※本ページはプロモーションが含まれています。

転職エージェントへの上手な断り方について!例文と具体的なポイントを解説

転職エージェントへの上手な断り方について!例文と具体的なポイントを解説

転職エージェントに登録したはいいものの紹介された求人を断る際は、心苦しく感じるものですよね。この記事では、転職エージェントからの提案の断り方を紹介いたします。礼儀正しく、且つ明確に断るための実用的な文例も用意していますので、ぜひ参考にしてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

転職エージェントへ断りを入れる際の基本姿勢

下記スタンスで臨むと良いでしょう。

早めに、かつ明確に断りたい意思を伝える

転職エージェントとのやり取りでは、迅速かつ明確なコミュニケーションが重要です。不要な誤解を避けるためにも、断りたい意思は早めに伝えましょう。
例えば、「ご紹介いただいた案件は魅力的ですが、現在の私のキャリアプランには合わないと感じています。」のように、具体的かつ礼儀正しく意思表示をすることが大切です。

連絡の無視や放置は避け、電話またはメールで丁寧に連絡する

エージェントからの連絡を無視することは、プロフェッショナルな行動とは言えません。断る場合でも、一言連絡を入れることで、相手に対する敬意を示すことができます。
例:「この度は貴重な機会をいただき、ありがとうございます。大変申し訳ありませんが、今回は辞退させていただきます。」

断る理由を伝え、可能であれば建設的なフィードバックを提供する

断る際には、その理由を誠実に伝えることが望ましいです。また、エージェントのサービス改善につながるような建設的なフィードバックを提供できると良いでしょう。
例:「ご紹介いただいた案件は興味深いものでしたが、私の専門分野とは異なるため、今回はお断りさせていただきます。」

感謝の気持ちを表明し、プロフェッショナルな関係を保持する

最後に、これまでのサポートに対する感謝の意を忘れずに伝えましょう。良好な関係を維持することで、将来的に再度サービスを利用する際にもスムーズなやり取りが期待できます。
例:「これまでのご支援、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。」

ケース別の断り方とおすすめ文例

具体的なケースごとに考えてみましょう。

面談前・面談後のサポートを断りたい場合

面談前や面談後のサポートを断る際には、具体的な理由を添えて、感謝の意を忘れずに伝えることが重要です。
例:「面談の機会をいただき、ありがとうございました。しかしながら、私の状況を考慮した結果、サポートを受けることは難しいと判断しました。」

求人紹介・選考途中での断り方

求人の紹介や選考途中で断る場合には、選考を進める意欲がないことを明確に伝える必要があります。
例:「貴重な機会をいただき、感謝しております。しかし、私のキャリアプランに合わないと判断したため、選考を辞退させていただきます。」

面接の辞退や内定の辞退方法

面接や内定を辞退する際には、その決断に至った理由を丁寧に説明しましょう。
例:「内定をいただき、大変光栄に思います。しかし、私のキャリア目標とは異なる方向性であると感じたため、辞退させていただきます。」

サービスの一時休止や退会を希望する場合

サービスの一時休止や退会を希望する際には、その理由と共に、これまでのサポートに対する感謝を伝えることが大切です。
例:「転職活動を一時休止することにしました。これまでのご支援に深く感謝しております。」

断り方で注意するべきポイント

相手の転職エージェントもプロです。そのため、断られるのにも慣れているはず。ですが、最低限注意すべきポイントがあるのも事実。下記の点は注意点として意識しておきましょう。

断るタイミングは選考開始前や早期に設定

転職活動において、エージェントからのオファーを断る際は、できるだけ早めに行うことが望ましいです。選考プロセスが進む前に断ることで、エージェントは他の候補者を探す時間を確保でき、自分自身も他の機会を探すための時間を有効に使えます。遅れて断ると、エージェントの労力や時間を無駄にすることになり、自分の評価にも影響を与えかねません。

曖昧な表現を避け、断りたい意思をはっきりと伝える

断る際は、相手に誤解を与えないように、自分の意思を明確に伝えることが重要です。曖昧な表現を使うと、相手があなたの意思を正しく理解できず、不要な混乱や期待を生む原因となります。したがって、断る理由を簡潔に、しかし礼儀正しく伝えることが求められます。

サービス提供を断る際は、自分のキャリアにとって何が最善かを考慮する

転職エージェントの提案を断る際は、その決断が自分のキャリアにとってプラスになるかどうかを考える必要があります。自分の長期的なキャリア目標と照らし合わせ、その提案が目標達成に役立つかどうかを判断しましょう。自分にとって最善の選択をすることで、後悔のない転職活動ができます。

まとめ

転職エージェントのサービスを断る際は、迅速かつ明確なコミュニケーションが重要です。無視や放置は避け、感謝の意を表しながら、プロフェッショナルな関係を維持することが肝心です。ケースに応じた断り方と文例を参考にし、自分のキャリアにとって最良の選択を心がけましょう。また、転職エージェント選びでは、自分の目標や業界に精通したエージェントを選ぶことが成功への鍵です。このガイドを活用して、礼儀正しく、明確に自分の意思を伝えることで、未来への扉を開いてください。

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

Scroll Top ページ上部に戻る