※本ページはプロモーションが含まれています。

身分証明書になるものってなに?種類、発行、紛失、オンライン手続きなど解説

身分証明書になるものってなに?種類、発行、紛失、オンライン手続きなど解説

身分証明書は、個人の権利や義務を保障するとともに、個人情報の不正利用や犯罪の防止にも寄与します。身分証明書の種類や特徴、発行方法や紛失時の対処法などを徹底解説します。身分証明書の正しい理解と安全な管理を心がけましょう。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

身分証明書とは:基本知識と重要性

そもそも身分証とは?について考えてみましょう。

身分証明書の概要と必要性

身分証明書とは、個人の氏名や生年月日などの基本的な個人情報を証明するための書類です。身分証明書は、様々な場面で必要となります。例えば、銀行口座の開設やクレジットカードの申し込み、公的機関や企業への手続き、旅行や宿泊施設の利用、選挙や投票などです。身分証明書は、個人の権利や義務を保障するために重要な役割を果たします。また、個人情報の不正利用や犯罪の防止にも寄与し、個人の社会的な信用や安全を守るために必要不可欠なものです。

身分証明書の種類と特徴

身分証明書には、様々な種類があります。その中でも、最も一般的に利用される身分証明書は以下の4種類です。

運転免許証

運転免許証は、運転免許を取得したことを証明する書類です。氏名や生年月日、住所、顔写真、免許の種類や有効期限などの情報が記載されています。運転する際に必ず携帯しなければなりません。国家公安委員会が発行する公的な身分証明書です。

マイナンバーカード

マイナンバーカードは、個人番号(マイナンバー)を持つことを証明する書類です。氏名や生年月日、住所、顔写真、個人番号、ICチップなどの情報が記載されています。税や社会保障などの行政手続きに利用できます。総務省が発行する公的な身分証明書です。

年金手帳

年金手帳は、国民年金や厚生年金に加入していることを証明する書類です。氏名や生年月日、住所、年金番号、年金の種類や支給状況などの情報が記載されています。年金の受給や変更などの手続きに利用できます。厚生労働省が発行する公的な身分証明書です。

学生証(学生の場合)

学生証は、学校に在籍していることを証明する書類です。氏名や生年月日、学校名や学部名、学籍番号、顔写真などの情報が記載されています。学校内の施設やサービスの利用に必要です。また、学生証は、身分証明書としても利用できます。各学校が発行する私的な身分証明書です。

身分証明書の代わりになるもの

身分証明書として利用できる書類は、上記の4種類に限られません。他にも、以下のような書類が身分証明書の代わりになる場合があります。

写真がなくても有効な書類

写真がなくても、氏名や生年月日などの個人情報が記載されている書類は、身分証明書として有効な場合があります。例えば、以下のような書類です。

  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 障害者手帳
  • 戸籍謄本や戸籍抄本
  • 出生証明書

ただし、これらの書類は、身分証明書として利用できる場合とできない場合があります。利用する場面や相手によって、要求される書類の種類や数が異なります。事前に確認することが必要です。

身分証明書がない場合の対処法

身分証明書がない場合は、どのように対処すればよいでしょうか。身分証明書がない理由には、以下のようなものがあります。

  • 身分証明書を持っていない
  • 身分証明書を紛失した
  • 身分証明書が期限切れになった
  • 身分証明書が破損した

これらの場合には、以下のような方法で対処できます。

住民票の写しを得るために利用できる書類

身分証明書がない場合でも、住民票の写しを得ることができれば、身分証明書として利用できる場合があります。住民票の写しを得るためには、市区町村の窓口に行き、申請する必要があります。申請する際には、以下のような書類が必要です。
提示できる書類の種類と組み合わせ
住民票の写しを得るためには、以下のような書類の組み合わせが必要です。

  • 本人確認
    • 写真付きの書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)を1点
    • 写真なしの書類(健康保険証、年金手帳、住民基本台帳カードなど)を2点
  • 代理人確認
    • 本人確認と同様の書類を1点
    • 本人からの委任状
    • 本人との関係を証明する書類(戸籍謄本や戸籍抄本など)

市区町村ごとに異なる準備物

住民票の写しを得るためには、市区町村の窓口に行く必要があります。しかし、市区町村によっては、窓口に行く前に、以下のような準備物が必要な場合があります。

  • 申請書
    • 市区町村のホームページからダウンロードできる場合があります。必要事項を記入して印刷して持参しましょう。
  • 収入印紙
    • 住民票の写しを得るためには、収入印紙で手数料を支払う必要があります。市区町村によって異なりますが、一般的には300円程度です。郵便局やコンビニエンスストアなどで購入できます。

提示できる書類が一切ない場合の対応策

提示できる書類が一切ない場合は、住民票の写しを得ることができません。しかし、身分証明書が必要な場面で困らないように、以下のような対応策があります。

  • 身分証明書を発行する
    • 身分証明書を持っていない場合は、運転免許証やマイナンバーカードなどを発行することができます。
    • 身分証明書を発行するためには、住民票の写しや写真などが必要ですが、市区町村の窓口で本人確認をしてもらうことができます。手数料や時間がかかりますが、将来的に役立つことが多いです。
  • 身分証明書を再発行する
    • 身分証明書を紛失した場合は、同じ種類の身分証明書を再発行することができます。
    • 身分証明書を再発行するためには、住民票の写しや写真などが必要ですが、市区町村の窓口で本人確認をしてもらうことができます。手数料や時間はかかりますが、早めに手続きをすることが重要です。
  • 身分証明書が必要な場面を避ける
    • 身分証明書が期限切れになった場合や破損した場合は、身分証明書として利用できない場合があります。
    • 身分証明書が必要な場面を避けるためには、以下のような方法があります。
      • 銀行口座の開設やクレジットカードの申し込みなどは、インターネットや郵送で行うことができます。
      • 公的機関や企業への手続きなどは、事前に電話やメールで問い合わせて、必要な書類を確認することができます。
      • 旅行や宿泊施設の利用などは、予約時に身分証明書の有無を確認して、必要ならば他の書類を用意することができます。

各身分証の発行方法

身分証明書を発行する方法や紛失した場合の対処法は、身分証明書の種類によって異なります。以下では、主な身分証明書の発行方法と紛失時の対処法について説明します。

運転免許証、マイナンバーカード、年金手帳の発行手順

運転免許証、マイナンバーカード、年金手帳は、以下のような手順で発行することができます。

  • 運転免許証
    • 運転免許証を発行するためには、運転免許試験場に行き、適性検査、学科試験、技能試験に合格する必要があります。
    • 合格後、住民票の写しや写真などを持参して、運転免許証を受け取ることができます。
    • 運転免許証の発行手数料は2,050円です。
  • マイナンバーカード
    • マイナンバーカードを発行するためには、市区町村から通知された個人番号通知カードを持参して、市区町村の窓口に行く必要があります。
    • 窓口で本人確認をしてもらい、写真を撮影してもらうことができます。
    • マイナンバーカードは、後日郵送で届きます。
    • マイナンバーカードの発行手数料は無料です。
  • 年金手帳
    • 年金手帳を発行するためには、国民年金や厚生年金に加入する必要があります。
    • 加入すると、年金事務所から年金手帳が郵送で届きます。
    • 年金手帳の発行手数料は無料です。

各身分証の紛失時の対応

身分証明書を紛失した場合は、以下のような対応が必要です。

  • 運転免許証
    • 運転免許証を紛失した場合は、運転免許試験場に行き、再発行の手続きをする必要があります。
    • 再発行の手続きには、住民票の写しや写真などが必要です。
    • 再発行の手数料は1,100円です。
    • 運転免許証を紛失した場合は、速やかに警察に届け出ることが推奨されます。
  • マイナンバーカード
    • マイナンバーカードを紛失した場合は、市区町村に連絡して、再発行の手続きをする必要があります。
    • 再発行の手続きには、個人番号通知カードや写真などが必要です。
    • 再発行の手数料は500円です。
    • マイナンバーカードを紛失した場合は、速やかにカードの利用停止を申請することが必要です。
  • 年金手帳
    • 年金手帳を紛失した場合は、年金事務所に連絡して、再発行の手続きをする必要があります。
    • 再発行の手続きには、住民票の写しや写真などが必要です。
    • 再発行の手数料は無料です。
    • 年金手帳を紛失した場合は、特に届け出る必要はありませんが、不正利用の防止のために注意することが必要です。

オンラインでの申請と手続きの確認方法

身分証明書に関する申請や手続きは、オンラインで行うことができる場合があります。オンラインで申請や手続きを行う場合は、以下のような方法で確認することができます。

WEBで可能な身分証関連手続きの概要

WEBで可能な身分証関連手続きは、以下のようなものがあります。

  • 運転免許証
    • 運転免許証の更新や住所変更などの手続きは、インターネット予約サービスで行うことができます。国土交通省のホームページから利用できますが、利用するには、運転免許証の番号や暗証番号などが必要です。
  • マイナンバーカード
    • マイナンバーカードの申請や利用停止などの手続きは、マイナポータルで行うことができます。総務省のホームページから利用できますが、利用するには、マイナンバーカードのICチップや暗証番号などが必要です。
  • 年金手帳
    • 年金手帳の再発行や年金の受給などの手続きは、年金オンラインサービスで行うことができます。厚生労働省のホームページから利用できますが、利用するには、年金手帳の番号やパスワードなどが必要です。

身分証取り扱い時の注意点と絶対にやってはいけないこと

身分証明書は、個人の重要な情報を含む書類です。身分証明書を取り扱う際には、以下のような注意点と絶対にやってはいけないことがあります。

身分証明書の適切な保管方法

身分証明書は、常に自分の管理下に置き、水や火などの危険から遠ざけましょう。また、盗難や紛失の防止のために、鍵付きの場所に保管し、必要な場面以外では持ち歩かないことが重要です。

身分証を偽造・他人の使用・個人情報の不正取引の禁止

身分証明書を偽造したり、他人の身分証明書を使用したり、個人情報を不正に取引したりすることは、絶対にやってはいけません。これらの行為は、法律に違反するだけでなく、自分や他人の信用や安全を損なうことになります。禁止行為には、以下のような事例があります。

  • 身分証を偽造する
    • 身分証を偽造することは、刑法の文書偽造罪や公文書偽造罪に該当し、罰金や懲役に処される可能性があります。また、自分の年齢や住所などの個人情報を変えることになり、将来的に不利益やトラブルになる可能性があります。
  • 他人の身分証を使用する
    • 他人の身分証を使用することは、刑法の詐欺罪や窃盗罪に該当し、罰金や懲役に処される可能性があります。また、他人の権利や義務を侵害することになり、相手に損害賠償や謝罪を求められる可能性があります。
  • 個人情報を不正に取引する
    • 個人情報を不正に取引することは、個人情報の保護に関する法律や不正競争防止法に違反し、罰金や懲役に処される可能性があります。また、自分や他人の個人情報を悪用されることになり、詐欺や犯罪の被害に遭う可能性があります。

まとめ:身分証明書の正しい理解と安全な管理

身分証明書は、個人の基本的な個人情報を証明するための重要な書類です。様々な場面で必要となりますが、その種類や特徴、発行方法や紛失時の対処法などを正しく理解することが必要です。また、身分証明書は、個人の権利や義務を保障するとともに、個人情報の不正利用や犯罪の防止にも寄与します。そのため、身分証明書を適切に保管し、偽造や他人の使用、個人情報の不正取引などを絶対に行わないことが必要です。身分証明書の正しい理解と安全な管理を心がけましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る