※本ページはプロモーションが含まれています。

紹介予定派遣の面接には特徴がある!受かるためのコツも紹介!

紹介予定派遣の面接には特徴がある!受かるためのコツも紹介!

さまざまな働き方があるなか、多くの人に注目されているのが「紹介予定派遣」です。紹介予定派遣で行われる面接は、一般的な面接とは異なる部分が多いといわれています。そのため、紹介予定派遣の面接に臨む場合は、きちんとポイントを押さえておくのが大切です。ここでは、紹介予定派遣における面接とはどのようなものなのか、また受かるためのコツについて紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

サチコさん、実は来週、紹介予定派遣の面接があるんです!
にいと君もついに正社員の道へ一歩踏み出すんですね!それでは、紹介予定派遣の面接のコツを教えちゃいましょう。

紹介予定派遣とは、「正社員・契約社員としての直接雇用を前提」とした、派遣での働き方です。紹介予定派遣のメリットデメリットなど、詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。



また派遣サーチおすすめの紹介予定派遣に強い派遣会社も紹介しています。
どの会社が良いか迷ったらチェックしてみてください。

紹介予定派遣における面接の重要性

紹介予定派遣では、「面接」が重要だといわれています。一般的な派遣の場合、派遣前の面接は基本的に認められていません。
しかし、紹介予定派遣の場合は、面接が認められているのが大きな違いです。面接をしてお互いの情報を交換し合うことで、試用期間や業務内容に関するトラブルを避けやすくなります。会社の待遇や仕事内容など、気になることを派遣前にしっかりと確認できるのが魅力です。人材採用において、できる限り避けたいのが「会社とのミスマッチ」です。直接雇用が前提となる派遣だからこそ、企業は「求める人物像」と一致しているかどうかを見極める必要があります。そのため、面接は重要視されるポイントだとされているのです。きちんと面接の場を設けることで、働き手と会社とのミスマッチを減らせます。


紹介予定派遣の「面接」と一般派遣の「面談」の違いとは?

具体的に、紹介予定派遣の面接と一般派遣の面談や顔合わせの違いを見ていきましょう。

選考が行われる

一般派遣では禁止されている「面接」ですが、紹介予定派遣では例外的に認められています。紹介予定派遣では、直接雇用を前提として派遣採用するためです。
そのため、紹介予定派遣の面接では、「採用」「不採用」を決めるための質問や適性検査などが行われる可能性があります。

職務経歴書が必要

一般派遣の面接では不要だった職務経歴書についても、紹介予定派遣の面接では提出が求められます。

職務経歴書の書き方についてはこちらをご参照ください。


筆記試験があるかも

紹介予定派遣の面接では、筆記試験が行われることがあります。筆記試験では、SPI、性格診断テスト、漢字書き取り・読み取り、計算問題、時事問題などが実施されます。事前に問題集などで対策しておくと良いでしょう。

二次面接があるかも

紹介予定派遣の面接は、何回も行われるということはなく、基本的には一回です。会社によっては、二回実施するところもあります。
二次面接については、役員クラスの責任者や社長が参加する場合もあります。

紹介予定派遣の面接の流れ

派遣会社への登録から面接までは、一般的に以下のような流れになります。
.
まず、派遣会社に「登録」を行います。登録が済んだら、希望を伝えて、派遣会社から「紹介予定派遣を実施している企業」を紹介してもらいましょう。希望する企業が見つかったら、面接の日時を決めます。具体的な日時が決まったら、その日に向けて「面接のための準備」を行うのが一般的です。派遣会社とも打ち合わせを行い、しっかりと対策を考えておきましょう。約束した日時になったら、派遣会社の担当者と待ち合わせをし、派遣先で「面接」を行います。
面接終了後、約1週間前後で派遣会社から合否結果の連絡があります。
面接の実施タイミングは求人や企業によって異なりますが、応募から就業までの選考期間は、1~3週間程度が目安です。

紹介予定派遣の面接に受かるためのコツ

紹介予定派遣の面接に受かるためのコツにはどのようなものがあるのか、チェックしていきましょう。
.

コツ1:派遣会社との打ち合わせを入念に行う

紹介予定派遣の面接に受かるためのコツには、「派遣会社の営業担当との打ち合わせを入念に行う」ことが挙げられます。紹介予定派遣の面接では、派遣の担当者も同行するケースが一般的です。そのため、事前に打ち合わせをしておくことが、受かるためのコツとなります。面接の方向性を決めておくことで、しっかりと対応できるようになるのです。
また、派遣先に共有されている情報の認識を、擦り合わせておくのもポイントとなります。自分のアピールポイントや前職の退職理由についても、しっかりと方向性を固めておきましょう。また、派遣会社の担当者は面接を何度も経験している、いわばプロです。アドバイスをしっかり聞いておくと、面接をスムーズに突破するためのヒントを得られるでしょう。

コツ2:自己分析を行う

面接で好印象を与えるには、「自己分析を行う」のも重要です。自己分析を行うことで、自分の長所や短所が明確になります。面接では、長所や短所について聞かれたり、自己PRを求められたりすることも多い傾向です。自己分析を行っておくと、企業側から質問をされたときなどにも、すぐに答えることができるでしょう。
また、時間の経過とともに自分の経験や内面は変わります。そのため、以前に自己分析をしたことがある場合でも、再度分析を行うのが大切です。よく面接で聞かれる質問に対する答えを、自己分析で固めておくと安心でしょう。

コツ3:退職理由やブランク期間に関する質問に備える

面接をする際に、注意したいのが「退職理由」や「ブランク期間」の説明です。前職の退職理由はほぼ必ず質問される項目です。また、前職を退職してからブランクがある場合は、その期間中に「何をしていたのか」という質問をされる可能性が高いでしょう。これらの質問に対する答えを、しっかりと考えておく必要があります。
また、マイナスのイメージになりそうなこれらの質問は、「なるべくポジティブに答える」ことがポイントとなります。前向きかつ意欲的な姿勢をアピールすることで、好印象を与えやすくなるのです。転職回数が多い場合なども、相手が納得できるような答えを用意しておきましょう。

コツ4:紹介予定派遣を選んだ理由を明確にする

企業側は、面接において「なぜその選択肢をとったのか」という点に注目しています。面接を突破するには、「紹介予定派遣を選んだ理由」を明確にするのが重要です。雇用形態には、さまざまなものがあります。なぜほかの雇用形態ではなく紹介予定派遣を選んだのかは、質問されやすい要素の一つなので、しっかりと回答を考えておく必要があります。
なお、回答はマイナスな印象となるものではなく、ポジティブな印象を与えるものにするのが肝心です。たとえば、「正社員採用に落ちてしまったから」というようなマイナスな印象を与える回答は、避けたほうが良いでしょう。紹介予定派遣だからこそのメリットを活かせるような理由を考えるのが大切です。例としては、「実際に働いてミスマッチを防ぎたいため」「働きぶりを認めてもらってから雇用されたいため」などの理由は、前向きな印象を与えられます。あらかじめ答え方を決めておくと、面接のときに焦らずに済みます。

コツ5:派遣先の会社をしっかり分析する

面接を受ける際は、「派遣先の会社をしっかり分析する」必要があります。なぜなら、面接では入社への熱意を確認されるためです。その熱意を測る材料として、「会社をどれだけ分析してきたのか」がチェックされます。会社の情報をまったく調べていない場合、「やる気がない」とみなされてしまう可能性があるため、注意が必要です。面接までに会社の概要について、資料やホームページなどでしっかりとチェックしておきましょう。
なお、面接では志望動機は必ずといっていいほど聞かれる項目です。志望動機では、その会社の社風・理念・具体的な事業内容、さらに商品・サービスなどに関連する事柄を盛り込むと、熱意を伝えやすくなります。

コツ6:身だしなみに気を付ける

このとき、好印象を与えられるよう、身だしなみに気を配るのが肝心です。一般的な面接と同様に、落ち着いた色合いのスーツを着用するのが無難です。だらしない印象を与えるような服装・髪型は避け、清潔感のある装いを心がけましょう。

紹介予定派遣の面接で聞かれる質問集

紹介予定派遣の面接の質問内容としてよく聞かれるものを紹介します。当日までにどのように回答するか準備しておくと、スムーズです。
今から、紹介予定派遣でよく聞かれる質問をしていきますので、答える練習をしましょう!
ハイ!がんばります!

Q. 職務経歴を教えてください。

引籠仁井斗と申します。株式会社〇〇テクノロジーズで1年間、工場派遣として勤務しておりました。最初は、主に製造の単純作業をしておりましたが、2度目の契約更新のタイミングで実績が認められ、在庫管理や人員配置などの事務のほうも任せていただけるようになりました。御社では、工場派遣で培った、細かい管理能力を生かして、正社員を目指して頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。以上です。
実績や意欲をアピールできていて、バッチリですね!

Q. なぜ紹介予定派遣を選んだのですか?

正社員になることで、家族を安心させたいと思い、紹介予定派遣の求人に応募しました。
紹介予定派遣でも、必ず正社員になれるとは限らないので、それだけをモチベーションにしているということが伝わってしまうとあまり良くありません。「実際に働いてみてミスマッチをなくしたい」といった紹介予定派遣ならではの特徴や「仕事内容に魅力を感じたから」などという話をしたほうが好印象になります!

Q. あなたの長所と短所を教えてください。

長所は、地道にコツコツ努力できるところです。淡々と物事をこなしていくことが得意です。逆に短所は、没頭して周りが見えにくくなるところだと思います。
今回の募集職種の事務職にマッチする長所が伝えられてGOODです。具体的なエピソードも語れるとよりいいですね。

面接で不採用になるケースとは?

何らかの理由により、面接で不採用になってしまうケースもあります。紹介予定派遣の通過率は20~30%と言われており、決して高くない合格率となっています。
不採用になってしまう主な理由には、以下のようなものが挙げられます。

紹介予定派遣の面接で不採用になる理由

  • スキルが求められている基準に達していない
  • 会社の雰囲気、社風と合わない可能性がある
  • 会社が求める人物像とのズレがある
  • 経営上の都合


まずは「スキルが求められている基準に達していない」場合です。実務で活かせるようなスキルが備わっていない場合、不採用になってしまう可能性があります。
また、ポテンシャルに期待して雇用したものの、その後スキルの向上がみられない場合も、直接雇用につながらない場合があるため、要注意です。あくまでも紹介予定派遣は「試用期間中」であるという認識を持ち、スキルアップを目指しながら実務に取り組むようにしましょう。
さらに、「会社の雰囲気、社風と合わない可能性がある」「会社が求める人物像とのズレがある」と判断された場合も、長期間一緒に働くのは難しいと判断され、不採用になってしまうケースもみられます。
また、「経営上の都合」による不採用が起こり得ることも、頭に入れておくのが肝心です。
もしも不採用になった場合は、その理由を派遣会社の担当者に聞き、フィードバックを受けて次につなげると良いでしょう。

面接通過後の辞退はできる?

結論から言うと、可能です。面接後に「話を聞いて社風が合わないと感じた」「会社の雰囲気が合わないと感じた」といった理由で、辞退をするのはよくある話です。
辞退したいと思ったら、なるべく早い段階で派遣会社に連絡しましょう。その際、理由は正直に話した方がいいです。
下手に嘘をつくと、今後派遣会社から派遣先を紹介してもらえなくなる可能性があるためです。

派遣クイズ

紹介予定派遣の面接では、職務経歴書の提出が禁じられている。

派遣クイズ

紹介予定派遣を選んだ理由として答える際に適切なのはどっち?


紹介予定派遣のおすすめ派遣会社

紹介予定派遣の求人に応募するのにおすすめの派遣会社を紹介します。

サービス名

スタッフサービスは、紹介予定派遣の求人数がもっとも多い派遣会社です。スタッフサービスで紹介予定派遣の求人を探せば、求人が見つかりやすいです


コツを押さえて面接を突破しよう!

紹介予定派遣に受かるコツ、とっても参考になりました!さっそく今から準備を進めていきます。
合格したら是非教えてくださいね。
紹介予定派遣だからこその面接のコツを押さえておくと、面接をスムーズに進めやすくなります。きちんとポイントや注意点を押さえて、面接の突破を目指しましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る