※本ページはプロモーションが含まれています。

自己PRで自分を売り込む!印象に残る文章を作るコツを2つ紹介!

自己PRで自分を売り込む!印象に残る文章を作るコツを2つ紹介!

いざ就職活動を始めると、自己PRの作成で手が止まってしまうことがありませんか。自己PRで自分を売り込むためには、いかに自分の魅力を相手に伝えられるかがポイントとなります。自己PRを作ろうと思っても、具体的にどうやったらよいかわからない人も多いのではないでしょうか。この記事では、採用担当の印象に残る自己PRを作るコツを紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. 自己PRを求められる理由とは?

就職活動をしている際に、自己PRを求められるのはなぜでしょうか。企業は、入社したら会社のために貢献して活躍してくれるかどうかを判断するために履歴書や面接で自己PRを必要とします。応募者がどのような人なのか、どういった考え方をしているのかを知りたいと思っています。また、入社に対する意欲が本当にあるのかどうかを判断するためでもあります。自己PRから、どのくらい会社のことを知っていて、どの程度の熱意をもって志望しているのかを知ることができます。更に、企業がその部署や役職に求めている人物像とマッチするかどうかを知るためにも自己PRは有効です。本人の特性を活かして会社に貢献し目標を達成できる人材であるかどうか判断するのです。応募する側としては、多数の応募者の中から選ばれるよう自分を売り込むための大切な要素です。コツをおさえて採用担当者の印象に残る自己PRを準備しましょう。

2. 自己PRを作るための手順

就職活動で自分の魅力をきちんと売り込めるように、自己PRを作成するための手順を紹介します。

手順1:過去の経験を洗い出す

自己PRを作るための最初の手順は、過去の経験を洗い出すことです。自己PRでは、自分の今までの経験を洗い出して自分の実績をピックアップすることが大切です。自己PRに使うか使わないかはさておき、全ての経験を振り返ってみましょう。自分の長所を探すうえでも、過去の経験の洗い出しは非常に役に立ちます。思い出せる範囲で過去の出来事を書き出し、具体的な内容やその際の自分の役割などについても書き留めておきます。そこで培った経験や能力、専門性などを分析します。

また、数字で実績が表せるものは、できる限り数字も洗い出しておきます。具体的な数字を示すと実績の裏付けとなり具体性が増し、PR内容が明確になり信用度が増します。特に会社の利益や作業効率、成長に関わるテーマなど、話の内容によっては言葉で形容するよりも数字で表現したほうが効果的な場合があります。

手順2:自己分析を行う

過去の経験を洗い出した後は、自己分析を行います。自己分析とは、自分の内面と向き合い自分自身についての理解を深めることです。自己分析を行うことによって、自分の長所や短所をより深く理解することができます。客観的な目でみると、普段自分で意識していなかった点を発見することもあります。洗い出した過去の経験を参考にしつつ、あまり長い時間をかけすぎず、3日ほどで分析するとよいでしょう。自己分析で挙げられた自分の長所を、自己PRに活用していきます。

手順3:応募企業との共通点を探す

自己分析ができたら、応募企業と自分の経験や長所との共通点を探します。単に自分の長所をアピールするだけでは、企業にとって魅力は不十分です。応募企業が求めている人物像と自分の長所の共通点があれば、強いアピールポイントになります。どのような長所や能力があって、それを応募企業でどのように活かすことができるのかを明確にしましょう。応募企業との共通点があってこそ、企業が採用を検討しやすくなるのです。また、共通点のある会社や職種は採用に通りやすいだけでなく、働き始めてからも本領を発揮しやすくなります。更なるステップアップがあったり長期での雇用につながったりし、会社にとっても個人にとっても有利です。

ここでのポイントは、自己分析をすると同時に、求人情報によく目を通し企業のこともよく調べておくことです。企業や役職によって求めている人材は異なります。求人案件によってはアピールすべきポイントが異なる場合もあります。企業名や役職名だけに惑わされず、内容をよく理解したうえで自己PRを準備しましょう。

手順4:アピール項目とそのエピソードを厳選する

応募企業との共通点を探すことができたら、次の手順はアピール項目とそのエピソードを厳選することです。自己PRでは簡潔に文章をまとめる必要があるため、アピールできる項目は数個に限られます。そこで、応募企業に効果的にアピールできそうな項目を数個に絞り込んでいきます。経験が多いとたくさんの長所や成果を盛り込みたくなりますが、アピールポイントを広げすぎると一つ一つの内容が薄くなり、印象が残りにくくなります。

アピール項目が決まったら、具体性を持たせるためにその裏付けとなるエピソードを厳選します。アピール項目が明確になっていると、簡潔で説得力のある自己PRを作成することができます。

手順5:文章にまとめる

自己PRのためのアピール項目とそのエピソードを厳選したら、最後は文章にまとめます。自己PRの文章は、各項目を100~200文字を目安として簡潔にまとめましょう。詳しい情報が必要な場合は、採用担当者が後から聞いてくるはずです。また、やる気やポテンシャルの高さを伝えるためにも、なるべくポジティブな言葉を使うように心がけます。社会人としての転職の場合は、学生時代などのエピソードよりも社会人になってからの経験のほうが効果的です。現場での経験を話すほうが具体性や説得力も増し、入社してからの順応性の高さもアピールできるでしょう。学生時代の話を優先してしまうと、社会人として出した成果や得た能力はないのかと良くない印象を与えてしまう場合があるので、避けたほうがよいかもしれません。

文章にまとめる際は、文章構成を意識するのがポイントです。相手にわかりやすい文章にして、忙しい採用担当者や異なった社風や文化を持つ配属先の組織にも長所や熱意が伝わるように心がけましょう。短い文章であっても、自分の良さが伝わりやすいキャッチフレーズのような言葉を入れることは可能です。長文を重ねたりだらだらと話を続けたりするのではなく、アピールポイントと熱意をコンパクトにまとめて説明し、自分が入社したら企業へ貢献できることを伝えます。

3. 自己PRで効果的な文章構成

自己PRでは、最初に結論として長所や強みを述べると効果的です。結論も長文で長々と説明するのではなく、簡潔にまとめましょう。結論の後には、それを裏付けるエピソードとして実際に達成した目標や経験した出来事を紹介します。過去に苦労した経験があった場合は、問題を克服するために取った方法を書きます。問題解決のために振り絞ったアイデアや自分の取った行動を説明します。そして、その中で培った能力や自分の長所を、今後どうやって仕事に活かし応募する企業に貢献していくつもりなのかを説明します。

最初に結論を提示することで、最もアピールしたいメッセージを忘れずに伝えることができます。また、採用担当者が納得するように具体的な体験談を付け加え、応募する企業やポジションでどのように貢献できるかを説明すると、全体として読みやすく理解しやすい自己PRの文章になります。

4. 印象に残る文章を作るための2つのコツ

数ある応募者の中でも採用担当者の印象に残る候補者となるにはどうしたらよいでしょうか。印象に残る自己PRの文章を作るための2つのコツを紹介します。

コツ1:数字を使って具体的にアピールする

1つめのコツは、数字をうまく使って具体的に自己アピールすることです。数字を使うと、採用担当者は具体的な結果や成果を想像しやすくなります。抽象的な文章だけでアピールするよりも数字があると説得力が増します。たくさんの応募者の自己PRに目を通す採用担当者の気を引くためにも、数字を使うことは効果的です。

数字を使う際は、やみくもに結果の数字だけを伝えるのではなく、その目標を達成するのにかかった期間や自分が取り組む前の値を明確にしたり、母数や規模を記載したりする工夫も忘れないようにしましょう。例えば、自分がその課題に取り組む前はいくらだった売上が、自分の工夫や働きによりどのくらいの期間をかけていくらに変化したのか、というように変化の前後を説明しましょう。

コツ2:自分らしい文章にまとめる

2つめのコツは、自分らしい文章にまとめることです。自己PRは、いまやインターネットで検索するとテンプレートがたくさん見つかります。しかし、型にはまった文章では魅力が乏しく、1日何人もの応募者の文章に目を通す採用担当者は見飽きています。インターネットで見つかる文章を切り貼りしたものはそれなりに見えるかもしれません。しかし、採用する側には応募者の魅力や個性が伝わりにくくなります。

他人の文章は全てコピーするのではなく参照する程度にし、しっかり自己分析して作り上げた自己PRを自分の言葉で表現することが大事です。自分の言葉で、自分の表現力を使って印象に残る文章にまとめ、自分こそが企業やその職種が求める人材であることを知ってもらうことが大切です。自分らしさを自己PRに盛り込めれば、履歴書が通り面接に行けることになった場合も、採用担当者が想像した通りの人物像であることを更にアピールできるでしょう。インターネットから持ってきた言葉で自己PRを作った場合、面接すると人物像にズレが生じ面接官が違和感を覚える場合もあります。

5. 履歴書に書く自己PRで気をつけたい点

履歴書を手書きで書く場合は、一つ一つの文字を丁寧に書くのは基本です。走り書きのように乱雑に書いたり崩して書いたりすると熱意は伝わりにくく、採用担当者にとっても大変読みにくい履歴書になります。丁寧な手書きの履歴書は心を込めて書いていることを伝えやすいものですが、丁寧さに欠ける手書きの文章はかえって悪い印象を与えかねないので気を付けましょう。履歴書全体のバランスも重要です。欄の8割以上は埋めるように、文字の大きさや文章の長さ、余白の空き具合などを見ながら書いていきます。また、誤字脱字は提出前にしっかりとチェックする必要があります。

手書きで履歴書を作成するには、あらかじめ時間に余裕をもって準備しておきましょう。急いで作成すると、どうしても乱雑な印象を与えたり誤字脱字の最終チェックが間に合わなかったりします。できれば下書きや書く内容を準備しておき、清書するとよいでしょう。箇条書きなども使うと効果的な場合があるので、必要な箇所に取り入れていくことも可能です。せっかく時間のかかる手書きの履歴書を作成するならば、応募への心意気が伝わるように丁寧に仕上げましょう。

6. 面接で自己PRする際に気をつけたい点

履歴書が通りめでたく面接へ行ける場合には、どのように自己PRすればよいのでしょうか。まず、面接の際は、緊張していても明るくハキハキと話すことを心がけましょう。自己PRを話す際は、謙虚な態度を忘れずにポジティブな言葉を使って説明します。面接官から特に時間の指定がない場合も、だらだらと話し続けるのは避け、2分以内に抑えるとよいでしょう。自己PRは面接の始めの方で聞かれることも多く、第一印象を左右しかねません。面接官が限られた時間でもっとこの人のことを知りたいと思うように、落ち着いて論理的に話しましょう。

また、自己PR文章は丸暗記するよりも、臨機応変に対応するようにするとより自然で効果的です。実際の面接では、「自己PRを教えてください」と直接言わずに、意図的に自己PRを聞く場合があります。「長所」や「強み」、「今までの実績・成果」といった質問にも、自己PRで答えることができます。そういった場合に不自然な回答にならないよう、面接の前には長い文章ではなく箇条書き程度にまとめなおして全体を流れとして頭に入れておくと話しやすくなります。それを自己PRを意図した質問に自分の言葉で適切に返せるように、練習を繰り返しておくとよいでしょう。万一自己PRの文章を忘れてしまった場合も、キーワードと話の流れを把握しておくことで、伝えたい内容を取り戻すことができます。

7. 自分の魅力をしっかりアピールしよう!

自己PRでは、自分の魅力を伝えることが第一の目標です。知らない人に自分の魅力を伝えるのは難しかったり、得意ではなかったりする人もいるでしょう。しかし伝えることができなければ、応募企業に入社できる可能性は低くなります。ここで紹介した手順とコツを押さえ、限られたスペースや時間の中で自分の魅力を精一杯アピールしましょう。

自己PRのアドバイスを受ける方法

自己PRで印象に残る文章を作り自分を売り込む方法がわかりましたか。本番の面接の前に自己PRのアドバイスを受けるには、転職エージェントや派遣会社に登録するのがおすすめです。転職エージェントや派遣会社では、専任の担当者がついて、自分に合わせたアドバイスをプロから受けることができます。また、いきなり正社員へ挑戦するのが不安な人は、派遣から始めてみてはいかがでしょうか。

Scroll Top ページ上部に戻る