※本ページはプロモーションが含まれています。

第二新卒の職務経歴書作成のコツについて!項目の内容や転職時に使える例文もご紹介

第二新卒の職務経歴書作成のコツについて!項目の内容や転職時に使える例文もご紹介

この記事では、第二新卒の人が転職活動の際に作成する職務経歴書について説明します。その若さから経験もスキルもなく、職務経歴書を用意するとなっても、どのような内容を書けばいいか分からない人も多いことでしょう。そのような不安を抱えている転職活動中の第二新卒の人のお役に立てたら幸いです。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

職務経歴書とは

職務経歴書は、自己の職歴やスキル、実績をまとめた書類です。履歴書とは異なり、これまでの職務経験に焦点を当て、具体的な業務内容や達成した成果、使用した技術やツール、職場で培ったスキルなどを詳細に記載します。この書類を通じて、応募者がこれまでにどのような経験を積んできたか、どのような能力を持っているかを企業側に伝えます。

転職活動における職務経歴書の重要性

転職活動において、職務経歴書はあなたの「実務経験の証明書」とも言えます。履歴書があなたの「個人情報の概要」を提供するのに対し、職務経歴書はあなたの「職業人としての価値」を示します。特に、経験やスキルが応募する職種に直結している場合、その内容が採用の大きな判断材料となります。具体的な業績や成果を示すことで、応募者の能力をより明確に、そして説得力を持って伝えることができます。

基本的な職務経歴書の構成

職務経歴書の基本的な構成は以下のようになります。

1. ヘッダー情報

  - 氏名、連絡先、メールアドレスなどの基本情報。

2. 職務要約

  - 自身の職務経験やスキルを簡潔に要約したセクション。特に強みや専門分野を強調します。

3. 職務経歴

  - これまでに就いた職種、勤務期間、企業名、勤務地を記載します。また、各職での具体的な業務内容、達成した成果、担当したプロジェクト、使用した技術やツールなどを詳細に記述します。

4. スキル

  - 専門的なスキルや使用できるツール、言語などをリストアップします。具体的なレベルや資格を持っている場合はそれも記載します。

5. 資格・認定

  - 職務に関連する資格や認定を持っている場合、その名称と取得日を記載します。

6. 教育背景

  - 最終学歴や専門学校、大学、大学院などの教育機関名と卒業年を記載します。場合によっては、専攻した分野や研究テーマも記載します。

7. その他(任意)

  - 職務に直接関連しないが、自己PRや応募する職種に役立つと思われる活動や実績(ボランティア活動、セミナー講師経験など)を記載します。

職務経歴書を作成する際には、応募する職種や業界に特化した情報を提供することが重要です。また、できる限り具体的な数字や成果を用いて実績を示し、読み手にあなたの価値を理解してもらうように心がけましょう。

採用担当者がチェックするポイント

第二新卒や若手の方が職務経歴書を書く際には、経験が少ない分、どのようにして自分の強みや可能性をアピールするかが鍵となります。以下に、ポイントとアドバイスをまとめました。

  • 成長意欲と学習能力:第二新卒や若手の場合、専門的なスキルや豊富な経験よりも、新しい知識や技術を学ぶ意欲や柔軟性が重視されます。
  • コミュニケーション能力:チームでの協働経験、プロジェクトでの役割、意見の調整や共有の経験など、コミュニケーション能力を示すエピソードがあるかどうか。
  • 基本的なビジネススキル:ビジネスメールの書き方、時間管理のスキル、プレゼンテーション能力など、職場で必要とされる基本的なスキル。
  • 職業倫理と態度:挑戦的な姿勢、リーダーシップ、チームへの貢献度など、ポジティブな職業倫理とプロフェッショナルな態度。

第二新卒が職務経歴書でアピールできる内容

1. 学校やアルバイト、インターンシップでの経験:

  - 学生時代に取り組んだプロジェクト、アルバイトで培ったコミュニケーション能力やタイムマネジメント、インターンシップでの実務経験。

2. 挑戦と成果:

  - 新しいことに挑戦した経験、そこから学んだこと、達成した成果や解決した問題。

3. スキルと資格:

  - 職種に関連するスキルや資格、特に自己学習で得た技術や知識。

4. 活動や趣味から得たスキル:

  - ボランティア活動、クラブ活動、趣味など、職務と直接関連しない活動でも、そこで培ったチームワークやリーダーシップ、専門スキルをアピール。

書き方のコツとステップ

1. 自己分析を行う:

  - 自分の強み、弱み、興味がある分野や職種を明確にします。

2. 職務経歴書のフォーマットを準備:

  - 基本的な構成に沿って、テンプレートを用意します。

3. 具体的なエピソードを用意:

  - アピールしたいポイントを具体的なエピソードに落とし込み、どのような成果を出したか、何を学んだかを明確にします。

4. 成長の過程を強調:

  - どのようにしてスキルが向上したか、挑戦から何を学んだかを記述し、成長の過程を強調します。

5. シンプルでわかりやすい言葉を使う:

  - 専門用語の過度な使用は避け、具体的かつ簡潔に表現します。

6. レイアウトに注意:

  - 読みやすいフォントとサイズを選び、適切なマージンを設け、見やすいレイアウトを心がけます。

職務経歴書の具体的な書き方とサンプル

職務経歴書を作成する際は、自分の経歴やスキルを具体的かつ魅力的に伝えることが重要です。ここでは、職務経歴書の主要なセクションをどのように書くか、そして職種別のサンプルのポイントについて説明します。

職務要約

職務要約は、自分の職務経験とスキルの要点を簡潔にまとめたセクションです。ここでは、自分の強みや専門分野を強調し、読み手に自分がどのような価値を提供できるかを伝えます。

例:

「営業職として5年の経験を持ち、新規顧客獲得においてトップパフォーマンスを達成。顧客ニーズの分析から提案、クロージングまで一貫して高い成果を出してきました。チームリーダーとしての経験もあり、売上目標達成のための戦略立案と実行でチームを牽引。」

職務経歴

これまでの職務経験を具体的に記述します。職種、勤務期間、企業名、主な業務内容、達成した成果などを明記します。成果や貢献を数字で示すことができれば、より具体性が増します。

例:

「2019年4月 - 2021年3月:ABC株式会社 営業部  
- 新規顧客獲得に向けた戦略を企画・実行し、前年比120%の売上増加を達成。  
- 顧客満足度向上策を提案し、実施によりリピート率が30%向上。」

活かせる経験・知識・技術

特定の職種や業務に対して、どのような経験や知識、技術が活かせるかを具体的に述べます。自分の経験がどのように役立つかをリンクさせ、ポテンシャルをアピールします。

例: 

「多様な業界のクライアントとの取引経験があり、幅広いニーズに対応する提案力を有しています。また、CRMツールの活用経験もあり、顧客管理とフォローアップの効率化に貢献可能です。」

資格、自己PR、志望動機、退職理由・転職理由

  • 資格: 職種に関連する資格を持っている場合、その名称と取得年月を記載します。
  • 自己PR:自分の強みやユニークなスキル、成果をアピールします。
  • 志望動機:応募する企業や職種を志望する具体的な理由を述べます。企業研究を行い、自分のキャリアビジョンとの合致点を示します。
  • 退職理由・転職理由:前向きな理由を簡潔に述べます。キャリアアップや新しい挑戦への意欲など、ポジティブな動機を強調します。

職種別サンプルのポイント

  • 営業系:成果を数字で表すこと、新規開拓の成功例、顧客満足度向上の取り組みなどを強調。
  • 接客・販売系:顧客満足度向上の工夫、売上増加への貢献、商品知識や提案力などをアピール。
  • ITエンジニア系:技術スキルの具体的なレベル、プロジェクトでの役割と成果、新技術の習得や問題解決能力を強調。

各職種に応じて、最も価値を提供できるスキルや経験を中心に記載し、ポジションに適した能力をアピールすることが大切です。

書く内容が少ない場合の対処法

第二新卒の職務経歴書作成時には、特に「書く内容が少ない」と感じることや、「学生時代に力を入れたこと」の記載について悩む方が多いです。ここでそれらの悩みに対する対処法を具体的に説明します。

  • インターンシップやアルバイト経験の具体的な記述:単なる業務の羅列ではなく、そこでどのようなスキルを学んだか、どんな責任を持ったか、どのような成果を出したかに焦点を当てます。
  • 学校でのプロジェクトや活動:卒業論文や研究、学内でのプロジェクトやイベントの企画・運営など、目標に向かって取り組んだ経験は、能動的な学習態度や実行力を示す例となり得ます。
  • ボランティアや趣味から学んだこと:社会貢献活動や趣味での成果も、問題解決能力やコミュニケーションスキル、リーダーシップなど、職場で役立つスキルの発揮として記述可能です。
  • 習得したスキルや資格:自己啓発のために習得したスキルや取得した資格は、自主性や向上心を示す材料となります。

学生時代に力を入れたことの記載方法

  • 具体的な活動内容と成果:どのような目的で、何をしたのかを明確に記述します。そして、その活動から何を学んだのか、どのような成果があったのかを具体的に書き出しましょう。
  • 役割と貢献:プロジェクトや活動内での自分の役割や、チームや組織への具体的な貢献を明記します。リーダーシップを発揮した経験や、困難を乗り越えたエピソードは特に価値があります。
  • 獲得したスキルや経験:活動を通じて獲得したスキルや知識、価値観の変化など、職業人としての成長につながった点をアピールします。
  • 成果の数値化:可能であれば、成果を数値で表現します。たとえば、イベントの参加者数、募金活動で集めた金額、社会問題への対策で達成した成果の数値化などです。

第二新卒の方は、実務経験が少ないかもしれませんが、学生時代に取り組んだ活動や経験は、多くの場合、将来の職場で役立つ多様なスキルや価値観を形成しています。これらの経験を具体的に、かつポジティブに職務経歴書に反映させることが、魅力的な職務経歴書を作成する鍵となります。

総括

職務経歴書は、転職の扉を開く鍵となる重要なドキュメントです。経験豊富な転職者であれ、第二新卒や若手の方であれ、自身の経験とスキルを明確に伝え、将来性をアピールするための工夫が求められます。具体的な成果や数字を用いた記述、学生時代に注力した活動の積極的な取り入れ、自身の成長物語を綴るようなアプローチが、読み手に強い印象を与えます。職務経歴書作成において最も大切なのは、自分自身を深く理解し、その価値を正しく伝えること。自己分析を基に、職務経歴書を丁寧に作り上げることで、希望するキャリアへの大きな一歩を踏み出すことができます。

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

Scroll Top ページ上部に戻る