※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣なら大手企業でも働きやすい!メリットや注意点を押さえよう

派遣なら大手企業でも働きやすい!メリットや注意点を押さえよう

派遣スタッフは大手企業で働きやすい、といわれています。それはなぜなのでしょうか。そこには人気が高く、求人に多くの人が集まる大手企業ならではの理由があります。大手企業で働くなら、派遣スタッフはぜひ検討したい選択肢のひとつです。派遣スタッフとして大手企業で働くとさまざまなメリットがあるからです。この記事では、派遣が大手企業で働きやすい理由とともに、メリットや注意点を説明します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

派遣はなぜ大手企業で働くチャンスが多い?

誰もが企業名を知っているような大手企業で働きたいと考える人はたくさんいるといえます。
しかし、そのような大手企業は求人倍率が高く、正社員として雇用されるのは、一般的にかなり難しいものです。
そこで、選択肢のひとつとして検討したいのが派遣スタッフです。
実は、派遣スタッフは大手企業で働くチャンスが多いといわれています。
入社が難しい大手企業。派遣なら働くチャンスが多いと言われるのはなぜでしょうか。
チャンスが多い理由の1つ目は、大手企業が派遣会社経由で人材を求めるケースがよくあるからです。
というのも、大手企業の求人はとても人気があるため、人が集まりすぎてしまうからです。
人事部の負担軽減や、必要としている部署に速やかに人材を配置するという目的から、派遣会社に人材派遣を依頼します。
派遣会社は企業から人材依頼があると、仕事の内容や望ましい年齢層、スキルなどを考慮して、適切と思われる人材をピックアップします。
企業が直接募集をかけて採用する人を選ぶ場合には、こうした作業を行う手間や時間がかかってしまいます。
場合によっては派遣会社のノウハウを頼ったほうが、効果的な人材配置ができるでしょう。
こうしたことも、大手企業が派遣会社を通じて人材を求めるケースが多い理由といわれています。
つまり、派遣会社に所属していれば、大手企業で働けるチャンスが増えるというわけです。
チャンスが多い理由の2つ目は、派遣スタッフは正社員に比べて採用のハードルが低いということです。
大手企業で働くには、高い学歴を必要とするという意見が一般的です。
もし、評価されるような学歴がないなら、それに代わる実務経験の長さや、専門的なスキルなどが必要となります。
しかし、これらの条件を満たすのは、なかなか難しいといえるでしょう。
その点、派遣スタッフには正社員ほど学歴や能力を要求されません。
特にチャンスが高いのは「紹介予定派遣」という派遣スタッフです。
派遣には「一般派遣」と「紹介予定派遣」があります。
一般派遣の場合、あらかじめ定められた契約期間で仕事が終了します。
一方、紹介予定派遣の場合は、派遣期間の終了後に大手企業と派遣社員本人との同意があれば、正社員や契約社員になれるのです。
紹介予定派遣の派遣期間は最長で6カ月です。
なぜかというと、紹介予定派遣者は一定期間、実際に業務する仕事に就き、適正や能力を見極めるための試用期間中の人として扱われるからです。
そのため、6カ月を超えて同じ従業員を派遣してはいけないルールとなっています。
厚生労働省の調査によると、紹介予定派遣制度を利用している企業は、平成29年時点において、全体の18.7%です。
そして、1000人以上の企業では31.1%、300~999人の企業では19.6%となっています。
つまり、大企業になるほど、紹介予定派遣から正社員、契約社員になれるチャンスが高い、といえるのです。
派遣期間が比較的短いため、結論を早く出してもらえたり、あるいは自分で結論を出せたりできる点もメリットといえます。
自分に合う仕事先なのか、仕事内容が自分の希望に沿っているかということを、就職する前に見極めることはとても困難です。
紹介予定派遣制度ならば、実際の仕事に従事しながら、お互いにマッチングを確かめられます。
試用期間にあたる時期があることから、経験やスキルがない場合でも、企業は積極的に仕事を依頼する傾向があります。
その仕事で自分をアピールできれば、大手企業の正社員や契約社員にステップアップするチャンスもつかめるはずです。
正社員を目指すなら

▼紹介予定派遣の求人が充実!


派遣で大手企業を選ぶメリット

派遣で大手企業を選ぶメリットは、労働環境が整っていることが多いことです。
もちろん、中小企業の労働環境が悪いというわけではありませんが、一般的な傾向としてこうした大手企業のメリットを感じる派遣スタッフはたくさんいるようです。
そこで、具体的にどのような労働環境のよさがあるのか紹介します。
1つ目に挙げられるのは、コンプライアンス(法令遵守)が整っており、契約外の仕事を頼まれることがないことです。
このメリットは安心して働くことにもつながる大きなメリットといえます。
大手企業になるほど、長期的な視野で派遣スタッフと契約を結び、早急な結果を要求することが少ないのが特徴です。
この意味でも、無理な仕事を求められることや、契約外の仕事を追加されることも少ないといえます。
また、一般的に、大手企業は働き方改革で改正された労働基準法などの法令なども、しっかり守っています。
パワハラやセクハラなどをはじめとした社内倫理の違反にも敏感で、しっかりとコントロールされていることが一般的です。
2つ目のメリットは社内環境がよく、働きやすい可能性が高いことです。
有能な人が集まる大手企業のなかでも、役職者やリーダーはさらに有能であることが求められます。
そうした優秀な人のもと、明確な指示系統や役割分担などがしっかりしている傾向があり、働きやすいのが大手企業です。
文書作成術やプロジェクトの進め方など、一緒に働くだけで参考になると感じる派遣スタッフも多いようです。
また、デスクが広い、オフィスチェアが座りやすい、パソコンやプリンターなどが新しいなど、社内環境がよいのも大手企業の特徴といえます。
3つ目のメリットは、オフィスの規模が広く、清掃業者によっていつもきれいに清掃されているのが一般的です。
大手企業の場合は、自社ビルを所有していたり、大きなビルのワンフロアを貸し切っていたりします。
そうしたオフィスのほとんどは清掃業者と契約しており、床やトイレなどが清潔に維持されています。
4つ目のメリットは、食堂や休憩所が充実していることです。
大手企業はおいしいランチを安く食べられる社員食堂が多いのが特徴です。
また、大手企業のオフィスが街中に位置し、おしゃれなスポットでランチができる場合もあります。
やや郊外の大手企業であっても、数多くの社員をターゲットにした飲食店、お弁当の販売などがあることが多く便利です。
また、休憩所が広く、飲物や軽食などの自動販売機も充実しているのも特徴といえます。
「大手企業で働きたい」と考える人が多いのも納得ですね。

大手企業を選ぶときの注意点

大手企業を選ぶときに注意したいのは、競争率の高さ契約更新につながる仕事内容かどうかの2点です。
いくら派遣スタッフが正社員に比べて採用のハードルが低いとはいえ、中小企業より競争率が高いことが多いのは確かです。
特に、社内環境のよい大手企業であれば、なおさら人気が出ることは間違いありません。
そのため、派遣スタッフの求人があって面接を受けても、落とされてしまうこともあります。
そのため、相対的に競争率を低くするためには、自分のスキルにあった大手企業を選ぶことが大切です。
たとえば、外資系の大手企業からは英語関係の派遣スタッフの求人が多くあります。
業務の内容はさまざまですが、英文による事務作業や、外国語によるユーザーサポートなどです。
また、保険サービスのプロモーション、ブランド雑誌向け広告の編集・校正など、比較的業務のイメージがつきやすい求人に募集するのもひとつの方法です。
もし、以前に似たような業務の経験がある場合は、即戦力として自分をアピールできるでしょう。
もうひとつの注意点は、契約更新につながる仕事かどうかです。
大手企業の派遣業務は、契約した仕事だけをこなすことも多く、内容も機械的な仕事であることも一般的です。
このため、自分の能力をアピールしにくく、契約更新にならないことも少なくありません。
同じ仕事をするなかでも積極的に動くことが必要といえます。
持っている資格やコミュニケーション能力など、自分の強みを生かせる仕事なら、積極的に働きやすくなるでしょう。
自分の強みや性格に合いそうな大手企業を選ぶことが重要です。
派遣会社選びに迷ったら…

▼PCスキルを磨けば時給もあがるかも♪


派遣スタッフとして大手企業で働こう!

競争率が高く、正社員になるのはとても難しいといわれているのが大手企業です。
しかし、派遣なら大手企業で働けるチャンスが多く、その後のステップアップの可能性も広がります。
大手企業は働く環境が整っている可能性が高く、安心して働きやすいのもメリットです。
大手企業の求人を多く扱っている派遣会社を選び、派遣スタッフとして大手企業で働きましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る