ブライダル業界で働いてみたい人必見!どんな仕事内容があるの?

ブライダル業界というと華やかな印象を持つ人もいるでしょう。そんなブライダル業界で仕事をしてみたいと考える人は多いのではないでしょうか。ブライダル業界では、どのような業務や苦労さがあるのでしょう。この記事では、ブライダル業界で働いてみたいと考える人に、仕事内容はどのようなものなのかについて解説していきます。

1.ブライダルの仕事とは?

結婚は、人生において大きな一歩となるものです。その結婚という一大イベントをサポートするのがブライダルの仕事です。カップルが結婚を決めたとき、結婚指輪や結婚式のことなど準備するべきことがたくさんあります。そのため、すべてをカップルだけで準備するのは難しいでしょう。そこで、2人を支えるのがブライダル業界の仕事なのです。人生においてとても大きなイベントの1つである結婚式に携わるので、しっかりと責任感を持ち、お客様に喜んでもらえるようなサービスを提供しなくてはなりません。

2.ブライダル関連の主な仕事について

結婚式のサポートといっても、具体的にはどのような業務があるのでしょうか。ブライダル関連の主な仕事について解説していきます。

バンケットスタッフ

 ブライダル関連の仕事の中には、バンケットスタッフという役割の人がいます。これは、ゲストの誘導やお料理をサーブするなど披露宴をスムーズに進行されるためには欠かせない仕事の1つです。式の進行をスムーズにするためには、会場全体がどのような様子になっているのかをよく見極めて状況に合わせながら業務をこなしていく必要があります。円滑に式を進めて行くには必要なスキルがあります。例えば、どこかのテーブルだけ早くお料理が運ばれたり、遅く運ばれたりするということは好ましくありません。ほぼ同じタイミングでゲストに料理が配れるようにするなどの細かい気配りが必要になってくるのです。

また、コミュニケーション能力も必要な業務であり、他のスタッフと協力しながら式を進行していくことになります。 

アテンドスタッフ

 アテンドスタッフとは、挙式から披露宴まで新郎新婦のそばでサポートをしてくれるスタッフのことです。介添人という呼ばれ方もされ、初めての結婚式という大舞台に緊張することも多い新郎新婦を陰で支える仕事なのです。結婚式のときに撮影された写真などは、一生残るものになるでしょう。そのため、アテンドスタッフはドレスに乱れはないか、ヘアメイクは崩れていないかということを常にチェックすることも仕事になります。とても細やかな気配りが必要とされる仕事で、集中力と体力も必要な仕事です。

しかし、結婚式をスムーズに進行させるだけでなく、新郎新婦の身だしなみなどに乱れがない状態で式を進めて行くには欠かせない役割を担う仕事でありやりがいがあるものでしょう。 

ウェディングプランナー

ウェディングプランナーの仕事は、新郎新婦と一緒になって挙式や披露宴の流れをはじめ、装飾や料理などの結婚式全体のプランを考えていくことです。どのようなイメージの結婚式にしたいのか、ゲストの層はどのようなものなのか、新郎新婦の予算に合わせてプランを考えていく必要があります。当日だけでなく事前に新郎新婦と打ち合わせを重ねなくてはならず、新郎新婦にとってはもっともコミュニケーションを取り合うというとても大きな存在で、重要な役割を担っているのです。結婚式のプランを考えていくため、とても多くの業務があって多忙ですが、その分、充実感のある業務でもあるでしょう。

3.ブライダルの仕事のやりがいについて

ブライダルの仕事にとって、どのようなことがやりがいとなっていくのでしょうか。ブライダルの仕事のやりがいについて解説していきます。

人の幸せをサポートできる

結婚式というと、新郎新婦をはじめゲストにとっても幸せの日となります。その幸せの日に寄り添えるという喜びを感じることができるのがブライダルの仕事なのです。新郎新婦の幸せそうな笑顔を見られるということも、ともに幸せな気持ちを味わうことができて、やりがいにもつながるでしょう。また、良い式にできた場合など「ありがとう」といってもらえることも多いので、やりがいを感じられモチベーションを高く保つこともできます。

高い接客力が身につけられる

 結婚式にかかる費用は、日常の出費とは比べられないほど高額になることが予想されるでしょう。結婚式では、ドレスショップや式場の雰囲気など非日常の雰囲気があり、気品漂う空間になります。接客業ではその場にあった接客が求められるものです。例えば、言葉遣いや所作など結婚式場にふさわしいものを心がけなくてはなりません。そのため、経験を積むことによって高品質な接客力が身についていくのです。

また、新郎新婦にとっては初めての結婚式になります。不安や緊張を感じることも多いでしょう。そのため、新郎新婦やそのご家族に頼られることも多い仕事なのです。誰でも結婚式は素晴らしいものにしたいと考えるでしょう。それらの期待に応えられるように努力を続けていくことで頼もしさが出てくるのです。 

4.ブライダルの仕事の大変さについて

幸せの日に立ち会えるやりがいのある仕事である反面、大変なことも多いのがブライダルの仕事です。ブライダルの仕事においてどんなことが大変なのかを解説していきます。

体力を使う

ブライダルの仕事には、こなすべきタスクがたくさんあります。そのため、時間内に業務を終わらせるなら一人ひとりにかかる負担は大きなものになるのです。また、ブライダルの仕事では衣装など運搬しなくてはいけないものもたくさんあります。疲れている中でもこれらのものを運ばなくてはならず、会場内を歩くことも多いので体力がないと厳しい仕事でしょう。体力面でも厳しい中常に笑顔を求められる仕事でもあるので体調管理は万全にする必要があります。

精神的に辛い

 結婚式までの期間は決まっていて、それまでにプランを立てなくてはいかず、当日も決められた時間内で丁寧な接客をしていかなくてはなりません。そのため、時間に追われて精神的に疲れを感じることは多くなるでしょう。結婚式は一生に一度のやり直しのきかない日でもあります。そして、お客様の支払う金額も高額です。スタッフにとっては絶対に失敗は許されないプレッシャーの中で業務をこなしていかなくてはなりません。結婚式当日も1日中新郎新婦のサポートをしなくてはならず、あらゆる面でプレッシャーがかかってくるのです。

支払われる金額やお客様にとって替えのきかない日である以上、それなりの接客力では通用せず、高度な接客力を求められます。また、やり直しのきかないものである以上、お客様や上司からの評価は厳しいものになりがりです。 

5.大変な仕事だがやりがいはあるブライダルの仕事

結婚式とは幸せを感じられる1日です。それに携わることができるブライダルの仕事は、お客様とともに幸せを感じることができ喜びが大きくやりがいのある仕事でしょう。しかし、やりがいの大きい仕事である反面替えのきかない1日をサポートしていくという精神的な負担や、業務の多さ、重い荷物の運搬など肉体的にも負担がかかる仕事でもあります。大変なことも多いですが高い接客力を身につけることができる職場でもあります。人の幸せに携わることができるブライダルの仕事に興味があるという人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ブライダルの仕事に興味を持ったら

やりがいがある反面、大変さもあるブライダルの仕事。長期間働くのは不安ということもあるでしょう。まずは短期間だけ始めてみようという場合には、派遣求人で仕事を探してみてはどうでしょうか。大手の派遣会社の求人には、ブライダル関係の求人も出ているでしょう。ブライダルの仕事で働いてみたいと思ったら、まずは派遣リーチでおすすめしている派遣会社に登録してみましょう。

派遣サーチおすすめの派遣会社

派遣会社に登録するなら、求人数が多くサポートも充実している大手がおすすめ!この3つを登録しておけば間違いないです。

  • スタッフサービス

    株式会社スタッフサービス

    派遣会社「スタッフサービス」の特徴や評判を独自に分析!経験を活かせるお仕事がきっと見つかる「スタッフサービス」。スピード感を重視したいならぜひ登録したい派遣会社です。翌月スタートのお仕事でも、たくさんの中から選べる求人件数の多さも大きな魅力。

  • テンプスタッフ

    パーソルテンプスタッフ株式会社

    派遣会社「テンプスタッフ」の特徴や評判を独自に分析!創業者が女性の派遣会社「テンプスタッフ」。女性に人気の求人を多く取り揃え、働く女性のためのサポート体制が充実しています。派遣スタッフからの評価も高く、「また働きたい」という声が多い派遣会社です。

  • リクルートスタッフィング

    株式会社リクルートスタッフィング

    派遣会社「リクルートスタッフィング」(通称「リクスタ」)の特徴や評判を独自に分析!派遣社員が選ぶ満足度調査では、14部門でNO.1を獲得している「リクルートスタッフィング」。安心して働ける優良企業の求人も多く、多くの派遣社員が選んでいるとおり、とにかく働きやすい派遣会社です。

関連記事

このカテゴリの記事は現在準備中です

もっとみる

ページ上部に戻る