※本ページはプロモーションが含まれています。

103万円を少し超えた場合はどうなる?給与所得と雑所得の合計で知るべきこと

103万円を少し超えた場合はどうなる?給与所得と雑所得の合計で知るべきこと

103万円を超えると税金が発生すると聞いたことはありませんか?この記事では、103万円を超えた場合の所得税や住民税の計算方法と、配偶者控除の影響について分かりやすく解説します。税金に関する知識を身につけて、賢く節税しましょう。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

103万円を超えた場合

まず、103万円を超えたらどうなるのか、その仕組みを説明します。
日本の税制では、所得税と住民税の対象となる収入には、以下の3種類があります。

  • 給与所得
  • 事業所得
  • 雑所得

給与所得とは、会社や組織から給料や賞与などを受け取る収入のことです。また、事業所得とは、個人事業主やフリーランスなどが自分の事業から得る収入のことです。そして雑所得とは、上記の2種類以外の収入のことで、例えば、配当所得や不動産所得、年金所得などが該当します。

これらの収入には、それぞれに基礎控除というものがあります。 基礎控除とは、税金の対象とならない収入の額のことで、以下のように決められています。

  • 給与所得の基礎控除:48万円
  • 事業所得の基礎控除:65万円
  • 雑所得の基礎控除:38万円

つまり、これらの額以下の収入であれば、所得税や住民税はかかりません。 しかし、これらの額を超えると、超えた分に対して税金がかかります。

では、103万円という数字はどこから来たのでしょうか? 実は、103万円というのは、給与所得と雑所得の基礎控除の合計額になります。 つまり、給与所得と雑所得の合計が103万円以下であれば、所得税や住民税はかかりません。 しかし、103万円を超えると、超えた分に対して税金がかかります。

103万円を少し超えた場合

次に、103万円を少し超えた場合について考えてみましょう。
例えば、あなたが給与所得と雑所得の合計で、103万円を1万円だけ超えたとします。 この場合、超えた1万円に対して、所得税と住民税がかかります。
所得税は、所得税率というものによって決まります。 所得税率とは、所得の額に応じて変わる税率のことで、以下のようになっています。

  • 195万円以下:5%
  • 195万円超~330万円以下:10%
  • 330万円超~695万円以下:20%
  • 695万円超~900万円以下:23%
  • 900万円超~1,800万円以下:33%
  • 1,800万円超~4,000万円以下:40%
  • 4,000万円超:45%

この場合、あなたの所得は103万円を1万円だけ超えたので、所得税率は5%になります。 つまり、所得税は1万円×5%=500円になります。
住民税は、都道府県民税と市町村民税の合計で、所得税の10%に相当する額になります。 つまり、住民税は500円×10%=50円になります。
以上より、103万円を1万円だけ超えた場合、税金の合計は500円+50円=550円になります。

103万円を超えたらいくら払う?

では、103万円を超えたらいくら払うのか、一般的なケースで計算してみましょう。
例えば、あなたが給与所得と雑所得の合計で、120万円を得たとします。 この場合、103万円を超えた分は17万円になります。
所得税は、所得税率は5%になるので、17万円×5%=8,500円になります。

住民税は、8,500円×10%=850円になります。
以上より、103万円を超えた場合、税金の合計は8,500円+850円=9,350円になります。

妻・配偶者が103万円を超えたらいくら払う?

最後に、妻・配偶者が103万円を超えた場合について考えてみましょう。
あなたが既婚で、妻・配偶者が給与所得と雑所得の合計で、103万円を超えたとします。 この場合、あなたは配偶者控除というものを受けることができません。

配偶者控除とは、あなたの所得から差し引くことができる控除のことで、以下のように決められています。

  • 配偶者の収入が103万円以下:38万円
  • 配偶者の収入が103万円超~141万円以下:25万円
  • 配偶者の収入が141万円超:0円

つまり、配偶者の収入が103万円を超えると、あなたの所得から38万円も差し引くことができなくなります。これによって、あなたの税金の負担を増やすことになります。
例えば、あなたが給与所得と雑所得の合計で、500万円を得たとします。この場合、あなたの所得税は、以下のように計算できます。

  • 配偶者の収入が103万円以下:(500万円-48万円-38万円)×10%=41.4万円
  • 配偶者の収入が103万円超:(500万円-48万円)×10%=45.2万円

このように、配偶者の収入が103万円を超えると、あなたの所得税は3.8万円も増えます。住民税も同様に増えます。
以上より、妻・配偶者が103万円を超えた場合、あなたの税金の合計は、約7.6万円も増えることになります。

本記事の総括

この記事では、103万円を少し超えた場合の税金について、以下の4つの点を詳しく解説しました。

  • 103万円を超えたらどうなる
  • 103万円を少し超えた場合
  • 103万円を超えたらいくら払う?
  • 妻・配偶者が103万円を超えたらいくら払う?

この記事を読んで、103万円を少し超えた場合の税金について、分かりやすく理解できたと思います。
しかし、税金は複雑なもので、個人の状況によって変わります。 また、税金を減らすための節税対策もあります。 そのため、自分の税金について正確に知りたい場合は、税理士や税務署に相談することをおすすめします。

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

Scroll Top ページ上部に戻る