※本ページはプロモーションが含まれています。

第二新卒っていつまで?就活のコツと応募実績がある大手企業一覧

第二新卒っていつまで?就活のコツと応募実績がある大手企業一覧

第二新卒とは、新卒で入社した会社を1~3年以内に退職した人のことです。第二新卒には、新卒よりも経験やスキルがあり、自分のやりたいことや適性が分かっているというメリットがあります。また、第二新卒に対して積極的な企業は多くあり、転職市場は広がっています。この記事では、第二新卒の定義や就活のコツ、応募実績がある大手企業の一覧を紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

第二新卒とは?

第二新卒とは、一般的には、新卒で入社した会社を1~3年以内に退職し、再び就職活動をする人のことを指します。第二新卒の理由は様々ですが、仕事内容や職場環境に不満がある、スキルアップしたい、転職したいなどが多く挙げられます。

いつまで「第二新卒」なのか?

第二新卒の定義は曖昧で、企業によっても異なりますが、一般的には、新卒で入社した会社を1~3年以内に退職した人とされています。しかし、この期間は必ずしも固定ではありません。例えば、以下のような場合は、第二新卒として扱われる可能性があります。

  • 新卒で入社した会社を3年以上勤めたが、その後に無職期間が長くなった人
  • 新卒で入社した会社を1年未満で退職したが、その後に複数の会社を転々とした人
  • 新卒で入社した会社を1~3年以内に退職したが、その後にフリーランスや起業などの非正規雇用になった人

逆に、以下のような場合は、第二新卒として扱われない可能性があります。

  • 新卒で入社した会社を1~3年以内に退職したが、その後に正社員として別の会社に就職した人
  • 新卒で入社した会社を1~3年以内に退職したが、その後に大学院や専門学校などに進学した人
  • 新卒で入社した会社を1~3年以内に退職したが、その後に海外留学やボランティアなどの有意義な活動をした人

つまり、第二新卒とは、新卒で入社した会社を1~3年以内に退職した人のうち、その後に正規雇用のキャリアを積んでいない人のことを指すと言えます。しかし、これはあくまで一般的な傾向であり、企業によっては、より厳しい基準や柔軟な基準を設けている場合もあります。そのため、自分が第二新卒に該当するかどうかは、応募する企業の採用方針を確認することが重要です。

「第二新卒やめとけ」は本当?就活は厳しいのか

第二新卒は、新卒で入社した会社を1~3年以内に退職した人のことですが、このことから、第二新卒は「仕事に向いていない」「やる気がない」「能力が低い」などのネガティブなイメージを持たれることがあります。そのため、第二新卒は就活が厳しいと言われることがあります。しかし、これは本当なのでしょうか?
実際には、第二新卒の就活は、新卒の就活と比べても、必ずしも厳しいとは言えません。むしろ、第二新卒には、以下のようなメリットがあります。

  • 新卒よりも経験やスキルがある
  • 新卒よりも自分のやりたいことや適性が分かっている
  • 新卒よりも転職市場が広い

逆に、第二新卒の就活には、以下のようなデメリットもあります。

  • 新卒よりも採用枠が少ない
  • 新卒よりも年収が低い
  • 新卒よりも応募条件が厳しい

第二新卒の就活は、新卒の就活とは異なる特徴を持っています。そのため、第二新卒の就活に成功するためには、以下のようなポイントに注意することが必要です。

  • 自分の強みや志望動機を明確にする
  • 第二新卒に対して積極的な企業を探す
  • 早めに就活を始める
  • 転職エージェントやキャリアカウンセラーなどのサポートを利用する

第二新卒の応募実績がある大手一覧

第二新卒の就活において、気になるのが、どのような企業が第二新卒を採用しているのかということです。実は、第二新卒に対して積極的な企業は多くあります。特に、以下のような業界や企業は、第二新卒の採用に力を入れています。

  • IT・通信業界:業界全体が成長しており、人材不足が深刻なため、第二新卒に対してもオープンな姿勢をとっている。例)楽天LINEヤフーDeNAメルカリなどの大手IT企業。
  • コンサルティング業界:高いスキルや知識が求められる業界であり、第二新卒の経験や能力を評価している。例)アクセンチュアPwCデロイトKPMGEYなどの大手コンサルティングファーム。
  • 金融業界:業界全体が変革期にあり、新しいビジネスモデルやサービスを展開するために、第二新卒のアイデアや柔軟性を求めている。例)三井住友銀行三菱UFJ銀行みずほ銀行SBI証券楽天証券などの大手金融機関。

もちろん、これらの業界や企業だけが第二新卒の採用先ではありません。他にも、製造業、流通業、サービス業、教育業、医療業など、様々な業界や企業が第二新卒を採用しています。第二新卒の就活においては、自分の興味や適性に合った業界や企業を見つけることが大切です。

最後に:第二新卒は人生終了!なんかじゃない

第二新卒という言葉には、否定的なニュアンスが含まれていることがあります。しかし、第二新卒は人生終了なんかじゃないということを、この記事でお伝えしたいと思います。

第二新卒は、自分のキャリアを見直し、新たなチャレンジをするチャンスです。第二新卒には、新卒よりも経験やスキルがあり、自分のやりたいことや適性が分かっているというメリットがあります。また、第二新卒に対して積極的な企業は多くあり、転職市場は広がっています。第二新卒の就活に成功するためには、自分の強みや志望動機を明確にし、第二新卒に対して積極的な企業を探し、早めに就活を始めることが必要です。また、転職エージェントやキャリアカウンセラーなどのサポートを利用することも有効です。

第二新卒は、自分の人生をより良くするための選択です。第二新卒になったからといって、自分を責めたり、諦めたりする必要はありません。第二新卒は、自分の可能性を広げるためのステップです。第二新卒の就活に挑戦するあなたに、応援のメッセージを送ります。頑張ってください!

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

Scroll Top ページ上部に戻る