派遣は掛け持ちでも働ける?メリット・デメリットと注意点を紹介!

派遣は掛け持ちでも働ける?メリット・デメリットと注意点を紹介!

せっかく派遣社員になれたのに、なかなか収入が上がらないこともあるでしょう。そのようなとき、「派遣を掛け持ちすれば収入も増えるのでは」と考える人もいるはずです。派遣の掛け持ちが許されているのか調べたうえで、ほかの仕事を探してみましょう。この記事では、派遣で掛け持ちはできるのか、そのメリットやデメリット、注意点などを解説します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

2022年7月 | 派遣会社 厳選3社

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

スタッフサービス

求人数17,000件の派遣会社!

PASONA(パソナ)

全国各地の求人が充実!

1. 派遣の掛け持ちは問題なし?

まず、派遣の掛け持ちは法律的に問題ありません。なぜなら、派遣先と派遣社員は直接的な雇用関係にあるわけではないからです。派遣先によっては社員の副業、掛け持ちを認めていないものの、あくまで正社員に限られるケースもあります。派遣社員は比較的自由に、複数の職場を選んで働くことができるでしょう。ただし、注意するべきは派遣元会社の方針です。派遣先が掛け持ちを許してくれても、派遣元が認めていないことがありえます。派遣会社によっては、「契約中はほかの派遣会社から仕事を紹介してもらってはならない」などの規則を設けています。こうした派遣会社に登録してしまうと、派遣の掛け持ちは不可能です。

それでも、登録中の派遣会社さえ認めてくれるのであれば、派遣の掛け持ちは異なる派遣会社で行うほうが便利です。派遣会社はなるべく派遣社員の労働時間を抑えようとしてきます。なぜなら、1つの派遣会社から複数の派遣先を紹介されて働いていると、労働時間が長くなりすぎる危険があるからです。労働基準法によって定められた労働時間の上限を超えた場合、派遣会社から派遣社員に割増賃金を払わなくてはいけません。人件費を削減したい派遣会社は、1人の派遣社員に対して1つの派遣先しか紹介しない傾向にあります。好きな時間だけ、いくらでも働きたいのであれば派遣会社も掛け持ちするのが無難でしょう。

2. 派遣を掛け持ちで働くメリット・デメリット

掛け持ちをすると、確かに生活レベルは上げられます。そのかわり、不便な点も出てくるので気をつけましょう。以下、派遣を掛け持ちするメリットとデメリットです。

派遣を掛け持ちで働くメリット

最大のメリットは収入を増やせることです。派遣先によっては、派遣社員の労働時間を制限しています。また、派遣会社も労働基準法の範囲内でシフトを組みたがるので、本人がもっと働きたくても認められないことがあります。派遣会社も派遣先も掛け持ちすれば、労働時間の問題が解消されるのでさらなる高収入を目指せるでしょう。また、「経験の幅が広がる」こともメリットです。複数の職場で働けば、それだけ多くのスキルを身につけられます。将来的にキャリアアップを目指すうえで、経験やスキルは大きな武器となるでしょう。

「人脈」も仕事を掛け持ちするからこそ広がるものです。1カ所にとどまっていると、人間関係も限られてきます。いつか独立開業したい人が「できるだけ多くの味方を作りたい」と考えていても、知り合いが少ないと夢が実現しにくくなります。さまざまな職場を行き来することで、自ずと人脈が形成されていくでしょう。人間関係が広がると行動範囲も広がるので、人間としての視野も拡大していきます。そのほか、複数の仕事を経験するうちに、自分の本当にやりたいことが見つかる可能性も出てきます。やりたい仕事がなくてとりあえず派遣社員になっていた人も、人生の目標を見つけられることがあるのです。

派遣を掛け持ちで働くデメリット

「体力面」は派遣の仕事を掛け持ちするうえでの懸念材料です。すでに多くのシフトを入れているにもかかわらず、仕事を追加すると毎日が過酷です。疲労感がとれにくくなり、それぞれの現場に悪影響が出かねません。次に、「スケジュール管理」です。複数の派遣を掛け持ちしていると、まったく異なる就業リズムを調整しなくてはいけません。ときには、夜勤が終わってからすぐ早朝出社しなくてはならないような状況も出てきます。うっかりシフトが重なってしまうようなミスも起こりやすく、自分でもスケジュールを把握しづらくなるでしょう。

「体調管理」も重要な問題です。食事や睡眠を減らしてまで仕事をしていれば、健康に害も及ぶでしょう。また、リフレッシュができなくなり、精神衛生にも影響が出るといえます。そして、「プライベートの時間を確保できない」ので、さまざまな弊害が生まれます。友達や恋人と会う時間が作れないので、人付き合いが悪くなりがちです。家族がいる人は、団らんも難しくなっていきます。趣味や娯楽にあてる余裕もないので、毎日が仕事づくしです。せっかくお金を貯めたとしても、何に使うべきかを見失ってしまうでしょう。掛け持ちがいつの間にか、過剰労働にならないことが大切です。

3. 派遣を掛け持ちで働く際のポイント

もしも派遣を掛け持ちしたいなら、事前に派遣会社へと相談しましょう。派遣会社の規則で禁止していない限り、担当者から注意されるようなことはまずありません。むしろ、掛け持ちをスムーズに行うには派遣会社の協力が不可欠です。担当者が「掛け持ちをしている」という前提で対応してくれるので、無理なシフトを提案されるなどの問題を防止できます。次に、シフト制の派遣先を希望するようにしましょう。9時~18時のように就業時間が定められている職場だと、仕事の掛け持ちが難しくなります。「午前のみ」「午後のみ」といった変則的なシフトを許してもらえるなら、掛け持ち先との調整が容易です。

「無理をしないこと」も肝心です。徹夜や連勤は、たまにするぶんには耐えられることもあります。しかし、掛け持ちを長期的に続けるつもりなら、過酷なスケジュールに慣れてしまい体調を崩さないよう気をつけましょう。通勤時間なども考慮して、余裕のあるスケジュールを組んでいくべきです。そして、社会保険なども損をしないように考えましょう。派遣会社を掛け持ちする場合、どこの会社で保険に加入しても問題はありません。ただ、合計年収が130万円を超えているなら、給料を多くもらっているところで加入するのがお得です。

4. 派遣を掛け持ちで働く際の注意点

税金は派遣を掛け持ちするときに注意したいポイントです。複数の派遣会社から仕事を紹介されていると、年末調整だけでは調整が行われません。そのため、派遣社員自身で確定申告を行う必要があります。なお、もしも掛け持ちを派遣会社に隠していたとしても、確定申告によって住民税や社会保険、雇用保険の状況が伝わってしまいます。その時点で、掛け持ちが派遣会社に伝わってしまうでしょう。それだけでは大きな問題になりにくいものの、信頼関係を保つには自分から告げておくのが無難です。

各派遣会社や派遣先に対して、それぞれの情報を守ることも大切です。ほかの企業の秘密保持を徹底しなければ、重大な規約違反になりかねません。また、派遣会社や派遣先ごとの法令を尊守して、トラブルを避けましょう。そして、すべての仕事を健康にこなせるよう体調管理を意識します。睡眠時間を十分に確保し、仕事の前夜に深酒をするなどの乱れた習慣を身につけないことが大事です。そのほか、仕事ごとに優先順位をつけないようにしましょう。掛け持ちだからといって、どちらかの仕事は手を抜いていいわけではありません。両方とも責任を持って、与えられた仕事をやり切るようにします。

掛け持ちするなら派遣会社は慎重に選ぼう!

派遣社員が仕事を掛け持ちするのは違法になりません。そのかわり、派遣会社が掛け持ちを認めていない場合もあります。派遣で掛け持ちをしたいなら、希望の働き方を認めてくれるところに登録しましょう。そして、派遣先に迷惑のかからないよう無理のないスケジュールを組むようにします。そうすれば、収入アップも夢ではなくなるでしょう。

自分に合った派遣会社に出会うには?

サチコさん、派遣会社が多すぎてどれを選んだらいいか分かりません! 派遣会社を選ぶときの一番重視すべきポイントは、なんだと思いますか? う~ん。やっぱりサービス内容が充実しているかどうかですかねぇ。 サービス内容も重要ですが、一番大事なのは、求人数です!派遣の場合、実際に働くのは派遣会社ではなく、派遣会社が紹介する会社なので、求人数が多いほど、理想の仕事にたどり着きやすいのです! 求人数の多い派遣会社に登録することで選択肢が広がるんですね! その通り!派遣サーチがおすすめする求人数が多い派遣会社は、 スタッフサービス です。
こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る