※本ページはプロモーションが含まれています。

教員からの転職が難しい理由3つ!ただし教員スキルが転職の武器になることも

教員からの転職が難しい理由3つ!ただし教員スキルが転職の武器になることも

教員からの転職を考えているあなたへ。転職の理由から成功のコツ、適切な転職先の選び方まで、具体的なアドバイスを提供します。教員の資格や経験を活かし、新しい職業へ一歩踏み出したい人は、是非最後までご覧ください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

教員からの転職が難しいとされる理由

早速少しネガティブな見出しからスタートしますが、皆様はこの理由、ご存知でしょうか?

民間企業経験が少ないとみなされがち

教員は特定の専門知識を持っていますが、民間企業ではそのスキルが直接役立たないと見なされることが多いです。多くの企業は、異なる業界での実務経験を重視するため、教員の経験だけでは転職市場での競争力が低くなる可能性があります。教員が持つ組織運営やコミュニケーション能力などの転用可能なスキルをアピールすることが重要です。

年齢による転職先の選択肢の限定

年齢が上がるにつれて、転職市場での選択肢は狭まります。教員は長期間同じ職場で働くことが一般的であり、転職を考える時点での年齢が高いことが多いです。これにより、特に若年層を対象とした求人に応募することが難しくなります。年齢を理由にした採用の差別は法律で禁止されていますが、実際の採用プロセスでは年齢が影響することがあります。

転職活動に必要な時間が確保しにくい

教員は日々の業務が多忙であり、転職活動に充てる時間を見つけることが困難です。授業の準備、生徒指導、部活動の指導など、教員の仕事は終わりがなく、転職活動のための時間を確保することが大きな課題となります。そのため、効率的な転職活動の計画が必要です。

教員から転職したい人に多い理由

教員から民間企業への転職が難しいと言われると、アクションも取りにくくなってしまうことでしょう。ですが、ではなぜ「教員から別職種へ転職しよう!」と思ったのでしょうか。再度振り返ってみましょう。

長時間労働と激務

教員は長時間労働が常態化しており、休日出勤や夜遅くまでの勤務も珍しくありません。このような激務は、プライベートの時間を圧迫し、仕事と生活のバランスを崩す原因となります。また、長時間労働は健康にも悪影響を及ぼすため、転職を考えるきっかけになることがあります。

不満足な給与水準

教員の給与は、その責任の重さや労働時間に見合わないと感じる人がいます。特に若手教員の間では、他の職業と比較して給与が低いという不満があります。給与の不満は、モチベーションの低下や転職への意欲を高める要因となります。

ストレスフルな保護者や同僚との関係

教員は保護者や同僚との関係でストレスを感じることがあります。保護者からの過度な要求や、職場内の人間関係のトラブルは、精神的な負担となります。これらのストレスは、教員の職務満足度を下げ、転職を考える理由となります。

生徒指導の難しさ

生徒一人ひとりに対応することは、教員にとって大きな負担です。特に問題行動を持つ生徒への対応は、精神的なストレスになります。生徒指導の難しさは、教員の仕事の中でも特にストレスの多い部分であり、転職を考える大きな理由となります。

教員からの転職を成功させるコツ

ズバリ、教員から転職するためのコツをお伝えします。

転職したい理由を明確にする

転職を成功させるためには、自分が転職を考える理由をはっきりさせることが重要です。教員の仕事におけるストレス、キャリアアップの欲求、または異なる職業での新たな挑戦への意欲など、転職の動機は人それぞれです。この動機が明確であればあるほど、転職活動において目標が定まり、効率的に行動を進めることができます。

スキルや経験を活かせる職種を選ぶ

教員として培ったスキルは多岐にわたります。例えば、教育計画の立案、授業の実施、生徒や保護者とのコミュニケーションなど、これらの経験は他の多くの職種にも応用可能です。自分の得意分野やこれまでの経験を活かせる職種を選ぶことで、転職後の適応期間を短縮し、即戦力として活躍することが期待できます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、個々の希望やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接対策など、転職活動全般にわたるサポートを提供してくれます。特に教員から異業種への転職を考えている場合、専門的なアドバイスが非常に役立ちます。

応募書類や面接での自己PRを強化する

教員としての経験は、応募書類や面接において大きなアピールポイントになります。教育現場で培ったスキルや成果を具体的なエピソードとともに伝えることで、採用担当者に強い印象を残すことができます。

教員の資格や経験を生かせる転職先

培ってきたものはとてつもない武器になります。特に、下記転職先ならあなたのスキルや経験が活かされることでしょう。

教育関連企業や公務員

教育関連企業では、教材の開発や教育プログラムの企画など、教員の専門知識を活かせる仕事が多くあります。また、公務員として教育行政に携わることも、教員の経験を生かす一つの道です。

塾講師・家庭教師

教員の経験を直接活かせる職種として、塾講師や家庭教師があります。教育への情熱を保ちつつ、より柔軟な働き方を求める方に適しています。

営業職や一般事務・営業事務

教員は日々、多くの人と接する機会があります。この経験は、営業職や事務職においても非常に有効です。教育業界に限らず、様々な分野での転職が可能です。

未経験でも挑戦できる職種

教員からの転職では、未経験の職種に挑戦することも一つの選択肢です。新しい分野での学習意欲と挑戦心があれば、多くの可能性が広がります。例えば、コールセンターやテレフォンオペレーター、受付や販売職などです。

年代別の転職活動ポイント

これは教員に限った話ではありませんが、転職活動においては年代別でアピールポイントが変ってくるものです。全てのケースで当てはまるわけではありませんが、下記参考にしてみてください。

20代:アピール次第で未経験分野にも挑戦可能

20代のうちは、キャリアを積む初期段階であるため、多くの可能性が開かれています。教員としての経験は、コミュニケーション能力や教育的なスキルを育て、これらは他の業界でも非常に価値があります。未経験の分野でも、これらのスキルを前面に出し、学ぶ意欲と柔軟性をアピールすることで、新しい道が開けるでしょう。

30代:経験とスキルを活かした職種を狙う

30代になると、個人の専門性がより重要視されます。教員として培った経験は、人材育成やプロジェクトマネジメント、カウンセリングなど、多岐にわたる分野で活かすことができます。転職活動では、これまでの経験を生かせる職種を見つけ、自己PRに結びつけることが成功の鍵です。

40代以降:教育業界への転職や経験を活かせる分野が現実的

40代以降になると、キャリアの蓄積が大きな強みとなります。教育業界での豊富な経験は、教育関連の企業やNPO、コンサルティング業界など、さまざまな分野で求められます。また、これまでの経験を活かして、講師やコーチとして独立する道も考えられます。

転職する際の注意点

転職活動をする際は、下記注意点を意識しましょう。

転職先での待遇や業務内容の確認

転職を成功させるためには、転職先の企業文化や待遇、業務内容を事前にしっかりと調査することが不可欠です。特に教員からの転職の場合、教育業界特有の働き方と異なる可能性があるため、新しい環境に適応できるかを考慮する必要があります。

転職市場での自分の立ち位置の把握

自分が転職市場でどのような位置にいるのかを理解することも重要です。教員の経験がどのように評価されるのか、どの業界で需要があるのかを把握し、それに基づいて転職活動を行うことが望ましいです。

経験やスキルが活かせるかの見極め

教員としての経験やスキルが新しい職場でどの程度活かせるかを見極めることが大切です。自分の強みを理解し、それを新しい職場でいかに活かすかを考えることが、転職成功のカギを握ります。 

まとめ

教員からの転職は、多くの挑戦と機会を含んでいます。
成功へのコツは、転職したい理由の明確化、スキルや経験を活かせる職種の選択、転職エージェントの活用、そして自己PRの強化です。転職時の注意点としては、転職先での待遇や業務内容の確認、転職市場での立ち位置の把握、経験やスキルが活かせるかの見極めが重要です。計画的に進めることで、教員からの転職は新たなキャリアパスを築く可能性を秘めています。このガイドが、教員からの転職を成功させる助けになることを祈っています。

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

Scroll Top ページ上部に戻る