※本ページはプロモーションが含まれています。

エルダーとは?エルダーのメリットやメンターとの違いを紹介

エルダーとは?エルダーのメリットやメンターとの違いを紹介

職場で良く耳にするのが、「エルダー」という言葉です。エルダーは新人が仕事を覚えるうえで欠かせない人事制度の一つです。ただ、このエルダー制度を導入している企業に入るにあたって、どのような制度なのか不安に思っている人も多くいるでしょう。そこで、今回の記事では、エルダーの概要やメリット、メンターとの違いについて紹介していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. エルダーとは何か?

エルダーは主に、ビジネスの場面で2種類の使われ方をする言葉です。一つは50歳以上の中高年層を意味する言葉であり、特に消費や活動に積極的な人々に対して使われます。もう一つは、新人に対して実務の指導を行う会社の人事制度である「エルダー制度」を指して使われます。つまり、企業が人事関係でエルダーという言葉を使った場合には、後者を指していると覚えておけば良いでしょう。エルダー制度は新人教育のためのOJT制度の一つとなっており、直属の上司ではなく、先輩社員が指導することで早期育成を図る目的からつくられました。

会社としては先輩社員が新人を直接指導することで育成はもちろん、担当する社員の指導経験を積ませることもできます。これは、双方の成長を同時に促すことができるということです。そのような意味で、会社にとっても一石二鳥のシステムがエルダー制度なのです。

2. エルダー制度とメンター制度の違い

メンターもビジネスや自己啓発の分野で良く使われる言葉です。一見、エルダーとメンターは似たものに感じられますが、実際はどうなのでしょうか。具体的にメンター制度とは、ブラザー制度、シスター制度と呼ばれることもある仕組みです。基本的にはエルダー制度と同様、新入社員や若手社員に対して、先輩社員がサポートを行います。また、メンター制度は仕事面はもちろん、プライベート面を含めて先輩社員が相談役になることが特徴です。そのため、メンターはメンタル的なサポートを目的とすることも多いのです。

このように、メンター制度もエルダー制度も、年上の社員が年下の社員をサポートするという点では同じになります。ただ、エルダー制度は業務上のサポートだけなのに対して、メンター制度はメンタル全般のサポートを含んでいる点が異なるところです。別の表現でいえば、よりお互いの距離感が近いのがメンター制度といえるでしょう。

3.エルダー制度のメリット

ここでは、エルダー制度のメリットを具体的に紹介します。

新人の離職を防ぐことができる

新人の離職を防ぐことができることは、エルダー制度のメリットです。新入社員や若手社員にとって、身近に相談しやすい上司がつくことは安心できる環境づくりにつながるからです。また、実際に同じ業務を経験した人の指導を受けることで、業務の習得も早くなるでしょう。自分だけで試行錯誤したり、見よう見まねで仕事を行ったりしていると効率的に業務を覚えることはできません。エルダー制度を利用することで、業務のコツもつかみやすくなるのです。

さらに、エルダー制度はストレスにさらされている新人に対してサポートをすることで、離職率そのものを下げる効果も期待されています。実際、業務を効率的に覚えてもらうということはもちろん、離職を防ぐことを主な目的として導入している企業もあるのです。つまり、新人のメンタル面でもエルダー制度はプラスになるということです。

指導する側も管理経験を積める

エルダー制度は新入社員や若手社員のサポートをできるという魅力がある一方、指導する側にもメリットがあります。具体的には、年下への指導や管理などのマネジメント能力を培うことができ、問題解決力の向上も図れるのです。このような能力は、将来管理職になるときに重宝するでしょう。また、本来は中間管理職にまで昇進しないと学べない管理業務を先に学んでいることになり、会社としても指導する姿を評価しやすいのです。新入社員だけではなく、指導する側の成長も促せるのは大きな魅力といえます。

さらに、エルダー制度が社員同士の自然なコミュニケーションを促進し、良い意味で仲間意識が向上することも見込めます。このコミュニケーションの活発化も、指導する側とされる側の双方にとって学びが多いはずです。

4. エルダー制度のデメリット

エルダー制度にはデメリットも存在します。ここでは、その内容について具体的に紹介します。

エルダーの負担が増える

よくいわれるエルダー制度のデメリットとしては、エルダーの負担増加があります。当然ですが、エルダーは新人の指導だけが仕事ではなく、自分の業務を行う傍らで指導もしなくてはいけません。そのため、場合によっては大きく負担が増えるのです。指導を受ける新人は安定するかもしれませんが、エルダーは業務過多に陥るということになります。その結果、離職につながってしまう恐れもあるでしょう。いくら双方にとって成長する機会といっても、指導する側が離職してしまっては本末転倒です。したがって、会社としてはエルダーだけに負担を押し付けないような環境や仕組みづくりが必要です。

実際、上手な環境づくりができない中でエルダー制度を取り入れた結果、指導する側の社員が退職してしまう例も発生しています。

相性が悪いと逆効果になる可能性がある

エルダー制度は双方の相性が悪いと、逆効果になるというデメリットも存在します。どういうことかというと、指導する側とされる側の相性が悪く、かえって指導が安定しないということです。その結果、新人の作業定着に時間がかかってしまい、エルダー制度を取り入れた意味がなくなるのです。これはお互いの性格の違いなどもあるので、根本から解決するのは難しい問題といえるでしょう。対策としては、双方の相性が悪そうな場合、その二人の組み合わせを避けるといったことが考えられます。

また、指導する側とされる側だけではなく、指導そのものに対する温度差などでエルダー同士で衝突することも珍しくありません。これは通常の体制でも起きることですが、エルダー制度ではそれが顕著になります。そのため、会社としても意思の統一を図ったり、適切なマニュアルを作成したりすることが求められます。

5. エルダー制度導入企業をチェックするときのポイント

ここでは、エルダー制度を導入している企業に入社するにあたって、チェックしたいポイントをいくつか紹介します。

ルール作りがしっかりしているかどうか

エルダー制度は新人教育にあたって有用な方法で、うまくいけば即戦力を獲得できるものです。しかし、とにかくエルダー制度を取り入れれば良いというわけではなく、適切な環境づくりがされていることも大切です。たとえば、エルダー制度を導入していても、実際は先輩社員の負担が増すばかりなら意味がありません。また、指導する人によって温度差があるような会社も上手く運用できているとはいえないでしょう。エルダー制度が正しく運用されるためには、ルールの制定がきちんと行われている必要があるからです。したがって、入社を考えるような企業では、しっかりとルールがつくられているのか確認しておいたほうが良いでしょう。

社員同士の仲が良いかどうか

エルダー制度は新人の教育が目的ですが、上手く運用できている会社では社員同士の連携や仲が良いという特徴もあります。そのため、実際に働いている人に対して、社員同士の仲が良いのかを逆質問するのも有効な方法です。もし、仲が良ければエルダー制度も機能している可能性が高く、仲が悪ければ機能していない可能性が高くなります。非常に簡単な確認方法ですが、実用性が高いので覚えておくと便利です。

エルダー制度を理解して快適な会社で働こう!

エルダー制度は、新人教育や携わるすべての人のスキルアップにつながる有用な人事制度です。ただ、中にはこの制度を上手く活用できていない会社も存在します。そのため、エルダー制度を採用している企業への入社を検討している場合、上手に活用できているかどうかチェックしておくことが大切です。もし、上手に活用できている企業なら、自分自身も入社後に大きく成長することできるはずです。

Scroll Top ページ上部に戻る