※本ページはプロモーションが含まれています。

内定をもらっても再就職手当を受けることは可能?ばれるとどうなるのか

内定をもらっても再就職手当を受けることは可能?ばれるとどうなるのか

再就職手当は、失業した人が再就職するまでの間に支給される手当ですが、受給するには様々な条件や手続きが必要です。 また、次の会社に内定をもらった場合、再就職手当の支給期間を延ばすことができる場合がありますが、その際には、ハローワークや前の会社とのコミュニケーションや報告が重要です。 本記事では、再就職手当とは何か、内定をもらっても再就職手当を受ける方法と注意点、再就職手当の審査が落ちるケースやトラブル例などについて、詳しく解説します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

再就職手当とは?

再就職手当とは、失業保険の一種で、失業した人が再就職するまでの間に支給される手当のことです。 この手当は、失業した人が再就職活動に専念できるように、生活費や交通費などを補助する目的があります。
再就職手当を受給するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 失業した日から2年以内に、ハローワークに失業届を提出すること
  • 失業した日から1年以内に、ハローワークに再就職手当の申請をすること
  • 失業した日から1年以内に、ハローワークに再就職の意思を示すこと
  • 失業した日から1年以内に、ハローワークの紹介や求人情報に応募すること
  • 失業した日から1年以内に、ハローワークの指導や訓練に参加すること
  • 失業した日から1年以内に、ハローワークの求職活動状況報告書を提出すること

再就職手当の支給期間は、失業した日から2年以内で、最長で330日間です。 ただし、支給期間は、失業した人の年齢や雇用期間、失業の理由などによって異なります。
再就職手当の支給額は、失業した人の平均賃金の50%から80%です。 支給額は、失業した人の年齢や雇用期間、失業の理由などによって異なります。
支給期間と支給額についての正確な詳細は、お近くのハローワークに問い合わせてみてください。

次の会社に内定をもらったら再就職手当はもらえないの?

再就職手当を受給している人が、次の会社に内定をもらった場合、再就職手当はもらえなくなるのでしょうか?
答えは、内定日によって異なります。

内定日をずらしてもらうことは可能?

再就職手当を受給している人が、次の会社に内定をもらった場合、内定日をずらしてもらうことは可能です。
内定日をずらしてもらうことで、再就職手当の支給期間を延ばすことができます。 ただし、内定日をずらしてもらうには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 内定日をずらしてもらう理由が、再就職手当の支給期間を延ばすことだけでなく、他にも合理的な理由があること
  • 内定日をずらしてもらうことによって、次の会社の採用計画や業務に支障がないこと
  • 次の会社との信頼関係が損なわれないこと
  • 次の会社と事前に話し合って合意していること

内定日をずらしてもらうことは、再就職手当の支給期間を延ばすことができるメリットがありますが、デメリットもあります。 例えば、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 内定日をずらしてもらうことによって、次の会社の採用状況が変わってしまう可能性があること
  • 次の会社の入社準備や研修が遅れてしまう可能性があること
  • 次の会社の同期や先輩とのコミュニケーションが取りにくくなる可能性があること
  • 次の会社の評価や待遇に影響が出る可能性があること

内定日をずらしてもらうことは、再就職手当の支給期間を延ばすことができる一方で、次の会社との関係にリスクが伴うことを理解しておく必要があります。 内定日をずらしてもらうかどうかは、自分の判断で決めることですが、その際には、次の会社とのコミュニケーションをしっかりと取り、両者の利害を考慮した上で、慎重に決めることが大切です。

再就職手当の審査が落ちるケース

再就職手当を受給するには、ハローワークの審査に合格する必要があります。 しかし、審査に合格するとは限りません。 どのようなケースで、再就職手当の審査が落ちる可能性があるのでしょうか?
再就職手当の審査が落ちるケースは、以下のようなものがあります。

  • 自己都合で退職した場合
  • 退職前に次の会社に内定をもらっていた場合
  • 退職後に次の会社に内定をもらった場合
  • 退職後に次の会社に入社した場合
  • 退職後に自営業や副業を始めた場合
  • 退職後に病気や怪我で働けなくなった場合
  • 退職後に学校や専門学校に入学した場合
  • 退職後に海外に移住した場合
  • 退職後にハローワークに失業届や再就職手当の申請をしなかった場合
  • ハローワークの指導や訓練に参加しなかった場合
  • ハローワークの求職活動状況報告書を提出しなかった場合
  • ハローワークの紹介や求人情報に応募しなかった場合
  • ハローワークに再就職の意思を示さなかった場合
  • ハローワークに虚偽の申告や報告をした場合

再就職手当の審査が落ちるケースは、これらに限らず、他にもあります。 例えば、以下のようなケースも考えられます。

  • 退職後に次の会社に内定をもらったが、内定日をずらしてもらったことをハローワークに報告しなかった場合
  • 退職後に次の会社に内定をもらったが、内定日をずらしてもらったことを次の会社に正直に伝えなかった場合
  • 退職後に次の会社に内定をもらったが、内定日をずらしてもらったことで次の会社との関係にトラブルが起きた場合

再就職手当の審査に合格するためには、ハローワークのルールや手続きを守ることが必要です。 また、次の会社とのコミュニケーションも重要です。 どちらか一方だけに偏らず、バランスよく対応することが大切です。

再就職手当のトラブル例

再就職手当を受給している人が、次の会社に内定をもらった場合、トラブルに巻き込まれる可能性があります。 どのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか?再就職手当のトラブル例は、以下のようなものがあります。

  • 内定日をずらしてもらったことが、ハローワークや次の会社にばれてしまった場合
  • 内定日をずらしてもらったことが、元の会社や同僚にばれてしまった場合
  • 内定日をずらしてもらったことが、家族や友人にばれてしまった場合
  • 内定日をずらしてもらったことが、SNSやメディアに暴露されてしまった場合

これらのトラブルが起こると、どのような影響があるのでしょうか?
影響は、以下のようなものが考えられます。

  • 再就職手当の支給が停止されたり、返還を求められたりすること
  • 次の会社から内定を取り消されたり、入社後に解雇されたりすること
  • 元の会社や同僚からの信頼や評判を失ったり、法的な問題になったりすること
  • 家族や友人からの信頼や評判を失ったり、人間関係に亀裂が入ったりすること
  • SNSやメディアからの批判やバッシングを受けたり、社会的な問題になったりすること

これらの影響は、再就職手当の支給期間を延ばすことのメリットよりも、はるかに大きなデメリットです。 また、これらの影響は、自分だけでなく、周囲の人や社会にも悪影響を及ぼします。 そのため、再就職手当のトラブルは、できるだけ避けるべきです。

本記事の総括

本記事では、再就職手当とは何か、次の会社に内定をもらったら再就職手当はもらえないのか、内定日をずらしてもらうことは可能なのか、再就職手当の審査が落ちるケースやトラブル例などについて、詳しく解説しました。

再就職手当は、失業した人が再就職するまでの間に支給される手当ですが、受給するには、様々な条件や手続きが必要です。 また、次の会社に内定をもらった場合、再就職手当の支給期間を延ばすことができる場合がありますが、その際には、ハローワークや前の会社とのコミュニケーションや報告が重要です。さもなくば、再就職手当の支給停止や返還請求などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

再就職手当は、再就職活動に専念できるように、生活費や交通費などを補助する目的があります。 しかし、再就職手当を受給することは、権利だけでなく、義務も伴います。 再就職手当を受給している人は、再就職手当の支給条件や手続きを正しく理解し、適切に対応することが大切です。 そうすることで、再就職手当を有効に活用し、スムーズに再就職することができるでしょう。

Scroll Top ページ上部に戻る