軽作業の仕事内容が知りたい!働くメリットと向いている人の特徴

軽作業の仕事内容が知りたい!働くメリットと向いている人の特徴

倉庫や工場の中でコツコツ働く軽作業の仕事がしたいのであれば、求人数が豊富な派遣がおすすめです。一言で軽作業といっても、仕事内容はさまざまです。それぞれの仕事内容やメリットを知れば、より始めの一歩が踏み出しやすくなるでしょう。そこで、この記事では軽作業の仕事内容のほか、軽作業が向いている人や役立つ資格などについて詳しく紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

2022年7月 | 派遣会社 厳選3社

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

スタッフサービス

求人数17,000件の派遣会社!

PASONA(パソナ)

全国各地の求人が充実!

1. 派遣でよく見かける「軽作業」とは?

軽作業の仕事内容は多種多様で、作業環境もさまざまです。まずは主な軽作業の仕事内容にはどのようなものがあるか紹介します。

倉庫内作業

よく見かける軽作業のひとつに商品が納められた倉庫内での作業があります。倉庫内で行う仕事はピッキングや検品、梱包、仕分けなどさまざまです。ピッキングとは、商品を指定の場所から取り出すことです。検品はその商品に破損がないか、などを調べます。梱包はその商品をダンボールや冷蔵ケース、発泡スチロールなどに詰めます。仕分けは、そうして梱包された商品を発送先別に分けることです。倉庫に収納されているそれぞれの商品によって保存方法や納品先が異なるため、納品先に合わせてピッキングや検品、梱包などをしなければならない、というわけです。この作業はピッキングから梱包まで一人で担当する職場もあれば、役割分担制となっている職場もあります。しっかりとマニュアルが完備されていますし、最初はていねいに先輩スタッフが指導してくれるので初心者でも安心できる職種です。

工場内作業

多くの場合、工場ではラインと呼ばれるベルトコンベアに乗って商品が流れてきます。工場での大量生産はそうして成り立っているのです。工場での軽作業は、この製造ラインに入って部品の組立をしたり検査をしたりします。ライン作業の難易度は低く、資格なども不要です。たとえば、流れてくる製品に部品をつけたり、ネジを締めたり、シールを貼ったりなどです。長期間働くようになれば、工程の多くを覚えることになるでしょう。ライン作業は単純作業が長時間続くので、集中力と持久力が必要です。工場内作業にはライン作業のほかに、倉庫内作業と同じようなピッキング、検品、梱包、仕分けといった仕事もあります。

シール貼り

シール貼りとは、倉庫内の商品にシールを貼る作業です。シールには値段のほかに商品ラベルや化粧品などの成分表示、DMの宛名などがあります。シール貼りは座ったまま作業ができるため、体力をほとんど必要としません。そのため、主婦や学生にも人気があります。しかし、ゆっくり気楽にできるというわけではありません。実際にはスピーディにてきぱきと仕事をこなさなければならないからです。ていねいでありながら、かつ確実に仕事を行える人に向いています。

作業場所は工場や倉庫内が多いですが、自宅で内職として行うケースもあります。工場勤務の場合には、早朝や深夜など幅広い時間帯での勤務を選べることが多いです。また、倉庫や工場でも綺麗なオフィススペースで仕事ができる、というのも女性に人気の理由です。報酬は出来高制の場合と時給制の場合があります。倉庫や工場内での作業であれば、通常は時給制です。

ポスティング

ポスティングは、集合住宅や戸建ての郵便受けにチラシやパンフレットを投函する仕事です。チラシやパンフレットは商業目的のものだけでなく、地方自治体の行事案内の告知や工事、交通規制のお知らせなどさまざまです。ポスティングの仕事は、まず事務所に出勤して配布物を受け取ります。それから担当地区のマップを確認しながら各家庭に投函していきます。そうして、最終的に配った枚数を事務所に報告して終了です。この報告は事務所に戻って行うケースもあれば、自宅に帰ってメールで報告するケースもあります。

ポスティングは基本的に一人で行う作業です。そのため、一人で黙々と仕事をしたい、という人におすすめです。また、勤務時間を調整しやすいのも大きな特徴です。空き時間を上手に利用するなど、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

2. 軽作業のメリットとデメリット

軽作業は単純作業が多いため初心者でも始めやすい一方、集中力や根気が必要な仕事です。そこで、ここからは軽作業にはどのようなメリットとデメリットがあるかを詳しく解説します。

軽作業のメリット

軽作業のメリットとしてまず挙げられるのは、失敗する心配がほとんどない単純作業だということです。比較的短期間で仕事を覚えられるので、未経験者でも安心して始められます。また、軽作業の仕事は腕力を必要とするケースがあまりありません。そのため、体力や腕力に自信がない人や女性でも働きやすいです。

もうひとつのメリットは、働ける時間帯が豊富だということです。深夜や早朝の時間帯に募集しているケースが多いので、空き時間を使って効率よく稼げます。平日の昼間は本業の仕事がある、というようなダブルワークに最適です。また、倉庫や工場によっては繁忙期のシーズンのみ募集していることもあります。お盆や年末年始といった連休中もしっかり働いて稼ぎたい、という人にもおすすめです。

軽作業のデメリット

単純作業が多いということは、デメリットにもなります。同じ作業をしながら長時間働けば、どうしても集中力が欠けたり飽きてしまったりするものです。そうしたことが作業中のミスにつながってしまうこともあります。簡単で楽な仕事だからとどんどんシフトを詰め込んでしまい、結果的に疲れがたまって体を壊してしまうケースもあるので注意が必要です。また、倉庫や工場によっては作業環境がきびしい場合もあります。たとえば、食料品関係の倉庫では鮮度を保つために室温を低く設定してあるところが多いですし、工場では冷暖房設備がないケースも多いです。真夏や真冬は気温との戦いになるかもしれません。軽作業は体力的に楽なものが多いですが、中には運動量が多くて疲労がたまる作業もあることを忘れてはなりません。

3. 軽作業に向いている人の特徴

軽作業が向いている人の特徴としてまず挙げられるのは、延々と続く単純作業を苦痛に感じない人です。軽作業は誰でも始めやすい仕事ですが、それは言い換えれば誰でもできる簡単な仕事だ、ということでもあります。それだけに、どうしても長時間続けていると飽きてしまうことになるのです。それでも、仕事なのだからミスをするわけにはいきません。そうした状況の中でも、できるだけミスをせずに集中して仕事に取り組め、コツコツとていねいな作業ができる人が軽作業に向いています。また、軽作業の仕事そのものはあまり体力を要しませんが、長く続けるにはそれなりの体力が必要です。普段から体を動かすことが好きな人の方が仕事に向いている、といえるでしょう。

4. 持っていると役立つ資格やスキル

軽作業は基本的には資格がなくても働ける作業がほとんどです。とはいうものの、いくつかの資格やスキルを持っているとより仕事内容に幅が広がるでしょう。たとえば、自動車免許やフォークリフトなどの資格は重宝します。とりわけ倉庫内作業をする場合には、フォークリフト資格が大いに役立ちます。また、これまでの経験で集中力の高さといったスキルを身につけている人は軽作業をする際に有利です。受験のために地道に勉強を積み重ねてきたという人や、毎日の仕事をしっかりていねいにこなしているという人の方が職場で信用を得られます。簡単な単純作業でもミスをすると大きな問題に発展しかねないので、仕事に対する責任感を持っていることも必要なスキルです。

5. 派遣会社紹介サービスなら自分に合った軽作業が見つかる

軽作業の仕事は派遣会社を利用すれば多く見つけることができます。それらの会社が紹介してくれる仕事の中から自分に合った職場や職種に出会うことができるでしょう。とはいうものの、派遣会社の数もまたたくさんあります。どこを利用すればいいのか悩んでしまう、という人もいるかもしれません。派遣会社はそれぞれ特徴が異なるので、よく吟味した上で自分のスキルが活かせる会社を選ぶことが大切です。そこでおすすめなのが、派遣会社紹介サービスです。このサービスを利用すれば、複数の派遣会社の比較が簡単にできます。また、派遣の職種や働くコツなどの情報をチェックできるのも嬉しいポイントです。

資格やスキル不要!軽作業なら女性や未経験者でもすぐに働ける

軽作業の仕事にチャレンジしたいのであれば、まずはどのような仕事内容があるのかをしっかりリサーチすることが大切です。とはいうものの、軽作業は派遣の仕事の中でも特別な資格やスキルを必要としないジャンルです。主婦や女性でも働きやすい仕事だといえるでしょう。

自分に合った派遣会社に出会うには?

サチコさん、派遣会社が多すぎてどれを選んだらいいか分かりません! 派遣会社を選ぶときの一番重視すべきポイントは、なんだと思いますか? う~ん。やっぱりサービス内容が充実しているかどうかですかねぇ。 サービス内容も重要ですが、一番大事なのは、求人数です!派遣の場合、実際に働くのは派遣会社ではなく、派遣会社が紹介する会社なので、求人数が多いほど、理想の仕事にたどり着きやすいのです! 求人数の多い派遣会社に登録することで選択肢が広がるんですね! その通り!派遣サーチがおすすめする求人数が多い派遣会社は、 スタッフサービス です。
こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る