※本ページはプロモーションが含まれています。

転職者必見!履歴書の書き方とテンプレート、JIS規格の解説

転職者必見!履歴書の書き方とテンプレート、JIS規格の解説

転職時の履歴書の書き方について、学歴、志望動機、在職中の書き方の注意点などを分かりやすく解説します。また、転職の履歴書テンプレートとJIS規格についても紹介します。転職活動中の人は必見の記事です。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

    2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

    スタッフサービス

    求人数16万件以上の派遣会社!

    Adecco(アデコ)

    優良企業の事務求人が多い!

    転職時の履歴書の書き方について

    転職時の履歴書は、自分の経歴や能力をアピールする重要な書類です。しかし、どのように書けば良いのか悩む人も多いでしょう。ここでは、学歴、志望動機、在職中の書き方の注意点について説明します。
    学歴はどこから書けばいい?
    学歴は、最終学歴から逆順に書きます。例えば、大学卒業後に専門学校に通った場合は、専門学校を先に書きます。また、学校名や学部名、卒業年月日などは正確に記入しましょう。学歴に関する資格や免許は、別の欄に書きます。
    志望動機の書き方
    志望動機は、自分がその会社や職種に興味を持った理由や、自分の強みや適性を伝える文章です。志望動機は、以下のポイントに注意して書きましょう。

    • 具体的に書く:会社の商品やサービス、業界の動向、自分の経験やスキルなど、具体的な事実や数字を用いて書きます。抽象的な表現や汎用的な言葉は避けましょう。
    • 短く書く:志望動機は、履歴書の中で最も読まれる部分ですが、長すぎると読み手の興味を失わせます。200字程度にまとめるのが目安です。
    • ポジティブに書く:自分のやりたいことや目標を前向きに書きます。現職や前職の不満や批判は書かないようにしましょう。

    在職中の書き方注意点
    在職中の場合は、現職の会社名や職種、勤務期間などを記入します。また、在職中であることを明記し、退職予定日や退職理由も書きます。在職中の書き方には、以下の注意点があります。

    • 守秘義務に違反しない:現職の会社の業務内容や成果などを書く場合は、守秘義務に違反しないように注意しましょう。機密情報や個人情報は書かないようにしましょう。
    • 応募先の会社に配慮する:在職中の場合は、応募先の会社に対する配慮も必要です。面接日や入社日などの調整に協力的であることを伝えましょう。また、応募先の会社に不利な情報は書かないようにしましょう。

    転職の履歴書テンプレート

    転職の履歴書を書く際には、テンプレートを参考にすると便利です。テンプレートは、インターネットや書籍などで入手できます。しかし、テンプレートをそのまま使うのではなく、自分の状況や応募先の会社に合わせてカスタマイズすることが大切です。以下に、転職の履歴書の一般的なテンプレートを示します。

    • 氏名→フリガナと漢字で記入。姓名の間にスペースを入れる。
    • 生年月日→西暦と年齢を記入。年齢は応募時のもの。
    • 性別→男性または女性と記入。省略可。
    • 住所→現住所を記入。郵便番号も記入。
    • 電話番号→連絡可能な電話番号を記入。携帯電話番号が望ましい。
    • メールアドレス→連絡可能なメールアドレスを記入。PCメールアドレスが望ましい。
    • 学歴→最終学歴から逆順に記入。学校名、学部名、卒業年月日などを記入。
    • 職歴→最新の職歴から逆順に記入。会社名、職種、勤務期間、業務内容などを記入。
    • 資格・免許→取得した資格や免許を記入。取得年月日や有効期限なども記入。
    • 志望動機→自分がその会社や職種に応募する理由や自分の強みや適性を記入。200字程度にまとめる。
    • 本人希望記入欄→自分の希望や特技などを記入。省略可。
    • 写真→最近6ヶ月以内に撮影した証明写真を貼付。3cm×4cmのものが望ましい。

    転職用の履歴書JIS規格とは?

    転職用の履歴書には、JIS規格というものがあります。JIS規格とは、日本工業規格の略で、日本の産業界で共通に使用される規格のことです。転職用の履歴書のJIS規格は、JIS Z 8304という規格で定められています。この規格では、履歴書のサイズやレイアウト、項目などが決められています。JIS規格に沿った履歴書を作成すると、以下のメリットがあります。

    • 見やすくなる:JIS規格に沿った履歴書は、読み手にとって見やすくなります。項目や文字の大きさ、余白などが統一されているため、情報が整理されています。
    • 信頼感が増す:JIS規格に沿った履歴書は、読み手にとって信頼感が増します。規格に従っていることで、正式な書類として認識されます。
    • 効率的になる:JIS規格に沿った履歴書は、効率的に作成できます。テンプレートやフォーマットが決まっているため、自分で考える必要がありません。また、コピー機やスキャナーなどの機器との互換性も高くなります。


    JIS規格に沿った履歴書を作成するには、以下の方法があります。

    • 専用の用紙を購入する:文房具店やネット通販などで、JIS規格の履歴書用紙を購入できます。用紙には、項目や罫線が印刷されているので、手書きで記入することができます。
    • パソコンで作成する:パソコンで、JIS規格の履歴書テンプレートをダウンロードしたり、ワードやエクセルなどのソフトで作成したりできます。パソコンで作成する場合は、A4サイズの用紙に印刷することができます。


    本記事の総括

    この記事では、転職時の履歴書の書き方について、学歴、志望動機、在職中の書き方の注意点などを解説しました。また、転職の履歴書テンプレートとJIS規格についても紹介しました。転職時の履歴書は、自分の魅力を伝える大切な書類です。この記事を参考にして、効果的な履歴書を作成してみてください。

    Scroll Top ページ上部に戻る