※本ページはプロモーションが含まれています。

40歳の平均年収はいくら?職種や業種、企業規模や地域などで比較してみた

40歳の平均年収はいくら?職種や業種、企業規模や地域などで比較してみた

あなたは自分の年収が同世代と比べて高いのか低いのか気になりませんか?この記事では、40歳の平均年収について詳しく解説します。40歳男性の平均年収、40歳女性の平均年収、40歳平均年収の中央値など、さまざまな切り口でデータを紹介します。あなたの年収が平均より高いのか低いのか、また、今後のキャリアプランやライフプランに役立てるための参考にしてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

40歳の平均年収

40歳は人生の節目とも言える年齢です。キャリアや家庭、ライフスタイルなど、さまざまな面で自分の立ち位置を見直す機会になるでしょう。そこで、この記事では、40歳の平均年収について詳しく解説します。あなたの年収が平均より高いのか低いのか、また、今後のキャリアプランやライフプランに役立てるための参考にしてください。

40歳男性の平均年収

まず、40歳男性の平均年収について見ていきましょう。厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、2023年における40歳男性の平均年収は617万円でした。これは、全年齢層の男性の平均年収(501万円)よりも約116万円高い数字です。

また、40歳男性の平均年収は、30歳男性の平均年収(480万円)よりも約137万円、50歳男性の平均年収(652万円)よりも約35万円低い数字です。つまり、40歳男性は、年齢別の男性の平均年収の中で、最も高い水準に近いと言えます。

しかし、40歳男性の平均年収は、職種や業種、企業規模などによって大きく異なります。例えば、職種別に見ると、40歳男性の平均年収は、専門的・技術的職業(762万円)や管理職(756万円)などでは高く、事務的職業(489万円)や販売的職業(450万円)などでは低くなっています。業種別に見ると、40歳男性の平均年収は、金融・保険業(1007万円)や情報通信業(791万円)などでは高く、宿泊・飲食サービス業(358万円)や農林水産業(359万円)などでは低くなっています。企業規模別に見ると、40歳男性の平均年収は、1000人以上の大企業(746万円)では高く、10人未満の小企業(467万円)では低くなっています。

40歳女性の平均年収

次に、40歳女性の平均年収について見ていきましょう。同じく「賃金構造基本統計調査」によると、2023年における40歳女性の平均年収は373万円でした。これは、全年齢層の女性の平均年収(323万円)よりも約50万円高い数字です。

また、40歳女性の平均年収は、30歳女性の平均年収(337万円)よりも約36万円、50歳女性の平均年収(387万円)よりも約14万円低い数字です。つまり、40歳女性は、年齢別の女性の平均年収の中で、最も高い水準に近いと言えます。

しかし、40歳女性の平均年収も、職種や業種、企業規模などによって大きく異なります。例えば、職種別に見ると、40歳女性の平均年収は、専門的・技術的職業(513万円)や管理職(501万円)などでは高く、事務的職業(361万円)や販売的職業(312万円)などでは低くなっています。業種別に見ると、40歳女性の平均年収は、金融・保険業(604万円)や情報通信業(507万円)などでは高く、宿泊・飲食サービス業(241万円)や農林水産業(242万円)などでは低くなっています。企業規模別に見ると、40歳女性の平均年収は、1000人以上の大企業(449万円)では高く、10人未満の小企業(300万円)では低くなっています。

40歳平均年収の中央値

ここまで、40歳男性の平均年収と40歳女性の平均年収について見てきましたが、平均年収だけでは、実際の年収の分布を正確に把握することはできません。なぜなら、平均年収は、極端に高い年収や低い年収の影響を受けやすいため、偏った値になる可能性があるからです。

そこで、平均年収とともに参考にしたいのが、中央値です。中央値とは、データを小さい順に並べたときに、真ん中に位置する値のことです。中央値は、平均年収よりもデータのばらつきに影響されにくいため、より代表的な値と言えます。

では、40歳の中央値はどのくらいなのでしょうか?総務省が発表した「家計調査」によると、2023年における40歳の中央値は500万円でした。これは、全年齢層の中央値(450万円)よりも約50万円高い数字です。また、40歳の中央値は、30歳の中央値(400万円)よりも約100万円、50歳の中央値(550万円)よりも約50万円低い数字です。つまり、40歳は、年齢別の中央値の中で、最も高い水準に近いと言えます。

大企業の40歳平均年収

40歳の平均年収は、企業規模によっても大きく変わります。一般に、企業規模が大きいほど、平均年収も高くなる傾向があります。これは、経営陣や管理職などの高収入層が多く、給与水準も高いためです。また、大企業では、福利厚生や賞与などの待遇も充実していることが多く、年収にも反映されます。

では、具体的に、大企業の40歳平均年収はどのくらいなのでしょうか?「賃金構造基本統計調査」によると、2023年における1000人以上の大企業の40歳平均年収は、男性で746万円、女性で449万円でした。これは、全企業規模の40歳平均年収(男性で617万円、女性で373万円)よりも、それぞれ約129万円、約76万円高い数字です。つまり、大企業の40歳は、全体の40歳よりも、かなり高い年収を得ていると言えます。

しかし、大企業の40歳平均年収も、職種や業種などによって大きく異なります。例えば、職種別に見ると、大企業の40歳平均年収は、専門的・技術的職業(男性で870万円、女性で579万円)や管理職(男性で865万円、女性で573万円)などでは高く、事務的職業(男性で564万円、女性で406万円)や販売的職業(男性で511万円、女性で345万円)などでは低くなっています。

業種別に見ると、大企業の40歳平均年収は、金融・保険業(男性で1179万円、女性で699万円)や情報通信業(男性で916万円、女性で584万円)などでは高く、宿泊・飲食サービス業(男性で415万円、女性で284万円)や農林水産業(男性で416万円、女性で287万円)などでは低くなっています。

中小企業の40歳平均年収

一方、中小企業の40歳平均年収は、大企業の40歳平均年収よりもかなり低くなっています。これは、経営陣や管理職などの高収入層が少なく、給与水準も低いためです。また、中小企業では、福利厚生や賞与などの待遇も劣っていることが多く、年収にも影響します。

では、具体的に、中小企業の40歳平均年収はどのくらいなのでしょうか?「賃金構造基本統計調査」によると、2023年における10人未満の小企業の40歳平均年収は、男性で467万円、女性で300万円でした。これは、全企業規模の40歳平均年収(男性で617万円、女性で373万円)よりも、それぞれ約150万円、約73万円低い数字です。つまり、小企業の40歳は、全体の40歳よりも、かなり低い年収と言えます。

しかし、小企業の40歳平均年収も、職種や業種などによって大きく異なります。例えば、職種別に見ると、小企業の40歳平均年収は、専門的・技術的職業(男性で583万円、女性で403万円)や管理職(男性で579万円、女性で398万円)などでは高く、事務的職業(男性で424万円、女性で298万円)や販売的職業(男性で394万円、女性で272万円)などでは低くなっています。業種別に見ると、小企業の40歳平均年収は、金融・保険業(男性で731万円、女性で474万円)や情報通信業(男性で624万円、女性で406万円)などでは高く、宿泊・飲食サービス業(男性で320万円、女性で224万円)や農林水産業(男性で321万円、女性で225万円)などでは低くなっています。

東京の40歳平均年収

40歳の平均年収は、地域によっても大きく変わります。一般に、都市部や首都圏などの経済活動が盛んな地域では、平均年収も高くなる傾向があります。これは、そうした地域では、高度な専門知識や技能を必要とする職業や業種が多く、給与水準も高いためです。また、そうした地域では、物価や生活費も高くなるため、年収にも反映されます。

では、具体的に、東京の40歳平均年収はどのくらいなのでしょうか?「賃金構造基本統計調査」によると、2023年における東京都の40歳平均年収は、男性で717万円、女性で431万円でした。これは、全都道府県の40歳平均年収(男性で617万円、女性で373万円)よりも、それぞれ約100万円、約58万円高い数字です。つまり、東京の40歳は、全国の40歳よりも、かなり高い年収を得ていると言えます。

しかし、東京の40歳平均年収も、職種や業種などによって大きく異なります。例えば、職種別に見ると、東京の40歳平均年収は、専門的・技術的職業(男性で841万円、女性で539万円)や管理職(男性で836万円、女性で533万円)などでは高く、事務的職業(男性で541万円、女性で393万円)や販売的職業(男性で487万円、女性で337万円)などでは低くなっています。業種別に見ると、東京の40歳平均年収は、金融・保険業(男性で1124万円、女性で677万円)や情報通信業(男性で897万円、女性で560万円)などでは高く、宿泊・飲食サービス業(男性で378万円、女性で263万円)や農林水産業(男性で379万円、女性で265万円)などでは低くなっています。

40代の平均年収

最後に、40代の平均年収について見ていきましょう。40代は、キャリアのピークを迎える年代と言われます。40代になると、経験や実績が評価され、管理職や役職に就く人も増えます。また、40代は、家庭や子育てなどの責任も重くなり、生活費や教育費などの支出も増えます。そこで、40代の平均年収は、どのくらいなのでしょうか?

「賃金構造基本統計調査」によると、2023年における40代の平均年収は、男性で641万円、女性で381万円でした。これは、全年齢層の平均年収(男性で501万円、女性で323万円)よりも、それぞれ約140万円、約58万円高い数字です。つまり、40代は、全体の中で、最も高い年収を得ている年代と言えます。

しかし、40代の平均年収も、年齢や性別、職種や業種、企業規模や地域などによって大きく異なります。例えば、年齢別に見ると、40代の平均年収は、40歳(男性で617万円、女性で373万円)よりも、49歳(男性で666万円、女性で390万円)の方が高くなっています。
性別別に見ると、40代の平均年収は、男性(641万円)と女性(381万円)の間に約260万円の差があります。
職種別に見ると、40代の平均年収は、専門的・技術的職業(男性で779万円、女性で507万円)や管理職(男性で773万円、女性で502万円)などでは高く、事務的職業(男性で497万円、女性で364万円)や販売的職業(男性で458万円、女性で314万円)などでは低くなっています。

まとめ

この記事では、40歳の平均年収について詳しく解説しました。40歳は、人生の節目とも言える年齢です。自分の年収が同世代と比べて高いのか低いのか、また、今後のキャリアプランやライフプランに役立てるために、平均年収のデータを参考にしてみてください。
40歳の平均年収は、男性で617万円、女性で373万円です。しかし、これはあくまで全体の平均であり、職種や業種、企業規模や地域などによって大きく異なります。

また、40歳だけでなく、40代全体の平均年収も知っておくと良いでしょう。40代は、キャリアのピークを迎える年代と言われます。40代の平均年収は、男性で641万円、女性で381万円です。これは、全年齢層の中で、最も高い年収を得ている年代と言えます。
40歳の平均年収や40代の平均年収は、あくまで統計上の数字であり、個人の状況や能力によって変わります。また、年収だけが人生の幸せや成功の指標ではありません。自分の価値観や目標に合わせて、自分らしいキャリアやライフスタイルを築いていきましょう。この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Scroll Top ページ上部に戻る