※本ページはプロモーションが含まれています。

パート求人の探し方のポイント4つ!応募方法やよくある面接の質問も解説

パート求人の探し方のポイント4つ!応募方法やよくある面接の質問も解説

これからパート求人を探そうと思っている人に向けて、パート求人の探し方のポイントを解説します。また、記事の後半では求人の応募方法面接の際にされる「よくある質問」も紹介します。パート求人を探している人は、是非参考にしてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年2月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数約26,000件の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

パート求人の探し方ポイント

パート求人を探すぞ!と思っても、求人や条件が多く途方に暮れてしまう人もいらっしゃるはず。こちらの記事では、パート求人を探している人が特に求める以下のポイントにフォーカスして、パート求人の探し方を紹介します。

  • 短時間勤務
  • 事務職
  • 出勤が平日のみ
  • 主婦向けに特化

私と同じ条件だ!と思った項目がありましたら、ぜひ参考になさってください。

短時間勤務が可能なパート求人について

  • そもそも短時間勤務とは?⇒1日4時間以下の勤務時間のことを指す。
  • 短時間勤務のメリットは?⇒家事や育児との両立がしやすいことや、社会保険料の負担が少ないことなどがある。

短時間勤務求人の見つけ方

  • 短時間勤務のパート求人を見つけるには、求人サイトやフリーペーパーなどで「短時間」「短期」「単発」「週1日からOK」などのキーワードで検索するとよい。
  • また、飲食店やコンビニ、スーパーなどのシフト制の職場では、空いた時間に働けることが多いので、直接店舗に問い合わせてみるのも一つの方法である。

事務職のパート求人について

  • 事務職とは、書類作成やデータ入力、電話応対などのオフィスワークのことを指す。
  • 事務職のメリットは、服装や髪型に制限が少ないことや、パソコンスキルやビジネスマナーなどの資格や経験が活かせることなどがある。

事務職求人の見つけ方

  • 事務職のパート求人を見つけるには、求人サイトやフリーペーパーなどで「事務」「オフィスワーク」「データ入力」などのキーワードで検索するとよい。
  • また、派遣会社や人材紹介会社などに登録して、自分の希望に合った仕事を紹介してもらうのも一つの方法である。

出勤日が平日のみでいいパート求人の見つけ方

  • 出勤日が平日のみでいいパート求人のメリットは、家族との時間や趣味の時間を確保できることや、土日祝日の混雑や高額な交通費を避けられることなどがある。

求人の見つけ方

  • 出勤日が平日のみでいいパート求人を見つけるには、求人サイトやフリーペーパーなどで「平日のみ」「土日祝日休み」「週5日勤務」などのキーワードで検索するとよい。
  • また、学校や幼稚園、保育園などの教育関係や、病院やクリニックなどの医療関係の職場では、平日のみの勤務が多いので、そういった職場を探してみるのも一つの方法である。

主婦向けのパート求人の見つけ方

  • 主婦向けのパート求人とは、主婦のライフスタイルやニーズに合ったパート求人のことを指す。
  • 主婦向けのパート求人のメリットは、家事や育児との両立がしやすいことや、同じ境遇の仲間ができることなどがある。

求人の見つけ方

  • 主婦向けのパート求人を見つけるには、求人サイトやフリーペーパーなどで「主婦歓迎」「主婦活躍中」「ブランクOK」「未経験OK」などのキーワードで検索するとよい。
  • また、スーパーやドラッグストア、100円ショップなどの小売店や、カフェやレストランなどの飲食店、塾や学童などの教育関係の職場では、主婦のパートが多く働いているので、そういった職場を探してみるのも一つの方法である。

パート求人の応募方法


パート求人の応募方法は、求人媒体によって異なりますが、一般的には以下のような方法があります。

  • Web応募: 求人サイトや求人検索エンジンなどで、応募ボタンを押して必要な情報を入力する方法です。時間帯を気にせず応募できるので便利ですが、応募後の返信が遅い場合があります。
  • 電話応募: 求人情報に記載されている電話番号に直接連絡する方法です。応募したことを確実に伝えられるので、面接の日程もすぐに調整できますが、応募する時間帯に注意する必要があります。
  • 人材派遣: 派遣会社に登録し、自分の希望に合った仕事を紹介してもらう方法です。すぐに人材を確保できるので、急募の求人にも対応できますが、通常よりも時間単価が高い場合があります。
  • リファラル・縁故: 自社の社員や社外の人間からの紹介で採用する方法です。人柄を把握しやすく、コストや採用への手間がかからないので、人柄重視の採用をしたい場合におすすめです。

パート求人の面接でよく聞かれる質問例


パート求人の面接でよく聞かれる質問は、以下のようなものがあります。

  • 応募動機・志望動機: なぜその職種や会社に興味を持ったのか、どのような仕事をしたいのかを伝えることが大切です。具体的な理由や自分の経験やスキルを活かせる点をアピールしましょう。
  • 希望のシフト: 週に何日、一日何時間、どの時間帯に働けるのかを具体的に答えましょう。シフトに入れる曜日や時間帯に制限がある場合は、事前に伝えておきましょう。
  • 仕事内容について: 仕事の内容や難易度に不安はないか、PCスキルや資格などが必要かどうかなどを聞かれることがあります。未経験の場合は、前職や学生時代の経験を活かせる点や、仕事を覚える意欲を伝えましょう。
  • 過去の仕事経験・ブランク期間: これまでにどのような仕事をしてきたか、仕事のブランクがある場合はその理由や期間などを聞かれることがあります。前職での苦労や工夫、ブランク期間中にしたことなどを話しましょう。
  • 自己PR: 自分の長所や短所、得意なことや苦手なことなどを聞かれることがあります。自分の強みや改善点を具体的に話し、仕事にどのように活かすかを伝えましょう。
  • 逆質問: 面接の最後に「質問はありますか?」と聞かれることがあります。仕事の内容や待遇、職場の雰囲気などについて質問すると、仕事に対する関心や意欲を示すことができます。

以上が、パート求人の面接でよく聞かれる質問の例です。事前に答えを準備しておくと、面接で緊張せずに話すことができます。

パート求人の探し方や応募方法の総括

以上、パート求人を探す際に役立つポイントを4つを紹介しました。それぞれのポイントでは、求人を見つける方法やメリットを具体的に説明させていただきました。また、パート求人の応募方法や面接でよく聞かれる質問についてもご紹介の通りとなります。

パート求人を探している人にとって、本記事が少しでもお役に立てたなら幸いです。

▼関連記事
人気おすすめ派遣会社ランキング【派遣会社社長アドバイス付】

みんなが選ぶ!派遣会社4つのポイント

どの派遣会社が良いんだろう?イマイチ決め所が分からない!そんな時は、他の人が決め手にした派遣会社のポイントを参考にしてみましょう♪

Scroll Top ページ上部に戻る