※本ページはプロモーションが含まれています。

【薬剤師 年収】リアルな年収事情と高収入を得る方法を徹底解説!

【薬剤師 年収】リアルな年収事情と高収入を得る方法を徹底解説!

薬剤師の年収は、平均で約600万円程度と言われていますが、実際にはどのくらいなのでしょうか?この記事では、薬剤師のリアルな年収について、大卒の年収、女性の年収、20代の年収という3つの観点から解説します。また、薬剤師で年収1000万円・年収2000万円を超える方法を紹介します。薬剤師としてのキャリアを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

薬剤師のリアルな年収

薬剤師の年収は、勤務先や勤務形態、経験年数、地域などによって大きく異なります。一般的には、病院や調剤薬局で働く薬剤師の年収は、500万円から800万円程度と言われています。しかし、これはあくまで平均値であり、実際にはもっと高い年収を得ている薬剤師もいますし、逆にもっと低い年収で働いている薬剤師もいます。
では、薬剤師の年収に影響する要因は何でしょうか?ここでは、大卒の年収、女性の年収、20代の年収という3つの観点から見ていきましょう。

大卒の年収

薬剤師は6年制の薬学部を卒業する必要があるため、ほとんどの薬剤師は大卒です。しかし、大卒といっても、卒業した大学や学部によっても年収に差が出ることがあります。例えば、国立大学や有名私立大学の薬学部を卒業した薬剤師は、一般的には、新卒で年収500万円以上を得ることができます。

一方、地方の私立大学や短期大学の薬学部を卒業した薬剤師は、新卒で年収400万円程度となることが多いです。これは、卒業した大学のブランド力や就職先の選択肢によるものです。大学のブランド力が高いほど、より高給な病院や調剤薬局に就職しやすくなります。また、就職先の選択肢が広いほど、自分の希望に合った条件の職場を見つけやすくなります。

女性の年収

薬剤師の約8割は女性です。女性の薬剤師は、男性の薬剤師と比べて、年収が低い傾向にあります。これは、女性の薬剤師が、結婚や出産、育児などのライフイベントによって、キャリアを中断したり、パートや非常勤に切り替えたりすることが多いからです。女性の薬剤師がキャリアを中断すると、経験年数やスキルが停滞し、昇給や昇進の機会が減ります。また、パートや非常勤に切り替えると、時給や手当が減り、年収が下がります。

さらに、女性の薬剤師は、男性の薬剤師と比べて、管理職や役職に就くことが少ないです。管理職や役職に就くと、責任や業務量が増えますが、それに見合った報酬や手当が支払われます。しかし、女性の薬剤師は、家庭や子育てとの両立が難しいと感じて、管理職や役職に就くことを避けることが多いです。

20代の年収

20代の薬剤師は、新卒や若手として、薬剤師としてのキャリアをスタートさせます。20代の薬剤師の年収は、平均で約600万円程度と言われています。しかし、これはあくまで平均値であり、実際にはもっと高い年収を得ている20代の薬剤師もいますし、逆にもっと低い年収で働いている20代の薬剤師もいます。では、20代の薬剤師の年収に影響する要因は何でしょうか?ここでは、勤務先や勤務形態、資格やスキルという3つの観点から見ていきましょう。

勤務先や勤務形態

20代の薬剤師の年収は、勤務先や勤務形態によって大きく変わります。病院や調剤薬局の中でも、規模や立地、経営状況などによっても年収に差が出ます。例えば、大規模な病院や都心部の調剤薬局で働く薬剤師は、小規模な病院や郊外の調剤薬局で働く薬剤師よりも、年収が高くなることが多いです。これは、大規模な病院や都心部の調剤薬局では、患者数や処方箋の枚数が多く、売上や利益が高いからです。
また、勤務形態によっても年収に差が出ます。例えば、常勤や正社員で働く薬剤師は、非常勤や契約社員で働く薬剤師よりも、年収が高くなることが多いです。これは、常勤や正社員で働く薬剤師は、基本給や賞与、手当などの待遇が良いからです。

資格やスキル

20代の薬剤師の年収は、資格やスキルによっても変わります。一般的には、薬剤師の資格だけではなく、他の資格やスキルを持っている薬剤師の方が、年収が高くなることが多いです。例えば、薬剤師の中でも、病棟薬剤師や臨床薬剤師として働く薬剤師は、一般の薬剤師よりも、年収が高くなることが多いです。これは、病棟薬剤師や臨床薬剤師として働くには、専門的な知識や技術が必要であり、その分、報酬が高いからです。
また、薬剤師以外の資格やスキルを持っている薬剤師も、年収が高くなることが多いです。例えば、英語や中国語などの外国語や、ITや経営などのビジネススキルを持っている薬剤師は、海外やグローバルな企業で働くチャンスが増えたり、自分の価値を高めたりすることができます。

薬剤師で年収1000万円を超えるには?

薬剤師の年収は、平均で約600万円程度と言われていますが、中には年収1000万円を超える薬剤師もいます。では、薬剤師で年収1000万円を超えるには、どうすればいいのでしょうか?ここでは、転職や起業、副業という3つの方法について紹介します。

転職

転職は、薬剤師で年収1000万円を超えるための方法の一つです。転職することで、より高給な職場や条件の良い職場に移ることができます。例えば、病院や調剤薬局から、製薬会社やコンサルティング会社などの企業に転職すると、年収が上がることが多いです。これは、企業では、薬剤師の専門知識や経験を活かして、研究開発や営業、マーケティングなどの業務に従事することができ、その分、報酬が高いからです。

また、転職することで、自分のキャリアプランやライフスタイルに合った職場を選ぶことができます。例えば、家庭や子育てと両立したい場合は、残業が少なくて、フレックスタイムや在宅勤務ができる職場を選ぶことができます。

起業

起業することで、自分のビジネスを立ち上げて、自分の収入をコントロールすることができます。例えば、自分の調剤薬局やオンライン薬局を開業すると、自分の経営方針やサービス内容を決めることができます。

また、自分の薬剤師としてのスキルや知識を活かして、薬剤師向けの教育やコンテンツの提供などのビジネスを展開することもできます。起業することで、自分のやりたいことや得意なことを仕事にすることができます。

専門性や研究

専門性や研究を深めると、薬剤師としての価値や信頼が高まります。また、より高度な知識や技術を持つことで、より高い報酬や手当が支払われることがあります。例えば、病棟薬剤師や臨床薬剤師として、医師や看護師と連携して、患者さんの治療や予防に貢献したり、薬学博士や教授として、大学や研究機関で、新しい薬や治療法の開発や教育に携わったりすることができます。

薬剤師で年収2000万円を超えるには?

薬剤師で年収1000万円を超える方法を紹介しましたが、さらに年収2000万円を超えるには、どうすればいいのでしょうか?
年収2000万円を超える薬剤師は、非常に稀な存在です。しかし、不可能ではありません。ここでは、海外進出や著作という2つの観点から見ていきましょう。

海外進出

海外進出をすると、日本とは異なる医療や文化に触れることができます。また、海外で働く薬剤師は、日本で働く薬剤師よりも、年収が高い傾向にあります。例えば、アメリカやヨーロッパなどの先進国では、薬剤師の平均年収は1000万円以上です。また、アジアやアフリカなどの発展途上国では、薬剤師の需要が高く、高い給与や手当が支払われることがあります。

著作

薬剤師で年収2000万円を超えるには、著作が有効な方法の一つです。本を書くことで、自分の知識や経験を伝えることができます。例えば、以下のような著作があります。

  • 書籍:書籍とは、出版社や自費出版などの方法で、本や電子書籍などの形式で、自分の知識や経験を書き残すことです。書籍では、薬剤師の仕事や薬の知識、薬剤師のキャリアやライフスタイルなどのテーマで、自分の考えやアドバイスを伝えることができます。
  • ブログ:ブログとは、インターネット上で、自分の知識や経験を記事や動画などの形式で、発信することです。ブログでは、書籍よりも気軽に、自分の知識や経験を伝えることができます。

まとめ

この記事では、薬剤師のリアルな年収について、大卒の年収、女性の年収、20代の年収という3つの観点から解説しました。また、薬剤師で年収1000万円・年収2000万円を超える方法も紹介しました。薬剤師の年収は、様々な要因によって変わりますが、自分の目標や希望に合わせて、キャリアを選択することができます。薬剤師としての仕事は、社会的にも意義のある仕事です。薬剤師としての仕事を楽しみながら、年収を上げられるよう工夫してみましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る