※本ページはプロモーションが含まれています。

30代の平均年収は?男女別や都道府県別のデータを分析

30代の平均年収は?男女別や都道府県別のデータを分析

30代の平均年収について、男女別や都道府県別のデータをもとに分析しました。また、40代の平均年収との比較も行いました。この記事を読んで、自分の年収が同年代と比べて高いのか低いのかを知ることができます。さらに、30代で目指すべき年収やライフスタイルについても考えるきっかけになります。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

30代の平均年収

30代は、仕事や家庭で大きな変化が起こる時期です。結婚や出産、転職や昇進など、人生の節目を迎える人も多いでしょう。そんな30代の平均年収は、どのくらいなのでしょうか?

30代男性の平均年収

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」(2022年)によると、30代男性の平均年収は584万円です。これは、全年齢層の男性の平均年収(507万円)よりも高く、男性の中では最も高い年収を稼いでいます。
30代男性の平均年収は、年齢が上がるにつれて増加します。30歳の平均年収は480万円ですが、39歳の平均年収は669万円となっています。このことから、30代男性は、経験やスキルを積み重ねて、キャリアアップを果たしていると言えるでしょう。

30代女性の平均年収

一方、30代女性の平均年収は361万円です。これは、全年齢層の女性の平均年収(321万円)よりも高いですが、30代男性の平均年収の約62%に相当します。男女の年収格差は、30代で最も大きくなります。
30代女性の平均年収は、年齢が上がるにつれて減少します。30歳の平均年収は385万円ですが、39歳の平均年収は339万円となっています。このことから、30代女性は、結婚や出産などのライフイベントによって、仕事を辞めたり、パートや非正規雇用に切り替えたりするケースが多いと言えるでしょう。

30代平均年収の中央値

平均年収は、極端に高い年収や低い年収を含むため、実際の年収分布を正確に反映していない可能性があります。そこで、中央値という指標も見てみましょう。中央値とは、データを小さい順に並べたときに、真ん中に位置する値のことです。中央値は、平均値よりも外れ値の影響を受けにくいため、より一般的な年収を表していると言えます。
厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」(2022年)によると、30代の年収の中央値は、男性が500万円、女性が300万円です。男女の中央値の差は、200万円となっています。平均年収の差(223万円)よりも小さいですが、それでもかなりの開きがあります。

東京の30代平均年収

30代の平均年収は、都道府県によっても大きく異なります。都道府県別の30代の平均年収を見てみると、最も高いのは東京都で、30代前半男性が579万円、30代後半男性が675万円、30代前半女性が470万円、30代後半女性が513万円となるようです。これは、全国平均の30代の平均年収(男性584万円、女性361万円)よりもかなり高いです。
東京都の30代の平均年収が高い理由は、主に以下の2つです。

  • 東京都は、日本の経済や政治の中心地であり、多くの企業や官庁が集まっています。そのため、高度な専門知識や技能を持つ人材が多く、高い賃金を得ています。
  • 東京都は、物価や家賃が高い地域であり、生活費がかかります。そのため、低い賃金では暮らせないという現実があります。低賃金の仕事は、都心から離れた地域に移動したり、廃止されたりする傾向があります。

40代の平均年収

30代の平均年収と比較して、40代の平均年収はどうなっているでしょうか?
厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」(2022年)によると、40代の平均年収は、男性が621万円、女性が375万円です。これは、30代の平均年収(男性584万円、女性361万円)よりも若干高いですが、大きな差はありません。
40代の平均年収は、年齢が上がるにつれて減少します。40歳の平均年収は、男性が669万円、女性が399万円ですが、49歳の平均年収は、男性が578万円、女性が354万円です。このことから、40代は、30代と比べてキャリアの停滞や減収が起こりやすいと言えるでしょう。
40代の平均年収が減少する理由は、主に以下の2つです。

  • 40代は、企業の中で管理職やリーダーのポジションに就く人も増えます。しかし、そのような役職に就ける人数は限られており、競争が激しくなります。そのため、昇進や昇給が難しくなり、年収が伸び悩むことがあります。
  • 40代は、家庭や子育てなどの責任も重くなります。そのため、仕事とプライベートのバランスを取ることが難しくなります。仕事に集中できない、時間や体力が足りない、ストレスが溜まるなどの問題が発生することがあります。これらの問題は、仕事のパフォーマンスやモチベーションに影響を与え、年収にも反映されることがあります。

まとめ

この記事では、30代の平均年収について、男女別や都道府県別のデータをもとに分析しました。また、40代の平均年収との比較も行いました。この記事を読んで、自分の年収が同年代と比べて高いのか低いのかを知ることができたと思います。さらに、30代で目指すべき年収やライフスタイルについても考えるきっかけになったと思います。
30代は、仕事や家庭で大きな変化が起こる時期です。そのため、年収にも影響が出やすいです。年収は、自分の価値や幸せを測る指標の一つですが、それだけではありません。自分のやりたいことや得意なこと、好きなことを見つけて、仕事に活かすことができれば、年収だけでなく、人生も豊かになるでしょう。

Scroll Top ページ上部に戻る