※本ページはプロモーションが含まれています。

フリーターとは?非正規雇用のメリットとデメリットを徹底解説

フリーターとは?非正規雇用のメリットとデメリットを徹底解説

フリーターとは何か、他の非正規雇用との違い、メリットとデメリットについて詳しく説明します。フリーターとして働くことの意味や影響を知りたい人は必見です。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

フリーターとは?簡単に説明

フリーターとは、正社員や契約社員などの正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用で働く人のことを言います。フリーターという言葉は、英語の「free」(自由な)と「arbeiter」(ドイツ語で労働者)を組み合わせた造語です。
フリーターには、自分の好きな時間や場所で働くことができるというメリットがありますが、収入や福利厚生が不安定であるというデメリットもあります。

フリーターの数は、2023年には約400万人に達すると推計されています。

フリーターとアルバイトの違い

フリーターとアルバイトは、どちらも非正規雇用で働く人のことですが、どう違うのでしょうか。一般的に、フリーターは、アルバイトを主な収入源として生活している人を指します。一方、アルバイトは、学生や主婦など、他にも収入源や生活の目的がある人が副業として行う仕事を指します。つまり、フリーターはアルバイトの一種ですが、アルバイトはフリーターではありません。フリーターとアルバイトの違いは、仕事に対する意識や将来の展望にも影響します。

フリーターとニートの違い

フリーターとニートは、どちらも正規雇用に就いていない人のことですが、違いは何でしょうか。ニートとは、英語の「Not in Education, Employment or Training」の略で、教育や就労や訓練に参加していない15歳から34歳までの人を指します。ニートは、フリーターと違って、仕事をしていないだけでなく、仕事を探していない人も含まれます。フリーターとニートの違いは、社会とのつながりや自立の度合いにも影響します。

フリーターとは?パートとの違い

フリーターとパートは、どちらも非正規雇用で働く人のことですが、何が違うのでしょうか。パートとは、正社員と同じ職場で、同じ仕事をしているが、勤務時間や賃金が異なる人を指します。パートは、フリーターと違って、一定の雇用期間や雇用条件が決まっていることが多いです。また、パートは、主に主婦や高齢者などが行う仕事というイメージがあります。つまり、パートはフリーターの一種ですが、フリーターはパートではありません。

フリーターだと何が悪いの?

フリーターは、自分の自由な時間や場所で働くことができるというメリットがありますが、何が悪いのでしょうか。フリーターには、以下のようなデメリットもあります。

  • 収入が不安定である:フリーターは、仕事の量や質によって収入が変動するため、生活費や貯金が不足する可能性があります。また、非正規雇用は、正規雇用に比べて賃金が低く、昇給やボーナスが少ないことが多いです。
  • 福利厚生が不十分である:フリーターは、社会保険や退職金などの福利厚生が受けられないか、受けられても限定的なことが多いです。そのため、病気や怪我をしたときや、老後の生活に困る可能性があります。
  • 将来のキャリアが不明確である:フリーターは、仕事に対するスキルや経験が十分に積めないか、積んでも評価されないことが多いです。そのため、正規雇用に転職することや、自分のやりたい仕事に就くことが難しい可能性があります。
  • 社会的な孤立や偏見に直面する可能性がある:フリーターは、仕事仲間や同僚との交流が少ないか、ないことが多いです。そのため、社会とのつながりや支えが失われる可能性があります。また、社会的に責任感や意欲がないという偏見や差別に直面する可能性があります。

まとめ

この記事では、フリーターとは何か、他の非正規雇用との違い、メリットとデメリットについて説明しました。フリーターは、自分の自由な時間や場所で働くことができるというメリットがありますが、収入や福利厚生が不安定であるというデメリットもあります。また、フリーターは、将来のキャリアや社会的な評価に不安を感じる可能性があります。フリーターとして働くことは、一つの選択肢ですが、自分の将来の目標や夢を見失わないようにしましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る