※本ページはプロモーションが含まれています。

仕分け作業の仕事内容とは?未経験でもできる?コツと身につくスキル

仕分け作業の仕事内容とは?未経験でもできる?コツと身につくスキル

仕事探しをするときは、少しでも多くの情報を収集したいものです。派遣やアルバイトの求人でたびたび目にする「仕分け作業」ですが、いったいどのような仕事内容なのでしょうか。また、未経験でもできるのか気になる人も多いかもしれません。そこで、本記事では仕分け作業の仕事内容と未経験でもできるのか、どのようなスキルが身につくのかについて解説していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. 仕分け作業の仕事内容

仕分け作業を大まかに分けると「仕分け」「ピッキング」「検品」「梱包」の4種類になります。ここでは、それぞれの作業の特徴について解説していきます。

仕分け

基本的な仕分け作業は、倉庫や物流会社にある荷物をルールに従って分類することです。また、物流会社では、トラックの荷下ろしをしたり、行き先ごとにトラックに積んだりします。これらの作業で取り扱う荷物の大きさや重さは多岐にわたります。作業現場は屋内と屋外があり、仕事によって異なることも特徴の一つです。作業によっては重い荷物を持つことも少なくありません。このような背景があり、仕分けは体力に自信のある人に向いているでしょう。なお、オートメーション化が進んでいるとはいえ、大事なところは手作業で行います。さらに、職場によっては、仕分けだけでなく検品や梱包などを行うことも把握しておきましょう。

ピッキング

こちらは、指示に従って商品を倉庫内から探し出す仕事のことをいいます。また、ピッキング(picking)はピック(pick)の動名詞であり、「選び取る」「掴む」などの意味があります。そのため、注文品を取り出す作業をピッキングと覚えておくとよいかもしれません。以前は紙の指示書でしたが、現在は電子端末「ハンディ」を用いることが一般的です。ネット通販の普及にともない、こちらの作業への関心が高まっています。ただ、注文品の種類が複数に及ぶとき、それぞれの置き場所が異なることはよくある話です。そのため、倉庫が広いと足を使って動き回ることも少なくありません。また、重い荷物を運ぶこともあり、前述した仕分けと同じく、力仕事や体力に自信の持てる人に向いているでしょう。

検品

検品は商品を梱包する前に問題がないかチェックする仕事です。商品が壊れていないか確認するのはいうまでもなく、汚れなど小さな異常も見逃すことができません。もちろん、指示書通りの内容かどうかも確認する必要があります。仕分け作業はいずれも重要なものばかりです。もし、こちらの作業でミスをしてしまうと、商品の安全性や信用問題にも関わってきます。それだけに、高い集中力が欠かせない仕事だと知っておきましょう。また、検品のコツを覚えることで効率的な作業にもつながります。

梱包

梱包とは、検品済商品を指定の包装紙や段ボールなどに詰めていく作業のことです。箱詰めするときは、商品が壊れないように緩衝材なども一緒に入れます。梱包の手順やルールなどは厳密に決められていることがあるので、指示通りに箱詰めすることが大切なポイントです。一連の作業を丁寧に行うことで、お店の評判にもつながってきます。その結果、リピーターを獲得するなど、売り上げに反映されることも期待されます。

なお、仕分け、ピッキング、検品、梱包、いずれも正確な作業が必要です。また、効率的な作業が求められることも少なくありません。さらに、チームワークが問われる仕事ですが、やり終えたときの達成感を共有できることが大きな魅力です。取り扱う商品にはお中元やお歳暮などの贈り物も多く、それらの需要が多い時期は仕事の需要が増えることも知っておきましょう。

2. 必要な資格や条件は?

仕分け作業には前述の4種類があり、仕事をこなすには体力やチームワークが必要なこともわかりました。それ以外にも、なんらかの資格や条件があるのでしょうか。ここでは、仕分け作業に必要な資格や条件について解説していきます。

未経験でも資格がなくてもできる

結論からいうと、仕分け作業は未経験でも資格がなくてもできる仕事です。そのため、多くの仕分け作業の求人では未経験でも可とされています。実際、「未経験者歓迎」「未経験者OK」などの記載を見かけることも少なくないでしょう。もし、興味を持つ求人があれば応募してはいかがでしょうか。

もちろん、未経験可の求人でも、業種によっては事務経験やPCスキルが求められる場合もあります。求人情報を見て応募するときは、応募先企業の担当者にきちんと確認しましょう。また、職場見学に行くことで、どのような仕事をするのかイメージしやすくなります。もし、疑問に感じたことがあれば、その場で聞けることも大きなメリットです。

業種によって有利になる資格や経験もある

「未経験可」の求人には未経験者が応募することができます。それと同時に、応募者に経験者が含まれる可能性も考えておきましょう。取り扱う商品は異なっても、仕分け作業の経験があれば、仕事のコツがつかみやすくなります。これまで製造ラインなどで働いたことがある人は、履歴書や職務経歴書に記入してきちんとアピールしましょう。もちろん、面接試験に臨むときは、自分の口で担当者に伝えることも大切です。

なお、仕分け作業には現場を仕切るリーダーが必要になります。そのため、リーダー業務経験がある人は、応募先企業でリーダー職を任される可能性がでてきます。また、バイトから社員に登用されることもあるでしょう。普通自動車運転免許やフォークリフト免許が役立つこともでてきます。特に、フォークリフト免許は荷積み荷降ろし作業に必要なため、任せてもらえる仕事が増える可能性もあります。

3. 効率よく仕分け作業をするコツ

仕分け作業の現場では作業効率が問われることが少なくありません。また、効率的よく仕事ができる人材は重宝されます。ここでは、スピーディーに仕分けするためのコツを紹介します。

経験を積んで慣れることが第一

どのような仕事でも、最初から要領よくできる人はいません。仕事のやり方がわからないため、戸惑ったり間違ったりすることもあるのです。しかし、日々の地道な繰り返しによって、仕事のコツをつかめるようになってきます。そうなるためには、仕分け作業は頭で考えるのではなく体で覚えましょう。体を慣れさせることでスピードや正確性もアップします。とにかく、慣れるまでは経験を積むに越したことはありません。もちろん、マニュアルを熟読する、オフを利用して仕事のシミュレーションをするなどの工夫も必要です。

作業に慣れることで体も疲れにくくなります。また、体力が付いたり作業効率が上がったりするなど、いろいろなメリットがでてきます。そのためには焦りは禁物です。焦るとミスを犯す原因にもなり、作業全体をやり直すことにもなりかねません。その結果、時間を無駄に費やす恐れがでてきます。さらに、職場に迷惑を掛けることも知っておきましょう。

スピードアップして生産性を高める

仕分け作業は体で覚えることが大事なポイントです。作業に慣れてきたら、意識的にスピードアップして、短時間で多くの作業ができるようにしましょう。もちろん、仕分け作業には正確性が求められるのはいうまでもありません。しかし、無理してスピードを上げるのは得策ではないのです。仕事を正確に効率よくできるようになるには、とにかく努力するに尽きます。

もし、スピードアップが望めない場合は、周囲の人にアドバイスを仰ぎましょう。作業スピードが速い人は、それを可能にできるコツを知っています。その人の作業を観察するほか、作業を真似たり、コツを教えてもらったりと、いろいろな方法があります。効率的に作業ができるためにもスキルアップに努めることが大切です。

4. 仕分け作業で身につくスキルとは

仕事を通じて、これまでなかったスキルを身につけることができます。仕分け作業は未経験でもできる単純作業が多いですが、ほかの業種でも通用できるスキルを身につけるのにも役立ちます。ここでは、その具体例を紹介します。

持久力

まず、期待されるのは「持久力」です。長時間同じ作業を黙々とこなすことで持久力がついてきます。集中力を維持したまま、正確に作業するのは思った以上に大変です。眠くなる時間帯もあり、それを克服するのが課題になる日もあるでしょう。しかし、それを乗り越えることで自分の自信にもなるため、持久力や集中力を求められる仕事に生かせられます。重いものを持つ、立ったままの作業が多いなど、体を使うこともあるので、精神的にも体力的にも自信がつくはずです。

スピーディーさ

仕分け作業には正確さとスピード、その両方が求められます。素早く作業を行うことで、スピーディーさが身についてきます。もちろん、速いだけでなく正確性も身についてきます。それらを自分のものにできれば「鬼に金棒」です。日ごろの仕事ぶりが評価されることで、現場のリーダーや正社員への道が開けるかもしれません。また、スピーディーさは、どの業界でも求められるスキルなので、新たな分野に挑戦するときの強みにもなるでしょう。

5. 仕分け作業はこんな人におすすめ

経験を積むことで作業効率アップができるなど、仕分け作業は大変やりがいのある仕事です。また、自分の性格や特性を知ることで、こちらの仕事に向いているか判断できるかもしれません。ここでは、仕分け作業が向いている人の特徴について解説します。

黙々と仕事に取り組むのが好きな人

まず考えられるのは、黙々と仕事に取り組むのが好きな人です。一つのことに熱中しやすいタイプの人は、仕分け作業も楽しいと思うことが多いでしょう。そのため、比較的集中力がある人におすすめです。また、仕事にはチームワークが不可欠ですが、作業現場ではあまり人と話をする機会がありません。電話交換業務や接客業のように外部の人と接しなくても済むのも大きな特徴です。人と一緒になにかをすることや接客が苦手な人は、一人で黙々と作業をするほうが向いている可能性があります。もし、該当すると思う人は、仕分け作業の仕事にチャレンジしてみましょう。

細かい作業や単純作業が好きな人

手先が器用な人や、同じ作業を繰り返すのが好きな人も、仕分け作業に向いています。4種類ある仕分け作業のなかでも「検品」は細かいところまで気づくかどうかが大事なポイントです。そのため、細かい作業が好きな人なら検品がおすすめです。もちろん、作業を繰り返すことで手先が器用になるなど、いろいろな面で変化がでてきます。「梱包」の仕事では包装テクニックが身につくため、自分で贈り物を包むときに役立つかもしれません。これまで、仕分け作業と縁のなかった人も、これを機に可能性の扉を開いてはいかがでしょうか。

仕分け作業は未経験から始められる

仕分け作業には、仕分け、ピッキング、検品、梱包があり、経験を積むことでスキルアップすることができます。また、それらの仕事は未経験から始められる点でも注目されています。仕分け作業は、繁忙期などの短期アルバイトの求人が多いですが、派遣の求人も豊富にあります。派遣の仕事に興味のある人は、ぜひとも求人情報をチェックしてみましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る