※本ページはプロモーションが含まれています。

アパレル店員の仕事内容と店員のなり方について!1日のスケジュール例も紹介

アパレル店員の仕事内容と店員のなり方について!1日のスケジュール例も紹介

この記事では、アパレル店員の業務内容、必要なスキル、キャリア形成、働き方、そして成功への道を詳しく解説します。ファッション業界でのキャリアを目指す皆様の一助となれば幸いです。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

アパレル店員とは?

アパレル店員は、ファッション業界で重要な役割を担う職業です。最新のトレンドを把握し、顧客に合ったスタイルを提案することで、店舗の売上向上に貢献します。また、商品知識だけでなく、顧客サービスにおいても高い専門性が求められます。
アパレル店での販売員の役割と業務内容
アパレル店員の主な業務は、商品の販売ですが、それに留まらず、顧客の嗜好を理解し、適切なアドバイスを提供することも重要です。また、在庫管理や売上報告などのバックオフィス業務も担います。

アパレル店員の具体的な仕事内容

接客
アパレル店員の主な役割の一つは、顧客に対する接客です。これには、商品の特徴や着こなし方の提案、サイズの確認、試着のアシストなどが含まれます。また、顧客のニーズを理解し、適切な商品を提案することで、顧客満足度を高めることが求められます。
商品管理
商品の在庫管理や発注、商品の受け入れと検品作業が含まれます。また、売れ筋商品の分析や在庫の適正化を行い、売上に直結する重要な業務です。
ディスプレイ
店内の商品ディスプレイは、顧客の購買意欲を高めるために重要です。季節感を反映させたり、トレンドを取り入れたりしながら、魅力的な店内空間を作り出すことが求められます。
店舗運営・管理
店舗の日々の運営には、売上管理、スタッフのシフト管理、清掃、安全管理などが含まれます。店舗の目標達成に向けて、チームをまとめ、効率的な運営を行うことが重要です。
顧客管理
リピーターを増やすためには、顧客情報の管理と活用が不可欠です。顧客の購買履歴や好みを把握し、パーソナライズされたサービスを提供することで、長期的な関係を築きます。
来店促進
新商品のプロモーションやセールの告知、イベントの企画などを通じて、顧客の来店を促進します。SNSを活用した情報発信やメールマガジンの配信など、様々なマーケティング戦略が求められます。
これらの業務は、店舗の成功に直結するため、アパレル店員には幅広いスキルと熱意が求められます。お客様にとって快適なショッピング体験を提供することが、最終的な目標です
レジ対応
レジ対応は、顧客が選んだ商品の支払いを処理する業務です。これには、商品のスキャン、価格の確認、支払い方法の受け入れ(現金、クレジットカード、電子マネーなど)、レシートの発行が含まれます。また、返品や交換の処理も行います。
電話対応
電話対応では、顧客からの問い合わせに答えたり、商品の取り置きや予約の受付を行います。また、店舗への一般的な問い合わせや、営業時間、在庫状況に関する情報提供も含まれます。
店内・店外清掃
店内清掃は、店舗を清潔に保つために不可欠です。床の掃除、棚のほこり取り、試着室の整理、ゴミの回収などが日常的な業務です。店外清掃では、店舗の入り口やウィンドウディスプレイの周辺をきれいに保ちます。

アパレル店員の求められるスキルと資格

以下より、必須のスキルと取得しておくと有利になる資格を紹介します。

必要スキル

アパレル店員には、以下のスキルが特に重要です。
コミュニケーション能力
アパレル店員にとって、顧客との円滑なコミュニケーションは極めて重要です。顧客のニーズを正確に理解し、適切なアドバイスを提供するためには、明確で効果的なコミュニケーションが必要です。また、チーム内でのコミュニケーションも同様に重要で、スタッフ間の情報共有や協力を促進します。
洞察力・観察力
顧客の行動や表情から、彼らの好みやニーズを読み取る能力が求められます。これにより、顧客がまだ言葉にしていない欲求に対しても、適切な商品を提案することができます。また、市場のトレンドを把握し、店舗の商品構成やディスプレイを最適化するためにも、洞察力と観察力が必要です。
自己プロデュース力
アパレル店員は、ファッションの専門家として、自身の外見や振る舞いで店舗のイメージを代表します。自分自身を上手にプロデュースすることで、顧客に信頼感を与え、商品の魅力を高めることができます。
ファッションへの情熱
ファッション業界で働く上で、ファッションへの深い情熱は不可欠です。最新のトレンドに敏感であり、常に学び続ける姿勢が求められます。この情熱があれば、顧客に対してもその魅力を伝えることができ、長期的な顧客関係を築くことにも繋がります。
これらのスキルは、アパレル店員が成功するために重要な要素であり、顧客にとって魅力的なショッピング体験を提供するためには欠かせません。

有利な資格

アパレル店員が取得すると有利な資格には、以下のようなものがあります。

  • 色彩検定:色彩検定は、色に関する知識や技能を問う試験で、アパレル業界での色合わせやコーディネート提案に役立ちます。文部科学省が推進する生涯学習の一環として評価されており、認知度も高いです。
  • ファッションビジネス能力検定:ファッションビジネスに関する商品の企画から生産、流通までの専門的な知識や技術を証明する資格で、アパレル業界での企画・営業力を認定する上で有利です。
  • 販売士検定:日本商工会議所が実施する販売士検定は、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入れや在庫管理、マーケティングなどの高度で専門的な知識を持つ販売のプロの育成を目指す資格です。小売業界でのキャリアアップに役立ちます。
  • 繊維製品品質管理士(TES):繊維製品品質管理士は、衣料品の品質・性能の向上や消費者からのクレーム対策など、アパレル業界で繊維のスペシャリストとして活躍するための資格です。

これらの資格は、アパレル店員としての専門性を高め、キャリアアップに繋がる可能性があります。ただし、資格が必ずしも必要とされるわけではなく、実務経験やその他のスキルも重要です。また、語学能力を示すTOEICや外国語検定を持っていると、特に国際的なブランドで働く際に有利になることがあります。資格取得に向けて、自分のキャリアプランに合ったものを選ぶことが大切です。

アパレル店員になる方法

アパレル店員になるためには、ファッション系の専門学校や大学で学ぶことも一つの方法です。また、実際にアパレルショップでアルバイトやインターンシップを始めることで、販売の基本や接客スキルを学ぶことができます。これは正社員への道を開く第一歩にもなり得るでしょう。
経験を積んだ後、正社員として応募することができます。大手企業や有名ブランドでは、新卒採用で正社員を募集していることもありますので、サイトなどで情報を確認してみることがおすすめです。
他にも、転職エージェントや求人サイトを利用して、アパレル店員の求人を探すことも一つの方法です。専門のエージェントがキャリアアップをサポートしてくれることもあります。

平均年収と給料事情

アパレル店員の給料は、地域やブランド、経験年数によって大きく異なりますが、一般的には入門レベルでは他業種と比較して低めの傾向にあります。
平均年収は約343万円で、他業種の平均を下回る結果となっています。参考までに、国内給与所得者の平均年収は約443万円、正社員に絞ると約508万円です。
アパレル店長の場合、平均年収は約404万円となり、一般的なアパレル店員より約70万円近く高くなる傾向があります。アパレル店員(アルバイト)の時給平均は1190円です。
アパレル店員として給料を上げる方法としては、語学力の向上や継続的な顧客開拓、より給料の高い職場で働くことなどが挙げられます。特に、ラグジュアリーブランドや専門性が求められる分野では給料が高くなる傾向にあります。

アパレル店員の働き方|勤務日のスケジュール例

アパレル店員の一日は、開店前の準備から始まり、閉店後の整理まで、忙しい一日が続きます。特に土日や祝日は顧客が多く、フルに活動することが求められます。
以下は一般的な流れの一例です。
早番の場合:

  • 9:40 出勤・開店準備
  • 10:30 店内清掃
  • 10:50 朝礼
  • 11:00 開店
  • 13:30 昼休憩
  • 14:15 勤務再開
  • 17:00 小休憩
  • 19:30 勤務終了・遅番スタッフに引継ぎ

遅番の場合:

  • 13:00 出勤・早番スタッフとミーティング
  • 13:30 接客開始
  • 14:00 売り場チェック
  • 15:00 小休憩
  • 15:30 商品整理・接客
  • 19:00 休憩
  • 20:00 閉店準備
  • 20:30 商品整理・売れた分の補充
  • 22:30 退勤

勤務時間はシフト制で、早番や遅番など交代で勤務することが一般的です。開店準備、接客、商品整理、検品、品出し、閉店作業が主な仕事内容となります。また、休日は月に8日から10日程度で、シフト制のため定休日以外で決まった休日が設けられていないのが普通です。

アパレル店員のメリットとデメリット

アパレル店員の仕事は、好きなことが仕事にできるので、ファッションが好きな人にとっては日々の仕事が楽しく感じられるというメリットがあります。ヘアスタイルやネイルも比較的自由が利き、平日に休みが取れることや、コミュニケーション能力が向上することも良い点でしょう。
一方で、長時間の立ち仕事が中心で、足の疲れや痛みを感じることがあります。給与が低いことや、土日祝日が休みにくく、特に繁忙期、年末年始は休暇が取りづらいこともデメリットになるでしょう。

よくある質問

労働環境について
アパレル業界では、土日祝日や年末年始などの繁忙期に勤務する必要があり、慢性的な人手不足により長時間労働が発生しています。日本企業の平均休日数は120日前後ですが、アパレル業界は90日前後と少ないです。ただし、店舗やブランドによっても状況は異なるため、求人情報や労働条件をよく確認してみましょう。
また、アパレル店員の仕事の難しさは、人間関係のストレスやノルマの達成にあります。アパレル店員は毎日多くのお客様と接するため、人間関係でストレスを感じやすいです。加えて、売上目標を課せられることがあるため、目標になかなか届かない時はプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。興味がある方は、これらの難しさを乗り越えることができるかどうか、自分自身と向き合ってみることが大切です。

まとめ:アパレル店員として成功するために

アパレル店員として成功するためには、上述したスキルを磨くことが重要です。また、働き方を理解し、必要な資格を取得して、自分に合ったキャリアプランを立てることが、長期的な成功に繋がります。これらの情報が、アパレル店員としてのキャリアを考える際の参考になれば幸いです。

Scroll Top ページ上部に戻る