※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣法とは?分かりやすく解説!派遣法改正についてや違反した場合も紹介

派遣法とは?分かりやすく解説!派遣法改正についてや違反した場合も紹介

派遣法とは何か?派遣法の「3年」とは何か?派遣法に違反した場合はどうなるのか?派遣社員として働いているか、働くことを検討している人にとって、派遣法について知ることは重要です。本記事では、派遣法に関する基本的な知識や最新の情報を、分かりやすく解説します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

派遣法とは?分かりやすく

派遣法とは、派遣社員の雇用や労働条件を守るための法律です。派遣社員とは、派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の企業で働く人のことです。派遣法は、派遣社員の権利や義務、派遣会社や派遣先の責任や義務、派遣の制限や禁止などを定めています。派遣法では、派遣社員の待遇や安全を確保するとともに、正社員との均衡や社会的地位の向上を目指しています。

派遣法の「3年」とは?

派遣法の「3年」とは、派遣社員が同じ派遣先で同じ業務に従事できる期間の上限です。派遣法は、派遣社員が長期にわたって同じ派遣先で働くことで、正社員との差別や不安定な雇用を招くことを防ぐために、この期間を設けています。

派遣法の「3年」は、2020年10月1日から施行されました。それ以前は、派遣社員の期間の上限はありませんでした。派遣法の「3年」は、派遣社員の個人ごとに計算されます。つまり、同じ派遣先で複数の派遣社員が働いていても、それぞれの派遣開始日から3年間が期間の上限です。派遣法の「3年」が過ぎると、派遣社員は、派遣先を変えるか、派遣先に直接雇用されるか、派遣会社との雇用契約を解除するかのいずれかを選択しなければなりません。

派遣法施行規則について

派遣法施行規則とは、派遣法の具体的な運用方法や手続きを定めた規則です。派遣法施行規則は、厚生労働省が作成し、政令で公布されます。派遣法施行規則は、派遣法の補足や詳細化を行うもので、派遣法と矛盾することはありません。

派遣法施行規則には、派遣会社の登録や届出、派遣社員の労働条件や安全衛生、派遣先の監督や指導、派遣の制限や禁止などに関する事項が規定されています。派遣法施行規則は、派遣法の改正に伴って、随時改正されます。

派遣法に違反した場合

派遣法に違反した場合、派遣会社や派遣先に対して、行政処分や刑事罰が科される可能性があります。派遣法に違反する行為としては、以下のようなものがあります。

  • 派遣会社が登録や届出をせずに派遣業務を行うこと
  • 派遣会社が派遣社員の労働条件や安全衛生を守らないこと
  • 派遣会社が派遣社員に不当な解雇や不利益な取扱いをすること
  • 派遣先が派遣社員に直接指揮命令をすること
  • 派遣先が派遣社員の労働条件や安全衛生を守らないこと
  • 派遣先が派遣社員に不当な解雇や不利益な取扱いをすること
  • 派遣先が派遣の制限や禁止に違反すること
  • 派遣会社や派遣先が派遣法の監督や指導に応じないこと

派遣法に違反した場合、厚生労働省は派遣会社や派遣先に対して、是正勧告や是正命令、業務停止命令、登録取消し、罰金などの行政処分を行うことができます。

また、派遣法に違反した場合、派遣会社や派遣先の代表者や関係者は、懲役や罰金などの刑事罰を受けることがあります。さらに派遣社員は、派遣会社や派遣先に対して、損害賠償や雇用契約の確認などの民事訴訟を起こすことができます。

派遣法改正の大枠について

派遣法は、派遣社員の雇用や労働条件を守るための法律ですが、社会や経済の変化に対応するために、何度も改正されてきました。最近では、2020年10月1日に、派遣法の大幅な改正が施行されました。派遣法改正の大枠については、以下のようなものがあります。

  • 派遣社員の期間の上限を3年にすること
  • 派遣社員の労働条件の同一労働同一賃金の原則を強化すること
  • 派遣社員のキャリアアップや雇用安定の支援を強化すること
  • 派遣会社の登録や届出の手続きを簡素化すること
  • 派遣会社や派遣先の監督や指導を強化すること

派遣法改正の目的は、派遣社員の待遇や安全を確保するとともに、正社員との均衡や社会的地位の向上を目指すことです。派遣法改正の内容や影響について、以下で詳しく見ていきましょう。

派遣社員の期間の上限を3年にすること

派遣法改正の最も大きな変更点は、上記のように、派遣社員の期間の上限を3年にすることです。派遣社員の期間の上限は、一部の例外を除いて、全ての派遣先や業務に適用されます。例外としては、以下のようなものがあります。

  • 専門的な知識や技能を必要とする業務
  • 一定の期間に限って行われる業務
  • 派遣先の正社員の代替となる業務
  • 派遣先の正社員の育児や介護などの休業に伴う業務
  • 派遣先の正社員の教育や研修に伴う業務
  • 派遣先の正社員の労働時間の短縮に伴う業務
  • 派遣先の正社員の配置転換に伴う業務
  • 派遣先の正社員の労働力不足に対応する業務

これらの例外に該当する場合は、派遣社員の期間の上限は適用されません。ただし、派遣会社や派遣先は、例外の理由や条件を明確にする必要があります。

また、派遣社員は、例外の適用に同意するかどうかを選択できます。派遣社員の期間の上限は、派遣社員のキャリアチェンジや雇用形態の選択肢を広げるというメリットがありますが、一方で、派遣先の人材確保や業務継続に影響を与えるというデメリットもあります。派遣会社や派遣先は、派遣社員の期間の上限に対応するために、派遣社員の育成や配置、派遣先との連携などを見直す必要があります。

派遣社員の労働条件の同一労働同一賃金の原則を強化すること

派遣法改正のもう一つの重要な変更点は、派遣社員の労働条件の同一労働同一賃金の原則を強化することです。これは、派遣社員と派遣先の正社員が同じ業務を行っている場合、派遣社員の賃金や福利厚生などの労働条件を、派遣先の正社員と同等にするという原則です。派遣法は、派遣社員の労働条件の同一労働同一賃金の原則を、派遣会社に対して義務付けています。

派遣会社は、派遣社員の労働条件を、派遣先の正社員と同等にするか、もしくは、派遣会社の正社員と同等にするかのいずれかを選択しなければなりません。派遣法改正により、派遣会社は、派遣社員の労働条件を、派遣先の正社員と同等にする場合に、以下のような点に注意しなければなりません。

  • 派遣社員の賃金は、派遣先の正社員の賃金と同等にすること
  • 派遣社員の賃金は、派遣先の正社員の賃金の変動に応じて変更すること
  • 派遣社員の賃金は、派遣先の正社員の賃金の詳細を派遣会社に通知すること
  • 派遣社員の福利厚生は、派遣先の正社員の福利厚生と同等にすること
  • 派遣社員の福利厚生は、派遣先の正社員の福利厚生の変更に応じて変更すること
  • 派遣社員の福利厚生は、派遣先の正社員の福利厚生の詳細を派遣会社に通知すること

派遣社員の労働条件の同一労働同一賃金の原則は、派遣社員の待遇やモチベーションを向上させるというメリットがありますが、一方で、派遣会社や派遣先のコストや管理負担を増やすというデメリットもあります。派遣会社や派遣先は、派遣社員の労働条件の同一労働同一賃金の原則に対応するために、派遣社員の評価や報酬、派遣先の情報提供や協力などを見直す必要があります。

派遣社員のキャリアアップや雇用安定の支援を強化すること

派遣法改正のもう一つの変更点は、派遣社員のキャリアアップや雇用安定の支援を強化することです。これは、派遣社員のスキルや能力の向上や、派遣先への直接雇用や正社員への転換などのキャリアチェンジの機会を増やすことを目的としています。

派遣法は、派遣社員のキャリアアップや雇用安定の支援を、派遣会社や派遣先に対して義務付けています。派遣会社は、派遣社員のキャリアアップや雇用安定の支援を行うために、以下のような点に注意しなければなりません。

  • 派遣社員の教育や研修を実施すること
  • 派遣社員のスキルや能力の評価や認定を行うこと
  • 派遣社員のキャリアプランや希望を把握すること
  • 派遣社員の派遣先への直接雇用や正社員への転換の機会を提供すること
  • 派遣社員の派遣先の変更や雇用契約の更新の際に、適切な説明や相談を行うこと

派遣先は、派遣社員のキャリアアップや雇用安定の支援を行うために、以下のような点に注意しなければなりません。

  • 派遣社員の教育や研修に協力すること
  • 派遣社員のスキルや能力の評価や認定に協力すること
  • 派遣社員のキャリアプランや希望を尊重すること
  • 派遣社員の派遣先への直接雇用や正社員への転換の機会を提供すること
  • 派遣社員の派遣先の変更や雇用契約の更新の際に、適切な説明や相談を行うこと

派遣社員のキャリアアップや雇用安定の支援は、派遣社員の成長や満足度を高めるというメリットがありますが、一方で、派遣会社や派遣先の人材育成や管理の責任を増やすというデメリットもあります。派遣会社や派遣先は、派遣社員のキャリアアップや雇用安定の支援に対応するために、派遣社員の教育や研修、評価や認定、キャリアプランや希望、直接雇用や正社員への転換などを見直す必要があります。

本記事の総括

本記事では、以下の点を見出しとして詳しく解説しました。

  • 派遣法とは?分かりやすく
  • 派遣法の「3年」とは?
  • 派遣法施行規則について
  • 派遣法に違反した場合
  • 派遣法改正の大枠について

派遣法は、派遣社員の雇用や労働条件を守るための法律ですが、社会や経済の変化に対応するために、何度も改正されてきました。最近では、2020年10月1日に、派遣法の大幅な改正が施行されました。

派遣社員として働いているか、働くことを検討している人は、派遣法について理解しておくことが重要です。派遣法について知ることで、派遣社員の権利や義務、派遣会社や派遣先の責任や義務、派遣の制限や禁止などを把握することができます。また、派遣社員の待遇や安全、キャリアアップや雇用安定、正社員との均衡や社会的地位の向上などを目指すことができます。
本記事が、派遣社員として働いているか、働くことを検討している人の参考になれば幸いです。

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

Scroll Top ページ上部に戻る