※本ページはプロモーションが含まれています。

販売員の仕事に向いている人とは?仕事の内容や求められる人材像を解説

販売員の仕事に向いている人とは?仕事の内容や求められる人材像を解説

日常生活において、お店の販売員と接する機会はたくさんあります。丁寧な対応と豊富な商品知識で顧客をサポートする販売員は、プロフェッショナルな職業で社会に不可欠です。仕事を選んでいるとき、販売員に興味を持つ人も多いでしょう。この記事では、販売員に向いている人の特徴を述べていくので仕事選びの参考にしてみてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. 販売員の仕事内容

そもそも販売員とは、来店する顧客の歓迎や見送りを中心にしている仕事です。ただ、顧客から商品についての説明を求められることもあるので、接客やトークのスキルもなくてはいけません。そのうえで、商品の提案なども行いレジで会計をしたり、商品を包装したりも行います。電話対応も販売員の役目です。店舗にかかってきた電話を失礼のないように受けなくてはいけません。また、店舗の掃除、商品や備品の整理などを行って空間の清潔感を保ちます。店舗がディスプレイやレイアウトを変更するときも作業に加わります。そのほか、商品の検品や在庫管理を求められる店舗もあり、幅広い能力が必要です。

2. 販売員の仕事で身につくスキル

向上するスキルの代表例が「コミュニケーション能力」です。日常的に接客を続けることで、会話力やマナーが身についていきます。特に、アパレルなどの業種では顧客と1対1で接することも珍しくありません。相手の要望や好みを理解し、ぴったりの商品を提案する判断力が養われます。さらに、クレーマーとの関わりを通してトラブルへの対応力も身につくでしょう。販売員の経験を積み重ねていくと、リーダー的な立場を任されることもあります。その役割を続ければ、マネージメント能力も培われます。そのほか、ディスプレイの工夫やキャンペーンの企画をすることで、マーケティング能力も鍛えられるでしょう。

これらの能力を磨いていけば、将来的にはマネージャーや店長、マーケッターとしてのキャリアを目指せるようになります。

3. 販売員の仕事に向いている人

この段落では、販売員に向いている人の特徴を挙げていきます。適性を踏まえて仕事選びの参考にしましょう。

積極的で楽観的な人

企業や店舗によっては、販売員に厳しい目標やノルマが課せられます。これらを達成できない状況が続くと、どうしても心が沈んでいくものです。しかし、積極的な人間なら逆境でも前向きに仕事へ取り組むことができるでしょう。そのため、無理だと決めつけず、最後まで努力し続ける方法を検討することも大切です。また、楽観的な人間の雰囲気は同僚に伝染します。ポジティブな思考が店中に伝われば、居心地のいい職場になることが期待できます。つまり、積極的で楽観的なのは販売員にとって欠かせない資質といえるでしょう。

責任感と向上心のある人

販売員は顧客から商品について質問される立場です。専門的な内容を聞かれる機会も少なくありません。そんなとき、「分かりません」と答えていては店舗の信用が落ちてしまいます。責任感のある人なら進んで商品知識を得ることができるので、販売員に向いています。また、向上心のある人も継続的に学ぶ姿勢を保てるでしょう。商品知識が身についていくと、責任と自信を持って販売を行うことができます。そうなれば、ますます仕事が楽しくなりやりがいを感じられる可能性は高まります。

責任感と向上心を兼ねそなえている販売員は、現状に満足しないので常に上を目指して働けるでしょう。その結果、スキルアップが実現して豊かなキャリアへとつながっていきます。

想像力の豊かな人

販売員は顧客目線を求められる立場です。顧客が店舗で何を思い、どのような商品を探しているかを考えながら行動しなければいけません。つまり、想像力は販売員にとって重要なポイントです。顧客が販売員に聞いてくるのを待っているようでは、想像力が働いていないといえます。顧客のささいな仕草や表情をくみとり、希望を叶えることができれば一人前です。こうした接客を続けていると、顧客は「この店は自分のことを分かってくれる」と考えるようになります。そして、顧客と店舗に強い絆が生まれ、リピーターが増えていくことが期待できるのです。顧客が店のファンになれば、ライバル店に奪われる可能性も減っていきます。

4. 販売員の仕事の具体例

販売員は、さまざまな業種で配置されています。以下、具体的なシチュエーションを挙げながら、どのような役割を販売員が任されているのかを解説していきます。

携帯電話の販売・インターネット契約の提案

販売員は、携帯電話ショップやインターネット契約コーナーにも配置されます。これらの主な仕事内容は、携帯電話の販売やネット契約の提案です。メリットとしては、安定した求人があることです。特に、携帯電話の乗り換えが活発になる時期や人気機種の発売のタイミングなどでは求人が急増します。求人が多くなればなるほど選択肢が豊富になるので、仕事を選んでいる人には有利です。

一方、デメリットとしては、高いレベルの向学心が求められ続けることでしょう。携帯電話やインターネットの販売員には、深い専門的知識が備わっていなくてはいけません。しかも、これらの業界はすさまじいスピードで発展しています。少し勉強を怠けてしまうと、業界から取り残されてしまう恐れも出てくるので押さえておきましょう。

アパレル・コスメ商品の販売

ファッションや美容系の仕事でも、販売員は活躍しています。アパレルやコスメの店舗では、衣料品、化粧品の販売員が置かれているのが一般的です。これらの業種で働くメリットは、最新の業界情報を仕入れられることです。トレンドを知ってセンスを磨き、仕事に還元ができます。また、プライベートで役立つ知識も満載です。そのほか、顧客と仲良くなって楽しく仕事をしたい人にも向いています。デメリットは、体力面でしょう。アパレルやコスメの店舗では、1日中立ち続けなくてはいけません。商品陳列などの作業もたくさんあって、なかなか気も抜けないでしょう。そのうえ、セールやバーゲンの時期には顧客が殺到するのでより忙しくなります。

スーパーや百貨店のレジ係

レジ係も広い意味では、販売員に該当します。スーパーや百貨店では1日にたくさんの顧客が来店するため、レジ係の責任も重大です。それでも、長期的に働けるケースが多いので安定した収入を求める人にはメリットが大きいでしょう。さらに、派遣先を頻繁に変えたくない人にもぴったりです。それほど顧客と会話をしなくていいので、接客に不安がある人も検討してみましょう。

レジ係のデメリットは、負担が大きいことです。長く1カ所で働いていると、レジ以外にもさまざまな雑務を任せられるようになります。こうした状況をやりがいだと感じられる人もいますが、当初に与えられた仕事しかやりたくないのであれば、あまり歓迎できないでしょう。

イベントでの物販

コンサートなどの会場で、関連商品を販売する仕事もあります。これらの現場は、拘束されにくいのがメリットです。単発の仕事が多いので、長期的に予定を奪われなくてすみます。自分の都合によって、働きたいときだけ働けるでしょう。また、イベントの物販はほかの長期的な仕事よりも給料が高めです。日払いでもらえることも多く、すぐにお金が必要な人に向いています。デメリットは、仕事に慣れるまでの余裕があまりないことです。単発の仕事だと、ノウハウや人間関係が整っていない場所で働かなくてはいけません。現場に着くたび、緊張や不安を感じてしまう人もいます。

販売員の求人は豊富!好きな分野の仕事を選ぼう

派遣の求人を探してみると、販売員の仕事がたくさん見つかります。この記事で紹介した現場以外でも、書店、菓子店、ドラッグストアなどさまざまな分野で販売員は活躍しています。自分の好きなジャンルを選べば、楽しく仕事ができるでしょう。また、接客や創意工夫が好きな人にも販売員は向いています。販売員は未経験者でも気軽に挑戦できるので、まずは応募してみてはいかがでしょうか。

Scroll Top ページ上部に戻る