※本ページはプロモーションが含まれています。

履歴書の嘘のリスクや発覚する理由を解説!経歴詐称や職歴詐称を絶対避けるべき理由

履歴書の嘘のリスクや発覚する理由を解説!経歴詐称や職歴詐称を絶対避けるべき理由

履歴書に嘘の情報を記載する問題点を深堀りします。経歴詐称の具体例や犯罪に該当するケース、そして経歴詐称に伴うリスクや社会的信用の喪失について解説します。学歴、職歴、犯罪歴の詐称は、短期的な利益をもたらすかもしれませんが、長期的には重大な信用失墜や法的なリスクを招く行為です。絶対にやめましょう。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

履歴書に嘘の情報を記載する問題点

経歴書に嘘を記載すること=詐称することには、どのような問題点があるのでしょうか。確認していきましょう。

詐称の具体例

1. 学歴詐称:
  - 学歴詐称は、存在しない大学を卒業したと記載する、実際には卒業していないのに卒業したとする、より格上の学校を卒業したと虚偽記載するなどがあります。このような詐称は、学歴を重視する職場において不正な競争優位を得るために行われます。
2. 職歴詐称:
  - 職歴に関しては、実際には勤務経験がない企業やポジションを経歴に加えたり、勤務期間を延長して記載したりする例があります。これにより、実際よりも豊富な経験やスキルを有しているかのように見せかけることができます。
3. 犯罪歴詐称:
  - 犯罪歴を隠蔽するために、履歴書に虚偽の情報を記載するケースもあります。これは、特に信頼性が求められる職種で重大な問題となり得ます。

詐称が犯罪に該当する場合

詐称は、その性質や結果によっては、軽犯罪法違反、詐欺罪、文書偽装の罪に該当する可能性があります。
1. 軽犯罪法違反:
  - 公序良俗に反する行為として、軽犯罪法に基づく処罰の対象となることがあります。ただし、この適用は比較的まれです。
2. 詐欺罪:
  - 職歴や学歴を詐称し、それによって職を得るなどして経済的利益を不正に得た場合、詐欺罪に問われる可能性があります。詐欺罪は、他人を欺き、財物を交付させる行為を指します。
3. 文書偽装の罪:
  - 履歴書や職務経歴書などの公的な文書に虚偽の内容を記載し、これを提出する行為は文書偽装にあたり得ます。これは、文書による信用の乱用を禁止するための罪です。

経歴詐称は、個人のキャリアにおける一時的な利益をもたらす可能性がありますが、長期的には重大な信用失墜や法的なリスクを伴います。信頼と誠実さは職場で最も重要な資質の一つであり、経歴詐称はそのどちらにも反する行為です。正直さをもってキャリアを築くことが、最終的には最も価値のある選択となります。

経歴詐称のリスク

前述の通り犯罪に該当するだけで大きなリスクと言えますが、それ以外にも下記が想定されます。

内定取り消し、損害賠償請求、懲戒解雇の可能性

1. 内定取り消し:
  - 経歴詐称が発覚した場合、最も直接的な結果として内定の取り消しに至ります。企業は、応募者の履歴書や職務経歴書の内容を信頼して選考を行っていますから、その信頼が裏切られた時点で、企業はオファーを撤回する正当な理由を持っています。
2. 損害賠償請求:
  - 詐称が企業に損害を与えた場合(例えば、不適切な人材による業務の遅延や品質の低下、企業の評判損害など)、企業は詐称を行った個人に対して損害賠償を請求することが可能です。この損害は、金銭的なものに限らず、企業の信用失墜など、計り知れないものになることもあります。
3. 懲戒解雇:
  - すでに雇用契約が成立した後に経歴詐称が発覚した場合、その行為は信用を根底から覆すものであるため、懲戒解雇の正当な理由となり得ます。この場合、解雇された個人は職を失うだけでなく、その後の職探しにおいても大きな不利益を被ることになります。

社会的信用の喪失

- 経歴詐称は、一度発覚するとその情報は広く拡散しやすいため、個人の社会的信用の大きな損失につながります。特にSNSの普及により、情報の拡散速度は格段に速くなっています。社会的信用の喪失は、今後の職探しはもちろんのこと、個人の社会生活全般にわたって重大な影響を及ぼす可能性があります。

個人の苦労と罪悪感

- 経歴詐称を行うということは、常に発覚するリスクと隣り合わせで生活するということを意味します。このような状態は、長期的に見て心理的なストレスや罪悪感を引き起こし、精神的な健康を害する可能性があります。また、詐称が発覚した場合に直面する社会的な制裁や個人的な後悔は、計り知れない苦労をもたらすでしょう。

経歴詐称は短期的には何らかの利益をもたらすかもしれませんが、長期的に見れば個人のキャリアや信用に対して深刻なダメージを与える行為です。正直さと誠実さを持ってキャリアを築くことが、結果的には最も大きな価値を生み出します。

履歴書に嘘を書く人の心理

それでも人はなぜ履歴書に嘘を書いてしまうのでしょうか?その心理を考えてみましょう。

1. 競争圧力と成功への渇望

現代社会では、優秀な人材に対する需要が高く、特に一流とされる企業や職種においては競争が激化しています。多くの人々が、成功するためには際立った経歴が必要だと感じています。このようなプレッシャーの中で、自分をより良く見せたい、競争に勝ち残りたいという願望が、履歴書に嘘を書く心理的動機になることがあります。

2. 自己価値の過小評価

自己の経験や能力を適切に評価できない人々は、自分が持つ真の価値を見出せずにいることがあります。彼らは、自己の能力だけでは望む職を得られないと感じ、履歴書に虚偽の情報を加えることで、自分の市場価値を人為的に高めようとします。

3. 短期的成功への誘惑

短期的な成功や報酬を重視する傾向があり、そのための手段として嘘を正当化してしまう人もいます。即座に目標を達成することに焦点を当て、長期的な影響や倫理的な考慮を二の次にしてしまうのです。

4. 恐怖と不安

失業やキャリアの停滞といった状況に直面した時、恐怖や不安が人を履歴書詐称へと駆り立てることがあります。安定した収入や社会的地位を確保するために、一時的な解決策として虚偽の情報を提供してしまうのです。

5. 社会的期待への対応

家族や社会からの期待に応えるため、または周囲と同等以上であることを示すために、経歴を偽装する人もいます。他人からの評価を気にして、実際の自分よりも優れているかのように見せかけようとします。

履歴書の嘘が発覚するシナリオ

履歴書の嘘が発覚するシナリオは多岐にわたりますが、主に選考途中や採用後に様々な手段を通じて真実が明らかになります。以下は、その発覚方法の例です。

選考途中の発覚方法

1. 資格証明の提示要求:

  - 特定の職種には特定の資格が必要とされる場合があります。応募者がその資格を有していると主張している場合、企業は資格証明書の提示を要求することがあります。この過程で、資格の有無や資格取得日などの虚偽が発覚することがあります。

2. リファレンスチェック:

  - 採用プロセスの一環として、以前の雇用主や指導教員などに連絡を取り、応募者の能力や職務遂行能力に関するフィードバックを求めることが一般的です。このプロセスで、履歴書に記載された経歴や実績に関する虚偽が明らかになることがあります。

採用後の発覚方法

1. 年金手帳や源泉徴収票を通じた在籍期間の確認:

  - 採用後、社会保険の手続きのために年金手帳や源泉徴収票の提出を求められることがあります。これらの公的な書類を通じて、以前の勤務期間や雇用状況が確認され、履歴書上の在籍期間との不一致が発覚することがあります。

2. 実務能力の不一致:

  - 採用後、実際の業務を通じて応募者が履歴書で主張したスキルや経験が実際には不足していることが明らかになる場合があります。特に専門的な知識や技術を要する職種において、このギャップは明白になりやすいです。

3. 同僚や以前の知人からの情報提供:

  - 新たに採用された従業員が以前にも同じ業界や関連企業で働いていた場合、同業界内の人々からの情報提供によって経歴の虚偽が明らかになることがあります。特に小さな業界では、人々のつながりは密接で、情報が迅速に伝わります。

履歴書の嘘が発覚すると、採用取り消しや懲戒解雇など、重大な結果を招く可能性があります。さらに、職業倫理に反する行為として、個人の信用や将来のキャリアにも長期的な悪影響を及ぼすことになります。したがって、正直かつ誠実に自己の経歴を履歴書に記載することが非常に重要です。

嘘をつかないための対策と正しい履歴書の書き方

嘘をつかずに正しい履歴書を書くことは、自分自身を正しく、誠実に表現する上で非常に重要です。以下は、履歴書を書く際の対処法やポジティブなアプローチ、正直さの重要性についての具体的なアドバイスです。

書きにくい経歴の対処法

1. 具体的な経歴を控えめに記載、前向きな理由と働く意欲を添える:

  - 経歴にブランクや転職が多い場合でも、その期間に何をしていたかを正直に記載し、学んだことや成長した点を前向きに表現します。また、働く意欲やその職種に対する情熱を強調することで、ポジティブな印象を与えます。

2. 誠実さと能力をアピールする方法:

  - 職歴が豊富でない場合でも、過去の経験から学んだスキルや個人の強みを具体的にアピールします。ボランティア活動や趣味など、仕事以外の経験から得た能力も積極的に記載し、多面的な自分をアピールします。

履歴書作成時のポジティブなアプローチ

1. 能力に合った企業からの内定獲得の可能性:

  - 自分自身の能力や経験を正確に把握し、それに合った企業を選ぶことで、内定獲得の可能性が高まります。自分と企業のミスマッチを防ぎ、より充実した職場環境で働くことができます。

2. 誠実性や責任感をアピール:

  - 履歴書に誠実に自己を表現することで、誠実性や責任感がある人物であることをアピールできます。これらは多くの企業が求める重要な資質です。

3. 罪悪感なく仕事をするメリット:

  - 正直に自分の経歴を記載することで、入社後に罪悪感を抱えることなく、自信を持って仕事に取り組むことができます。

履歴書と面接での正直さの重要性

1. 事実に基づいた情報の提供:

  - 履歴書だけでなく、面接時にも事実に基づいた情報を提供することが重要です。誤解を招くような誇張や虚偽の情報を避け、自分の真の姿を正確に伝えることで、信頼関係を築くことができます。

2. 自己PRやキャリアプランの正確な伝達:

  - 自分の強みや今後のキャリアプランを具体的に、かつ正確に伝えることで、企業はあなたがチームにどのように貢献できるかを理解しやすくなります。自分の目標と企業のビジョンが合致することを示すことが重要です。

履歴書の書き方は、自分自身と向き合い、自己分析を行うことから始まります。自分の経験や能力を正確に理解し、それを誠実に表現することが、成功への第一歩です。正直さは、最終的には自分自身にとっても、働く企業にとっても、最良の結果をもたらします。

総括

履歴書に嘘を書く行為は、短期的には一時的な利益をもたらすかもしれませんが、長期的には自己のキャリアや信用に重大な損害を与えることになります。嘘をつくことの心理的動機を理解し、それに対処する方法を見つけることが、健全な職業倫理とキャリア構築には不可欠です。自信を持ち、自分自身の真の価値を理解し、誠実さをもって職場に貢献することが、最終的には最も報われる道であると言えるでしょう。

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

Scroll Top ページ上部に戻る