※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣の仕事を休む場合の理由とは?マナーも忘れずに押さえよう!

派遣の仕事を休む場合の理由とは?マナーも忘れずに押さえよう!

仕事をしていると、ときにはやむを得ない事情で休まなければならないことは誰にでも出てくるでしょう。しかし、仕事を休むときにはどのような立場であっても、やはり気が引けるものです。この記事では、派遣で仕事をしているときに休むときにはどのような理由が考えられるのか、また、休む場合のマナーについても紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. 派遣の仕事を休む主な理由

派遣の仕事を休むときは、主にどのような理由があるのかについて紹介します。

当日になって休む場合

当日派遣の仕事を休むときの主な理由としては体調不良があげられます。朝起きたら急に発熱していたり、頭痛や吐き気がしたりといった体調の変化に気づくことがあります。そのようなときは、無理に出勤してしまうと周囲の人にうつしてしまう可能性があるので休んだほうがよい可能性が高いです。そのため、派遣先の会社もほとんどの場合には当日休みを了承してくれる理由といえるでしょう。

体調不良はときには自分だけでなく、配偶者や親の体調不良で突発的に看病が必要になるケースもあります。また、子どもが急に朝発熱してしまい、病院に連れて行かなければならないときは、当日朝になってから会社を休むことになるでしょう。このように、自分自身の体調不良や家族が体調を崩してしまうことは突発的であることが多いため、当日休まなければならないです。

家の中の設備の故障などのトラブルも、当日に休む可能性が高い理由のひとつです。たとえば、水回りの故障であれば修理業者にすぐに連絡しないと大きなトラブルになる可能性があります。トイレやバスルーム、キッチンなどの漏水は、マンションやアパートなどの集合住宅であれば下の階の人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。たとえ修理業者がすぐに手配できたとしても、立ち合いが必要なため在宅する必要があります。このようなケースも当日急に休みが必要になるはずです。

身内の不幸があるときも、突発的であることが多いです。いつ身内に不幸が起こるかは予想できないため、こちらも当日になって休む理由のひとつとしてあげられます。特に実家が遠方にあるときは、当日に対応すべきことがたくさんあるでしょう。帰省の手配が必要であったり、葬儀の準備や手伝いなどの段取りや打ち合わせをしなければならなかったりします。また、親など身近な親族の場合は役所関係などのさまざまな手続きをしなければなりません。状況によっては数日間休む必要があるかもしれないので、当日休みの連絡をするときは会社にその旨を伝えておきましょう。

そのほかの理由としては、通勤途中のトラブルで出勤はしたものの、当日休まなければならないこともあります。たとえば、自動車で通勤している人は車の故障や事故に巻き込まれることにより、出勤ができなくなる場合が考えられるでしょう。また、遠方から電車通勤をしていて、大幅な遅延などでそのほかの路線に振替がきかないようなケースも、場合によっては当日休まなければならないことが考えられます。

休むことが事前にわかる場合

派遣の仕事を休むときには、事前に休むことがわかっている場合もあります。主な理由のひとつに冠婚葬祭があげられます。なぜなら、結婚式や法事などは事前に予定が決まっているからです。冠婚葬祭の場合は比較的休みが取りやすい理由なので、日程が確定したら早めに会社に伝えておくと安心です。また、遠方から親戚が来て対応が必要な場合など、家族の事情によって事前に休みをとらなければならないケースもあるでしょう。子供の行事などについても同様です。保護者面談や運動会など、子供の学校に関することで休みが必要なこともあります。

そのほかには、公的な手続きが必要な場合などがあげられます。公的な手続きをするためには、役所などに出向く必要があったり、事情によっては遠方の公的機関まで行かなければならなかったりします。しかし、手続きができるのは平日の限られた時間内でなければならない場合も多いです。たとえば、運転免許証やパスポートの更新、各種資格などの更新手続き、税務署に直接出向いて確定申告をしなければならないケースなどがあるでしょう。引っ越しをしたときなども役所に出向かなければならないこともあります。このような場合には仕事を休まなければなりません。ただし、前もってやらなければならないことがわかっているため、事前に休みの予定をたてることができるでしょう。

ときには、個人的な事情で休みたいこともあります。たとえば医療機関の検査や通院をする場合などです。また、旅行などのプライベートな予定を入れたいこともあるでしょう。このような場合は、事前に日程がわかっています。

2. 派遣の仕事で有給は使える?

派遣で仕事を始めたら、有給休暇が使えるのか気になる人もいるでしょう。派遣の場合でも社員と同様に労働基準法で定められている勤務期間に応じた所定の有給日数が付与されます。労働基準法では雇用された日から6カ月経過した時点で10日間の有給が付与され、それ以降は1年ごとに有給休暇が付与されていく仕組みになっています。また、有給休暇は派遣先の会社の条件ではなく、所属している派遣会社の有給休暇の条件になるため、派遣会社ごとにルールが多少異なる可能性があります。そのため、契約時に派遣会社に確認したり、就業規則などがあれば事前に調べておいたりすると慌てずにすむでしょう。有給休暇を申請するときも、派遣会社によって申請方法が異なります。派遣会社の担当者に有給取得申請方法も確認しておくと安心です。

有給休暇を使うことは、派遣先の会社と派遣元の会社にとっては休みであることに変わりありません。そのため、あらかじめ長期の有給休暇を取得する予定が決まっているときなどは、なるべく早めに双方に連絡しておきましょう。できる限り仕事に穴をあけないような配慮をしておくことも、派遣先・派遣元の会社、派遣先の同僚との間で良好な関係を続けていくうえで大切なポイントです。

3. 派遣の仕事を休む場合の手順

派遣の仕事を休む場合の手順を知っておくことで、スムーズに休みが取得できるようになるでしょう。まず、派遣で仕事をしている人は、派遣先の会社の上司と、派遣会社の担当者に連絡をしなければなりません。最初に就業場所である派遣先の会社に連絡をして、その後派遣会社の担当者に連絡をするとよいでしょう。派遣会社の担当者に連絡をするときに、すでに派遣先の会社に休みの許可を得ていることを伝えておくことで、休みの連絡がスムーズになります。

当日突発的な事情で休まなければならないときは、就業時間前に必ず電話で派遣先の上司に連絡を入れましょう。休みの許可を得てから派遣会社の担当者に連絡を入れます。一方で、事前に休むことがわかっている場合には、わかった時点で早めに派遣先の上司に伝えておくことが大切です。その場合、口頭やメールなどでも構いません。また、派遣会社によっては有給取得に対して所定の手続きが必要になることもあるので、派遣先の会社の上司から休みの許可を得られたら、派遣会社の担当者にはすぐに連絡を入れておくとよいでしょう。

4. 派遣の仕事を休む場合のマナーとは?

誰でも仕事を休むことがあります。派遣の仕事を休むときでも少なからず周囲の人に影響を及ぼすことがあるので、マナーをしっかり押さえておきましょう。まず、当日に休まなければならない場合には、必ず電話で連絡するようにします。なぜなら、メール連絡は受け取る相手がメールを見ていないこともあるので、一方的な連絡になることがあるからです。また、事前に休みを申請するときには、時間的にも余裕があります。自分が休みの間に仕事が滞らないように段取りを整えておくことで安心して休めるでしょう。周囲にも迷惑をかけないようにしておくことはビジネスマナーとして欠かせません。

突発的な理由でやむを得ず休むことになったときなどは、出社した翌日に派遣先の会社と派遣会社にお礼をしておくことも大切です。また、くれぐれも休みの連絡を入れるのが気が引ける、面倒と感じて無断欠勤はしないようにしましょう。

誠意のある対応を徹底しよう!

派遣で仕事をしているときも、個人的な事情や体調不良などの突発的な理由から急に仕事を休まなければならないことがあります。しかし、どんな人でも仕事を休むことがあるからこそ、周囲に対して誠意のある行動をすることが大切です。なるべく迷惑がかからないように、連絡が必要な人にはすぐに報告するなど、適切な対応を心がけましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る