは何がどう違うのでしょうか?また、顔合わせという慣れない場に「服装や持ち物はどうしたら良いのだろう」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、顔合わせにふさわしい服装や持ち物、注意したいマナーなどについて詳しくご紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. 派遣の顔合わせとは?

派遣の顔合わせとは、派遣社員が勤務を開始する前に派遣先の企業を訪問し、対面で話をすることです。企業によっては顔合わせという言葉ではなく、会社訪問、職場見学、面談といった呼び方をしていることもあります。

顔合わせの大きな目的は、勤務を開始する前に業務内容や仕事の流れについて確認しておくということ。勤務初日、初めて訪れた職場で仕事をスタートさせるとなれば緊張しますし、慣れるまでに時間がかかってしまいそうですよね。事前に顔合わせをしておけば、スムーズに勤務を始めることができるのが働く人にとっての大きなメリットなのです。また、実際に顔を合わせて話すことを通じて、企業側も「この人にどのような仕事を、どの程度任せられるのか」を検討することができます。つまり、顔合わせとは、企業と働く人の双方にとって就業前の準備運動のような意味を持っているといえるでしょう。

顔合わせにかかる所要時間や話す内容は企業や仕事によって異なりますが、自己紹介、これまでの経歴、スキルなどは必ず質問される内容です。顔合わせには派遣社員、派遣会社、派遣先企業の三者が同席するケースが最も一般的で、派遣会社の担当者が派遣社員の魅力をアピールしてくれるなどのサポートがあるため、いきなり一人で企業を訪れる面接などとは異なり、安心して臨むことができます。企業を訪問する前に派遣会社の担当者と待ち合わせて話す内容などについて打ち合わせをするケースも多く、事前に想定質問への答えを練ったり、企業について担当者に質問したりと、準備してから訪問することができます。ここで就業前に聞いておきたいことを3つ程度用意しておけば、顔合わせで意欲的な姿勢をアピールすることができます。

なお、派遣先企業が面接で派遣社員を選考することは禁じられているため、顔合わせは面接というわけではありません。しかし、時には顔合わせ後に不採用になる場合もあるため、実際には面接の要素が含まれていると考えつつ、しっかりと準備して臨んだ方が良いといえるでしょう。

2. 顔合わせにふさわしい服装

派遣先企業に与える第一印象を左右する大事な要素のひとつが服装です。「顔合わせ」と聞いて軽い面談程度、というカジュアルな印象を持つ方もいますが、顔合わせは初めて就業先の企業に訪れる貴重な機会であり、社会人として信頼できる人物かどうかを判断される場でもあります。
そのため、顔合わせには特に指定がないかぎりスーツを着ていくことをおすすめします。スーツであればマイナスの印象を持たれる可能性が低いため、最も無難な服装といえるでしょう。ただし、企業や職種によってふさわしい服装が異なるため、迷った場合には事前に派遣会社の担当者に「何を着て行ったら良いか」と質問しておけば、安心して当日を迎えられます。

女性のスーツ

スーツは黒、紺、グレーなど、派手すぎない色を選びましょう。スカートの場合はタイトまたはセミタイトのシルエットで、短すぎないひざ丈を選ぶことが重要です。パンツスーツでも問題ありません。ジャケットのインナーには、白または淡い色のシャツ、ブラウス、カットソーを合わせます。フリルなどの飾りが付いた派手なデザインや鮮やかな色合いのインナーは避けましょう。

女性の場合、服装だけでなくメイクにも注意が必要です。顔合わせの際は、普段の自分が好んでいるメイクではなく、派遣先の職場にふさわしい社会人としてのメイクが欠かせません。基本的にはナチュラル系のメイクであれば問題ありませんが、ビジネスの場においてはノーメイク、反対に濃すぎるメイクも良くありません。好印象を与えるメイクを心がけましょう。

男性のスーツ

スーツは黒、紺、ダークグレーなど派手すぎない色を選んでください。ワイシャツは白の無地、ネクタイは無地またはストライプなどの控えめなデザインが無難です。ベルトは黒や茶色の革製のものを合わせ、足元は革靴を選びましょう。男性のスーツの場合も、シャツやネクタイに派手な色柄を選ばず、シックな色柄を選べば、顔合わせにふさわしい装いになります。

3. 私服で良いと言われた場合はどうする?

派遣先の企業から「私服で来てください」と言われる場合もありますが、その場合、もちろん何を着て行っても問題ないというわけではありません。「顔合わせにふさわしい私服が思いつかない」という方は、オフィスカジュアルを選ぶのがおすすめです。オフィスカジュアルとは、ビジネスシーンに適した服装のこと。「想像しにくい」という方は、事務系のオフィスで働く人のファッションを想像すればわかりやすいのではないでしょうか。全体の色味としては黒、グレー、ネイビー、ベージュなど、落ち着いた色合いで統一されているのが特徴です。

男性の場合はブレザーやテーラードジャケットに襟付きの白いシャツを合わせて、ボトムはチノパンなどを選び、足元は革靴でまとめます。女性の場合はシンプルなデザインのシャツ、ブラウス、カットソーなどにジャケットやカーディガンを羽織り、膝丈のタイトスカートかパンツを合わせて、派手すぎないパンプスを履くようにしましょう。男性女性ともに、バッグは履歴書が折らずに入る大きさのシンプルなデザインをおすすめします。一目でブランドがわかるデザイは避け、黒、ネイビーなどの無地のものを選べば良いでしょう。形はカジュアルなリュックタイプより、ハンドバッグまたはショルダーバッグが無難です。

いずれも「だらしない」「派手」「露出が多い」服を避け、相手にプラスの印象を与える装いを心がけましょう。デザインはシンプルでも、サイズが合っていないとルーズな着こなしに見えてしまうため、体型にあった服を選びましょう。服装自由の場合も、職種によっては例外もありますが、基本的にラフな印象を与えるTシャツやジーンズはご法度です。その他、女性の場合はミニスカートやミュール、つま先の出る靴に、男性はバックルの派手なベルトやつま先の尖った靴などに注意してください。

4. 注意したい身だしなみ

顔合わせの際は、服装だけでなく身だしなみにも注意が必要です。いくつかのポイントに分けて、気をつけたい点について詳しくご紹介します。

髪型

男性も女性も、基本的には明るい髪色より黒に近い暗めの色がおすすめです。また、根元と毛先の色が違っていると清潔感に欠けるため、事前にカラーリングなどのケアをしておきましょう。

男性の髪型は、前髪が目にかからない程度の短髪にするか、目を隠さないよう横に流すなどして整えましょう。整髪料などを使って髪を整える場合、毛を逆立てたり、整髪料がにおったりしないよう注意します。女性の場合、髪が長い場合は束ねたほうが清潔感が出て相手に好印象を与えます。お辞儀の際に髪が垂れたり、おくれ毛を頻繁に触ったりするのは好ましくないため、サイドの髪の毛が長い場合にはそちらもすっきりと束ねておくと良いでしょう。ツインテールにしたり、シュシュでまとめたりするなど、カジュアルな印象を与える髪型やヘアアクセサリーは避け、ビジネスシーンにふさわしいヘアスタイルに整えます。

当日、顔合わせの場に寝ぐせを付けていくのは、当然ながら社会人として好ましくありません。わずかなハネ、フケなども朝の準備を怠っているのではと見なされるため、注意が必要です。

スーツのしわや汚れ

顔合わせに着ていく服は、当日慌ただしく用意するのではなく、清潔感のある状態かどうかを事前に必ずチェックしておきましょう。特に、スーツや革靴をクローゼットに仕舞いっぱなしという方はご注意を。一度取り出してみて目立つ汚れやしわがついていないかどうか確認し、必要に応じてクリーニングに出したり、アイロンをかけたりしておきます。当日も、自宅を出る前に必ず鏡で全体を確認してから出発します。意外に見落としがちな身だしなみのポイントとして、シャツの首元の黄ばみ、革靴のすり減り、ボタンのほつれなどがあります。細かな点にも注意しましょう。

ひげや鼻毛

男性の場合、ひげの剃り残しがあると相手に不潔な印象を与えてしまうため、鏡をよく見ながら全てきれいに剃っておきます。眉毛は整えすぎると不自然に見えがちなので、自然に見える程度に整えるのが無難です。また、男女問わず鼻毛が出ていると相手を不快にしてしまう場合もあります。鏡をよく見て、好印象かどうか客観的にチェックしてみましょう。

香水

香水は、原則として顔合わせには付けて行かず、無臭の状態が望ましいでしょう。香水の匂いは本人が思った以上にきつくにおっている場合があるため、相手を不快にさせないためにも自然な状態を心がけます。また、香水以外にも、夏場によく使うボディシートや制汗スプレーなどのにおいも気になるものです。使用する場合は、なるべく無香料のものを選びましょう。

小物

その他、持参する小物については、以下の点に注意しましょう。

・就活やビジネスシーンにふさわしいかどうかを基準に高価なブランドものなどは避け、色合いやデザインが派手過ぎないものを選ぶ
・女性はピアスや結婚指輪以外の指輪など、自分を飾るアクセサリー類は基本的に付けない(ネイルもなしか、控えめなデザインが好ましい)
・スマホを時計代わりにせず、腕時計を着用しておく

服装だけでなく、ふとしたときに目に入る小物も意外と見る人の印象に残るものです。細やかに気を配り、好印象を与えられるよう心がけましょう。

5. 顔合わせに必要な持ち物

顔合わせのときに必要な持ち物については、あらかじめ派遣会社に聞いておくのがベター。面接に近い形の顔合わせの場合には履歴書が必要なケースもありますが、派遣会社の担当者が持参してくれることもあります。顔合わせは文字通り、簡単な面談となるケースが多いため、特に指定がなければメモ帳とペンといった筆記用具さえ持っていれば問題ありません。その他、ハンカチやティッシュ、携帯電話の充電器など、身の回りに必要なものは普段通りに持っておくようにすれば安心です。

6. 顔合わせの際の注意点

最後に、顔合わせ当日にあたっての注意点をいくつかご紹介します。

自己紹介を考えておこう

顔合わせには、必ず派遣先の企業の担当者に向けて自己紹介をする場面があるため、事前にどのような内容にするかを考えて簡単な練習をしておけば、当日慌てずに堂々と自己紹介ができます。また、自己紹介以外にも職歴、自己PR、志望動機などを聞かれる可能性もあります。念のため一通りの準備や練習をしておくと、緊張したり慌てたりすることなく、落ち着いて話すことができます。

また、服装や身だしなみはもちろん、豊かな表情も第一印象を決めるとても大切な要素のひとつ。笑顔で相手の目を見ながらハキハキと話し、好印象を与えられるよう心がけましょう。

企業についてよく学んでおこう

顔合わせに行く前には、派遣先の企業の下調べを必ず行っておきます。企業のHPや派遣会社からもらった資料などをよく読み込みながら、自分が実際に働くイメージをつけておくことで、自信を持って顔合わせに臨むことができます。また、事前にしっかりと準備しておけば、企業側から質問された場合にもスムーズに答えることができ、その企業で働く意欲をアピールすることもできます。

マナーを正しく守ろう

顔合わせの際は、服装や身だしなみはもちろん、社会人としてのマナーも大切です。当たり前のことではありますが、当日は時間管理を正しく行い、遅刻厳禁で企業を訪問しましょう。電車の遅延など、万一のトラブルも考慮して早めに到着できるようスケジュールを立てておきます。

また、社会人としての言葉遣いができているかどうかについても今一度、確認と注意を。相手へのタメ口などは言語道断ですが、正しい敬語が使えているかどうか、再確認しておきましょう。顔合わせが始まる前と終わった後は、きちんとお礼を伝えるなど、緊張する場であっても挨拶を忘れないよう心がけておけば、最後まで好印象を持ってもらうことができます。

顔合わせに十分備えて好印象を獲得しよう!

顔合わせは、派遣で仕事を始めるにあたっての大切な第一歩。その重要な場で、企業にどのような第一印象を与えるかどうかは自分次第です。服装、身だしなみ、マナーなどを細かくご紹介しましたが、顔合わせの場で好感を持ってもらうことができれば、確実に就業後の働きやすさにつながっていきます。魅力を十分にアピールするためには、しっかりと準備して顔合わせに臨むことが大事です。

おすすめ関連情報

オーダースーツSADA - フルオーダーで21,780円(税込)

Scroll Top ページ上部に戻る