※本ページはプロモーションが含まれています。

事務職に向いている性格は?自分が事務職に向いているか確認してみよう

事務職に向いている性格は?自分が事務職に向いているか確認してみよう

この記事では、事務職に向いている性格や特徴と、転職を成功させるためのポイントを詳しく解説します。これから事務職で転職をしようと思っている人の一助になれば幸いです。是非最後までご覧ください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

事務職に向いている人の性格・特徴

早速ですが、事務職に向いている人の性格を見ていきましょう。

人のサポートをするのが好きな人

事務職は、他のスタッフが円滑に業務を遂行できるよう、裏方としてのサポートが不可欠です。例えば、会議の資料準備や、スケジュール調整、電話対応など、チームのニーズに応じたサポートを行います。他人を助けることに喜びを感じる人は、このような役割を果たすのに適しています。

地道な作業が苦にならない人

事務職では、データ入力や書類整理など、単純で反復的な作業が多く発生します。これらの作業に対して根気強く取り組める人は、事務職に向いていると言えるでしょう。
作業に対して根気強く取り組むためには、集中できる環境を整え、誘惑や邪魔になるようなものは取り除き、適度にリラックスすることが重要です。また、自分自身に対してポジティブな言葉をかけることで、モチベーションを高めることができるでしょう。

臨機応変な対応力がある人

予期しない問題や緊急の要求に対して、迅速かつ適切に対応する能力が求められます。例として、急な来客対応や、予定外のタスクが発生した際にも、冷静にかつ柔軟に対処できる人は、事務職に適しています。
臨機応変な対応力を身につけるためには、予期せぬ状況が発生した際に、パニックにならずに冷静に対応できるよう、柔軟な思考を維持することが重要です。悪い結果も含めて、あらゆる可能性を予測し、それに対する対策を準備しておくことも大切になるでしょう。計画が完璧に進むことは稀なので、柔軟性を持って計画を修正できるように心がけておくことに加えて、自己理解を深めて自分の強みや弱みを知り、苦手な状況やストレスを感じる事を自覚しておくことで、冷静な対応が可能になっていきます。

責任感をもって最後まで仕事に取り組める人

与えられたタスクに対して、始めから終わりまで責任を持って取り組む姿勢は、事務職において非常に重要です。例えば、プロジェクトの締め切りに間に合わせるために、必要な場合は残業をしてでも仕事を完成させる責任感が求められます。

処理能力が高い人

事務職では、複数の業務を同時に処理することが一般的です。そのため、効率的にタスクを管理し、迅速に処理できる能力がある人は、事務職に向いています。
処理能力を高めたいと思った場合は、基本的なスキルを完璧に近づけることで、処理速度を上げることができます。例えば、タイピング速度を上げる、基本的なソフトウェアの使い方をマスターするなどです。また、物理的な環境だけでなく、情報やタスクを整理する習慣を身につけることで、必要なものを迅速に見つけ出し、効率的に作業を進めることができます。

丁寧な仕事ができる人

細かい数字のチェックや文書の作成など、正確さが求められる作業が多いです。注意深く、丁寧に作業を行える人は、事務職に適しています。
丁寧に仕事をできるようには、まず与えられた指示を性格に理解し、不明点があれば質問して確認することで、ミスを防ぎます。タスク管理ツールを活用しながらタスクの優先順位と締め切りを管理し、細かい点を見逃さないようにします。大きなプロジェクトを小さなタスクに分割し、それぞれのタスクに必要な作業を詳しく計画することで、ミスを減らし、質の高い成果を出すことができます。提出前には必ずチェックして、細かいミスを見逃さないようにすると、ミスの少ない丁寧な仕事ができるようになるでしょう。また、周囲の仕事を丁寧にできる人を観察し、その行動を真似することも効果的です。

事務職への転職のポイント

未経験から事務職へ転職を考えている人は、事務がどのような仕事なのか?自身のスキルが活かせるのか気になりますよね。転職前に下記内容をチェックしてみましょう。

事務所の仕事内容をチェック

転職を検討する際には、希望する事務所の具体的な仕事内容を把握し、自分に合っているかどうかを判断することが大切です。実際に働いている人の話を聞いたり、インターネットで情報を集めたりして、業務内容を詳しく調べましょう。
以下は事務職が行う仕事の一例です。

  1. 書類の作成・処理:見積書、請求書、納品書などの営業関連書類や、契約書、経費精算書などの法務・経理関連書類の作成と管理。
  2. ファイリング・整理:書類やデータの分類、整理、保管を行い、必要な情報を迅速に取り出せるようにします。
  3. データ入力:売上データ、在庫情報、顧客情報など、様々なデータの入力と管理。
  4. 電話・来客応対:社内外からの電話応答、来客の受付と案内、担当者不在時の対応。
  5. その他のサポート業務:郵便物の発送・仕分け、備品の発注・管理、会議やイベントの運営サポートなど。

事務職には、一般事務、営業事務、経理事務、人事・労務事務、総務事務、法務事務、貿易事務など、様々な専門分野があります。それぞれの分野で求められるスキルや業務内容が異なりますが、共通して必要とされるのは、PCスキル、コミュニケーション能力、そして組織を支えるサポート精神です。

自身の適性を判断

事務職に向いているかどうかを判断するためには、自己分析が重要です。自分の性格やスキル、経験を振り返り、事務職の特徴と照らし合わせてみましょう。
具体的には、以下のような判断方法があります。

自己分析:自分の性格やスキル、興味が事務職に合っているかを考えます。例えば、細かい作業が得意で、他人をサポートすることに喜びを感じる人は事務職に向いている可能性が高いです。
適性検査:事務職適性検査などの専門的なテストを受けることで、自分の事務処理能力や学習適性、就業適性を測定できます。
スキルチェックリスト:一般事務に求められるスキルや適性をリストアップし、自分がそれらを満たしているかをチェックします。例えば、PCスキル、コミュニケーション能力、正確性、スピードなどが重要です。
経験からの学び:実際に事務の仕事を体験することで、その仕事が自分に合っているかを感じ取ることができます。インターンシップやアルバイトなどが役立ちます。
キャリアカウンセリング:プロのキャリアカウンセラーに相談することで、自分の適性やキャリアプランを明確にすることができます。

これらの方法を通じて、自分の適性をより深く理解し、事務職に向いているかどうかを判断することができます。また、事務職に必要なスキルを身につけるためのトレーニングや学習も重要です。自己分析や適性検査の結果をもとに、必要なスキルを磨いていくことをお勧めします。

適性があるなら事務職に転職を検討しよう

ご自身の性格や特徴・スキルなどから事務職が合っていると確認できたなら、積極的に転職を検討するべきでしょう。ここまでの内容が、あなたの職種選択の一助になったなら幸いです。最後までご覧くださいまして、誠にありがとございました。

Scroll Top ページ上部に戻る