産休代替とはどんな働き方?メリット・デメリットを徹底解説!

産休代替とはどんな働き方?メリット・デメリットを徹底解説!

働き方が多様化している現代では、産休代替も働き方のひとつとして選ばれることが多くなっている現状があります。しかし、産休代替で働くことに対して、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。この記事では、産休代替とはどのようなものかについて詳しく解説し、そのメリットやデメリットについても紹介していきます。

1. 産休代替とは?

産休代替とは、産休や育休を取得する従業員の代わりとして勤務することで、基本的に短期間そのポジションにつくものです。産休とは産前産後の休業を指し、労働基準法により出産予定日の6週間前から出産日の8週間後まで取得できます。ただし、多胎妊娠のケースでは、出産予定日の14週間前から取得可能となり、一般的な産休よりもおよそ1カ月半も長くなります。また、育休は育児休業を意味し、子どもが1歳になるまでは父親でも母親でも取得可能なのが特徴です。しかし、住んでいるエリアなどによっては待機児童が発生し、子どもを預かってくれるところがないという場合もあるでしょう。

そのため、所定の条件を満たせば、育休は1歳6カ月または2歳まで延長が可能となります。少子化が社会問題とされるなかで、産休や育休を積極的にとり入れて、これらの期間を長くしようと考える企業も増えてきています。育休などがしっかりしている会社だと従業員が安心して働くことができ、復帰に対してもモチベーションを保てるため、企業にとっては離職率の低下が期待できるでしょう。社員の定着率は企業にとって死活問題であるほか、産休や育休の充実は少子化に歯止めをかける可能性がいわれています。さらに、育休に関しては期間をもっと長くしようという動きも出ていることから、基本的に産休代替のニーズは社会全体で高まってきているといえます。

2. 産休代替と一般的な派遣の違い

一般的な派遣もまた、ある一定の期間だけ派遣先に赴いて仕事をするのが普通です。そのため、産休代替と一般的な派遣との違いがよくわからないという人もいるのではないでしょうか。一般的な派遣は、2015年に改正された派遣労働者法により、一部例外はあるものの、業務内容に関わらず派遣期間が制限されるようになりました。しかし、産休代替の場合は、抵触日による派遣期間の制限がないのが特徴です。抵触日とは、その「派遣期間の制限」を過ぎた最初の日のことを指します。つまり、産休代替では、派遣労働者法で決められた日数よりも長く同じ職場で働くことができるのです。

何日間まで延長できるかは、産休や育休を取得している従業員の状況次第なので、個々のケースによって異なります。前述のように、育休は最長で1年6カ月あるいは2年なので、人によっては派遣期間が大きく変わります。また、産休代替の場合は、業務内容が一般的な派遣より限定的となることも、一般的な派遣との違いです。求められるスキルがかなり細かく指定されていることが特徴で、人より秀でたスキルや資格を持っている場合は、派遣先で存分に力を発揮できるでしょう。

3. 産休代替で働く期間

産休代替で働く期間は、産休や育休を取得している従業員が復帰するまでの間です。一般的には、産後8週間の産休に続き、子どもが1歳になるまで育休を取得するケースが多いです。つまり、産休代替で働く場合は、合計で1年強の勤務期間となる可能性が高いといえます。ただし、育休をしている人に子どもが保育園へ入所できなかったなどの理由があれば、さらに延長される場合があります。

育休の延長は最大1年とされるため、待機児童が多いエリアなどの産休代替では、育休期間として1~2年働くことが多くなっています。また、育休の延長は待機児童のほかにも、主に育児を行う人が死亡や病気、離婚などで育児をするのが難しいと判断された場合で延長可能となります。さらに、育休中新たに妊娠したとしても延長可能なため、産休代替である程度長く働く可能性は決して少なくないといえるでしょう。

4. 産休代替で働くメリット・デメリット

産休代替で働くには、メリットもあればデメリットもあります。どちらも知っておくことで、より産休代替を深く理解できるようになるでしょう。

4-1. メリット

産休代替で働くメリットは、基本的に高時給の案件が多い点です。理由としては、限定的なスキルが求められたり、その産休や育休を取得した社員が以前担っていた仕事を引き継いだりするため、仕事のボリュームも多いからです。高時給の派遣先を探しているのなら、産休代替という手段があることを覚えておくと便利です。その代わり、産休代替では、仕事に対するより大きな責任が伴ってきます。しかし、難しい仕事を任せられるということは、仕事に対するやりがいがあるともいい換えられるので、労働意欲がわくというプラスに働く側面もあるでしょう。

また、産休代替では、期間限定で働くことができるのもメリットのひとつです。延長されることがあるものの、基本的には働く期間が限定されているため、その後の予定を立てやすいのが魅力です。たとえば、留学や結婚など、すでに将来的な計画が決まっている場合は、産休代替を上手に利用すれば、ライフプランの合間の収入がなくなる期間を減らせられるでしょう。さらに、産休代替の短期間派遣を使えば、さまざまな仕事を経験することも可能となります。自分の可能性を広げたい人や、自分にはどのような仕事があっているかわからない人などは、産休代替で職業体験のようなこともできます。

4-2. デメリット

一方で、産休代替で働くデメリットもあり、例としては契約延長の可能性が指摘できるでしょう。産休代替期間は、当初の契約よりも延びやすいのが特徴です。すでに述べたように、育休の延長自体は珍しいものではありません。長く働けるというプラスの側面があるものの、当初の計画が崩れてしまうリスクも潜んでいます。そのため、しっかりと将来的なスケジュールが定まっており、絶対にプランを変えられないといった場合や、相手からの申し出を断るのが苦手という人には、産休代替で働くのが向かないケースもあります。

また、産休代替では、引き継ぎ期間が短く、ひとりで仕事をするための十分な準備ができない場合があるので注意が必要です。引き継ぎの相手は妊婦であることが多いため、急な体調変化がつきものです。妊娠している体をいたわりながらの引き継ぎになるので、こちら側からたくさんの質問を投げかけづらい状況が起こることもあるでしょう。このため、まったく新しい仕事に挑戦したいから産休代替を選んだ場合には、仕事のコツがつかめずにストレスを感じることがあるかもしれません。

このような状況になると、ほかの従業員から仕事をサポートしてもらうケースが必然的に多くなります。そのため、ほかの従業員とのコミュニケーションを積極的にとる必要があり、人間関係の構築が大きな課題となります。産休代替は基本的に短期間の仕事なので、人間関係はあまり重要ではないと考えがちです。しかし、引き継ぎがうまくいかないほど周りからのサポートが必要となるため、人間関係の構築は不可欠です。代替とはいえ、あらかじめ決められている仕事をしっかりこなす必要があるので、責任を果たすためにも、周りの人とうまく交流する必要があります。

5. 産休代替で働く際のポイント

産休代替で働く際のポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、3つにしぼって紹介していきます。

ポイント1:派遣先のルールを理解する

産休代替で働く際のポイントとしてまず挙げられるのは、派遣先のルールをしっかり理解するということです。派遣先にはそれぞれのルールがあるため、なるべく早めにルールを理解しておく必要があります。「前の職場ではこうだった」などの先入観は捨てて、あくまで今の職場のルールで仕事を進めることが重要です。また、職場の雰囲気や仕事の進め方にも、早いうちに慣れる努力をしておきましょう。さらに、休憩のとり方や服装も、派遣先にあわせる努力が大切です。加えて、引継ぎもしっかり行うことがポイントです。妊娠中の女性から仕事を引き継ぐ場合は、体調の都合でスケジュール通りに進まない場合もあります。

たとえ期間が2カ月などと決められていたとしても、なるべく早めに引き継ぎを済ませるようにして、わからないことはその都度確認するようにしましょう。妊娠中は急に体調が変化することがしばしばあります。聞きたいことを後回しにしていると、前任者が急に休んだり早退したりして、質問するチャンスを逃す恐れもあるのです。場合によっては引き継ぎが不十分なまま相手が産休に入ることもあり、その場合は周りからのサポートが必須となります。いずれにせよ、前任者がいなくなったあとの仕事の責任は自分にかかってきます。うまく仕事ができないとストレスとなるため、わからないことがあればその都度聞いて、やり方やルールをしっかり理解しておきましょう。

ポイント2:積極的にコミュニケーションをとる

産休代替では、職場の人と積極的にコミュニケーションをとることが求められます。一般的に引き継ぎが短期間であるため、ほかの従業員からのサポートが必要不可欠となることが多いからです。これは、仕事上必要となるだけではなく、積極的にコミュニケーションをとることで、職場になじみやすくなるメリットもあります。職場に早く慣れれば、仕事もスムーズにこなすことができるようになるでしょう。

つまり、人間関係の構築は働きやすさをダブルで向上させるので、引き継ぎ期間中もできるだけ周りの人とコミュニケーションをとるようにすることがポイントとなります。引き継ぎ期間が短くなってしまったり、わからないことが多かったりしてもストレスをためず、職場の人間関係を構築することも重視しながら仕事を進めていきましょう。新しい環境で仕事に集中するためには、早く周りと馴染むことが重要です。ただし、早い段階で人間関係をうまく作ることができなくても、焦ることはありません。自分のペースで余裕を持って接することが大切です。

ポイント3:ライフプランを明確にする

産休代替で働く際には、ライフプランを明確にすることもポイントといえます。期間限定で働くからこそ、自分のライフプランに役立つ仕事を選ぶことが重要です。具体的にめざしたいものや取得したいスキルがある場合は、ライフプランの一環として、産休代替を利用して実務経験を積むのもひとつの方法です。また、ただ働くのではなく、働いた先で仕事を活かすためのプランを考えておくのも大事な要素です。

さらに、たとえばさまざまな職種を経験して視野を広げたいという場合にも、産休代替は効果的といえます。このように、産休代替は単に派遣仕事のつなぎとして考えるのではなく、自分にプラスとなるやり方として活用することがポイントです。仕事によっては、実務経験が求められるものもあります。もしも未経験でも採用してくれる産休代替の仕事があれば、キャリアアップへのチャンスにもなるでしょう。アイデアや工夫次第で、給料以上のものを得られる可能性があるので、ライフプランを考えながらの積極的な活用が望まれます。

6. 産休代替に向いている人とは?

産休代替の派遣の仕事に向いている人は、一例として引越や留学などの予定があり、期間限定で働きたいと思っている人が挙げられるでしょう。産休代替では、1年や1年半といった期間限定で募集されていることが多く、短期間でしっかり稼ぎたい人に向いています。ただし、期間が延長される可能性もあるので、変えられないスケジュールがある人には不向きともいえます。そのため、契約期間が延長されても柔軟に対応できる人も、産休代替という選択肢はあっているでしょう。

また、人とコミュニケーションをとるのが好きな人も、この仕事形態に向いています。前述のように、引き継ぎ期間が短くなることが多い産休代替では、周りからのサポートが必須です。普段からコミュニケーションをとっていると、何か困ったときにもすぐに質問しやすいため、仕事がスムーズに進むでしょう。短期間の人間関係となることが多い産休代替なので、基本的にコミュニケーション能力が高い人は向いているといえます。さらに、どのような状況でも臨機応変な対応ができる人も、産休代替で活躍する可能性が高いです。新しい仕事ではわからないことがたくさんありますが、柔軟に対応できると、ストレスが少なく済むはずです。

産休代替のメリットを活かして働こう!

産休代替は、デメリットもありますがメリットも多いものです。デメリットを理解したうえでメリットを活かせるようにすれば、楽しく快適に働くことができるでしょう。産休代替は高時給のことが多く、実務経験が積めるのが魅力です。本勤務形態の特徴でもある「短期間の派遣」を上手に使い、ライフプランをしっかり考えながら働いていきましょう。

自分に合った派遣会社に出会うには?

サチコさん、派遣会社が多すぎてどれを選んだらいいか分かりません! 派遣会社を選ぶときの一番重視すべきポイントは、なんだと思いますか? う~ん。やっぱりサービス内容が充実しているかどうかですかねぇ。 サービス内容も重要ですが、一番大事なのは、求人数です!派遣の場合、実際に働くのは派遣会社ではなく、派遣会社が紹介する会社なので、求人数が多いほど、理想の仕事にたどり着きやすいのです! 求人数の多い派遣会社に登録することで選択肢が広がるんですね! その通り!派遣サーチがおすすめする求人数が多い派遣会社は、 スタッフサービス です。
こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。 派遣サーチでは毎月、派遣会社の求人数を調べています。派遣会社を選ぶ時は、職種別求人数も参考にしてみてください!
派遣会社名 求人数 事務の求人数 工場の求人数 ITの求人数 営業の求人数 介護の求人数 保育の求人数 看護の求人数 紹介予定
スタッフサービス 131,447 13,944 9,083 22,922 2,249 49,181 - 17,592 6,860
テンプスタッフ 24,301 12,608 2,960 4,918 2,648 29 46 - 3,105
PASONA(パソナ) 6,598 2,915 164 835 451 1,161 163 291 881
Adecco(アデコ) 4,905 2,430 361 1,160 693 10 - 10 995
リクルートスタッフィング 3,899 1,971 - 1,650 605 - - - 657
ランスタッド 3,280 2,390 - - - - - - -

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る