※本ページはプロモーションが含まれています。

年収の中央値を知って、自分のキャリアを見直そう!

年収の中央値を知って、自分のキャリアを見直そう!

年収の中央値とは何か?日本の平均年収の中央値はどのくらいか?年代や性別、業種や地域による違いは?この記事では、年収の中央値について分かりやすく解説します。あなたの年収は、日本全体や同年代、同業種の中でどのくらいの位置にあるでしょうか?年収の中央値を参考にして、自分の生活水準やキャリアプランを考えてみてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

平均年収の中央値

あなたは今の年収に満足していますか?自分の年収が日本全体や同年代、同業種の中でどのくらいの位置にあるか、気になったことはありませんか?

日本の平均年収は441万円ですが、これは全ての人の年収を合計して人数で割ったものです。
しかし、この数字は少数の高額所得者や低額所得者に引っ張られて、実際の多くの人の年収とはかけ離れている可能性があります。

そこで、より実態に近い年収の相場を知るためには、中央値という数字を見るとよいでしょう。
中央値とは、全ての人の年収を大きい順に並べたときに、真ん中にある値のことです。例えば、5人の年収が100万円、200万円、300万円、400万円、500万円だとしたら、中央値は300万円になります。平均値は300万円ですが、中央値と平均値は必ずしも一致するとは限りません。

日本の年収の中央値は、2024年の最新データによると、437万円です。平均値と比べると、4万円ほど低くなっています。これは、高額所得者が平均値を引き上げていることを示しています。

では、年収の中央値は、地域や雇用形態によってどのように変わるのでしょうか?次の見出しでは、東京の中央値、地方の中央値、正社員の中央値について解説します。

20代の中央値

まず、20代の平均年収の中央値について見ていきましょう。
厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2023年の20代の平均年収の中央値は386万円でした。男性は413万円、女性は343万円でした。
この数字は、正社員のみを対象としたもので、非正規雇用やフリーランスなどは含まれていません。また、業種や地域によっても大きく差があります。

例えば、20代の平均年収の中央値は、製造業では420万円、情報通信業では500万円、宿泊・飲食サービス業では280万円でした。
地域別では、東京都では440万円、北海道では330万円、沖縄県では270万円でした。

30代の中央値

次に、30代の平均年収の中央値について見ていきましょう。30代は、キャリアの形成期と言われる時期で、年収の上昇が顕著になります。しかし、同時に、結婚や出産などのライフイベントも多く、年収の格差も拡大する傾向にあります。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2023年の30代の平均年収の中央値は530万円でした。男性は580万円、女性は420万円でした。20代と比べると、男性は約40%、女性は約22%の増加となっています。

しかし、男女の差は約160万円と20代の約70万円よりも大きくなっています。これは、女性の方が結婚や出産に伴うキャリアの中断や再開が多いことや、男性の方が管理職や専門職に就く割合が高いことなどが影響していると考えられます。

業種別では、30代の平均年収の中央値は、製造業では570万円、情報通信業では680万円、宿泊・飲食サービス業では350万円でした。地域別では、東京都では620万円、北海道では440万円、沖縄県では350万円でした。

40代の中央値

続いて、40代の平均年収の中央値について見ていきましょう。40代は、キャリアの安定期と言われる時期で、年収のピークに達する人も多いです。しかし、同時に、経済環境や技術革新の影響を受けやすく、年収の下落や転職などの変化に直面する人も少なくありません。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2023年の40代の平均年収の中央値は600万円でした。男性は660万円、女性は480万円でした。30代と比べると、男性は約14%、女性は約14%の増加となっています。

しかし、男女の差は約180万円と、30代の約160万円よりも大きくなっています。これは、男性の方が管理職や専門職に昇進する割合が高いことや、女性の方がパートタイムや非正規雇用に従事する割合が高いことなどが影響していると考えられます。

業種別では、40代の平均年収の中央値は、製造業では650万円、情報通信業では780万円、宿泊・飲食サービス業では400万円でした。
地域別では、東京都では700万円、北海道では500万円、沖縄県では400万円でした。

50代の中央値

最後に、50代の平均年収の中央値について見ていきましょう。50代は、キャリアの後半期と言われる時期で、年収の下降が始まる人も多いです。しかし、同時に、経験やスキルを活かして高い年収を維持する人もいます。また、定年退職や再就職などのライフイベントも多く、年収の変動も大きいです。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2023年の50代の平均年収の中央値は590万円でした。男性は660万円、女性は420万円でした。40代と比べると、男性は0%、女性は-13%の減少となっています。男女の差は約240万円と、40代の約180万円よりも大きくなっています。これは、男性の方が定年退職や再就職による年収の下落が多いことや、女性の方がパートタイムや非正規雇用に従事する割合が高いことなどが影響していると考えられます。

業種別では、50代の平均年収の中央値は、製造業では650万円、情報通信業では750万円、宿泊・飲食サービス業では380万円でした。地域別では、東京都では680万円、北海道では480万円、沖縄県では370万円でした。

東京の中央値

日本の首都である東京は、経済や文化の中心地として、多くの人が暮らす都市です。東京には、大企業や官公庁、金融機関など、高収入の職場が多くあります。そのため、東京の年収は、日本全体の平均よりも高くなっています。
東京の年収の中央値は、2024年の最新データによると、550万円です。日本全体の中央値と比べると、113万円も高くなっています。東京の平均年収は、608万円です。平均値と中央値の差は、58万円です。これは、東京には非常に高額所得者が多いことを示しています。

東京の年収は、男女別に見ると、男性の中央値は600万円、女性の中央値は450万円です。男女の中央値の差は、150万円です。男性の平均年収は、683万円、女性の平均年収は、508万円です。男女の平均値の差は、175万円です。東京では、男性の方が女性よりも年収が高い傾向が強く、男女間の賃金格差が大きいことがわかります。

東京で暮らすには、高い年収が必要とされますが、それだけでは十分ではありません。物価や生活費、貯蓄や投資など、自分のライフスタイルに合わせた資金計画が必要です。次の見出しでは、東京とは対照的な地方の年収の中央値について解説します。

地方の中央値

東京とは違って、地方では人口が少なく、経済活動も縮小傾向にあります。地方には、大企業や高収入の職場が少なく、雇用の機会も限られています。そのため、地方の年収は、東京や日本全体の平均よりも低くなっています。

地方の年収の中央値は、2024年の最新データによると、350万円です。日本全体の中央値と比べると、87万円も低くなっています。地方の平均年収は、375万円です。平均値と中央値の差は、25万円です。これは、地方には高額所得者が少ないことを示しています。
地方の年収は、都道府県別に見ると、最も高いのは神奈川県で、中央値は450万円、平均値は480万円です 。神奈川県は、東京に隣接しており、首都圏の一部として発展しているため、年収が高い傾向にあります。最も低いのは鳥取県で、中央値は250万円、平均値は270万円です 。鳥取県は、人口が最も少なく、産業も限られているため、年収が低い傾向にあります。

地方で暮らすには、東京よりも低い年収で済むかもしれませんが、それでも生活に困らない程度の収入が必要です。地方の物価や生活費、貯蓄や投資など、自分のライフスタイルに合わせた資金計画が必要です。

正社員の中央値

日本では、雇用形態によって年収に大きな差があります。雇用形態とは、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなどのことです。雇用形態によって、給与や待遇、安定性などが異なります。一般的に、正社員は他の雇用形態よりも年収が高く、福利厚生や雇用保障も充実しています。

正社員の年収の中央値は、2024年の最新データによると、500万円です。日本全体の中央値と比べると、63万円も高くなっています。正社員の平均年収は、530万円です。平均値と中央値の差は、30万円です。これは、正社員の中にも高額所得者がいることを示しています。
正社員は、日本の労働市場の中で最も高い年収を得ていますが、それだけでは十分ではありません。正社員にも、仕事の内容や業種、企業規模などによって年収に大きな差があります。また、正社員になるためには、高いスキルや資格、経験などが求められます。正社員になることは、年収を高めるための一つの手段ですが、目的ではありません。自分のやりたいことや得意なことを見つけて、それに合った雇用形態を選ぶことが大切です。

中央値と平均値の違い

ここまで、年収の中央値について詳しく見てきましたが、中央値と平均値はどのように違うのでしょうか?平均値とは、データの合計をデータの個数で割った値のことです。例えば、5人の年収が100万円、200万円、300万円、400万円、500万円だったとすると、平均値は300万円になります。平均値は、データの全体像を表す指標としてよく使われます。

しかし、平均値には欠点もあります。平均値は、データの最大値や最小値に影響されやすいため、データの偏りやばらつきを正しく反映しないことがあります。例えば、5人の年収が100万円、200万円、300万円、400万円、1000万円だったとすると、平均値は380万円になりますが、この平均値は、実際の年収の分布を正確に表しているとは言えません。なぜなら、1000万円という極端に高い値が平均値を引き上げているからです。

このように、平均値は、データに外れ値や異常値がある場合に、不適切な指標となることがあります。
一方、中央値は、データの最大値や最小値に影響されにくいため、データの偏りやばらつきを正しく反映することができます。例えば、5人の年収が100万円、200万円、300万円、400万円、1000万円だったとすると、中央値は300万円になります。この中央値は、実際の年収の分布を正確に表していると言えます。なぜなら、中央値は、データの半分が中央値よりも大きく、半分が中央値よりも小さいことを意味するからです。
このように、中央値は、データに外れ値や異常値がある場合に、適切な指標となることがあります。

まとめ

この記事では、年収の中央値という概念を紹介し、日本の平均年収の中央値について詳しく解説しました。年収の中央値は、データの最大値や最小値に影響されにくいため、データの代表値として適しています。年収の中央値は、年代や性別、業種や地域によって大きく異なります。あなたの年収は、日本全体や同年代、同業種の中でどのくらいの位置にあるでしょうか? 年収の中央値を参考にして、自分の生活水準やキャリアプランを考えてみてください。

Scroll Top ページ上部に戻る