※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣社員と契約社員は何が違うの?仕事内容やメリット・デメリットを比較

派遣社員と契約社員は何が違うの?仕事内容やメリット・デメリットを比較

非正規雇用で働くための代表的な手段として、派遣社員と契約社員の2パターンがありますが、これら2つの働き方にはどのような違いがあるのでしょうか。自分に合った働き方を探すためには、その内容を比較して自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことが大事です。今回は、派遣社員と契約社員それぞれのメリットとデメリット、または派遣社員として働くためのポイントについて解説していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. 派遣社員と契約社員の違い

派遣社員と契約社員には具体的にどのような違いがあるのでしょう。これらの働き方は、正社員以外の雇用形態として混同されがちでその違いを理解できていないという人も多いです。ここで一度、派遣社員と契約社員の違いについて確認しておきましょう。

派遣社員

派遣社員として働く場合、労働者は勤務先の企業ではなく派遣会社と雇用契約を交わすことになります。勤務先はあくまで派遣先の企業であり、仕事上の指揮命令も派遣先が行いますが、給料の支払いや社会保険の手続きは雇用契約を交わしている派遣会社が行います。派遣会社との雇用契約は最長3年となっており、それ以降も働く場合は再度契約を結び直さなければなりません。

また、ひと口に派遣といっても、その種類は「特定労働者派遣」「一般労働者派遣」「紹介予定派遣」と複数あり、それぞれ仕組みが異なります。

「特定労働者派遣」は、派遣会社に常用雇用された状態を指し、派遣先がなくても派遣会社から給料が出るようになっています。

「一般労働者派遣」は、派遣先がある場合のみ派遣会社と雇用契約を結べるという仕組みで、多くの派遣社員がこれに該当しているといえるでしょう。

「紹介予定派遣」は、最初は派遣社員として働き、6カ月後に派遣先に雇用される前提で雇用契約を結ぶという仕組みです。派遣の間は派遣会社との雇用契約となり、6カ月以内に派遣先と雇用契約を結ぶシステムとなっています。

契約社員

契約社員は派遣社員と違って勤務先の企業と直接雇用契約を交わしますが、非正規雇用であるためその期間には定めがあります。基本的には3カ月や半年、もしくは1年程度の期間での有期雇用契約になり、雇用期間が終われば労働契約も同時に終了します。派遣と同様に、長く働くには契約が切れるタイミングでその都度契約を更新し続けなければなりません。勤務先とは直接的に雇用関係を結ぶことになりますが、正社員に比べると収入や待遇面が劣ってしまいます。

2. 派遣社員のメリットとデメリット

派遣社員として働く場合、派遣ならではの働きやすさがあるのはたしかですが、その一方で難点があるのも事実です。その特徴をきちんと押さえて、どのようなことを想定しておかなければならないのかしっかり把握しておきましょう。ここでは、派遣社員として働く前に知っておきたいメリットとデメリットについて解説していきます。

派遣社員のメリット

派遣社員のメリットとしてまず挙げられるのは、「職種や業種を自由に選べる」という点でしょう。また、自分のライフスタイルに合わせて勤務日数や勤務時間なども自由に選ぶことができるという点も非常に魅力的です。働く期間はあらかじめ決まっているため、契約期間が終了したら派遣会社に紹介してもらって別の会社で働くこともできます。さらには、派遣先とのやり取りは派遣会社が対応してくれるので、賃金交渉、休暇の取得、トラブル対処など、普通ならなかなか切り出せないような話も任せることができます。

派遣社員のデメリット

契約更新が行われるかどうかは更新のタイミングになってみないとわかりません。将来のプランが立てにくいという点は派遣社員のデメリットといえるでしょう。契約更新がされなければ他の会社で働くことになりますが、たとえ契約を更新し続けたとしても一つの会社の同じ部署で働けるのは最長3年間となっています。3年後には必ず職場が変わってしまうので、どれだけ職場に馴染んでいてもいつか環境が変わることを理解しておかなければなりません。また、雇用が1年で終了する可能性も十分あります。短期間で契約が切れるようなことが続くと、経験がなかなか積めないのでキャリアアップも難しくなるでしょう。

3. 契約社員のメリットとデメリット

契約社員として働く際も、派遣社員と同じように良い面悪い面があります。楽しく仕事に取り組むためにもしっかり把握しておきましょう。ここでは、契約社員のメリットやデメリットを解説していきます。

契約社員のメリット

契約社員は、正社員よりも収入が少なく、待遇面でも優遇されることはありませんが、パートやアルバイトに比べると好待遇が受けられます。また、全ての仕事がフルタイム勤務とは限りません。中には勤務日数や勤務時間など希望に合わせて働けるケースもあるので、運よく融通が利く仕事を見つけることができれば自分のライフスタイルを重視した働き方が可能になります。仕事の時間管理がしやすく家事との両立が可能になるため、子育て中など家庭での時間も大事にしたいという人に多い雇用形態となっています。

契約社員のデメリット

契約社員は派遣社員と違って、契約更新し続けられれば同じ職場でずっと働くことができますが、会社の経営状態や働き方によっては更新してもらえない可能性も十分あります。会社が人件費削減を掲げたりすることがあれば、正社員より先に契約社員の人員を見直されることになるでしょう。直接雇用契約を結んでいるからといって必ずしも長く働けるというわけではありません。

契約が更新されない場合、次の就職先は自分で探さなければなりません。また、正社員と比べると給料や賞与の金額が下がることはもちろんですが、契約が切れても退職金をもらうことはできません。派遣社員のケースに比べて離職する際のリスクが高いというデメリットがあります。

契約社員は、家事と仕事の両立を図りたい人、自分のライフスタイルを重視したい人にはぴったりですが、正社員のようにバリバリ働いてお金を稼ぎたい人には不向きといえるでしょう。福利厚生の利用範囲も正社員より狭くなっているので、手厚いサポートを受けることもできません。

4. ライフスタイルに合った働き方を選ぶ

自分に合った仕事を見つけるためには、プライベートの時間をどのくらい確保したいのか、あるいは必要な収入はいくらぐらいなのかを自分で把握しておく必要があります。自分が大切にしたいものは何なのかをはっきりさせ、それに応じて雇用形態を選べば理想的な働き方を実現することができるでしょう。

たとえば、夫の仕事で転勤が多いのであれば正社員として働くよりも期間を決めて契約更新をしながら働くほうが不安も少ないでしょう。また、子育て中でフルタイム勤務はできないが収入はある程度確保しておきたいという人は、職種や業種を自由に選べる派遣社員がおすすめです。

5. 派遣として働くなら派遣会社紹介サービスの利用がおすすめ

実際、派遣社員として働きたいと考えていても、いざ登録先を探すとなると派遣会社が多すぎてどこを選べばいいのかわからないという人がたくさんいます。そのような悩みにぶつかっている人は、派遣会社紹介サービスを利用して効率よく登録先を探しましょう。派遣会社紹介サービスは、派遣会社の比較もしやすいことに加え、安心して利用できる派遣会社を選ぶことができる非常に優れたツールです。キーワードやエリアを入力すれば仕事検索も可能になるのでおすすめです。

派遣会社紹介サービスで自分にぴったりの職場を見つけよう!

自分に合った働き方を見つけるためには、雇用形態ごとの特徴やメリット・デメリットについて理解を深めておくことが大事です。派遣なら契約期間が定められていてライフワークバランスがとりやすいため、主婦や子育て中の女性でも無理なく働くことができます。興味が湧いた人は、派遣求人・派遣会社をまとめて比較できるこちらのページや求人検索ができるこちらのページもチェックしてみてください。

Scroll Top ページ上部に戻る