派遣でデータ入力の仕事をするには?未経験やスキルに自信がなくても登録可能?

派遣でデータ入力の仕事をするには?未経験やスキルに自信がなくても登録可能?

未経験者の募集も多いデータ入力は、派遣の職種としてとても人気があります。一言でデータ入力といっても実はさまざまな仕事内容があり、経験やスキルに応じて応募できる仕事が異なるのが特徴です。こちらの記事では、データ入力の仕事内容や時給、また派遣として働くメリットやデメリット、必要な資格などについて解説します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

2022年7月 | 派遣会社 厳選3社

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

スタッフサービス

求人数17,000件の派遣会社!

PASONA(パソナ)

全国各地の求人が充実!

サチコさん、今度派遣社員デビューしようと思っているんです
そうですか。どんなお仕事をする予定ですか?
これといったスキルとかもなくて悩んでいるんですけど、派遣会社の担当者さんにデータ入力をすすめられて、検討しているところです。でもデータ入力って具体的に何をするのか、いまいちピンと来なくて…
では今回はデータ入力のお仕事について詳しくお話しましょう。その前に、サビちゃんは派遣が初めてになるので、派遣という働き方について少し説明しますね

▼おすすめ派遣会社

スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

派遣デビューでも「スタッフサービス」なら安心のサポート!


データ入力の仕事をする前に!派遣社員の基本的な働き方

派遣社員の求人として、データ入力は案件数が多くメジャーなお仕事です。
そこで、データ入力の仕事内容をご紹介する前に、派遣社員の基本的な働き方をおさらいしておきましょう。
派遣でデータ入力の仕事をするためには、派遣スタッフの働き方を知ることが大切です。
仕事を始めるに際しては、雇用形態を見逃すことはできません。

まず、派遣社員とは「派遣先企業」ではなく「派遣会社」と雇用契約を結ぶ働き方です。
そのため「実際に勤務する会社」と「雇用契約を結ぶ会社」が異なることを覚えておいてください。

.

派遣の種類として、いずれ派遣先企業での直接雇用となることを前提とする「紹介予定派遣」も存在しますが、割合としてはそれほど多くはありません。


派遣会社に登録をしたら、自分の希望条件に合った仕事を探すことになります。
派遣先企業のニーズに合わせて多種多様な仕事がありますので、いろいろな職場を経験することが可能です。
派遣会社のサイトなどから自分で探したり、派遣会社のスタッフから紹介してもらったりして、応募する案件を絞り込んでいきます。
データ入力の仕事といっても、具体的な仕事内容は派遣先企業によって異なることを知っておきましょう。
派遣先企業によっては、データ入力だけでなく、ほかの業務と兼任する場合もでてきます。
派遣社員として働く期間には、おおむね3ヶ月以下の「短期」とそれより長い「長期」があります。
「短期間でいろいろな職場を経験したい」という人は短期、「ひとつの職場で安定して長く働きたい」という人は長期で働くのがおすすめです。

▼おすすめ派遣会社

スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

派遣デビューでも「スタッフサービス」なら安心のサポート!


そうなんですか!それでデータ入力っていうのはどんなデータを入力するんですか?
そう慌てないでください。一言にデータ入力と言っても、扱うデータの種類も就業先となる企業もさまざまです。ひたすらデータの入力のみを行う仕事もありますが、周辺業務が含まれることも少なくありませんよ

派遣におけるデータ入力の仕事は多種多様

「データ入力」とは、派遣先会社独自のソフトやWord、Excel、Accessなどのソフトに数字や単語、文章などの決められた項目を入力する仕事です。
データの種類は多岐にわたり、売り上げデータや人事データ、顧客情報、アンケートの回答、経理伝票などさまざまです。
また、職場によっては、会議の資料作成やビジネス文書作成、レセプト入力、メールの問い合わせ対応や、入力後の帳票出力やラベル出力、正誤確認作業、発送業務までを含むケースもあります。
決められた定型フォームの入力作業が多く、文字の入力や修正ができれば未経験者でも可とする求人が多いのが特徴です。
ただし、ミスなく正確に入力するスキルや集中力が求められ、ある程度のスピードも必要とされるでしょう。
一方で、仕事内容によってはMOS資格所持者限定の求人であったり、高度な関数やピボットテーブル、データ加工や集計、分析などのスキルが必要とされる場合もあります。
これらの仕事は経験者やスキルの高い人向けとなりますが、その分、高時給を期待することができます。

データ入力の求人が多い典型的な職場として、コールセンターが挙げられます。
ネット通販の増加にともない、コールセンター業務のニーズが高まっているためで、今後もこの傾向は続くものと考えられます。
仕事内容としては、顧客情報や売上データの入力作業がメインとなりますが、
そのほか、電話でお客様とやり取りを行うなど、周辺業務をともなうことも少なくありません。

データ入力の仕事を求める企業は、商品販売やサービス提供を手掛けるメーカーなどが多く、作成したデータは企業にとって大変重要なものになります。個人情報や売上情報など、企業にとって重要なデータを入力するお仕事も多いです。
企業のサービス向上や商品開発などに使われるだけに、データ入力業務には大きな責務がともなうことを認識しておきましょう。


データ入力の仕事における派遣先の企業

実際にデータ入力の求人がある派遣先は、前述したコールセンターの他、メーカー、コンサルティング会社、官公庁、医療機関、教育機関などさまざまです。
正社員として入社が難しい大手企業でも働けるチャンスがあるということが、派遣という雇用形態で働くメリットのひとつです。
また、派遣の場合、仕事内容に加え、職場環境や待遇などをあらかじめしっかりと確認することができます。
働くうえで仕事内容はもちろんですが、それ以外にも、服装の決まりや分煙環境、社員食堂の有無など、人それぞれ希望があるでしょう。
派遣会社では、そういった希望も相談しながら仕事を探してもらうことが可能です。
求人募集のページでは公開されていない、条件の良い求人も多数あるので、こだわりのある点については派遣会社に直接問い合わせてみることをおすすめします。

仕事内容のことが少しわかってきました。次にお給料のことを教えてほしいです。やっぱり派遣の仕事って、正社員よりは安いんですよね?パートやアルバイトと比べるとどうなんですか?
まず、派遣社員のお給料は時給制です。パートやアルバイトと比べると高く設定されていますね。全般的には正社員よりは安めになりますが、残業の多い職場などでは正社員を上回るケースもありますよ

派遣のデータ入力の時給はどのくらい?

派遣社員として仕事をする場合、基本的に給与は実働時間の時間制となります。
給与は派遣先の企業ではなく派遣会社から支払われ、残業や休日出勤が発生した場合には割増賃金となることが、法律で定められています。
データ入力の時給相場は平均1000~1600円程度とされ、東京など都心部の場合は平均1400円程度となっています。
データ入力未経験者を可とする求人は多く見られますが、まったくの未経験者は時給が低い傾向にあり、経験やスキルを身につけることで時給を上げることが可能です。
逆に、難易度の高いデータ入力や資格所持者は時給が高く、他の事務作業と兼務する場合や、英語など外国語を使う場合も高時給が望めます。
また、勤務実績が認められた場合、契約更新時に時給が上がることも期待できるでしょう。

あっ、そうか。データ入力は未経験でもできるとはいっても、経験やスキルが豊富な人向けなお仕事もあるんですね。
はい。最初からスキルを持っていなくても大丈夫ですが、先々のキャリアアップなどを考えるためにも、徐々にスキルを習得していくことは意識していたいところです
具体的に、役に立つのはどんなスキルですか?
作業効率を上げるためのスキルを持っていたり、得意なオフィスソフトがあったりすると強みになりますよ。スキルに関しては、レベルを証明できる資格もあるので、取っておいて損はないでしょう

派遣のデータ入力に求められるスキル

求人情報を探していると「未経験歓迎」といった記載を目にすることも少なくありません。
データ入力の仕事も例外ではなく、用意されたフォーマットに顧客情報などを入力する業務では、最低限のパソコン操作ができれば未経験者でも可となる割合が高いです。
フォーマットは企業によって異なるため、コツを掴むまでは多少の時間が必要かもしれませんが、これらはやっていくうちに身につくものなので、それほど気負わなくても大丈夫です。

派遣のお仕事として「データ入力」は、未経験でも始めやすい職種のひとつです。
しかし、効率的に業務を行うため、また高時給の仕事に就くためには、ある程度のスキルを持っていることが理想的です。
データ入力作業は数をこなしていく関係もあり、作業時間を短縮するためのスキルが非常に役に立ちます。
例えば、タッチタイピング(ブラインドタッチ)をマスターすると、入力作業が速くなります。
また、ショートカットキー操作を使いこなすことができれば作業時間は大幅に短くなりますので、ぜひ身に着けたいところです。

データ入力業務をこなすためには、高い集中力が必要なことも知っておきましょう。
入力にはスピードが大事ですが、それ以上に入力した内容の正確さが求められます。
入力するデータは派遣先企業のものだけでなく、そのクライアントのものが対象になる場合もあり、入力内容に不備があればクライアントにまで迷惑が及ぶことも考えられます。
データの正確性を最大限に高めるため、データ入力の職場では入念なチェック体制が組まれていますが、まずは入力者自身が入力済みデータを複数の方法で見直すことを習慣づけましょう。

派遣会社に登録するのにタイピングの資格などは必要?

派遣会社に登録する時点で特別資格が必要となることはなく、未経験者でも登録することができます。
これから新しい分野の仕事に挑戦してみたいという人にはぴったりでしょう。
ただし、データ入力の仕事に就くためには、オフィスソフトを使えると有利になるケースもあります。
派遣先企業によっては、データ入力以外の事務作業をする可能性もあり、特に、ExcelやWordは使用頻度が高いため、ある程度のスキルがあったほうがよいでしょう。

また、資格を持っていれば、仕事の選択肢が増えることになります。
データ入力の場合、「キータッチ2000」や「ビジネスキーボード」などの公的資格はレベル確認の目安になるので取得しておくといいでしょう。
派遣会社の中にはスキルサポートとして、充実したパソコンスキル研修を無料で行っているところも少なくありません。
タイピングやOA事務などのスキルを就業前に訓練することができるので、データ入力未経験の人や、パソコンの操作に不安がある人でも安心して就業することができます。

▼おすすめ派遣会社

スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

派遣デビューでも「スタッフサービス」なら安心のサポート!


続いて、派遣でデータ入力の仕事をする際のメリットとデメリットをお話ししますね
デメリットもたくさんありますか?
まあ、デメリットというか、後から「こんなはずじゃなかった」とならないために、あらかじめ知っておいた方が良いことという感じです。

派遣でデータ入力の仕事をするメリット

派遣のデータ入力の仕事を希望する人は、そのメリットとデメリットを把握しておきましょう。
まずはメリットについて「派遣で働くこと」と「データ入力の仕事」それぞれの観点からご紹介します。

派遣社員のメリット1:ライフスタイルに合わせて働ける

派遣で働くことのメリットはたくさんありますが、中でもライフスタイルに合わせた就業が可能という点が挙げられます。
例えば、仕事をしたいけれど育児や介護中で正社員として働くことができないといった場合でも、派遣社員なら時短勤務や残業なし、シフト制など自身の希望に合った職場を探すことができるのです。
また、正社員としては縁のなかった大手企業での仕事にめぐり合える可能性も十分にあります。

派遣社員のメリット2:短期派遣の場合、色々な職場を経験できる

多くの職場を経験できることも、派遣スタッフとして働く大きな魅力です。
契約期間ごとにさまざまな職場や職種を経験しながら仕事の幅を広げ、また社員との交流を持つこともできます。
特に、短期や単発での派遣であれば、同じ職場に長く留まらないため、それぞれの職場ならではの雰囲気を味わうことができます。
期間が短いために職場のしがらみなどに悩まされることも少なく、ある意味で気の楽な働き方といえるでしょう。
これまで勤めていた会社を辞め、再就職までのつなぎとして短期派遣で働く人も見られます。

派遣社員のメリット3:長期派遣の場合、安定して働ける

一方で、長期の派遣であれば安定した働き方ができるというメリットがあります。
雇用期間が限定されているとはいえ、長期であれば当面の間次の仕事の心配をする必要はありませんし、ひとつの職場にじっくりと腰を据えて勤務することで、働きながらスキルアップすることも望めます。
派遣社員と派遣先企業、双方の希望が合えば企業と契約更新もでき、場合によっては派遣先企業の直接雇用へと転換できることもあります。
それでいて、仮に相性がミスマッチでも、契約期間が決まっているため心理的負担がそれほど大きくないのも魅力でしょう。

データ入力のメリット1:未経験でもハードルが低い

データ入力のお仕事を選ぶ大きなメリットとして、データ入力が未経験でも始められるということがあります。
データ入力はパソコンを使用するお仕事ですが、基本的な操作さえできれば、データ入力業務が未経験の人でもあまり心配しなくても大丈夫です。
データ入力やパソコン操作に必要なスキルは、これから経験を積むことで身に付けられるからです。
そして、仕事をしながらスキルを得ることで、次の仕事ではより好条件で就業することができるでしょう。

データ入力のメリット2:基本的なビジネスマナーが身につく

仕事を通じて、基本的なビジネスマナーが学べることもメリットの一つです。
データ入力作業だけを行う場合は、外部の人と接する機会はあまりないかもしれませんが、職場内でのコミュニケーションは不可欠です。
日々の業務にあたる中で、コミュニケーション力をはじめとする、社会人としての基本は自然に身についてもいきますし、意識して吸収していけばそれだけ自分のものになります。
また、ほかの業務と兼務することがあれば、データ入力以外の知識やスキルも身に付くため、次の仕事を探す際に選択の幅が広がります。

派遣でデータ入力の仕事をするデメリット

一方、派遣のデータ入力業務のデメリットも押さえておきましょう。

同一の職場では、派遣社員のまま3年を超えて働くことができない

平成27年に改正された労働者派遣法により、派遣社員は同じ事業所で3年を超えて働くことができないということが定められました。
通称「3年ルール」と呼ばれるこちらの法律では、所定の手続きをとれば3年以降も継続して働くことは可能ですが、別の課へ移動することが必要となります。
どんなに仕事が気に入っていても、3年を過ぎれば次の職場を探さないといけないというのは、大きなデメリットと考えられます。
もっとも、3年後に派遣先企業に直接雇用されるという可能性もゼロではありません。
企業側としては、優秀な派遣社員を3年を超えても雇い続けたい場合には雇用方法を変えるしかないため、このタイミングで直接雇用に転換するという手段を取るケースがあるのです。
派遣先企業と相性が合い、3年を超えても働き続けたいと思うようになった場合は、契約期間中に十分なスキルを発揮し、企業から必要とされる人材を目指すことを意識しましょう。
同時に、派遣先企業や派遣会社にも「長く働き続けたい」という意向を伝えることで、アドバイスや手助けが得られるかもしれません。

社員との距離感が掴みづらい場合がある

また、派遣先企業で期間限定で働く派遣社員の中には、社員との距離感がうまく掴めずに孤独を感じる人もいるようです。
特に、データ入力の仕事はチームワークで行うものではなく個々で進めていく仕事なので、周囲とのコミュニケーション不足に陥りやすいといえるでしょう。
期間限定で働く以上、その間だけのことと割り切ってプライベートなどを充実させるのも1つの対策ですが、日々顔を合わせる人たちとは円満な人間関係を築きたいと思うのであれば、やはりそれなりの気配りや努力が大切です。

座りっぱなしのPC作業となるため体に負担がかかる

データ入力の業務に専念する場合、基本的には座りっぱなしの作業になり、腰に負担がかかることがきついという体験談も多く聞かれます。
さらに、パソコンの画面を凝視するため、目や肩などへの影響も心配されます。
一般的なデスクワークでは、席から離れる機会がありますが、データ入力作業にはそういった機会が少なく、腰痛やドライアイなどの弊害が出やすいことがデメリットといえます。
企業によってはリフレッシュルーム等が用意されていることもありますが、基本的には自分で意識して、仕事の合間にストレッチをしたり、近い階への移動は階段を使うなど、適度に体を動かすことを心がけましょう。

なるほど。やっぱりデータ入力という仕事の最大のメリットは「未経験でも始めやすい」ということなんですね
そうですね。特に派遣デビューとなる人にとって、未経験で始められるということはハードルを大きく下げてくれますね。
でももしかして、未経験OKということは年齢制限があったりするんですか?
いいえ。データ入力に限らず、そもそも派遣会社に登録するのに年齢制限はありませんし、学歴や資格などによる制限も同様です。人それぞれの属性や事情に合わせて最適な仕事とマッチングされるのが、派遣という働き方です

派遣会社の登録は年齢制限があるの?

派遣会社へ登録するためには特に年齢制限は設けられておらず、20代から40代以上の人まで幅広い年齢層の人が登録して活躍しています。
一般企業で正社員として働くためには年齢がネックになる場合もありますが、派遣社員では実務がこなせるのであれば年齢不問とする企業が多いのが特徴です。
年齢に応じたキャリアやスキルが求められるという面はありますが、その点さえクリアしていれば、むしろ、これまでのキャリアを評価されて歓迎されたり、エキスパートとして高時給の仕事に就けるといったケースも少なくありません。

また、年齢だけでなく、性別や学歴、職歴、資格、スキルなどについても登録の際に制限はありません。
データ入力もそうですが、他にも、未経験からの就業が可能となる仕事もたくさんあります。
派遣社員には時短勤務、週に数日だけの勤務、残業なしなど希望条件に合わせて仕事を探すことがてきるので、育児や介護中という人も多数登録して活躍しています。
また、派遣社員というと女性が多いイメージがありますが、実際には男女半々くらいの比率です。
特に、製造業やIT系のの職場では多くの男性が派遣社員として働いています。

参考:派遣労働者の産業、性別構成|厚生労働省

▼おすすめ派遣会社

スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

派遣デビューでも「スタッフサービス」なら安心のサポート!


なんだか安心しました。ところでサチコさん、私ってデータ入力の仕事に向いていると思います?
うーん…。基本的に間口の広いお仕事なので、向いているかどうかよりも、自分にとって得られるものがあって、やってみたいと思うかどうかを大切にしてほしい気もします。でもせっかくなので、このお仕事に向いている人の特徴を見ていきましょうか

派遣のデータ入力に向いている人は?

ここまでご説明したデータ入力の仕事内容やメリット・デメリットを踏まえ、派遣のデータ入力に向いている人の特徴を見ていきましょう。

未経験から仕事を始めたい人

データ入力は、未経験から仕事を始めたい人に向いています。
基本的に、派遣社員は派遣先企業で即戦力として求められるため、これまでの実績が仕事に就くための大きなカギとなります。
就きたい職種があっても、経験がないために仕事に就けないことも少なくありません。
しかし、データ入力業務は経験なしで働ける案件が多数あります。
最初からパソコンスキルが高いに越したことはありませんが、データ入力の仕事をこなしながらパソコンスキルを高めていけますので、「派遣社員デビューしたい」「一から何かスキルを身につけたい」と思う人にはピッタリです。

細かい作業を正確にできる人

データ入力は地道な仕事であり、同じ作業が長時間に及ぶという特徴があります。
そのため、根気強く仕事ができるのはもちろんのこと、細かい作業を正確にできる人におすすめの仕事です。
仕事に慣れるにともない入力スピードが速くなっていきますが、より効率的な作業のためには自分なりに工夫しながら前向きに取り組む姿勢も大切です。
目に見えて華々しい成果の出る仕事ではないかもしれませんが、地道な作業が苦にならず、自ら考え工夫することを楽しめる人に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力の高い人

派遣のデータ入力のデメリットとして「個人作業となることが多く、周囲との距離感が掴みづらい」ということをご紹介しました。
チームプレーでない職場だからこそ、自他ともに気持ちよく働くためにはコミュニケーション能力が大切になります。
短期間の仕事や、一見雰囲気になじみにくそうな職場であっても周囲と壁を作らず、自分からコミュニケーションを取っていける人は、データ入力の仕事に向いています。
派遣社員は、いろいろな職場を経験することで、多くの人と知り合えるチャンスが生まれます。
人間関係を築くのが得意な人ばかりではありませんが、せっかくのチャンスを最大限に生かすためには、積極的にコミュニケーションをとっていくことをおすすめします。
周囲との円滑な関係は、お仕事にもいい影響を及ぼすでしょう。

▼おすすめ派遣会社

スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

派遣デビューでも「スタッフサービス」なら安心のサポート!


どうでしょう。データ入力のお仕事はできそうですか?
できそうな気がしてきました。私、コツコツと手作業をするのとか、大好きなんです!それで、実際にお仕事を探すにはどうしたらいいですか?
サビちゃんはすでに派遣会社への登録がありますよね。であれば、その派遣会社のサイトから探してみましょう。希望条件にマッチしたお仕事を見つけるコツを教えますね

データ入力の仕事を探してみよう

実際に、派遣のデータ入力の仕事を探す場合には、どのようにすれば希望に近い求人案件を見つけられるでしょうか。
ここでは登録した派遣会社のサイト内で探す場合の例を挙げてみます。
たいていの派遣会社サイトでは、条件は選択式になっている他、フリーワードでの検索も可能です。
派遣サーチ内での検索結果もあわせてご紹介しますので、参考にしてみてください。

探し方の例1:働く地域で絞り込む

まずは、働きたい地域から探すのが王道と言えるでしょう。
自宅から近い地域の他、憧れの街や、仕事帰りの習い事や買い物に動線の良い場所を選ぶというのも1つの方法です。

派遣サーチで「データ入力×新宿」の仕事を探す
派遣サーチで「データ入力×横浜」の仕事を探す
派遣サーチで「データ入力×名古屋」の仕事を探す
派遣サーチで「データ入力×大阪」の仕事を探す

探し方の例2:働き方で絞り込む

派遣社員は、自分のライフスタイルに合わせて働き方を選択できるというのが大きな魅力です。
仕事を検索するときには、そういった条件もキーワードとして入力してみましょう。
例えば「主婦なので家事とのバランスを考えて働きたい」と思えば週3~4日程度の勤務や、短時間の仕事を探すことが考えられます。
「好きな服装で働きたい」のであれば、服装自由を条件に検索します。

派遣サーチで「データ入力×週4日以下」の仕事を探す
派遣サーチで「データ入力×服装自由」の仕事を探す

探し方の例3:経験やスキルで絞り込む

未経験からデータ入力の仕事を始めたい人は、やはり「未経験者可」と記載されているお仕事に絞って探すのが近道です。
また、EXCELやAccessなどに自信がある人は、それらのスキルが求められる仕事を探せば、高時給の案件に出合える可能性も高くなります。
このように自分のスキル・経験なども条件に盛り込んで探すこともできます。

派遣サーチで「データ入力×未経験可」の仕事を探す
派遣サーチで「データ入力×EXCEL」の仕事を探す

このように、検索でもさまざまな条件でお仕事を探すことができますが、より具体的な条件を希望している人もいるでしょう。
その場合には派遣会社の担当者に直接相談してみることをおすすめします。
例えば、事情があり働ける期間が決まっているのであれば、それを踏まえて仕事を探してもらえたり、場合によっては就業日を調整してもらえる可能性もあります。
また、データ入力はコールセンターなど、電話対応業務とセットになっていることが多くありますが、「電話は苦手なので<電話対応なし>の仕事がいい」という人も少なくありません。
こういったことにきめ細かく対応してくれる派遣会社の担当者は、とても心強い存在です。

▼おすすめ派遣会社

スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

派遣デビューでも「スタッフサービス」なら安心のサポート!


データ入力の仕事で派遣デビューしよう!

自分が希望する職種や、ライフスタイルに合わせて働けることが派遣という働き方の大きな魅力です。
そのひとつであるデータ入力は、未経験でも始めやすく、働きながらスキルを身につけていけるため、後々のキャリアアップにもつながるお仕事です。
「派遣社員として働いてみたいけれど、どんな仕事ができるかわからない」という人は、ぜひ検討してみてください。
まだ派遣会社への登録自体がなければ、周りの人の声やネットの口コミも参考に、評判の良い派遣会社へ登録して第一歩を踏み出しましょう。

私はまず「未経験OK」であることが絶対です。それからランチできるお店が充実しているエリアが良くて、残業の多すぎない職場が良くて…
希望がはっきりしているのは良いことですが、あれもこれもと欲張りすぎると、条件を満たすお仕事が減ってしまいますよ。優先順位をつけて、納得のできるお仕事を見つけてくださいね
はい!頑張ります

▼おすすめ派遣会社

スタッフサービス

株式会社スタッフサービス

派遣デビューでも「スタッフサービス」なら安心のサポート!

自分に合った派遣会社に出会うには?

サチコさん、派遣会社が多すぎてどれを選んだらいいか分かりません! 派遣会社を選ぶときの一番重視すべきポイントは、なんだと思いますか? う~ん。やっぱりサービス内容が充実しているかどうかですかねぇ。 サービス内容も重要ですが、一番大事なのは、求人数です!派遣の場合、実際に働くのは派遣会社ではなく、派遣会社が紹介する会社なので、求人数が多いほど、理想の仕事にたどり着きやすいのです! 求人数の多い派遣会社に登録することで選択肢が広がるんですね! その通り!派遣サーチがおすすめする求人数が多い派遣会社は、 スタッフサービス です。
こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る