※本ページはプロモーションが含まれています。

歩留まりとは?ビジネスにおける歩留まりの意味や計算方法を解説

歩留まりとは?ビジネスにおける歩留まりの意味や計算方法を解説

歩留まりとは、製品やサービスの品質や効率を測る指標の一つです。歩留まりを高めることで、コストを削減し、利益を増やし、顧客満足度やブランドイメージを向上させることができます。本記事では、歩留まりの意味や計算方法について詳しく解説します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

ビジネス上の歩留まりとは?簡単に説明

歩留まりとは、製造業や生産現場でよく使われる用語です。歩留まりとは、製品やサービスの品質や効率を測る指標の一つです。
歩留まりを知ることで、どのくらいの原材料や工程が無駄になっているか、どのくらいのコストや時間がかかっているか、どのくらいの利益や顧客満足度が得られるかなど、ビジネスのパフォーマンスを把握することができます。
歩留まりは、一般的には完成品の数を投入した原材料や部品の数で割って求めます。例えば、100個の原材料から90個の完成品ができた場合、歩留まりは90%となります。
歩留まりは、製品やサービスの種類や工程によって、さまざまな方法で計算することができます。次の見出しでは、歩留まり計算の基本的な方法について説明します。

歩留まり計算について

歩留まり計算には、主に以下の3種類の方法があります。

  • 単純歩留まり:一つの工程での歩留まりを計算する方法です。完成品の数を投入した原材料や部品の数で割ります。例えば、100個の原材料から90個の完成品ができた場合、単純歩留まりは90%となります。
  • 累積歩留まり:複数の工程での歩留まりを計算する方法です。各工程の単純歩留まりを掛け合わせます。例えば、100個の原材料から80個の中間品ができた場合、第一工程の単純歩留まりは80%となります。その中間品から70個の完成品ができた場合、第二工程の単純歩留まりは87.5%となります。累積歩留まりは、80%×87.5%=70%となります。
  • 重み付き歩留まり:各工程での原材料や部品の価値や重要度に応じて、歩留まりに重みを付けて計算する方法です。各工程の単純歩留まりに重みを掛けて足し合わせます。例えば、100個の原材料から80個の中間品ができた場合、第一工程の単純歩留まりは80%となります。その中間品から70個の完成品ができた場合、第二工程の単純歩留まりは87.5%となります。第一工程の重みを0.5、第二工程の重みを0.8とすると、重み付き歩留まりは、80%×0.5+87.5%×0.8=82.5%となります。

歩留まり計算の方法は、ビジネスの目的や状況に応じて選択することができます。歩留まり計算の結果は、歩留まり率として表現することができます。次の見出しでは、歩留まり率について説明します。

歩留まり率について

歩留まり率とは、歩留まり計算の結果をパーセントで表したものです。歩留まり率とは、製品やサービスの品質や効率を評価する指標の一つです。
歩留まり率を知ることで、製品やサービスの品質や効率の水準や傾向を把握することができます。歩留まり率が高いほど、品質や効率が高いと言えます。歩留まり率が低いほど、品質や効率が低いと言えます。
歩留まり率は、製品やサービスの種類や工程によって、目標値や基準値を設定することができます。歩留まり率を目標値や基準値と比較することで、改善の必要性や方向性を判断することができます。
歩留まり率の求め方は、単純歩留まり、累積歩留まり、重み付き歩留まりのいずれかの方法で計算した値に、100を掛けることで得られます。例えば、単純歩留まりが90%の場合、歩留まり率は90%×100=90%となります。
歩留まり率は、ビジネスの成果や競争力を高めるために重要な指標です。歩留まり率を定期的に計測し、分析し、改善することが必要です。

まとめ

この記事では、キーワード「歩留まりとは」について、以下の3点を説明しました。

  • ビジネス上の歩留まりとは、製品やサービスの品質や効率を測る指標の一つです。
  • 歩留まり計算には、単純歩留まり、累積歩留まり、重み付き歩留まりの3種類の方法があります。
  • 歩留まり率とは、歩留まり計算の結果をパーセントで表したもので、製品やサービスの品質や効率を評価する指標の一つです。

歩留まりとは、製造業や生産現場で歩留まりを管理する必要がある人や、歩留まりの意味や計算方法を学びたい人にとって、重要な概念です。歩留まり率を正確に計算して、ビジネスに役立てられるようにしましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る