※本ページはプロモーションが含まれています。

在宅派遣とはどんな働き方?特徴やおすすめの派遣会社について

在宅派遣とはどんな働き方?特徴やおすすめの派遣会社について

在宅勤務という働き方が増えてきており、在宅勤務に興味がある人も多いのではないでしょうか。在宅勤務は、企業の正社員やフリーランスの人が取り入れているイメージがあるかもしれませんが、派遣でも在宅勤務可能な求人が増えています。この記事では、派遣の在宅勤務とはどのような求人があってどのような働き方ができるのか解説します。また、おすすめの派遣会社についても紹介しています。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

サチコさん、夫の転勤で地方に引っ越すことになったので、派遣会社に在宅勤務ができないか相談したのですが、NGでした。やはり派遣社員だと在宅勤務は難しいのでしょうか?
いいえ、最近では「在宅派遣」という働き方もあり、対応できる派遣会社が増えてきています。まずは在宅派遣について知識を得て、対応してくれる派遣会社を探してみましょう!

▼おすすめ派遣会社

サービス名

在宅派遣できる仕事を探すなら「アデコ人材派遣」


在宅派遣について

派遣社員というと、企業に派遣されて派遣先のオフィスで仕事をするイメージが強いのではないでしょうか。
ここでは、在宅派遣とはどのような働き方なのか具体的に解説します。

在宅派遣とは?

在宅派遣とはその名の通り、自宅で派遣社員として働く働き方のことです。
通常、派遣社員は派遣先のオフィスで勤務しますが、在宅派遣はオフィス以外での勤務が可能になります。
このように在宅で働くことを、テレワークやリモートワークといい、インターネット環境さえあれば、自宅だけでなく、カフェやコワーキングスペースなど、場所にとらわれない働き方を選択することができます。
勤務地を問わないので派遣先の選択肢が広がったり、自分の好きな場所で仕事ができたり、通勤時間を節約できたりと、メリットの多い働き方です。
 
近年では、厚生労働省の働き方改革という取り組みにより、在宅勤務が推進されるようになってきています。
そのため、派遣でも在宅勤務という選択ができるようになってきているのです。
また、在宅勤務には、勤務のほとんどを在宅で行う「常時型在宅勤務」のほかに、週に2回や午前中のみ在宅勤務で、それ以外は出勤するといった「随時型在宅勤務」の2種類があります。
在宅勤務はプライベートを充実させることが可能なため、派遣でも在宅勤務という選択ができるようになってきていることは、大きなメリットに感じている人も多いでしょう。

在宅派遣に必要な環境

在宅派遣として働くには、自分で働ける環境を用意する必要があります。
まず、オフィスに出社しないため、作業に邪魔が入らない場所を用意しなければなりません。
自宅で集中して作業できる場所があれば問題ありませんが、そうでなければカフェやコワーキングスペースなどの作業場所を探す必要があります。
カフェは長時間の利用を禁止しているところもあるため、作業場所はほかの人の迷惑にならないところを選びましょう。自宅付近にそのような施設がなければ、自宅で仕事ができる環境を整える必要があります。
 
インターネットを使って仕事や勤怠のやりとりをすることがほとんどのため、インターネット環境も必須です。
自宅にインターネット環境がなければ、自宅にインターネット環境を整えるか、コワーキングスペースなどのインターネット環境が整っている作業場所を探す必要があります。
カフェでもお店のwi-fiが使えるところもあるため、利用してもよいかもしれません。
ただし、カフェなどの無料wi-fiはセキュリティが不十分なこともあるため、自分でwi-fiルーターを契約したほうがよい場合もあります。
 
カフェで仕事をしている人を見かけることも多いため、作業場所としてカフェを選ぶ人も多いでしょう。
しかし、人の多いカフェなどはあまりおすすめできません。
長時間利用はほかのお客さんに迷惑がかかることがあるうえ、雑音が多いと作業に集中できないこともあります。
また、パソコンの画面を隣の人に見られるなど、情報漏洩のリスクもあります
パソコンなどを盗まれてしまうという可能性もゼロではありません。
人の多いカフェで仕事をしたい場合は、十分に注意する必要があります。
 
自宅以外でも作業する場合は、デスクトップパソコンよりもノートパソコンのほうが適しているでしょう。
外では簡単な作業しかしないということであれば、自宅ではデスクトップ、持ち運びにはタブレットと外付けのキーボードという組み合わせでもよいかもしれません。
自分がどこで作業するかによって、適したパソコンなどの機器を揃える必要があります。

在宅派遣をする場合は契約の変更が必要

派遣社員でも在宅ワークができると、述べましたが、全ての派遣社員に在宅ワークが認められているわけではないので注意が必要です。
派遣社員は、労働者派遣法という法律の基、派遣先と派遣元が契約書を交わすことで、派遣社員としての勤務がスタートします。
ところが、この派遣契約書には一般的に、会社以外の場所での勤務が認められていないことがほとんどです。
そのため、もともと出勤していた派遣社員が、途中から在宅勤務に切り替える場合は、「労働者派遣契約の変更」が必要になります。
ただし、現在(2020年4月)は、「緊急の場合は事前の書面契約は必要ない」という見解が厚生労働省より発表されていますので、派遣先および派遣会社に確認するようにしてください。
(参考)


▼おすすめ派遣会社

サービス名

在宅派遣できる仕事を探すなら「アデコ人材派遣」


在宅派遣の特徴

在宅派遣にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、在宅派遣の特徴について解説します。

プライベートの充実

在宅派遣は自宅にいながら仕事ができるため、家事や育児、介護などと両立させることができます。
フルタイムで出勤して働くのが難しい人でも、在宅派遣であれば家庭の事情を優先しつつ、しっかり働くことができるのです。
勤務の合間にプライベートの用事を済ませることができるため、たとえば保育園の送り迎えや家族の体調不良などにも対応できます。
特に、小さな子どものいる人はイレギュラーなことが起こりやすいかもしれませんが、在宅派遣であれば柔軟に対応できるでしょう。
オフィスに出勤して働くのは、どうしてもプライベートの時間が取りにくいことがあります。
一方、在宅派遣であれば通勤時間がないため、その分プライベートな時間を増やすことができます。
仕事の合間のちょっとした時間も、プライベートに有効活用できるでしょう。
 
自分の裁量で平日も有効に活用できるという特徴もあります。
銀行や郵便局など、平日でなければ窓口が開いていないところに行かなければならないこともあるでしょう。
平日にフルタイムで勤務していると、これらの場所にはなかなか行くことができません。
しかし在宅派遣であれば、平日の空き時間も有効に活用することができます。
休日より平日のほうが都合のよい用事もたくさんあるでしょう。
そのような場合には、在宅派遣はとても便利な働き方といえます。

地理的な制約がなくなる

在宅派遣はオフィスへの通勤が不要になるため、自宅から離れた場所にある会社でも働くことができます。
地理的な制約がなくなると、応募できる求人も多くなり、希望の求人が見つかりやすいというメリットもあります。
地方に住んでいる人や、その地域の中心部まで時間のかかる場所に住んでいる人などは、出勤を考慮すると職場の選択肢が少ないということもあるでしょう。
自分の希望する職種が、自分の住む地方には少ないということもあるかもしれません。
在宅派遣であれば出社は不要なため、勤務地を理由に希望の職種を諦めなくてもすむのです。
 
また、地方に住みながら給与水準の高い地方の会社で働けるというメリットもあります。
東京や大阪など、都会の会社の給料は地方の会社よりも高い傾向にあるため、生活コストの安い地方であれば、暮らしに余裕が持てます。
 
急な引っ越しでも離職せずにすむということも特徴です。
家族の転勤や家庭の事情などで、急な引っ越しをしなければならないこともあるでしょう。
そのような場合でも、今までと同じ仕事を続けることができます。
パソコンとインターネット環境さえあれば仕事ができるため、引っ越しをしても問題ありません。
そのため、引っ越しが海外だったとしても、働くことができますが、時差がある国の場合は注意しましょう。
引っ越しと並行して新しい仕事を探すのは大変です。
次の仕事が見つからないかもしれないという不安もあるでしょう。
在宅派遣であれば、そのような苦労や心配をする必要はありません。

女性のライフステージの変化に対応しやすい

女性のライフステージの変化にも、在宅派遣であれば対応しやすいでしょう。
出産や育児をきっかけに離職してしまいがちな女性でも、在宅派遣であれば仕事を続けることが可能です。
子どもを預ける保育園が遠いために、通勤がかなり大変になってしまったということもあるでしょう。
配偶者の転勤があった場合でも同様です。
夫の転勤で退職を余儀なくされた経験がある女性も多いのではないでしょうか。
女性にとって、勤務形態を柔軟に切り替えることができるのは大きなメリットといえるでしょう。
 
妊娠中でも、在宅派遣であれば身体に負担をかけずに仕事ができます。
妊娠しているときに満員電車で通勤するのはとても大変です。
また、オフィスで勤務中に気分が悪くなってしまっても、すぐには横になれないこともあるでしょう。
周囲に迷惑をかけているのではないかと、出社するだけでストレスになることもあるかもしれません。
在宅派遣であれば、妊娠中の身体を気遣いながら体調に合わせて働くことができますし、定期検診など、通院が必要なときにも自分の都合がよいときに行くことができます。
このように、在宅派遣を選ぶことでライフスタイルの変化に合わせた働き方が可能になるのです。


在宅派遣は主婦にとって、大きなメリットがあるんですね!これなら子どもが産まれても仕事を続けられそうです。
そうですね!これまで通勤しないといけないために仕事を辞めざるを得なかった女性も多かったと思いますが、在宅派遣ならライフスタイルが変化しても働き続けることができますね。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

在宅派遣できる仕事を探すなら「アデコ人材派遣」


在宅派遣の注意点

在宅派遣には、さまざまなメリットがあることがわかりましたが、ここでは、在宅派遣の注意点について解説します。

セキュリティ対策をしっかりと行う

在宅派遣を行う際に自分のパソコンを使用する場合は、セキュリテソフトを入れてウイルスやセキュリティ対策をしっかりと行うことが重要です。
また、カフェやコワーキングスペースなどで仕事をする際は、自身のwi-fiルーターを用意したり、他人にパソコンの画面が見えないようにするなど、情報漏洩の対策をしっかりと行わなければなりません。

コミュニケーションをしっかり取る

会社で働く場合は、派遣先の社員の人が近くにいるため、簡単に業務上のコミュニケーションを取ることができます。
在宅派遣の場合は、メールや電話、オンライン会議システムなどを使用してコミュニケーションを取ることになるため、どうしてもコミュニケーション頻度が下がります。
仕事をお願いする立場からしてみると、進捗や困っていることなどがないか、不安になることもあるでしょう。
そのため、在宅勤務であっても報連相をしっかり行い、なるべくコミュニケーションを取るように心がけましょう。

自己管理をする

在宅勤務時は、社員の人に見られているわけではないので、休憩を多く取ったり、動画サイトを見てしまったり、サボろうと思えば簡単にサボれてしまいます。
在宅勤務によって作業効率や進捗が悪くなったと、派遣先に思われてしまうと、在宅勤務が禁止になったり、最悪の場合は派遣契約を切られてしまう事態にもなりかねません。
在宅派遣を行う際は、自分を律して、自己管理をしっかりと行うことが大事です。

通勤しない分、運動不足で太らないように注意しなくちゃ。
在宅勤務では運動不足になりがちです。健康面の自己管理も怠らないようにしましょう!

在宅派遣の仕事例

メリットの多い在宅派遣ですが、具体的にどのような内容の仕事をすることになるのでしょうか。
ここでは、在宅派遣の実際の仕事例について解説します。

財務・経理

財務・経理の仕事ですが、ひとくちに財務・経理といっても、さまざまな業種の財務・経理業務があります。
業務にはクラウドツールを使用し、請求書の作成や記帳などのデータを入力することが主な仕事です。
細かい数字を入力することが多く、金額などは特に入力間違いがあってはならないため、正確な作業が求められます。経理業務の経験が生かせる仕事です。

カスタマーサポート

カスタマーサポートとは、ベンチャー企業などのカスタマーサポートセンターで、顧客からの問い合わせにメールなどで対応する仕事です。
専用の音声通話システムを使って、電話で問い合わせ対応をする仕事もあります。
顧客対応やヘルプデスクのような仕事の経験があると、優遇されることが多いでしょう。
メールでのやりとりが中心になる場合、わかりやすい文章を書く能力が必要とされます。
また、顧客が質問したい内容を正確に汲み取る理解力も必要になるでしょう。

営業支援

営業支援とは、クラウドツールを使用し、見積もりや発注書、納品書作成などの営業補助を行う仕事です。
使用するクラウドツールへクライアントの情報を登録したり、案件の管理をしたりする業務もあります。
企業の営業活動に必要となる資料の作成や、アポイント調整などの営業支援事務を行います。
営業担当をサポートするための事務作業がメインのため、細かい作業が必要なのはもちろん、営業担当とのコミュニケーションもしっかり行う必要がある仕事です。

エンジニア

エンジニアとは、プログラミング言語を使ってWebサービスやWebシステムを作成する仕事です。
基本的に業務のほとんどがオンラインで完結するため、在宅ワークがしやすい職種といえます。
また、ウェブデザイナーもエンジニア同様、在宅ワークがしやすい職種です。
特に、エンジニアは人手不足ということもあり、ある程度経験があれば仕事に困ることも少ないでしょう。

在宅派遣では事務やIT系が多い

このように、在宅派遣の職種はさまざまですが、やはりデータ入力や経理といった事務職、エンジニアやデザイナーといったIT系の仕事が多い傾向にあります。
そのため、在宅派遣を探している人は、これらの仕事を中心に探してみることをおすすめします。

以下の記事では、在宅派遣に多いデータ入力の仕事について解説しているので、参考にしてみてください。


在宅派遣の評判

在宅派遣について解説してきましたが、在宅派遣の評判が気になるという人もいらっしゃるかと思いますので、ここで紹介します。
在宅勤務といっても、出勤時と同じように報連相が大事だと思った。
社員が在宅勤務になったので、派遣元に在宅にできないかと聞いたところ、NGだと言われたが、他の派遣会社を使っている人はOKになっていたので、派遣会社選びが大切だと思った。
などの声がありました。
その他、派遣会社の評判はこちらの記事で紹介しているので、気になる人はご覧ください。
 

在宅派遣のおすすめ派遣会社

在宅派遣で働きたい場合、どのように仕事を探したらよいかわからない人もいるのではないでしょうか。
ここでは、在宅派遣の仕事を探している人におすすめの派遣会社について解説します。

サービス名

アデコ人材派遣は、優良企業や大企業など、良質な求人を多くそろえている派遣会社です。在宅求人も豊富で、幅広い職種を扱っているのが特徴です。派遣会社を選ぶ際、希望の求人があるかどうかはとても重要です。幅広い求人を扱っている派遣会社を選べば、希望の求人が見つかりやすいでしょう。スキルアップのためのフォロー体制が整っていることも特徴です。各種セミナーや、提携スクールの割引制度などが提供されているため、スキルアップしたい人やキャリアチェンジしたい人にも適しています。有給休暇も付与されるため、趣味やプライベート、家事や育児を重視したい人にもおすすめの派遣会社です。



サービス名

スタッフサービスは、登録から就業までのスピード感を重視した派遣会社です。すぐに仕事を見つけたいという人におすすめです。大手企業の求人も多数扱っており、事務系からIT系まで多くの求人から仕事を探すことができます。高時給の仕事や専門スキルを生かした仕事など、さまざまな条件から仕事を探すことも可能です。スキルアップのためのプログラムやスクールも充実しているため、スキルアップして仕事を探したいという人にもおすすめの派遣会社です。



サービス名

リクルートスタッフィングは、派遣社員が選ぶ満足度調査で、14部門において1位という高評価を得ている派遣会社です。事務全般からIT系まで、幅広い業界の求人を扱っています。特定の業界の専門知識やスキルを生かして働きたい人は、希望の求人が見つかるかもしれません。登録から就業まで専任担当者がサポートしてくれるため、安心して仕事を探すことができます。派遣登録には来社とオンラインの2種類から選べるようになっています。初めての人は来社登録で専任担当としっかり話をしながら登録するのがよいでしょう。一方、仕事や育児などで忙しい中で派遣の仕事を探したい人は、オンライン登録で素早く登録を進められます。自分に合った登録方法を選ぶことができる点もメリットです。リクルートスタッフィングは、「出勤オフ派遣(スタッフの状況に応じてオフィスと在宅を組み合わせた働き方)」というキーワードを掲げ、派遣社員が働きやすい環境整備にも取り組んでいます。



サービス名

パソナは利用者から高評価の口コミを得ている、利用者の満足度の高い派遣会社です。求職者に対して、面談から就業後までスタッフが手厚いサポートをしてくれるのが特徴です。派遣で働くのが初めてという人でも、しっかり相談に乗ってくれるため安心でしょう。未経験からチャレンジできる仕事を紹介してもらえることもあります。家庭の事情など、働くうえで細かい制約などがある場合も、スタッフにしっかり話をする時間があるため心配ありません。求人数も豊富なため、希望の条件に合う求人が見つかりやすい点もメリットです。勤務時間など、自分の時間に合わせた働き方をしたい人におすすめの派遣会社です。


在宅派遣で仕事もプライベートも充実させよう

オフィスに出社せずに在宅で勤務することにより、時間や場所に縛られない働き方ができます。
ワークライフバランスを重視した働き方を選ぶ人が増えているので、在宅で働くことに興味を持っている人も多いでしょう。
特に女性はライフステージによって生じる変化が大きいです。
ライフスタイルの変化に合わせて働くことができるため、在宅派遣は女性におすすめの働き方です。
在宅派遣が、働く女性にとって非常にメリットのある働き方ということがわかりました。早速、在宅派遣ができる派遣会社を探してみます!
そうですね、この記事で紹介している派遣会社なら、在宅派遣に対応していますので、相談してみるといいですよ。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

在宅派遣できる仕事を探すなら「アデコ人材派遣」

Scroll Top ページ上部に戻る